2015年10月15日木曜日

統一教会(家庭連合)名称変更記念イベント密着リポート

新しいロゴマークが印字された教団Tシャツを手にする本紙主筆
12日、幕張メッセで開催された統一教会(家庭連合)の名称変更出帆大会。
13日の本紙既報記事に於いて、この大会で複数の国会議員が来賓挨拶を行なった他、祝電を打っていたことを報じた。

本記事では、出帆大会の会場外で起こっていたことをリポートする。

午後1時、最寄駅の海浜幕張駅改札周辺は統一教会信者だらけという状態に。
海浜幕張駅から幕張メッセに向かう信者の群れ
この日の、幕張メッセは他に目立ったイベントもなく海浜幕張は統一教会信者で占拠されていた。

某週刊誌記者と共に、幕張メッセへ向かう信者の波に押されながら会場を目指す。

幕張イベントホール前の広大なテラスには、さながらテーマパークのアトラクションに並ぶ客の様に幾重にも入場の列を作る信者の姿が。

報道関係者の受付に向かう。

今回の出帆大会開催に当たって統一教会(家庭連合)は、各マスコミに宛て案内状を出していた。しかしながら統一教会(家庭連合)に関する記事を最も多く報じてきた本紙には何故か案内状は届かなかった。そこで本紙は、鈴木エイト主筆がライターとして関わる某週刊誌の記者としての立場で入場を試みた。

来賓・PRESSの受付には、人事異動で広報局を去る“しんちゃん”こと〇野氏の替わりに本紙対応担当となった澤田広報局渉外部長の姿が。澤田部長に見咎められた本紙主筆一向のうち入場を認められたのは某週刊誌記者のみ。本紙主筆はまたしても入場拒否の憂き目に遭う。敢え無く撃沈した本紙主筆は会場外から取材する羽目となった。

澤田渉外部長に話を訊くなどしながら来賓・マスコミ受付周辺で取材を続ける本紙主筆の目に留まったのはPRESSカードだ。


本紙には渡してくれなかったPRESSカード
 撮影の許可を得て、PRESSカードを手に撮影を行なった。
本紙主筆が統一教会発行の「PRESS」カードを付けた歴史的瞬間

そして、入場者の誘導や受付を行なっている係員に目を向けると、教団の信者で構成されたスタッフが着用しているのはお揃いのスタッフジャンパーやTシャツだ。

スタッフジャンパーにも新ロゴマーク



スタッフジャンパー背面
 澤田部長によるとジャンパーは非売品だがTシャツは会場に於いて1500円で販売しているとのこと。購入を希望したが会場へ入らないと購入できないという。そこで本紙主筆は澤田部長に代理購入を依頼、すると「後でなら」と快諾を得た。
ロビーの一角に設けられたTシャツ販売ブース
ほどなく本紙主筆マンツーマン対応担当本部職員が登場、以降密着マークを受けることとなった。
しかしここで奇跡が起こる。何故か本紙主筆は厳重な警備を掻い潜り物販ブースに到達し、無事TシャツをGETすることができたのだ。

教団の名称変更の認証を報じる統一教会の公式映像によると文化庁の認証は「天の働きと関係者の努力によって」なされたという。本紙主筆もどうやら「天の働きと関係者の努力によって」物販エリアに入ることができTシャツを入手したようだ。

購入したTシャツがこれだ。
Tシャツの前面(モデル・鈴木エイト主筆)
Tシャツの背面(モデル・鈴木エイト主筆)
観ての通り極めて古めかしいデザインだ。ロゴも「ダサい」と評判だ。実際に会場内外の二世信者や青年信者からも「デザインがダサい」との声が聴こえてきた。
二世信者からは「アゴヒゲアザラシにしか見えない」
と不評な世界平和統一家庭連合(FFWPU)のロゴ
アゴヒゲアザラシ(おたる水族館




このセンスでは教団の次代を担う二世・青年信者のハートを掴むのは難しそうだ。



改めて入場する信者を観察すると・・・

正体隠し伝道を行なっていた勧誘員の姿も多数確認できた。

信者内では有名人の後藤徹氏も本紙主筆が声を掛けると手を挙げて応答。 

12年間に及ぶ引きこもり生活の末、裁判で2000万円を
GETした後藤徹・拉致監禁強制改宗被害者の会会長
本紙主筆の呼び掛けに快く応じる
そして小岩の偽装施設のY田さんが遅れて会場入りした際には「Y田さ~ん」と呼びかけ近付こうとすると統一教会本部職員がY田さんを政治家と勘違いし本紙主筆を制止するという一幕も見られた。 

それ以降は会場外も、教祖夫妻の名を捩った鮮鶴合唱団の少年少女が会場から出てきて記念撮影を行なうなど牧歌的な雰囲気。

そして、15時を過ぎた頃、最後の“大物”がやって来た。

集会名物の井口康雄歴史編纂室長だ。
巨体を左右に揺らしながら近付いてくる井口歴史編纂室長
ぼっちな井口歴史編纂室長


井口室長と云えばいつもこの手の集会では会場入り口に陣取り、入場者に「やあ!どうもどうも!」と握手を求め大物ぶりを発揮してきた人物だ。それがこの日は何故か大幅に遅刻、井口室長は本紙主筆にしつこく絡むことなく大人しく会場入りした。

