2020年9月27日日曜日

10月2日にカルト映像・音楽イベント第2弾

やや日刊カルト新聞社が10月2日に東京・新宿の「ネイキッドロフト」で、トークイベント「カルト映像と音楽の夕べ第2弾」を開催することがわかった。カルト集団や宗教団体のアニメを含む信者向け映像や音楽を楽しみながら、カルト集団に対する理解を深めるのが狙い。同趣旨のイベントは今年8月以来2カ月ぶり2度目で、関係者は「前回紹介できなかった映像や音楽を紹介するが、今回もすべて紹介しきれないほど盛りだくさん。たぶん第3弾もやる」などと供述している。

「カルト映像と音楽の夕べ第2弾」の出演者は前回と同じく、やや日刊カルト新聞社の藤倉善郎被告人兼総裁、同社の鈴木エイト主筆兼容疑者、アニメコレクターで「これがホントの神アニメ」のかに三匹氏、宗教映像などを収集するナロプメン氏の4人。ナロプメン氏は、ときおりやや日刊カルト新聞社のトークイベントに出演するものの誰一人として正体を知る者がいない謎のコレクター。

前回の「第1弾」では、創価学会、ワールドメイト、幸福の科学、ものみの塔、新天地などの映像が流された。

「カルト集団の映像や音楽は、自分たちが世の中からどう思われるかを全く理解しないまま、彼らが信者に刷り込みたいと思っている世界観や価値観を追求しているケースが多い。他者を寄せ付けない独善的な集団のメンタルを知るには、彼ら自身のPR映像などを見るのが一番です。それを信じるか信じないかはあなた次第!ってか信じるな!」(イベント関係者)

前回は出演者たちのコレクションがあまりに多かったため、全てを紹介しきれなかったという。そのため今回、第2弾が企画されたが、「今回も全て紹介しきれないことが目に見えているので、たぶん第3弾もやる」(関係者)と不安の声があがる。

会場のネイキッドロフトでは新型コロナウイルス対策として、客席間の距離をあけ、消毒や換気、出演者のマスク着用等を徹底している。しかしやや日刊カルト新聞社では、「飛沫防止のため、カルトの映像や音楽がどんなに面白くても絶対に笑わないでほしい。こっちは真剣なんだ!」と注意を呼びかける。

一方、前回来場した観客から「一番爆笑していたのは出演者である藤倉総裁だった」と指摘されている藤倉総裁本人は、「カルトの映像を見て笑うなというのは、カルトの世界観を本気で信じるのと同じくらい無理」と言い放つ。今回のイベントではマスクを2重にして出演する意向だ。

◇カルト映像と音楽の夕べ第2弾!

10/2(金)
Naked Loft
東京都新宿区百人町1丁目5−1 百人町ビル
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:¥2,000 (人数に限りがあります)
※ネット配信なし

予約はこちらから
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/155700

3 コメント:

キャノンドウ さんのコメント...

藤倉導師・総裁・兼被告につぐ、あんまし図に乘ってますと、
幸福の科学の皆さんに呪い殺されますよ、知りませんよ。

その場合、大川隆法総裁は最高責任者として殺人罪➡➡➡極刑(死刑)に
なるのでしょうか、判りません、ここは幸福の科学の方の意見が是非聞きたいです。
これ以上やや日刊カルト新聞の暴挙を許してはならない。

BAN苦死慰 さんのコメント...

カルト新聞イベントは毎回ハズレが無い面白さですわ。

うろうろ さんのコメント...

ネット配信ないのか〜💧
ライブでも配信販売していただけたら購入したかったです。