2019年1月25日金曜日

三重県麻疹問題、宗教団体にコントロールされない報道を

謝罪声明を掲載したMC救世神教のウェブサイト
三重県津市で発生した麻疹の集団感染について1月22日、ミロクコミュニティ救世神教(MC救世神教)が、自団体が発生源であったことを認める謝罪声明をウェブサイトで発表。これを受け同日、県も団体名を公表し、新聞・テレビが追随した。集団感染の第一報から12日後のことだった。

本紙で鈴木エイト主筆がMC救世神教の名を報じたのは1月16日だった(三重の麻疹集団感染、発生場所はMC救世神教の中高生2世信者研修会と判明)。この時点での感染者数は三重県外も含め27人だったが、団体名が実名でアナウンスされるまでの6日間のうちに東海3県で40人を超えた。

県への取材や報道の状況から、団体名公表の可否やタイミングを教団が事実上コントロールしていた構図が浮かび上がってくる。こうした場面における行政とメディアのあり方を改めて考えたい。

2019年1月20日日曜日

社説=メディアは麻疹集団感染の発生源を報道しろ

医療を拒み手かざしで病気が治ったとする体験談が満載のMC救世神教のウェブサイト
三重県津市に本部を置くMC救世神教の研修会で発生した麻疹(はしか)の集団感染は、現在まで二次感染を含め計36人の感染が報道されている。感染者の一人(三重県在住)が大阪・京セラドームで行われたAKB48の握手会に参加していたことから、大阪市やAKB48オフィシャルサイトでも注意喚起がなされるなど、影響が広まっている。しかし未だに、医療を否定し「浄霊」と称する手かざしによって病気を治せると信じるMC救世神教が集団感染の発生源である事実を、行政は発表せず、本紙以外のメディアも報じていない。報道各社は、率先してこれを報じるべきだ。

2019年1月18日金曜日

MC救世神教2世信者の麻疹(麻しん/はしか)集団感染、AKB48握手会などで被害拡散のおそれ

NHKの報道
本紙で伝えてきたMC救世神教の10代2世信者研修会で発生した風疹の集団感染問題。

 ここへ来て、発症者が潜伏期間中に接触した人にも二次感染が確認された他、発症者の行動歴から京セラドーム大阪で開かれたAKB48の“大握手会”に参加していたことが判明し、感染が拡大するおそれが出ている。

2019年1月17日木曜日

三重・MC救世神教の麻疹集団感染は医療否定カルトの問題

MC救世神教のウェブサイトより
三重県津市での麻疹集団感染の発生場所が、MC救世神教での2世信者研修だったことは、昨日、本紙が報じたとおり(三重の麻疹集団感染、発生場所はMC救世神教の中高生2世信者研修会と判明)。県の発表によると、研修には男女49人が参加し、うち27人の感染が確認された。三重県在住の感染者22人のうち18人には、麻疹予防接種歴がなかったという。

 ワクチン接種に反対あるいは批判的な、いわゆる「反ワクチン」運動の問題が指摘される昨今、改めてその問題性が突きつけられた事件だ。

 しかしMC救世神教の場合、問題は「反ワクチン」にとどまらない。もともと医療全般に対して否定的な同団体において、ワクチン否定はその思想と実践のごく一部にすぎないからだ。同団体の信者を親に持つ「2世」「3世」の信者たちは、手かざしによる「浄霊」で病気を治せると信じている親たちに育てられている。

2019年1月16日水曜日

三重の麻疹集団感染、発生場所はMC救世神教の中高生2世信者研修会と判明

集団感染で麻疹に罹患した青年信者のものと思われるツイート
昨年12月末に三重県内の「民間団体」が開いた研修会へ参加した10~20代の男女が麻疹(はしか)に集団感染した問題で、この団体が世界救世教の流れを組むMC救世神教であると判明した。

2018年12月29日土曜日

創刊10周年に向けて、年末年始イベントが目白押し

コミケで販売される新刊
来年創刊10周年を迎えるやや日刊カルト新聞社が、年末年始の同社関連のイベントスケジュールを発表した。本日から開催されるコミックマーケット95最終日の出展のほか、1月には新年恒例の「カルト新年会」を含め3回のトークイベントが予定されている。

同社・藤倉善郎被告人兼総裁は社内の納会の席で、幸福の科学によって藤倉被告の取材活動が2度にわたって刑事事件化されたことや、鈴木エイト主筆が冬コミに来ないことなどに触れ、「10周年に向けて厳しい状況にあるが、厳しい状況にわざわざ自分で突っ込んでいくのが弊社の社風。来年もさらに厳しい年にしていこう」などと挨拶した。

2018年12月14日金曜日

来賓リボンなしで統一教会系セミナーへ参加した山本朋広前防衛副大臣に「司会者?」との声

統一教会系セミナーで壇上に立つ山本議員(左)と山際議員(右)
10月14日、横浜市の神奈川労働プラザ多目的ホールで統一教会系団体が開いた『アフリカビジョンセミナー』に自民党の山本朋広・前防衛副大臣と山際大志郎・党副幹事長が出席していたことが判った。
 同セミナーは統一教会(世界平和家庭連合)の関連団体である平和大使協議会と東神奈川平和大使協議会が共催、UPF(天宙平和連合)が後援したもの。
 登壇した山本議員が来賓リボンを付けていなかったことから、有識者から「これまでの教団との関係からして、山本議員は来賓ではなくスタッフ扱いをされているのではないか。セミナーの司会をしているようにも見える」との指摘もなされている。

2018年12月7日金曜日

【論評】スピリチュアル批判が分断を招くって?

現代ビジネスより
12月6日、ウェブメディア『現代ビジネス』に、フリーライターで漫画家の小池みき氏による〈「スピリチュアル女子」をあざ笑うすべての人に言いたいこと その揶揄の先に待ち受けるのは、分断だ〉と題する記事が掲載された。長崎県壱岐市におけるスピリチュアル問題を指摘したライターのツイートに端を発した騒動に、異を唱える内容だ。タイトルからわかるように、嘲笑による批判を「分断だ」として批判している。

しかし、「分断だ」などという理由で社会的な批判を否定してしまったら、社会的に問題があるものを批判できなくなってしまう。この記事の何がおかしいのか、改めて考えてみたい。

2018年11月18日日曜日

藤倉被告、HSU祭取材で再び容疑者に=聴取に対し黙秘か

警察から解放された際の藤倉善郎容疑者
10月27日、千葉県長生村にある幸福の科学の施設「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」(HSU=大学ではない)で行われた一般公開イベント「HSU祭」に立ち入ったとして、藤倉善郎容疑者(44歳)が建造物侵入の容疑で千葉県警茂原署の取り調べを受けていることが本紙の取材でわかった。関係者によると、藤倉容疑者は警察の取り調べに対して「取材目的だった」などと供述したものの、後日の取り調べでは黙秘に転じたという。藤倉容疑者は今年1月に東京・西日暮里にある幸福の科学の一般公開施設「初転法輪記念館」に立ち入ったとして、同じく建造物侵入の容疑で東京地検から起訴されており、東京地裁で明日19日に第2回公判前整理手続が行われる。

2018年11月13日火曜日

反ワクチン映画『MMRワクチン告発』一度限りの上映会開催!

経緯を説明するユナイテッドピープル関根代表
12日、日比谷コンベンションホールでワクチン接種と自閉症との関連を示唆するドキュメンタリー映画『MMRワクチン告発』の「一度限りの上映会」が開かれた。
 主催は映画配給会社ユナイテッドピープル。同社は同映画の公開を今月中旬に予定していたが、7日に公開中止を発表、当初予定していたジャパンプレミア上映会を「一度限りの上映会」と変更し開催するとしていた。同映画は2016年のトライベッカ映画祭でも上映中止となっている。