本紙主筆の肩に手を置き、終始ご機嫌だった井口歴史編纂室長

本紙主筆はその後、他部署へ異動が決まりこの日が広報局員として区切りの仕事なった“しんちゃん”こと〇野元広報局員を交え、歓談。



午後4時半を過ぎてようやく大会が終了、出てきた旧知の勧誘員信者や幹部にヒアリングを行なう間も密着マークを受ける。
撮影阻止に躍起な本紙主筆対応・教団本部職員

会場から出て来る信者を俯瞰すると、二世信者の姿も見られたが壮年信者や高齢者信者が殆どだった。各地区教会に割り当てられた入場チケットの分配上の差配かもしれないが、統一教会(家庭連合)は高齢者信者の割合が高くなってゆく傾向が顕著だ。この教団の行く末は、高齢者の数のみ突出した不安定なものとなってゆくと言われているが、それを裏付ける様な入場者の年齢分布だった。


最大9000人の収容が可能という幕張メッセイベントホールだが、主催者発表によると1万人の参加者が出席したという。
組織の行く末をジリ貧と見るむきも多いが、まだまだこれだけの集客力を持つ巨大な教団である。政界工作を含め、その影響力は侮るべきではない。


~本紙関連記事~

18年越しの悲願!統一教会の名称変更を文化庁が認証、世界平和統一家庭連合に=専門家は勧誘被害増加を懸念


「さらに国家と世界に貢献する活動に邁進」統一教会が幕張メッセで名称変更の出帆式典を開催=マスコミ宛て案内文を入手
週刊朝日に『第3次安倍改造政権 支える宗教』掲載=統一教会の名称変更に政治家の影?
「心から感動」「身震いする思い」「ムンセンミョン総裁」「真(まこと)の親方様」現職の自民党国会議員が統一教会名称変更出帆式で来賓挨拶

11 コメント:

匿名 さんのコメント...

とある国では大衆迎合しているからな。
しばらく安泰

匿名 さんのコメント...

また統一教会に金出してTシャツ買ったのかよ

匿名 さんのコメント...

> 2015年10月15日 23:46
祝福家族のコカイン代になるのにな

匿名 さんのコメント...

取材ご苦労様でした。私も会場にいましたが、会えなくて残念でした。

匿名 さんのコメント...

誰だよw

匿名 さんのコメント...

いくら名称変えてもカルトはカルト!

匿名 さんのコメント...

残り信者数は韓国で数万程度
その他諸国合わせて五千程度
一番多いのは日本だが、実際熱心に活動しているのは、この幕張に集まっている程度

あたかも、頭数が多いように見せているが、文氏が亡くなってからはそれぞれの考え方にバラつきが出てきた。
予算もタダじゃない。罪が許されるといって、集め続けても、いつまでもつか

匿名 さんのコメント...

立教の精神に戻り、SEXカルトになるべきだ。

匿名 さんのコメント...

自民党が世界平和連合の名前で統一教会を隠して選挙資料に入れてたソースだと日本の統一教会信者は7万。
票数よりは秘書、ネット工作、闇選対などの政治の汚れ役としての能力が抜群だから安倍政権でも寵愛されているんだろう。

匿名 さんのコメント...

ダメ!と、写したお手相は、
頑固者・・・誰の手なのかな?

匿名 さんのコメント...

http://swedenborg-platon.seesaa.net/article/290851301.html

自称宇宙人さんへ

このブログ村にどなたかは存じあげませんが、宇宙人がいらっしゃると聞いてびっくりしています。
自分の潜在意識をひも解いて、宇宙人だった時の記憶をよみがえらせることができるのは、総裁先生以外にいないと私は思っていましたので、すごい方がいるものだなーと尊敬しています。

私も、宇宙論や素粒子論、物理・化学全般、宗教・哲学、政治経済と幅広い関心は持っているのですが、頭があまりいい方ではないので、地球の物理や政治経済、哲学、宗教もなかなか人前で話せる自信がおきてきません。

そこで、誠に申し訳ないのですが見も知らずの宇宙人さんにお願いがあるのですが・・・
私も他の星について、大変な関心があります。

どのような星にいらっしゃったかは、だいたい分かりましたので、できればその星の文明や価値観、思想やその星の哲学、あるいは、科学技術において地球と比較してどのくらい進歩しているのかを、できるだけ詳しく記事にしていただければ、大変勉強になります。

他の星について勉強する機会など滅多にありませんので、私以外の方も大変喜ばれるのではないかと思います。

先ほども書きましたように、私は地球にある学問すらなかなか理解できない人間ですので、できるだけあなたがいらした星について、どのような文明であったのかを詳細に書いていただければ、これ以上の学びの機会はないと思います。

よろしくお願いします。