2022年3月30日水曜日

【まいんど】「宗教二世」の葛藤と苦悩を伝える論文(上)=藤田庄市

 この春、A4判109枚から成る1本の論文が首都圏の大学に提出された。タイトルは「宗教二世問題と支援の展望―アンケート調査による実証的分析をとおして―」。論者はAさん。「壮絶な葛藤と苦悩の経験を告発する宗教2世が少なからず現れ始めているにも関わらず、宗教2世が抱える諸問題を解決するための制度、環境作りが追いついていない。これが筆者の問題意識である」。論文冒頭にAさんはそう記す。


本連載は「週刊仏教タイムス」に連載中の「まいんど マインド Mind」を、同紙と筆者の藤田庄市氏のご好意により再掲載させていただいているものです。記事中、一部表記を変更しています。本紙での再掲載にかんする責任はすべて本紙にあります。問合せ・意見・苦情等は、「やや日刊カルト新聞」編集部(daily.cult@gmail.com)までお寄せ下さい。
 
 ここでいう「宗教2世」とはいわゆる「カルト」信者の親や教団に幼少期から信仰を植え付けられた子弟を指す。なによりA自身が「宗教2世」である。家族環境などを考慮してAさんの属性は明らかにしないこととする。

 たしかにここ数年、宗教2世による自らの体験を描いた漫画や手記の出版が続き、またカルト問題に取り組む団体が2世問題を取り上げてきた。他方、Aさんが指摘するように、ツイッターなどのSNSでは、カルト環境に生まれ育ったゆえの2世たちの「心の叫び」が溢れていることも事実である。しかし、宗教2世問題の統計的実証的な分析はまだなかった。それを試みた20代前半のAさんの論文に、72歳の私は新鮮な驚きを感じた。なぜなら論文は、私が1995年のオウム真理教事件以来、カルト問題の取材を重ねた結果得た「経験知」が統計的に裏付けられていたからだ。統計の手法やサンプル数はかなり批判の余地があると思うが、根幹部分において宗教2世の信仰および信仰生活による葛藤と苦悩がリアルに分析されていることは間違いない。論文のごく一部とはいえ、2世の心情と実情を紹介したいと思う。

 その前に、私の記憶を伝えねばならない。2000年前後、カルト取材のなかで成人したエホバの証人2世たちと出会った。彼・彼女らは、子ども時代の体罰、学校生活における教団による禁忌に原因する友達との断絶やいじめ、進学や就職という人生の未来を遮断された体験を語った。多くは30代から40代であり、家族もいて落ち着いた生活をしている人が多かったが、言葉の端々からトラウマを感じ取ることは容易だった。なかには精神科に通うひともおり、手首のリストカットの跡が洗濯板のようだったひともいた。自分で入信した1世とは異なる複雑な環境にさらされて育ったことが感じられ、宗教2世の深刻さを痛感した。忘れられない人たちだった。2000年代半ばを過ぎると統一教会(旧称。現家庭連合)の2世問題が表面化してきた。

 わけても2世たちが脱会を決断する時、家族との関係と同時に、信仰、教義がもたらす恐怖がリアルに告げられ、「精神の自由」ということを考えざるを得なかった。私が、カルト問題の核心は、人権の根底にある「精神の自由(信教の自由)」であるという確信を得たのも、2世の体験に負っている部分がある。

 Aさんの調査方法はウェブ上のアンケ―トである。対象は「親の宗教に疑問を持ち、現在脱会に関して悩んでいるもしくはかつて脱会に関して悩んだ経験をもつ宗教2世」たち。2019年13日~24日にかけて、グーグルフォームアンケートをツィッターに投稿して回答を募集した。その結果、回答が234名(男79名、女155名)から寄せられた。調査大項目は「脱会の布石となった事柄」「脱会の阻害要因」「脱会後の家族関係や精神面・経済面での推移について」など5項目。回答の基本は複数回答であり、事象の詳細を記入できる自由記述欄を設けた。

 私が注目したのは、この自由記述欄の応答とその分析方法である。欄には事象が長文で綴られており、具体的様相がよくわかった。さらにAさんはその自由記述回答を分解して分析の単位基盤を広げ、KJ法で分析した。それにより、脱会に悩む、あるいは脱会した宗教2世の心性をビビッドにとらえることに成功したといえよう。

 それにしても見ず知らずの人が、12日間で234名も文章による回答に応じたということは、Aさんの熱意が通じたと同時に、宗教2世が自分たちのことを理解してもらいたいとい切実な思いの反映なのであろう。その思いは、アンケート最後の記述欄に120名が寄せたメッセージにあらわれている。Aさんはそのメッセージをすべて論文末(A4判9枚)に収録した。わずかだが紹介しよう。

 「宗教2世として、特殊な家庭環境、社会とのギャップで痛めた気持ちをこうして吐き出す場をあたえてくださったことに感謝しています。この小さな声が少しでも多くの人に届くことを願います」

 まず、これが回答者全員に共通する思いとみることができる。「ありがとう」「応援します」の言葉が多くAさんに寄せられていることでもそれがわかる。

 「宗教は人の人生と幸福を奪うことをみんなが自覚してほしい」。「私にとっては自殺を考えるような苦しみなので、2世問題は深刻」

 信仰による人生の剥奪についての自覚も共通している。そして、

 「考える自由、学ぶ自由、経験を積む自由、疑問を持つ自由、色んな種類の自由が奪われ洗脳という形に」。「信仰の自由は、出生前の赤ちゃんにも適用されるのが当たり前になってほしいです」

 メッセージに通底する自由への希求の強さも並大抵ではなかった。

 アンケートの集計結果に移ろう。基本データとなる「宗教別脱会状況」である(表参照)。教団別では、エホバの証人、統一教会、幸福の科学、創価学会の4教団が全体の87%を占めており、残りも新宗教だった。男女比では女性が多い。

 また表を見て教団の発展史が見てとれるのではないか、ということである。、エホバの証人は現在悩んでいるのは15人だが、かつて悩んだのは61人。一方、統一教会は前者が44人で、後者が25人と対照的である。また、回答者の「脱会に関して悩む年齢比較」では、
エホバの証人は31歳~40歳が53%、41歳以上が27%であるのに比べ、統一教会は26歳~30歳が45%、21歳~25歳が32%とここでも年齢の違いが顕著である。これは教団の信者獲得時期に由来する若い信者の結婚適齢期を反映しているのだろうとAさんは推察しており、私も同感である。

 次回は脱会過程について紹介する。

(『仏教タイムス』2021年7月16日付紙面より)
……………………………
ふじたしょういち 1947年東京生まれ。フォトジャーナリスト。日本写真家協会員。主な著書『オウム真理教事件』(朝日新聞社、1995)、『宗教事件の裏側 精神を呪縛される人々』(岩波書店、2008)、『宗教事件の深層 スピリチュアル・アビュースの論理』(春秋社、2017)、『修行と信仰』(岩波書店、2016)、写真集『伊勢神宮』(新潮社、2017)ほか多数。

0 コメント: