2018年10月7日日曜日

東京地裁、藤倉被告の裁判を非公開で実施=弁護団は憲法違反と主張

10月5日、東京地裁で、建造物侵入の罪の問われている藤倉善郎被告(44歳)に対する第1回の公判前整理手続が行われた。弁護団は手続の公開を求めており、法廷前の廊下には傍聴を希望する10数人が集まったが、東京地裁は認めなかった。この日の手続き終了後、集まった傍聴人たちに弁護団が説明を行い、「ジャーナリストの取材をめぐる刑事事件を公判前整理手続にするのは憲法違反と考える」(弁護団長・紀藤正樹弁護士)などとした。


この事件は、今年1月にジャーナリストの藤倉被告が幸福の科学の一般公開施設「初転法輪記念館」に立ち入ったというもの。教団側が藤倉氏に教団施設への立ち入りを禁じる通告を行っていたことから、東京地検が「正当な理由なく侵入した」などとして今年6月、東京地裁に起訴していた。

藤倉被告は警察、検察の取り調べに対して事実関係は認めた上で、(1)取材目的での一般公開施設への立ち入りは正当な目的であること、(2)現場の教団職員が藤倉の氏名を書かせた後に立ち入りを承認したこと、(3)そもそも公益法人である宗教法人が気に食わない記事を書いたジャーナリストへの報復として一般公開施設への立入禁止を通告すること自体が不当、などとして無罪を主張。紀藤弁護士を団長とする8人の弁護団も、藤倉被告の無罪を主張する方向で後半に備えた。

しかし8月末に東京地裁が公判前整理手続を行なうことを決定したことで、事件の内容ではなく裁判の進め方をめぐって揉める展開となった。公判前整理手続は通常、非公開で行われ、終了後に公開の公判が行われる。公判では、新たな証拠を提出することができないという制限がある。

弁護団は、ジャーナリストの取材活動をめぐる裁判が公開されないのは憲法違反だと主張。また、公判で新たな証拠を提出できなくなることから被告人の不利益になるとして、弁護団は当初から公判前整理手続を行わないよう、裁判所に対して申し入れていた。しかし最高裁、東京高裁が弁護団の抗告を棄却した。

関連記事:藤倉被告の公判前整理手続10月5日に東京地裁で

公判前整理手続の2日前の10月3日には最高裁が、弁護団の2度目の特別抗告を棄却。弁護団は東京地裁に対して公判前整理手続の公開を求める申し入れを行った。

しかし10月5日、東京地裁は715号法廷で、非公開のまま公判前整理手続きを実施。法廷前には傍聴を求める人々十数人が足止めされ、裁判所の警備員が入り口を見張る物々しい空気に包まれた。

法廷内では藤倉被告が証言台に立ち、裁判長から人定質問が行われ、黙秘権についての説明がなされた。裁判長と弁護団との間では、公判前整理手続の公開をめぐるやりとりもあった。

紀藤弁護士「非公開の理由は」

裁判長「従来からそうやっていますので。訴訟指揮ということです」

紀藤弁護士「法的な根拠は?」

裁判長「法律で予定されているものではありません」

紀藤弁護士「法的根拠がないなら公開してほしい」

裁判長「公開はしないということで」

紀藤弁護士「(裁判の)運用に明確な根拠がない。こちらが出した申し入れ書に対しては、事前に見解を示してほしい。今日も傍聴を求める人が10人以上、法廷の前に集まっている」

その後、検察側からの「類型別証拠」と呼ばれる詳細な証拠類の開示が行われた後に弁護側が主張を提出するという手順と日程の確認が行われた。

次回の公判前整理手続は11月19日(月)10時から、同じく東京地裁715号室で行われる。

藤倉被告のコメント:

「報道のための取材の自由と建造物侵入罪との兼ね合いが争われる前例のない裁判が、法的根拠も明らかにされないまま非公開で始められてしまいました。自由で民主的な社会に逆行するもので、報道活動をめぐる裁判の悪しき前例なりかねないことを危惧しています。今回、多くの方に集まりいただけたことで、国民が裁判の公開を求めていることを裁判所にはっきりと示すことができました。本当にありがとうございます。次回の公判前整理手続も傍聴できない可能性がありますが、終了後には今回同様に状況説明の場を別途設けさせていただきます。ぜひ多くの方にお集まりいただき、この裁判の問題性を知っていただければと思います」

◇関連記事
藤倉被告の公判前整理手続10月5日に東京地裁で
藤倉善郎容疑者起訴、やや日刊カルト新聞社総裁を解任
藤倉容疑者、書類送検=やや日“創始者兼総裁”ついに解任

「幸福の科学取材で刑事被告人にされた藤倉善郎氏を支える会」(略称:藤倉氏を支える会)によるカンパのお願い

ゆうちょ銀行 〇一八支店(店番018) 
普通 口座番号 8071599
あるいは
10150-80715991
幸福の科学から刑事告訴された藤倉善郎氏を支える会
コウフクノカガクカラケイジコクソサレタフジクラヨシロウシヲササエルカイ
(※会の名称は変更手続き中。当面は上記の名義)

7 コメント:

匿名 さんのコメント...

幸福の科学って北朝鮮か中国みたいな雰囲気になってきてますね。
法曹界にも信者がいるのかしら・・・。
闇に葬られるジャーナリズム。
怖い話です。

PS
幸福の科学 大川宏洋さんがYouTubeで話題になっています。
幸福の科学も反論。
ドタバタ劇ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=b7rPEuqEnIA&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/channel/UCm-DG3OSMM7CKCxjVGZ5enA/videos

ちなみに前妻も色々ありました。

https://www.youtube.com/channel/UChsxbghStfvbnAXfkSoFN9Q

近々「馬鹿息子撲滅祈願」でもできるんでしょうかね。

イエスキリストに見解を聞いて見たい気がします。

匿名 さんのコメント...

弁護団長、あの紀藤弁護士ですか。ご自著に書かれた北大時代の紀藤弁護士とのエピソードを見返すとなかなか感慨深いですね。

今、幸福の科学は宏洋さんの反乱で大騒動のようですが、かつて(本人が信じていたかは別として)教祖側の立場でもあり、自分の意思で入信したのではないので二世信者に近い立場でもあり、ということで難しい問題かと思います。
もう、この件に興味を持ちそうな人にはヤフーニュース等で知れ渡っているでしょうから、記事を早く出して欲しいとは申しません。社説という形で記者の皆様方のご意見を聞きたいです。藤倉さんとエイトさんでも視点が異なるでしょうし。

匿名 さんのコメント...

立ち入り禁止を通告されてるのに侵入して、
撮影禁止の場所でカメラ構えて歩き回ってたわけでしょ。
そらアカンわな。
自腹でやってください。

匿名 さんのコメント...

日刊カルト新聞 御中

裁判が大変な中、失礼します。

10月6日、幸福の科学の映画「宇宙の法‐黎明編‐」(製作総指揮:大川隆法・幸福の科学総裁)が米ロサンゼルスの映画祭「アウェアネス・フィルム・フェスティバル」で、アニメーション部門の最高賞にあたる「アニメーション部門審査員特別賞」を受賞したそうです。

調べてみたところ、一点不思議な点がありました。

『アニメーション部門の最高賞にあたる「アニメーション部門審査員特別賞」を受賞』とのことですが、この「アウェアネス・フィルム・フェスティバル」には、アニメーション部門がないのです。
https://filmfreeway.com/AwarenessFestival

そもそも、アニメーション部門がない映画祭で、どうして『アニメーション部門の最高賞』を受賞できたのか、不思議でなりません。

箔をつけるために、お金で賞を買ったのではないか、などと勘繰ってしましますが、どのように思われますか?

真実を知りたいですね。

匿名 さんのコメント...

また…虚偽ですか…幸福の組織の下部団体にいるMという、男が画策してるかもしれません。
自称アメリカの医師を名乗るその男は日本で医療行為として、よくわからない注射をしたり、ありもしない架空の場所に会社を興したりしてる詐欺師的な男です。アメリカとの太いパイプがあるらしいですが…昨今、話題になった芸能界やらなんやらの繋がりもあると、公表しております。特に…あれ関係ですが…真実はそいつが知ってると思いますよ!!仲間に実現の人達やら出版の人達もいるらしいですからね、

匿名 さんのコメント...

審査員特別賞12作品の中に入っただけだね。

匿名 さんのコメント...

お得意の誇大表示ですね。