2011年7月15日金曜日

サイババの執務室から札束と金銀財宝ザックザク

 今年4月24日に死去したインドの宗教家サイババの執務室から、多額の現金や貴金属が見つかり、話題になっています。サイババの団体の日本の窓口にあたるサティア・サイ・オーガニゼーション・ジャパンの6月28日付リリースによると、現金だけでも3億円。同リリースでは、これらが「隠し財産」とは認めないまま、「正式な棚卸の上、銀行に預け入れ」、「賦課されるであろう所得税額9500万ルピーを、本日付で前納」したと発表しています。


■現金5億3000万円に金銀財宝

 サイババは、病気を治したり、灰やアクセサリーなどを出現させる「物質化」のパフォーマンスで有名なインドの宗教家。物質化現象はトリックにすぎないと指摘されたり、従者への性的虐待を指摘されたこともあります。今年3月、呼吸器などの不調が元で容態が悪化し、4月24日に死去しました。84歳でした。

 英国テレグラフ紙によると、サイババの死後、執務室から「160万ポンド(約3億円)のルピー紙幣、98kgの黄金、307kgの銀」が発見されたとのことです。サティア・サイ・オーガニゼーション・ジャパン(SSOJ)が発表した6月28日付リリースでは、金銀の財宝の量については書かれていませんが、現金は3億ルピー(約5億3000万円)だと明記されています。

■まだあるの?

 テレグラフ紙は、サイババのアシュラム内部の人物の言葉として、

「警察は、地下倉庫や、サイババが個人的に使用していたリビングの角にあるダミーの天井や壁の中に隠された蓄えの存在を明確に把握している。彼らは、隠された蓄財が実際に見つかったもの以上に多く、おそらく驚異的な量になるだろうと強固に信じている」

 との証言も掲載しています。

 また、インドでは、サイババの団体「サティア・サイ・セントラル・トラスト」のメンバーが自動車で運んでいた350万ルピー(約600万円)の現金を警察に押収されたとも報道されており、これも事実であることをSSOJが認めています。

 テレグラフ紙は、「当初トラストはその兼人の関係を否定したが、その後、それは熱心な信者がサイババ追悼のために寄付したものだと主張した」と書いています。SSOJは、リリースで「何人かの帰依者たちがババ様のお墓を建設するために献金したものであり、献金を行った人々と受領した人の双方が、書面によってそのことを立証しました」としています。

■「悪意のある虚偽の宣伝報道」

 これとは別に現金「5千万~1億ルピー(約9000万~1億8000万円)」を押収されたとの報道もあったようですが、SSOJは「まったくの事実無根」と主張しています。

 SSOJのリリースは報道について「誤った報道」「不正確な報道」との主張を繰り返し、最後に「皆様におかれましては、悪意のある虚偽の宣伝報道に騙されることがないようにお願いいたします」と結んでいます。

 が、とりあえず、サイババの死後、彼の執務室から3億だか5億だか、とにかく凄まじい額の現金と金銀財宝が出てきちゃったのは、サイババ団体側も認めている事実。テレグラフ紙は、こう書いています。

【THE TELEGRAPH 2011年07月03日】Indian guru's hoarded riches raise doubts over charitable works

If the Trust hoped that would satisfy the millions of devoted followers who had sent money from around the world in the belief it would be used to spread Sai Baba’s teaching or help educate the poor and treat the sick, it was mistaken. The love and compassion of which he preached gave way to rumours of more treasure hidden away around the sprawling building, of false ceilings and further underground hoards. Meanwhile Sai Baba’s niece, Chetana Raju, claimed she had received death threats for complaining about the search.

インドのグルの隠し財産が、慈善活動のデタラメを露呈させた

サイババの教えを広めたり、貧しい人々の教育や病人の治療を支援するために使われると信じてサイババにカネを送った多くの信者たちを、もしトラストが満足させようと望んだのであれば、それは失敗した。サイババが説いた愛や哀れみは、ダミーの天井やさらなる地下倉庫を持った巨大な建物に、さらに多くのお宝が隠されているのではないかという風聞に取って代わられた。

 慈善事業に使われるはずのお金が、何億円も執務室に貯めこまれてたら、なんじゃそりゃってことになりますね。ちなみに、執務室に残されていた3億ルピーという現金。インドの物価でいうとどんなもんかというと、たぶん日本人ほぼ全員にチャイを1杯ずつ振舞えちゃうくらいの金額ではないかと思います。チャイ、美味いですよね。

■最後の最後に予言が大ハズレ

 テレグラフ紙は、サイババ亡き後の主導権争いにも触れています。サイババが生涯で集めたカネは55億ポンド(7000億円くらい。産経新聞は8000億円以上と報道)にのぼり、100以上の国に1200のセンターがあり、世界中に学校や病院もあるとのこと。この「55億ポンド帝国」をめぐって、サイババの甥、サイババの側近、初期からの支援者だった「ハードロック・カフェ」の設立者アイザック・ティグレット氏が、主導権争いをしているといいます。ディグレット氏は、サイババに7億8000万円くらいつぎ込んだらしいです。

 サイババは84歳で亡くなりました。自身は2020年(2022年との説も)に死ぬと予言していたと言われていますが、予言よりだいぶ早い死でした。

 テレグラフ紙の記事は、彼の死期と、残された人々の主導権闘いを指して、元信者のこんなコメントで締めくくられています。

「サイババ自身が予言したのより10年早い彼の死と、この不吉な状況は、彼が全能の神であるという主張がデタラメであるという私の考えが正しかったことを、より一層証明している。私はそのことに満足している」

 地震やテロを予言しておきながら、それが外れると、「オレが予言したから状況が変わった」的な言い訳で予言を修正する宗教家もいたりします。しかし修正できるだけ、まだマシです。自分の死期を予言してそれより早く亡くなってしまうと、修正できないまま「予言大ハズレ確定」です。その上、隠し財産まで発覚して、まさに踏んだり蹴ったりです。

 サイババは死後に再び生まれ変わると予言しているそうです。しかしこの状況で生まれ変わって出てくるのは、ちょっとつらいかもしれません。

29 コメント:

匿名 さんのコメント...

予言は大勢に知られるとその効力は
薄れてしまうものです。

なぜなら未来はパラレルワールドの
ようなものであるから、幾通りもの
シナリオが用意されているものなのだ。

つまり未来の運命というものは50%
が決定事項であり、残りの50%に修正
の余地があるのである。

だから高名な預言者が大々的に予言
されたものは往々にして外れてしまう
ものです。

それは予言された事項について大勢の
人間の想念、具体的に言うとその不幸な事象を回避したいという念の集合が
その予言の成就を阻むのである。

だから、その予言者を当たらないと
後講釈するのは簡単だが、彼らが事前
に予言してくれる事で、人間はその
起きうるかもしれない不幸を事前に
回避する事が出来る可能性があるので
ある。

匿名 さんのコメント...

そうかそうか。

じゃあサイババ君はスマトラ大地震も阪神大震災も東日本大震災も予言しようと思えばできあし、そうすれば避けられた可能性が高いんだね。

どうして予言してくれなかったんだろうね?

匿名 さんのコメント...

>だから高名な預言者が大々的に予言
されたものは往々にして外れてしまう
ものです。

貴方の高名な預言者とは誰のことですか?

>人間はその起きうるかもしれない不幸を事前に
回避する事が出来る可能性があるのである。

起きないことに不安を煽った責任はどうするのですか?

匿名 さんのコメント...

じゃあ、予言を信じない人が50%いれば、プラマイゼロで当たっちゃうことになるね。怖い怖いw

匿名 さんのコメント...

>だから高名な預言者が大々的に予言
>されたものは往々にして外れてしまう
>ものです。

それは裏を返せば、
『どんなデタラメを言い放っても「外れたわけじゃない」と後付けで言い訳できる』
ってことではないですかね。

有名にさえなればデタラメ予言し放題なわけですね。

匿名 さんのコメント...

ところで2011年7月15日9:42 の匿名さんの言う「高名な預言者」がサイババ氏のことだとすると、
「サイババ氏が2020年まで生きる」というサイババ氏の予言についても、「大勢の人間の想念が成就を阻」んだということになってしまうのではないか。

匿名 さんのコメント...

たった数億円相当の現金が見つかった
くらいで権威が失墜すると書く
テレグラフもどうかと思うけどね。

サイババは日本では超能力者として
知られてるだけかもしれないが、
実際はかなりの慈善事業家だった
わけでしょ?

生涯を宗教家、慈善事業家として
生きた一人の偉大な人物として
扱ってあげてもいいんじゃ
ないですか。

ライフスペースの高橋弘二 さんのコメント...

死んだのはサイババの勝手です。

匿名 さんのコメント...

それは定説ですか?

ライフスペースの高橋弘二 さんのコメント...

定説です。

匿名 さんのコメント...

www

BS025 さんのコメント...

サイババ死後の金銭と後継争いのドタバタは、多数のメディアで報じられていますが、ワシントンタイムズの記事には、金銀財宝以外に、サイババの個人の寝室から「靴500足、香水とへアースプレーが数十瓶」見つかったと書かれています。なんか、読んでるだけでも「らしすぎ」て恥ずかしくなります。

http://www.washingtonpost.com/world/indias-godmen-face-questions-about-wealth/2011/07/06/gIQA30iMAI_story.htm

なお、この記事は、サイババだけでなくインドの神格化されたグルたち、かつての禁欲的な修行者の姿から大きく変貌し、巨額の慈善事業、ビジネス帝国をつくりあげ、政治に口を出し、権力を持ち、メディアをコントロールするまでになった背景、問題点を指摘しています。

BS025 さんのコメント...

うう・・・すぐ前の投稿、記事のソースは「ワシントンポスト」の間違いです。失礼しました。

こともあろうか、統一教会系の「ワシントンタイムズ」と書き間違ってしまいました。

×ワシントンタイムズ → ○ワシントンポスト

訂正します。すみません。

匿名 さんのコメント...

予言がはずれてたって書いてあるけど、インドでは年齢換算が太陽暦じゃなくって太陰暦であった・・・というのはすでに周知の事実ですよ。

インドでは、国のお祭りも宗教儀式も、ほとんど太陰暦をベースにしていて、毎年日程が違うほど、国民がそれを受け入れているから、あ、太陽暦で85歳だけど、太陰暦では96歳だったんだ・・・とすぐに国民に理解されました。わかんないのは、それを知らない欧米のメディアだよね。

人をけなす記事を掲載するのであれば、プラスマイナスの事実関係をきっちりと調べてから書いた方がいいのでは・・・と思います。

あと、こういう投稿をみてよく思うのですが、なんで投稿者は、発見されたお金があたかも自分たちのもので、自分たちが被害にあったような印象を醸しだすのかが不思議・・・。

サイババに金銭や、金銀が施された儀式で用いる偶像や食器を送った人は、どうか儀式でこれを使ってください…って思いで寄付しているのに、まったく利害も関係もない外野がその行為に関してとやかく言うことはないのでは、と思います。

サイババの執務室からお金が発見されたからって、私たち、何か損したっけ?帰依者はサイババから寄付を強要されたっけ?そんな話、聞いたことありません。

それでもサイババを信じますか?って・・・一体、何を意図して何を言いたいのやら。。。

人のマイナスに目を向けるより、政府が見放した、貧困にあえいで苦しむ下級層の人たちを助ける公共事業並みの奉仕の数々に目を向けたらどうかな?そんなのつまんない?

無料で飲料水、医療、教育施設を建設し、今の世の中の、弱肉強食的な思想ではなく、強きが弱気を助ける人道的な思想を重んじる村を作り上げたとか・・・。

人のプラスの方に目を向けて自分も見習ってちょっとは人の役に立つことをしよう…と思う方が、少しは建設的では?と思います。

匿名 さんのコメント...

インドって、テキトーに宗教開けばとりあえず1000人くらい信者が来るイメージ。

匿名 さんのコメント...

サイババとは誰ですか?私とは誰で、どこから来てどこへ行くのですか?
神とはーー愛ですーーお金はーー神です、私達はーー神です、神の財産には限りがありませんーー私達は皆、宇宙の限りなき愛と真理という財産を受け継ぐ子供達です。
神とはーー美しさそのものです。心を開いて、自らの中にあるその美しさを見てください。私達を愛してやまない神の姿が見えるでしょうーーサイババが私達に与えたかった、そして今も与え続けているものは、その純粋な愛のみーーお金はどこから来ましたか?神からです、全てを無限に所有する神は、私達に与えて、与えて、与え続けているのですーー

匿名 さんのコメント...

