2009年9月28日月曜日

統一協会系霊感商法会社、東京に続き大阪でも逮捕者+統一協会施設に捜査

 東京では6月に渋谷の「新世」および関連する統一協会施設のいくつかに捜査が入り、7人が逮捕されたことが報じられましたが、今度は大阪です。

【朝日新聞社 2009年9月28日】
不安あおり印鑑販売容疑 統一教会信者4人逮捕 大阪

 根拠のない話をして不安をあおり、高額な印鑑や水晶彫刻を売ったとして、大阪府警は28日、大阪市淀川区の印鑑宝石販売会社・共栄の従業員ら4人を特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で逮捕し、発表した。府警はこれまでの捜査で押収した証拠品や関係者の供述などから、共栄を世界基督教統一神霊協会(統一教会)の関連会社とみており、事件との関係を調べる。


 逮捕されたのは、村上貢(68)=大阪府吹田市▽山本早苗(39)=同府箕面市▽市丸瑞慧(スィフィ)(39)=吹田市▽古賀智子(49)=大阪市鶴見区=の4容疑者。府警によると、村上、山本、古賀容疑者は容疑を否認しており、市丸容疑者は「今は話したくない」と供述しているという。

 同社社長の男性(48)は朝日新聞の取材に、4人と自分が統一教会の信者であることを認めた。しかし、営業への統一教会の関与については否定している。

 生活経済課によると、4人は08年1~9月、大阪府内の女性3人を姓名判断、手相占いなどの名目で誘い、「息子が警察ざたを起こしたり、事故に遭って命がとられるかも知れない」などと根拠のないことを言ったうえ、「開運するには印鑑などを購入してもらうしか方法はない」などと迫り、水晶彫刻2体(計300万円)や印鑑3本のセット(30万円)を売るなどした疑いが持たれている。

 社長によると、年間約4千人の手相などを鑑定。うち400人以上に印鑑などを売り、年間約2億円の売り上げがあったという。販売時には、顧客の不安をあおらないよう注意していた、と説明している。

 一方、統一教会との関係について、社長は「個人的に年約10万円の寄付をしているが、統一教会から指示を受けて、金集めをしているわけではない」と語った。

 同社が吹田市に所有するビルには統一教会の施設が入居。府警は5月、この施設などを同社の関係先として家宅捜索した。統一教会広報局は28日、同社との関係について、「営利事業は一切しておりません。共栄などの会社とは関係がありません。今後も、当法人の信者が、個人的な活動において違法性を問われることがないよう指導を徹底していく所存です」としている。


【MBSニュース 2009年9月28日】
不安あおり、印鑑など販売容疑 統一教会信者4人を逮捕

 占いで不幸な話ばかりをならべ「運を開くには印鑑を買うしかない」などと高額で販売した疑いで、統一教会関連会社の従業員らが逮捕されました。


 特定商取引法違反の疑いで逮捕されたのは、」大阪市淀川区の印鑑販売会社「共栄」の従業員村上貢容疑者(68)ら4人です。

 警察の調べによりますと村上容疑者らは、去年1月から9月にかけて、街頭で姓名判断すると言って客を店に誘い込み、2時間半から7時間にわたって不幸な話をしたうえで「開運するには印鑑を買ってもらうしかない」などと言って高値で販売した疑いです。

 販売価格は印鑑3本セットで30万円。

 水晶2体で300万円でしたが、仕入れ値は半額以下だったということです。

 警察は「共栄」が新興宗教団体「統一教会」と密接な関係があるとみて調べをすすめる方針です。

  渋谷の「新世」で7人逮捕のニュースでは、9年間で約7億円近い売上とあったのですが、今度は年間2億円の売上とありますね。いったい、統一協会系の霊感商法会社は、年間総額でいくら売り上げて、被害者がどれだけ出ているのか、想像するだけでもぞっとします。

 渋谷の「新世」事件では、現在、加害者2人の特別商取引法違反容疑での刑事裁判が続いているようです。(カルトカレンダーに公判日程が出ています。) 第一回公判についての記事を探してみました。

【しんぶん赤旗 2009年9月11日】
霊感商法初公判 「統一協会の宗教活動」 東京地裁検察冒陳 目的は全財産献金

 統一協会(世界基督教統一神霊協会)の霊感商法を裁く初の刑事裁判が10日、東京地裁(秋葉康弘裁判長)で始まりました。検察側は冒頭陳述で、霊感商法は統一協会の宗教活動であり、最終目的は信者にし、全財産を献金させることだと指摘しました。

 起訴されているのは統一協会のダミー組織で印鑑販売の有限会社「新世」(東京都渋谷区)と同社長の田中尚樹(51)、取締役の古沢潤一郎(40)の両被告。

 起訴状によると、両被告の指示のもとで「新世」販売員が通行人を運命鑑定と称して事務所に連れ込み、「あなたの先祖は武家でたくさんの人を殺している。因縁が深く、夫の病死もそのせい」などと長時間説得。相手を困惑させ、「良い印鑑を持てば因縁を払うことができる」として高額な印鑑を売りつけていました。これが特定商取引法違反の罪に問われています。

 冒頭陳述によると、「新世」出資者3人と販売員約30人の全員が統一協会員で、統一協会南東京教区の「特別伝道部隊」として活動。印鑑購入者は判明分だけで331人、契約額2億3226万円。そのうち63人がフォーラムと称する講座に参加し、受講料282万6000円のほか4306万円を献金しています。

 検察側はこれを、統一協会の宗教活動だと指摘。印鑑販売は一連の洗脳の初期の段階であり、購入者を洗脳し、献金させ、新たな販売員を育てるシステムがつくられているとのべました。

(以下、略)



【産経ニュース 2009年9月10日】
信者が起訴内容認める 統一教会霊感商法

 不安をあおって印鑑購入を迫ったとして特定商取引法違反罪に問われた世界基督教統一神霊協会(統一教会)信者で印鑑販売会社「新世」社長、田中尚樹被告(51)と営業部長、古沢潤一郎被告(40)の初公判が10日、東京地裁(秋葉康弘裁判長)で開かれた。田中被告らは「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、新世は平成12年に設立。警察の捜索で押収された契約書から判明しただけでも、印鑑の購入者は331人、契約金額は計約2億3200万円に及ぶと指摘した。

 起訴状によると、19年2月~今年2月、「先祖の因縁のせいで運気が悪くなっている」などと女性5人に印鑑の購入を迫ったとされる。5人は、1本13万~40万円で購入していた。

 事件では、女性販売員5人も逮捕され、罰金100万円の略式命令が出されている。

 手口は今回報道されている大阪の事件と同じように見えます。
 
 東京の事件で、検察側は、「新世」が統一協会の宗教活動として、組織的に霊感商法を繰り返し、客から財産を奪い、新たな販売員(信者)に仕立てるというシステムがあるったち主張しているようです。被害者を加害者に変えていくシステムというのは、実に悪質です。
 
 一日も早い事件の全容解明、組織の全容解明が強く望まれるところです。

0 コメント: