2022年3月31日木曜日

【まいんど】「宗教二世」の葛藤と苦悩を伝える論文(下)=藤田庄市

 前回「上」の続き。Aさんの論文「宗教2世問題と支援の展望-アンケート調査による実証的分析を通してー」の紹介を続ける。同論文は2世問題に関し、脱会過程と宗教2世への支援を二本柱にして詳細に論じており、今回はその脱会過程の諸相から、①脱会の布石となった事項、②脱会の阻害要因、③脱会後に生じる困難のうちの精神状況の一部を伝える。なお、アンケートの回答は自由記述であり、そこに含まれるすべての要素を洗い出すために、AさんはKJ法を用いて分類をおこなっている。

本連載は「週刊仏教タイムス」に連載中の「まいんど マインド Mind」を、同紙と筆者の藤田庄市氏のご好意により再掲載させていただいているものです。記事中、一部表記を変更しています。本紙での再掲載にかんする責任はすべて本紙にあります。問合せ・意見・苦情等は、「やや日刊カルト新聞」編集部(daily.cult@gmail.com)までお寄せ下さい。
 

脱会の布石と阻害要因

 では「脱会の布石となった事柄」はどのようなものだったか。有効回答者192名、分類件数のべ356件。これを27の小項目に分類したところ、1位は「教義への疑問」が47件、2位は「親の信仰強要や束縛への恨み」の37件であり、3位はネットなど「外部情報への接触」が30件だった。

 この「教義への疑問」と「親への恨み」は、次の「脱会の阻害要因」をみるといっそうはっきりしてくる。有効回答者234名、分類件数のべ292件のうち、大項目では①「家族との関係」計162件、②「教義・教団への疑問」計86件、③「社会での居所のなさ」計29件、④「(脱会の)苦労なし」計15件となり、阻害要因は家族と教義・教団が圧倒的であり、これがなにより2世問題の際立った特徴であることがわかる。

 生活基盤の家族と精神的「拠り所」である教義・教団が、2世に覆いかぶさっているのでは、動きがとれなくなる。小項目の集計を見てみよう。「(親との)絶縁の恐怖」の26件がトップで、2位は「教義を破る恐怖心」が25件、3位は「(親の)精神的攻撃」22件と、阻害要因の様相が顕著に表れている。

 回答を紹介しよう。

 「やはり親と断絶してしまう可能性の高さが一番の恐怖だったと思います」
 「脱会して教団から心が離れてしまうことで、死んでから地獄に落ちるなど、教義による精神的束縛があった」

 宗教2世にとって親と教義・教団が脱会の二大阻害要因であることははっきりした。ただ私見を述べさせてもらえば、親も教義・教団に呪縛されているからこそ、阻害要因として目前に物理的な姿をとって立ち現れてくるのであり、親までひっくるめていわゆる「カルト」の本質が、後述する「スピリチュアル・アビュース」である。

脱会後の精神状況

 では、親の頸木から脱し、信仰を放棄したからといって2世の苦悩が解消するかというと、そう単純ではない。たしかに自由や開放感を手に入れたという回答はあるが、事態は複雑で深刻である。そのさまを、Aさん論文は「脱会後に生じる困難」として明らかにした。論文はそうした困難を「精神状況」「経済状況」「家族関係」の三方面から分析しているが、ここでは紙幅の関係から「精神状況」のみを検討する。私が同論文に注目する最大の理由は、ここに「スピリチュアル・アビュース」の実態が統計的に実証されていると考えるからである。

 論文では、「脱会後に生じる困難」については「現在脱会について悩んでいる者」を除き、「かつて脱会を経験した」125名を対象に、回答をのべ340件の項目に分解。思考面32項目、感情面27項目、身体状況13項目、行動面9項目、出来事・状況18項目のそれぞれに分類した。先に指摘した教義・教団の呪縛に重ね合わせて、思考面と感情面のワースト3を挙げてみる。思考面では、①「信仰を捨てた罰があたるかもしれない」、「親が憎い」がともに7件、②「教義を破ってしまっている」6件、③「今までの人生を無駄にしてしまった」、「家族を失った・裏切ってしまった」がともに5件。また、感情面では、①「罪悪感」10件、②「抑圧・苦しい」と「不安感」がともに8件、③「孤独感」「不安定」ともに7件。「恐怖」も5件あった。

