2018年3月23日金曜日

藤倉容疑者、書類送検=やや日“創始者兼総裁”ついに解任

藤倉善郎容疑者
警視庁荒川署は3月23日、自称ニュースサイト「やや日刊カルト新聞」の創始者兼総裁・藤倉善郎容疑者(43)を建造物侵入容疑で書類送検した。藤倉容疑者は今年1月17日、東京・日暮里にある幸福の科学の初転法輪記念館に侵入。幸福の科学側が荒川署に被害届を提出していた。取り調べに対し藤倉容疑者は「“ようこそ初転法輪記念館へ”という看板がある一般公開施設だから入った」と容疑を一部否認する発言もしている。

藤倉総裁が容疑者となるのは、やや日刊カルト新聞社の主筆だった2011年以来、7年ぶり2度目。この事態を重く見た同社は即日、藤倉容疑者を「創始者兼総裁」から解任することを決定した。


藤倉容疑者が侵入した初転法輪記念館
警察関係者によると、藤倉容疑者は2014年頃から繰り返し、幸福の科学から口頭や文書などで施設やイベントへの立入禁止を通告されていたにもかかわらず、今年1月17日、荒川区西日暮里2丁目にある幸福の科学の初転法輪記念館の礼拝室に侵入。室内の写真撮影を行なって職員から咎められた。

礼拝所内で撮影された写真は、職員の指示に従ってその場で全て消去された。しかし教団側は、礼拝室に設置された監視カメラの映像や、藤倉容疑者が本名と連絡先を記して同施設の職員に渡したメモから、礼拝室に入った人物を藤倉容疑者と特定。荒川署に被害届を提出していた。

警察の取り調べに対して藤倉容疑者は、「大川隆法総裁は地球至高神であり仏陀の生まれ変わり」と熱弁を振るっている最中に担当刑事が失笑したことに不快感を示したり、取調室の「飲食禁止」の張り紙を見て「カツ丼はおごってもらえないのですね」と残念そうにするなど、ときおり反抗的な態度も示したが、捜査には協力的。事実関係を認め「以後気をつける」と反省を口にする場面もあったという。

一方で「出入り禁止は通告されていたが、実際の対応は現場の施設管理者ごとにまちまちで、変装もせず本名を名乗っても入れてくれる施設もあった。初転法輪記念館も“ようこそ初転法輪記念館へ”という看板がある一般公開施設で、撮影は咎められたが入ったこと自体は問題ないと職員に言われた」などと供述し、容疑を一部否認するともとれる供述をしている。動機については、「大川隆法総裁は地球至高神であり仏陀の生まれ変わり。調査研究目的ももちろんあるが、その大川総裁が初めて説法した初転法輪記念館を一度参拝したかった」などと意味不明なことを口走っているという。

「実際の対応は現場の施設管理者ごとにまちまち」「入れてくれる施設もあった」という供述からは、かなりの余罪があるものとみられる。また関係者によると、藤倉容疑者は取り調べの際に「RO」の文字をあしらったペンダントや『仏説 正心法語』と題する小冊子を身につけており、取り調べ中にトイレに立った際には個室の中で「エル・カンターレファイト!」とつぶやいていたという。このことから、藤倉容疑者が何らかのカルト宗教を信仰しており、犯行の背景となった可能性も指摘されている。

藤倉容疑者は、やや日刊カルト新聞社の主筆だった2011年にも、浄土真宗親鸞会関係者が偽装勧誘の際に使用している冊子を記事に転載したことで、著作権法違反容疑で家宅捜索を受けている。翌年に嫌疑不十分で不起処分となったが、容疑者となるのは今回が7年ぶり2度目。

代表者が2度にわたって犯罪容疑者となった事態を重く見たやや日刊カルト新聞社は、社内で緊急懲罰委員会を設置。藤倉容疑者への聞き取り調査を行った。

藤倉容疑者解任を表明する同社のプレスリリース
調査に対して藤倉容疑者は「ものを盗んだり壊したり行事を妨害したりしたわけでもない私に対して、公益法人である幸福の科学が気に食わない記事を書かせないために立ち入り禁止とすること自体が不当。こんなことで犯罪者にされていたら取材なんかできない」と主張しているという。しかし懲罰委員会は「取材目的での犯行となると、我が社にも類が及びかねない」として藤倉容疑者の即日解任を決定。同日、「弊社創始者兼総裁・藤倉善郎解任のお知らせ」と題するプレスリリースを公開した。

藤倉容疑者の送検を伝えるザ・リバティWeb
「創始者兼総裁が犯罪容疑者というのは、世間体を気にする弊社にとっては極めて都合が悪い。推定無罪の原則という建前もあるが、世間ではそんなきれいごとは通用しません。悪いのは我々ではなく世の中です。幸福の科学機関誌ザ・リバティのウェブサイトでも大々的に報じられてしまった手前、もはや藤倉容疑者を解任するしかない。いずれこういう日が来ると思っていた。トカゲの尻尾切りで生き残りを模索したい。後任代表者についてはプレスリリースをご覧ください」(委員会関係者)

藤倉善郎容疑者は1974年東京生まれ。2004年頃からフリーライターとして活動。2009年にやや日刊カルト新聞を創刊し、当初は社主、後に主筆に就任。2015年に同紙・鈴木エイト副代表に年間の記事出稿数で破れたことから主筆の座を追われ(現在の主筆は鈴木エイト氏)、創始者兼総裁に就任していた。2012年に『週刊新潮』で執筆した幸福の科学学園問題に関するルポについて教団から民事訴訟を起こされたが(2016年に新潮社と藤倉容疑者の完全勝訴が確定)、民事訴訟はこの1件のみで、幸福の科学関連で刑事事件化するのは今回が初めて。

15 コメント:

匿名 さんのコメント...

エル・カンターレファイト

匿名 さんのコメント...

フジクラファイト

匿名 さんのコメント...

新ポスト (容疑者兼総裁)

ダメだ・・・ ツボった・・・(笑)

匿名 さんのコメント...

ちょんまげはボカさないのか。誰だかすぐにわかってしまうな。

匿名 さんのコメント...

新ポストは名誉会長でいいんじゃ

匿名 さんのコメント...

「トイレ貸して下さい」って最初に言えばよかったんじゃないかな。
幸福の科学は人道的な理由で貸してくれたでしょ。

匿名 さんのコメント...

藤倉総裁。絶好調、、、、

匿名 さんのコメント...

「世間体を気にする弊社」って・・・。

匿名 さんのコメント...

結局 東京拘置所に入らずですか。
Abema/newsで配信されても良かった。

匿名 さんのコメント...

報復として幸福の科学の裏組織の組織発表してあげましょうか?そうすれば幸福さん壊滅ですから、非合法組織と関連団体等全部組織図こみで、顧問弁護士さんも知らないような事実を証拠こみで発表とかすれば何処かのシャクティ教祖のようになるのではないでしょうか!!サリンは作ってないようですが~麻薬とかを密売してますからね、NPOやら棒工業とかで作ってるかも、しれませからね、たしか工場、埼玉にありましたよね~

匿名 さんのコメント...

幸福の科学のみならず警察からも法名をもらえて羨ましいです。

匿名 さんのコメント...

死刑判決が出た場合には、藤倉死刑囚の「カルト問題に取り組む上で、この上なく貴重な知見」を生かす上でも、我々読者で助命嘆願しましょう。

匿名 さんのコメント...

エルカンファイト!不屈の精神で立ち上がれ藤倉総裁!!

匿名 さんのコメント...

書類送検されたら一体どうなるんですか?

匿名 さんのコメント...

エル・カンターレヒーリング!