サイババかぁ…。
ここで騒がれている真偽はともかく一度病気を治してもらった事があるよ。
それまではインドの単なる宗教人みたいにしか思って無かったけど、現実に病気が治って当時は唖然としたのをよく覚えている。

直ぐには信じられずに一時的なものじゃないか、とも疑ったが十数年経った今でも元気。
ホントに不思議だったな。

匿名 さんのコメント...

そう、私達は本物と偽者を見分ける目を持たなくてはーーインドに限らず何処にでも、沢山の偽のグルがいる、彼らは往々にしてしっぽを出す。その最も分かりやすい例が、必要外に金銭を集めること。その場合、100パーセント偽だと思っていい。
ババのアシュラムに滞在した時ーー宿泊費は日に25ルピー、50円ほど。その他、キャンティ-ンでの食費は材料費のみ。
そしてーーがやがや言ってる人、自らの目で確かめてほしい、本物なのか否かーーババが言ってるように、本当に人を内から変える力があるのかどうか。
同室だったある女性(スペイン人?だったかな)が、ある日突然泣き出した、しばらく言葉にならない程。落ち着いて話し始めたところ、何と彼女のスーツケースのあちこちに神聖灰が吹き出ていたのだ。そんなに泣く訳を、こう話してくれたーーその日ババを見ながら彼女は心の中で祈ったのだという、‘ババ、もしあなたが私を愛しているのなら、その印を見せてください‘ --何とも子供っぽい願いだが、ババはひっそりとその願いを聞き届けたのだ。そんな小さなことで、人の心は変るのだ。アシュラムに滞在することは、それを日々目撃することだったーー
かくいう私も、ババに助けられたことがある、奇跡とも思えるやり方で。
その代償?として、ババは何が欲しかったのかーーババが欲しかったのは、私達が幸せであること、だから‘‘幸せでいなさい‘‘といつも言ってたっけーー私達の幸せが自分の食べ物なのだと。あ、私は‘信者‘ではありませんよ。‘全ての祈りは私が聞いている‘ということを本当に証明して見せた、私たちの目の前で、心の最も深い所で。
ババは一切お金を取らなかった、たとえ人が渡そうとしても。‘私が欲しいのは、‘あなた‘なのです。各々のハートに、永遠に住む者として、純粋なハートそのものが欲しかった、それがババ。
‘黄金時代はもう始まっています‘ババは今年初めに学生さん達に話したという。時代は変ってるよね、弱くネガティブな策略ではどうにもならないほど、新しい時代へ向かおうとする力は強いのかーーババが自らの中に起こしてくれた奇跡をもう一度思い出しながらそう感じる。それが唯一のババの財産なんだよ、きっと。``私は、私自身を愛したかったが故にこの宇宙を創りました‘‘‘いいですか、あなたが、私の奇跡なのです‘ ----ババ

匿名 さんのコメント...

わたしはインドに行ったこともないし、
オーガニゼイションにも行ったこともないし、
信者さんに直接会ったことはないのだけれども、

サイババが、本で、自分はイエスの父だと言っていたので、
献金は、カリタスに送った。
で、イエスの父だとサイババが言っていたので、
「では、本当に、サイババがイエスの父になりますように」と神に祈った。

だから、
サイババはイエスの父になったので、
もう二度と、醜聞も嘘も悪いことも、人々から信仰を奪うことも出来なくなったのだと思う。
もうサイババは、良いことしか出来ない。

皆も、サイババが、本当に神になるように、祈りなさい。

匿名 さんのコメント...

イエスが‘私の父‘と呼んだ存在ーーによる、このような言葉がありますーー

皆さんは、「これは私の肉体、これは私の手ーー」と言います、全て「私の」、です。では、その「私」とは誰ですか?--(略)--皆さんは肉体ではありません、感覚、理知ではありません。あなたはあなたです。---個人の「私」はエゴを象徴します。この「私(I)を切断する時、キリスト教徒が崇める十字架になります。これは、エゴを捨て去った時に本当の自分になることを意味します。

皆さんはただの人ではありません。皆さんは神自身に他なりません。神を探す必要はありません。どこを見ようとも神は存在します。--全ては神です。---(略)皆さんは別々の存在ではないのです。私は私です。私はサティアサイババではありません。それはこの肉体につけられた名前です。---(略)

神を探す必要はありません。神は皆さんの内にいるということを信じなさい。--神には個別の姿はありません。真理を探す必要はありません。真理に形はありません。真理は真理です。誰が平安を創ったのでしょうか?平安は平安です。平安にも形はありません。愛は愛です。愛は誰かが創ったものではありません。

ーーー愛の原理とは、神の原理に他なりません。神からくる愛を受取りなさい。--神は愛の権化です。愛は神です。愛に生きなさい。---愛を体験することは、とても簡単です。愛は非常に強力です。この世の中で、愛を超えるものは何もありません。--(略)愛は尽きることがなく、無限です。---//

神は、初めも終わりもなく‘存在そのもの‘として、愛、真理そのものとして存在し、存在し続ける。イエスが‘私の父‘と呼んだ存在がサイババであるかどうかは私達にとって大した問題ではないと思う。その`父‘が、イエスが肉体を持った2千年後に降臨し、イエスをも凌駕する奇跡を行いーー
その存在は、‘あなた方のハートの只中に神がいる‘と、‘ あなた方は、本当のところ神なのだ‘とーーー私達は実は神に他ならないのだとーー‘愛の化身である皆さん./‘講話の中でサイババは、私達に呼びかけ続けたーーー本来の私達の神性を思い出すために。`神‘にとって大事なのは、自分が神だと認めてもらうことではない。宗教を創るためでもない。もともと真理とは、ある特定の教義に治まりきるものではないのだ。私達の本性は、サイババが持っていたように、イエスが、あるいは仏陀が持っていたように、純粋で輝けるものだとーー神が愛であるように、‘真理‘そのもの、‘愛‘そのものとしての自分を思い出すことーーーそれをサイババは望んでいるのだと思う。
愛の神聖原理は失くなることがないーー肉体レベルでのサイババはもう見ることはできないが、愛そのものを通して、私達は神を見ることが出来るとーーー宇宙そのものが神の衣であり、その宇宙が実は私達の中にあるのだと。

匿名 さんのコメント...

どの宗教にも現れる新興巨大カルトの恐ろしさは唯一つだと思う。
聖なる神の御名を汚すことに最大の目的がある。

サイババが人々にもたらした最大の破壊は、
聖なる神の御名、清らかな神の御名であるラーマを汚したことだと思う。

未だかつて、
私の前世は某それの神の化身だと名乗った神の化身など、
この世界が生まれて以来ただの一人も存在しない。

神のレベルのものは、自分が誰かの生まれ変わりだと名乗る必要は全くない。
何故ならば、自己完結的に必要な力を全て持っているからだ。
過去の名前など名乗る必要など微塵もない。
わざわざ、ラーマの名前を持ち出し、クリシュナの名前を持ち出し、
聖なるラーマ、クリシュナの名前を、永遠に汚してしまった。

この名前が、純粋に人々の口に上ることは、永遠に、二度と来ないであろう。
全ての原因はサイババとその組織と信者に責任がある。

匿名 さんのコメント...

うーん、ここに投稿されてる意見の数々、皆‘経験‘に基づいてのものなのかな?ラーマの名を、クリシュナの名を、より純粋に、より愛をもってーー口にすることができるよう、‘神の化身‘は降臨した、かつて降臨した化身、ラーマ、クリシュナがそうであったように。彼らが自らを‘神の化身‘と人々に名乗ったかはともかく、明らかに‘神として‘--アルジュナに語ったよね?

‘神‘とはある特定の名ではなく、宇宙に充満する神聖原理。本当にそれらの御名が大切であるならばーー本当に神を愛しているならばーーサイババがどうこう、という必要は全くない、他の批判は、自らの自信のなさの顕れにすぎない。非難の為の非難は、時間の無駄以外のなにものでもない(そしてそれに取り合うのもーー苦笑)
‘‘どんな宗教も、他の宗教、神の名を非難することを許してはなりません、それはまったく宗教ではありません。それは傲慢さの現れです。‘‘
本当にラーマを愛しているならーー心をこめて、ただ純粋に、無心にーーその御名を唱えることができるはずだ。だって神は愛なのだから。ラーマは必ず応えてくれる、そして、あなたの愛を何よりも愛しく思うはずだ。`ラーマ‘の名で、‘クリシュナ‘の名で、または‘イエス‘、ブッダ‘、‘ゾロアスター‘、その他どの様な名で呼ぼうとも、ただ一つの‘神‘に届くのだと、そうサイババは証明した。それが‘私‘なのだと、それが‘ラーマ‘なのだと、それが‘イエス‘なのだと、そして実は私達そのものが‘神の化身‘なのだと、そうババは解いたのだ。かつてクリシュナがそうしたように。
一体、当時どれだけの人が彼が‘神の化身‘だと認識していただろうーー人というのは不思議なものだ、真理の権化が目の前にいて、そうと気付かない?のだから。それは私達の‘心の曇り‘から来ているに違いない。

‘‘私が来たのは、あなたに至福という宝物の鍵を与えるためであり、至福の泉の水を飲む方法を教えるためです。‘‘
‘‘私は至福の権化です。おいでなさい。私から至福を受取りなさい。その至福に浸って、平安に満たされなさい。‘‘
ーーもしも本当にラーマを愛するならーー彼の生きた軌跡が、その御言葉が、御姿が、生き生きとサイババによって再現されるという機会を得たことをーー喜ぶことができるはずだ。神は、人が親しみ求める名でーー御姿で現れる。肉体を持った神を経験することができた人は、この上もなく幸運だ。なぜなら、彼(彼女)が、実は全てであることをーー身をもって体験できるからだ。

そして私達はいい加減学んでもいいのではないかーー全てのハートにおわす神にーーただ一つの真理へとーー手を取り合っていってもいいのではないか。
‘‘神とは何か、神はどこにいるのか、ということに関する討論にふけってはなりません。神は信仰と自信を通して体験されなくてはなりません。‘‘ ---ババ

匿名 さんのコメント...

わたし は さいばば の うまれかわり
あらたな せいを うけた さいばば

その わたしの あたらしい なまえは

ばばばば

ヒデ さんのコメント...

くだらない。

悟ってしまうと、どうでもいい話。

匿名 さんのコメント...

i久々、サイババ検索してこのブログに行きあった者です。
次のプレマサイに会いたい人をたくさん知ってますし、会えると信じてる人もいます。
誰が正しくて誰が正しくないとか言えません。
しかし、自分の目でババを確かめられたのは幸運だと思っています。
今も彼が存在してもしなくてもあまり関係ないからです。

匿名 さんのコメント...

ババが  肉体を去って 3年が経とうとしている  
蜂蜜に群がる蜂のように 私も引き寄せられた   自分は死ぬのかと 思ったときもあった  ーーー 思い出す  人と その人に脈々と 時代をこえて連なる 人の痛みが 痛みが 痛み --

それが 一瞬で  光に変わった   本当に一瞬で
もう一度  奇跡を起こしてみないか  --そう私の中で 語る声がする 

復活祭の日に  キリストが復活したとされる日に サイババは肉体を脱いだ どれだけの愛を その肉体を通して体験しただろう 

 復活するのは  私の 私達の心
 私達の尊厳  私達のーー神に愛された 私達の  本当の姿  
 もう一度ーー
奇跡を起こしてみよう   私が 周囲が  世界が --幸せであるように

    

匿名 さんのコメント...

ババは今迄に学校、病院に寄付して下さった全てのものを実際には使われてなどいなかったのではないでしょうか。全てをこの世に残して行かれたのではないでしょうか。またそこで、真の帰依者とまだそうではない者が振り分けられた気がします。ババは御自分には何も与えてはいませんよね。ただ、私達に愛を与えて行かれただけです。

匿名 さんのコメント...

神は愛です      幸せで いなさい    幸せでいなさい   幸せでいなさい   あなた方は 肉体を纏った神なのです    愛する子供たちよ   あなたは ’わたし’ なのです !   
      わたしはいつも あなたと共にいる

匿名 さんのコメント...

オマエら全員を豊かにしてやることはできないからワシが代わりに贅沢してやる、ありがたいと思えよ!と開き直ったり
テロやらかしたりしていないだけラジニーシよりマシ