 以上のように、脱会しても2世は教義・教団の影響に悩まされる状況が続くことがわかる。何故か。Aさんは、この回答を寄せた者の多くが「エホバの証人」と「旧統一教会(現家庭連合)の2世であり、両教団はそれぞれ「ハルマゲドン」「(棄教すると)地獄に落ちる」という教義によって常に信者にたいして恐怖を教え込んでいるためだと論じる。さらに「両教団とも『唯一の真理を持っている組織』という教義的価値観が強く、そこから脱会した信者に強い罪悪感をもたらす仕組みが存在している」と続ける。同感である。

 とはいえ教義・教団の呪縛は、脱会した1世にとっても同様にある。ところが2世の場合、その呪縛は親の存在と不可分であるという特徴と同時に、特有の深刻さがあるのだ。、2世はものごころがついた幼少時から、スピリチュアリティが親=教団によって唯一無二の価値観(信仰)として制圧されている。私の持論は、この「制圧」が「スピリチュアル・アビュース」、すなわち「超越的存在を背景とした絶対的な地位が濫用され、日常的に信仰虐待が行われる」のである。端的にいえば、強烈な宗教的脅迫=恐怖によるアビュースである。そして2世は、自分の価値観を他の価値観と比較し、判断する力を閉ざされて成長せざるを得ない。そのため、悩みを打開する方向すら自分の力で見い出すことも難しくなる。脱会後における「身体状況」のトップが「うつ病」14件と断トツなのはその反映といえよう。

 結論に入ろう。この「スピリチュアル・アビュース」が宗教2世の「壮絶な苦悩と葛藤」の根源にあると、Aさんは論じ、そして、2世脱会者援助の実践と研究している竹迫之(日本基督教団白河教会牧師。宮城学院女子大学非常勤講師)の主張を提示する。(以下引用は趣旨)

 「『スピリチュアル・アビュース』とは子どもに対する宗教アプローチの不正使用・乱用であり、従来の虐待の分類体系とは同列に扱ってはならない」
 「虐待行為におよぶ基準が親の所属する宗教団体の価値基準によって行われている」
 「未成年者の場合、肉体的虐待や性虐待があるわけではなく、外部から虐待と感知できない。親子問題だとして警察も取りあわない」

 つまり、「宗教2世」問題は、旧来の見方のままの虐待論や、親の教育権であるとか、信仰継承のトラブルであると捉えてしまうと、当事者の苦悩や葛藤は見えなくなってしまうのである。

 ゆえにAさんは結論として宗教2世問題が「『スピリチュアル・アビュース』という新たな人権問題として日の目をみることを期待する」と結ぶ。

 付け加えると、アンケート回答者の中にはキリスト教会の子弟も含め伝統宗教の2世3世も少数ながら存在した。Aさんは「スピリチュアル・アビュース」がいわゆる「カルト」教団でなくとも起こり得ると考えている。新しい人権問題というのはそうした普遍性に通じているのである。(一部敬称略)

(『仏教タイムス』2021年7月16日付紙面より)
……………………………
ふじたしょういち 1947年東京生まれ。フォトジャーナリスト。日本写真家協会員。主な著書『オウム真理教事件』(朝日新聞社、1995)、『宗教事件の裏側 精神を呪縛される人々』(岩波書店、2008)、『宗教事件の深層 スピリチュアル・アビュースの論理』(春秋社、2017)、『修行と信仰』(岩波書店、2016)、写真集『伊勢神宮』(新潮社、2017)ほか多数。

0 コメント: