2022年6月21日火曜日

スクープ!大川隆法総裁が霊言で予言を的中させていた!

イラスト:信濃川フェニックス
 幸福の科学の大川隆法総裁(実物)が呼び出した霊による「霊言」の予言が的中していたことがわかった。6月16日、霊言情報リサーチセンターが都内の大学で発表した。これまで大川総裁は、霊言によって様々な予言を行ってきたが、少なくとも戦争や天変地異等の大きな出来事についての予言はいずれもハズレていた。教団外部の研究機関によって大川総裁(実物)の予言的中が確認されたのは初めて。専門家は「これで幸福の科学アンチの無神論者どもを黙らせることができる」と自信をのぞかせている。

2022年4月14日木曜日

4月23日「カルト問題と表現の自由」学習会 集英社マンガ削除問題を受け

 「カルト問題学習会(仮)」が4月23日午後6時から開催する第7回学習会のテーマを「カルト問題と表現の自由」とすることを13日、発表した。集英社が幸福の科学からの抗議により「宗教2世」を題材とした菊池真理子氏のマンガを削除した問題を受けたもの。同会はこれまで事前申込制のクローズドな学習会を月に1回開催してきたが、今回は初めて、質疑等を除いた発表部分をツイキャスで同時配信する形で一般公開する。
 

2022年4月11日月曜日

4人逮捕の神真都Qを反ワクチン弁護士が擁護 「祖国防衛権の行使だ」

秋葉原で街宣する木原弁護士
 反ワクチン団体「神真都Q」(やまとキュー)のメンバー4人がワクチン接種を行っているクリニックへの建造物侵入容疑で逮捕された事件で10日、木原功仁哉弁護士がワクチン接種阻止活動は「祖国防衛権」の行使とし、容疑者について「反ワクチン運動を行うものとして救済すべき」との立場を示した。現時点で弁護を受任したかどうかについては明言を避けた。木原弁護士はもともと神真都Qとは別途、反ワクチン運動を展開。ワクチン接種の中止を求め国を提訴している。
 

2022年4月1日金曜日

反ワクチン集団が幸福の科学を襲撃「信仰ワクチンは殺人行為」

松ヤニをかざされ退散する幸福の科学職員
 4月1日、東京高輪の幸福の科学東京正心館に、ワクチン接種に反対する「神真都Q(ヤマトキュー)」のメンバー数十人が押しかけ接種を妨害する騒ぎがあった。東京正心館は、信者の信仰心によって新型コロナウイルス感染症を防ぐ「信仰ワクチン」の接種会場となっており、神真都Qは「信仰ワクチンは殺人行為」「ニュルンベルク裁判を知らないのか」などと叫びながら、出入り口を塞ぐなどした。「子供にワクチンいらないよ~」などと歌う反ワクチン楽団の演奏も行われ、無駄に上手いバイオリン演奏が通行人をなごませた。
 

安倍晋三氏がロシアにメッコール約6万発供与へ 政権内で批判の声も

爆撃機から投下されるメッコール
 安倍晋三元首相が4月1日、ウクライナ侵攻を続けるロシアに対してメッコール6万6666発を送ると表明した。「ウラジーミル」「シンゾー」とファーストネームで呼び合う大親友、プーチン大統領への個人的な軍事支援だ。メッコールは、爆発とともに砂糖入りの炭酸麦茶が飛び散るタイプの非人道兵器。日本政府は、「ロシアは紛争当事国には当たらない」とし、メッコールの輸出は制限されないとの見解を発表した。しかし政権内では、「お友だち優先」の安倍氏に批判的な声も上がっている。
 

やや日刊カルト新聞社が主要各紙に要請「カルト新聞の名称を用いるな」

「真のカルト新聞」を主張するやや日刊カルト新聞の売り場
 やや日刊カルト新聞社は4月1日、国内外の主要新聞7紙に対して「カルト新聞の名称を用いないように」求める申し入れを行った。「真のカルト新聞」はやや日刊カルト新聞1紙であり、それ以外は商標権の侵害に当たるとしている。
 

2022年3月31日木曜日

“LGBTQは地獄で釜茹で” 幸福の科学のヘイト記事を指摘したTwitterアカが凍結

現在発売中の幸福の科学機関誌『ザ・リバティ』5月号に掲載されているLGBTQに対するヘイト記事
 Twitter社は3月31日、幸福の科学の著作物を引用して教団批判を行っていた「アンチ」のアカウント、著作権侵害を理由に凍結した。同アカウントは前日の30日に、幸福の科学の機関誌『ザ・リバティ』最新号がLGBTQ(性的少数者)を地獄で釜茹でなどとするヘイト記事を掲載していることを、誌面の画像を添えて指摘していた。凍結は、教団側の削除申立を受けたもの。この人物のアカウント凍結は2年ぶり2度目。
 

【まいんど】「宗教二世」の葛藤と苦悩を伝える論文(下)=藤田庄市

 前回「上」の続き。Aさんの論文「宗教2世問題と支援の展望-アンケート調査による実証的分析を通してー」の紹介を続ける。同論文は2世問題に関し、脱会過程と宗教2世への支援を二本柱にして詳細に論じており、今回はその脱会過程の諸相から、①脱会の布石となった事項、②脱会の阻害要因、③脱会後に生じる困難のうちの精神状況の一部を伝える。なお、アンケートの回答は自由記述であり、そこに含まれるすべての要素を洗い出すために、AさんはKJ法を用いて分類をおこなっている。

本連載は「週刊仏教タイムス」に連載中の「まいんど マインド Mind」を、同紙と筆者の藤田庄市氏のご好意により再掲載させていただいているものです。記事中、一部表記を変更しています。本紙での再掲載にかんする責任はすべて本紙にあります。問合せ・意見・苦情等は、「やや日刊カルト新聞」編集部(daily.cult@gmail.com)までお寄せ下さい。
 

2022年3月30日水曜日

【まいんど】「宗教二世」の葛藤と苦悩を伝える論文(上)=藤田庄市

 この春、A4判109枚から成る1本の論文が首都圏の大学に提出された。タイトルは「宗教二世問題と支援の展望―アンケート調査による実証的分析をとおして―」。論者はAさん。「壮絶な葛藤と苦悩の経験を告発する宗教2世が少なからず現れ始めているにも関わらず、宗教2世が抱える諸問題を解決するための制度、環境作りが追いついていない。これが筆者の問題意識である」。論文冒頭にAさんはそう記す。


本連載は「週刊仏教タイムス」に連載中の「まいんど マインド Mind」を、同紙と筆者の藤田庄市氏のご好意により再掲載させていただいているものです。記事中、一部表記を変更しています。本紙での再掲載にかんする責任はすべて本紙にあります。問合せ・意見・苦情等は、「やや日刊カルト新聞」編集部(daily.cult@gmail.com)までお寄せ下さい。
 

2022年3月29日火曜日

“宗教2世”マンガ集英社問題、原因はやはり幸福の科学からの抗議

集英社に抗議しマンガを削除させた幸福の科学地球至高神として崇められている教祖・大川隆法総裁。菊池真理子氏のマンガで描かれていた幸福の科学学園の創始者でもある
 集英社のウェブサイト「よみタイ」に掲載されていた菊池真理子氏のマンガ連載について、打ち切り決定前に連載を全て削除した集英社の対応が、幸福の科学からの抗議によるものであることがわかった。匿名を条件に本紙の取材に応じた集英社側関係者が明かした。

 それによると、集英社側は、抗議を受けた直後にマンガを削除した上で幸福の科学の総合本部に謝罪に赴いていた。また同社がウェブサイトに掲載した謝罪文が教団側の抗議内容を踏襲したことであることもわかった。「全面降伏」とも言える集英社の姿勢が、改めて浮き彫りとなった。幸福の科学以外の団体からの抗議はないという。(集英社マンガ問題取材班)