2018年9月13日木曜日

台湾での“慰安婦像キック”問題で市民15人が幸福の科学に抗議デモ=東京・五反田で

9月11日、東京・五反田にある幸福の科学総合本部前で、市民15人(主催者発表)が幸福の科学信者で政治活動家の藤井実彦氏と教団に対する抗議活動を行った。藤井氏が今月6日、台湾・台南市に設置された「慰安婦像」に蹴りを入れたとされる問題を受けてのもの。教団側もほの同じ15人あまりの職員を総合本部前に動員しデモを妨害。警察官が間に割って入るなど、約15分間にわたって現場は混乱した。


■藤井氏は「慰安婦キック」を「ストレッチ」と主張

藤井氏が慰安婦像に蹴りを入れたとする問題については、台湾で監視カメラの映像が公開され、像の設置を主導した謝龍介(シエ・ロンジエ)・台南市議南平市議がFacebook上で批判。台湾と日本の窓口機関である日本台湾交流協会台北事務所に出向いて、協会と藤井氏に謝罪を要求した。これを受けて10日には台北市内で約100人の抗議デモが起こり、さらに日本台湾交流協会事務所前にペンキが撒かれる事件も発生して、現地メディアは連日この問題を報じている。

一方、藤井氏が幹事を務める「慰安婦の真実」国民運動は11日、Facebook上で〈内部調査を行った結果、慰安婦像を蹴ったという事実はない事を確認〉〈加工されたと考えられる問題の画像を、日本の画像解析企業に解析依頼〉したなどと発表。10日付の藤井氏の声明文を合わせて公開した。声明文で藤井氏は、〈慰安婦像を蹴ってはいない〉と主張。慰安婦像に蹴りを入れているとされる画像は〈意図的に加工〉されたものであり、自分がストレッチ運動をしている様子を映した写真が切り取られて利用されたという趣旨の説明を行い、一連の情報を〈「フェイク・ニュース」と同様の悪質な手口〉と非難した。

しかし11日のうちに、「慰安婦の真実」国民運動はこれらの発表を全て削除した。

■藤井氏は幸福の科学信者

論破プロジェクトの出展予定作品だった『The J FACTS』に登場する「トックマ」
藤井氏は「慰安婦の真実」国民運動の幹事を名乗っているが、幸福の科学の信者であり、幸福の科学の支援で活動してきた「論破プロジェクト」の代表を務める。2014年には、「慰安婦の強制連行はなかった」とする趣旨のマンガを、アングレーム国際漫画祭(フランス)に出展しようとして中止を要請される騒ぎを起こした。このとき論破プロジェクトは、当時幸福実現党幹部だったトクマ氏のマスコットキャラクター「トックマ」を自団体のマスコットとして使用し、出展予定だったマンガ作品にも収録。幸福実現党の宣伝も兼ねた活動を展開しようとしていた。

また藤井氏は、幸福実現党が〈「中国による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』のユネスコ記憶遺産への申請」に抗議〉の一環として2015年にユネスコ本部に提出した〈「慰安婦」資料への反論書〉に、「論破プロジェクト代表」の名義で賛同を寄せている。

こうした活動を積み重ねてきた藤井氏が台湾で慰安婦像に対して侮辱的な行為をしたことから、菅野完事務所とやや日刊カルト新聞社の共同企画として、幸福の科学総合本部前での抗議活動が企画された。

■エル・カンターレ像の前でストレッチ

エル・カンターレ像(300万円)
抗議活動は、慰安婦像に蹴りを入れておきながら「ストレッチ」だと言い訳した藤井氏にならい、「エル・カンターレ像の前でストレッチするデモ」として企画された。エル・カンターレ像とは、幸福の科学における地球至高神「エル・カンターレ」である教祖・大川隆法総裁をかたどった像(300万円)。

9月11日午後3時半過ぎ。幸福の科学総合本部前に15人の参加者と、ほぼ同数の教団職員が待ち構える中、デモ主催者である菅野完氏とやや日刊カルト新聞社・藤倉善郎被告人兼総裁が現れた。

のぼり付きの台車で颯爽と登場するエル・カンターレ像
台車の上にエル・カンターレ像を乗せ、ガタガタ音を立てて進みながら「しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん……」と『子連れ狼』の主題歌を口ずさんでいる。幸福の科学総合本部前に到着すると、2人は大声でシュプレヒコールを上げた。

「慰安婦像を侮辱した幸福の科学を許さないぞ~!」

「許さないぞおおおお!」

「100円ショップで売ってるような仏像を300万円で売る幸福の科学を許さないぞ~!」

「許さないぞおおおお!」

ストレッチ前の準備運動なのかラジオ体操を始める菅野完氏
教団職員がわらわらと歩み寄ってきて、「近所迷惑ですよ」「業務妨害です」などと言いながら制止しようとする。中には、幸福の科学の大幹部で、清水富美加騒動の際に記者会見を行った里村英一常務理事の姿もあった。

菅野氏「幸福の科学を許さないぞお~!」

里村氏「ちょっと、街宣やってますよ」

菅野氏「ぼくは自己主張してるだけです」

構わず菅野氏が「ストレッチします!」と叫んだ瞬間、何かを叩くような「ガチャン」という音が聞こえたような気がするが、本紙記者はよく見ていなかったので何が起こったのかわからない。

教団職員が菅野氏一人を取り囲む。

職員「何してるんですか」

菅野氏「ストレッチしてるんですよ」

職員「信仰を冒涜しないでください」

菅野氏「人の思想を冒涜しないでください」

里村氏「あなたどこかで見たことありますね。こんなところで自己主張してる場合じゃないんじゃないですか」

菅野氏「自己主張と認めてくれるんですね。ありがとうございます。ストレッチさせてくださいよ。ラジオ体操第一!」

菅野氏がラジオ体操をしている間に、藤倉被告が台車のエル・カンターレ像を箱の上に起き、そそくさと準備を進める。里村氏が噛み付く。

里村氏「完全に業務妨害ですよ。信仰活動の妨害なんですよ」

菅野氏「ここ公道ですよ」

里村氏「公道に(台車を)止めてるじゃないの」

菅野氏「あなたたち公道で信仰活動してるんですか」

菅野氏がエル・カンターレ像の光背に触れて「カタカタ言いますね」と言うと、教団職員が菅野氏の手を押さえつける。

菅野氏「幸福の科学こわ~い!」

里村氏「怖いのはこちらですよ、婦女暴行犯がいるんだから」(※菅野氏は過去、女性関係で暴力事件を起こしたことが報じられていますが、「婦女暴行」ではありません)

藤倉被告「ぼくも被告人ですけど、ぼくは怖くないですよね」

里村氏「あなたは嫌い! 嫌いって言わせんなよ、だからあ!」

ちちくりあう里村氏と藤倉被告
藤倉被告「ぼくは里村さん大好きですよ」

里村氏「私は好きなの、うん」

藤倉被告「ほんとは好きなの」

里村氏「ううん。好きじゃない!嫌い! こんなことをやる藤倉さんは好きじゃない!」

痴話喧嘩が始まった。

一時、現場はぐちゃぐちゃに
通りかかった制服警官が間に割って入ってきた。

警官「もういいでしょ」

藤倉「まだストレッチしてません。みなさん、ストレッチしましょう!」

しかしデモの一般参加者たちは職員たちに阻まれ、エル・カンターレ像に近づけない。幸福の科学は「信教の自由」を盾に、国民のストレッチ権を踏みにじる。

楽しそうにVサインを見せる教団職員
ストレッチどころか、像の所有者である藤倉被告自身がエル・カンターレ像にふれることもできない状態だ。その上で、里村氏が「路上に放置している」「拾得物で拾ってこうかこれ」などと言い放つ。幸福の科学らしい、自作自演の嫌がらせだ。

里村「我々は(「慰安婦の真実」国民運動と)関係ない!」

藤倉被告「でも藤井さんは信者でしょ」

里村「誰が信者とか関係ない!」

もはや、デモ隊よりも里村氏のほうが大声で自己主張をしている状態。里村氏のほうが警察官から「落ち着いて」となだめられていた。

■「関係ない」と言い放つ教団職員

警察官に促されて、幸福の科学側がまず総合本部前から建物の中に戻り、それからデモ隊が引き上げるという話が、なぜか警察官と幸福の科学との間で勝手に決められた。教団職員たちが施設の敷地内に戻っていく。

菅野氏「なんでオレらが集会・結社の自由を冒涜されきゃいけないの?」

右ストレート・ストレッチ!
職員が離れたのを見計らい、菅野氏が改めてストレッチ。するとまた里村氏が「おいおいおいおい!」と言いながら詰め寄る。

藤倉被告は、現場を離れ別の場所で一般参加者にストレッチをしてもらおうと方針転換。再び、大五郎を連れ歩く子連れ狼よろしく台車でガラガラとエル・カンターレ像を移動し始めた。去り際に藤倉被告が教団職員たちに向かってこう言い放った。

藤倉被告「台湾の人や慰安婦の人たちは、このくらい怒ってると思いますよ」

菅野氏「あなたがたが怒ったのと同じ気持ちで、台湾の人たちは昨日デモしたんですよ」

教団職員「関係ない!」

この言葉に、その場を立ち去ろうとしていた藤倉被告が振り返る。

藤倉被告「関係ないってことはないでしょう!」

菅野氏「藤井さんは関係ないんですか!」

里村氏「それについては何も言いません!」

台車から手を離した藤倉被告に代わって、警察官がエル・カンターレ像を押しながら立ち去るように促す。

警官「さ、行きましょう、行きましょう」

政教分離原則の危機
藤倉被告「あ、お巡りさんに押させちゃってすいません。政教分離原則が……」

警官「そうですよ。だから帰りましょうよ」

藤倉被告は我が国の政教分離原則を守るため、その場を離れることにした。

教団前でのデモは15分ほどで終了。その後、近くの公園に移動して、15人の参加者たちで存分にストレッチを楽しんだ。参加者の一人、東京都在住の鈴木エイトさんはこう語る。

「蹴ってない。ストレッチをしていただけだ」

■「慰安婦の真実」国民運動は謝罪文を掲載

デモが行われた11日、幸福の科学は公式サイトに〈「慰安婦の真実国民運動」と幸福の科学は一切無関係です〉とする声明文を掲載。その中で〈藤倉善郎氏らにより、保守系民間団体「慰安婦の真実国民運動」と幸福の科学および幸福実現党との間に繋がりがあるかのような虚偽の風説がネット上に流布されております〉とした。

ジャンピング・ストレッチ!
しかし藤倉被告が〈「慰安婦の真実国民運動」と幸福の科学および幸福実現党との間に繋がりがあるかのような虚偽の風説〉を流した事実はない。藤井氏と幸福の科学の関係を指摘しているだけだ。藤倉被告は、「幸福の科学は、慰安婦の真実国民運動と無関係だと言い張ることによって、藤井氏とも無関係であるかのような雰囲気にしたいだけではないか」と語る。

エイト・ストレッチ!
またデモ翌日の12日には、「慰安婦の真実」国民運動がウェブサイト上に〈台湾の慰安婦像に関わって発生した問題について〉を掲載。〈藤井氏が慰安婦像を蹴るような素振りをしたことは明らかであり、当人にどんな事情があったとしても、客観的に見て不快感を与える不用意・不適切な行動であったことは間違いないとの結論に至りました〉として謝罪を表明した。この声明文にも、〈当会幹事の藤井実彦氏(論破プロジェクト代表)〉と記載されており、藤井氏がいまだ幸福の科学のフロント団体「論破プロジェクト」の代表として活動していることが確認された。

藤井氏は11日付で「慰安婦の真実」国民運動の幹事を辞任したという。

しかし冒頭で示した通り、当初「慰安婦の真実」国民運動は自団体のFacebookページで、〈慰安婦像を蹴ったという事実はない事を確認〉〈加工されたと考えられる問題の画像を、日本の画像解析企業に解析依頼〉するなどとして、慰安婦を蹴っている画像は意図的に加工されたものだとする藤井氏の声明文も掲載していた。12日付の「慰安婦の真実」国民運動の声明文により、これら藤井氏・「慰安婦の真実」国民運動がともに、一時的とは言えウソの声明を発表していたことも確実となった形だ。

なお幸福の科学は、12日付で藤倉被告宛に「抗議書」を送付。〈見物人を含めて約20名を集合させ、当教団の信仰の対象であるエル・カンターレ像を足蹴にするなど、信仰に対する重大な冒涜行為を行った〉として〈厳重に抗議〉した。

革命によって倒されるエル・カンターレ像
ネット上でも、幸福の科学の信仰対象であるエル・カンターレ像に蹴りを入れることに対しては抵抗を示す声も一部にある。これに対して、デモ主催者の2人はこう語る。

「蹴ってない。ストレッチをしていただけだ」(菅野氏)

「蹴ってない。ストレッチをしていただけだ」(藤倉被告)

主催者は、幸福の科学からの抗議に対して謝罪する気はないようだ。

デモ主催者のコメント:

慰安婦像を蹴った際の藤井氏をイメージしたスーツでデモをする菅野完氏(左)
菅野完氏「所謂『慰安婦問題』なるものが『問題』となるのは、我が国の社会に抜きがたいセクシズムとミソジニーとレイシズムが澱のように土着してしまっているからに他ならない。しかし一方で、日本土着のセクシズムとミソジニーとレイシズムを利用して慰安婦問題を『問題』として煽り立てている放火犯は常に幸福の科学をはじめとする新興宗教の連中であることもまちがいがない。つまり日本の社会は『山火事になりやすい山』であり日本の新宗教は『その山に火をつけて回る連続放火魔』なのだ。日本の社会の一員として台湾のみなさんにお詫びしなければならないのは、『山火事になりやすい山』を放置しつづけていることと『連続放火魔』を野放しにしてしまっていることの双方だ。この両点について我々は真摯に反省し謝罪する。幸福の科学のみならず生長の家原理主義者、統一教会など我が国には多数の『連続放火魔』たちが潜んでいる。そして彼らは決して特殊な存在ではない。慰安婦問題、沖縄の基地問題、そして憲法改正議論と、彼らが扇動を繰り返しているにも関わらずそれを扇動と見抜けないのは、彼らの扇動手法が我々の社会に完全に溶け込んでしまっているからに他ならない。今回の騒動を契機に、彼ら『連続放火魔』の存在が広く認知されることを願ってやまない」

よく「体を張った取材」をしているなどと言われるが、実はかなりの運動不足でまともに足もあがらない藤倉善郎被告
藤倉善郎被告「台湾の皆さんに、我が国のカルト宗教の関係者がご迷惑をおかけしたことをお詫びする。我が国の報道に関わる者の責任として、このようなカルト宗教を野放しにしないことを改めて約束したい。また、今回は非常に有意義なデモにすることができたことを、参加者の皆さんや応援してくださった皆さんに感謝する。幸福の科学によるとデモには約20人が集まったようだ。デモを非難する側が主催者発表(15人)より多い参加者数を主張している。これをどう評価していいのか意味がわからないので、しばらく悩みたい。なお、“右派カルト”という言葉をしばしば目にするが、右派かどうかはカルトであるかどうかの基準ではない。左派にもカルト的な集団はある。しかし今回のように国際問題にまで発展するような極端な右派活動の背後に幸福の科学のようなカルトが存在していることは疑いようもなく、日本社会にとってはかなり重大な問題だ。慰安婦問題に限らず、沖縄基地問題においても同様である。このことを、まず日本国民に広く知ってもらいたい」

取材:本紙エル・カンターレ像の前でストレッチするデモ特別取材班
取材協力:菅野完事務所

◇関連記事
本日、幸福の科学総合本部前で抗議デモ=信者による慰安婦像キック問題で

25 コメント:

匿名 さんのコメント...

というか藤倉さん、300万でエル・カンターレ像を買ったんですかw

匿名 さんのコメント...

おっさんラブがほっこりしますね。

匿名 さんのコメント...

デモの内容も記事の内容も最高ですw 菅野氏も藤倉被告もやっぱり凄い。

Unknown さんのコメント...

爆笑しました😝
これからも頑張って下さい。藤倉さん、ノイホイ応援してますよ!

匿名 さんのコメント...

こんなカルト教団決別すべき、何度も相撲の取組に敗北する教団なんかほっとてくれ!

匿名 さんのコメント...

幸福の⚪️⚪️も衰退したな。ネット対策する職員も信者もいなくなったか。

エル・バカターレ さんのコメント...

幸福の科学、過剰反応しすぎやで。
30分も放置したら帰るのに。
出て来るから記事にされますのや。
「知恵」も「不動心」も凡人以下やのお(笑)。

匿名 さんのコメント...

無関係装うなら、せめて、こういうとこは処理しておけと思うのです。
https://the-liberty.com/archive.php?act=searchall

匿名 さんのコメント...

教団関係者が演出で金色の掛け物を身につけている
迫力があるように見せるためだし写真におさまっても負けてない感じをだそうとしている
でも一番写真のなかで人相がいいのが藤倉さん。
手塚治虫ばりの笑顔がいい。
今度取材するときは美川憲一のコスプレしていけば教祖と幹部のようないい絵が撮れますよ

千村光弘 さんのコメント...

相変わらず、変な人ですね。
しかし、なんでこの変人さんが、
エルカンターレ像を持っているのか?
確か、会員でないと頂けないはずですが!
でも、エルカンターレ像を頂いても、
信仰心が全くない人が持っても、
単なる偶像なんです。
信仰心がある人には、
このエルカンターレ像に、
エネルギーが入り、
様々に奇跡を起こすのだと、
藤倉変人には、理解できないだろうなあ❗

匿名 さんのコメント...

あれは部下がやった事ですから、、、、と教団幹部は冷たく切るんだろうなあ・・・
大宇宙を作られた根本仏、本物の神に聞いてみたい事件

匿名 さんのコメント...

GJ!!www
でも笑いごとじゃなくて全国ネットのTVで特集するべき問題ですね
統一教会や幸福の科学、生長の家原理主義らのカルト教団が
慰安婦問題などあらゆる政治工作をしてて
対立煽りをしまくって問題を大きくしていることが報じられていかないといけないですね
韓国では日本人信者に慰安婦謝罪行脚させて反日煽って片や日本では関係団体に慰安婦叩きさせて嫌韓煽るという
お得意の対立煽りをしてると思われる統一教会についても

匿名 さんのコメント...

ストレッチしたから藤倉さんと菅野さんもアカウントを消して雲隠れするんですかw
『Are You Happy?』(アユハ)のウェブサイトで「論破プロジェクト」の広告が閲覧ランク1位になっているのにも笑いましたが。

そういえば幸福の科学が声明文を発表しましたね。
台湾の慰安婦像の設置に関する当教団の見解「幸福の科学は慰安婦像の撤去を求めます」
https://happy-science.jp/info/2018/39371/

匿名 さんのコメント...

お巡りさんって、いつから幸福の科学の警備員になったの?

匿名 さんのコメント...

記事がないけど??

匿名論者 さんのコメント...

↑×1 PCではでは今のところちゃんと映っている。藤倉氏のツイアカは凍結されてしまったようだけど。
記事が消えたらこうなる。
https://dailycult.blogspot.com/2017/10/twitter.html
https://dailycult.blogspot.com/2017/10/23twitter.html

「Google社が『やや日刊カルト新聞』の記事2本を無断削除」
https://dailycult.blogspot.com/2017/11/google2.html

エル・バカターレ さんのコメント...

千村光弘はん

エル・カンターレ像は信者やのおても購入でけます。
愛想を尽かした信者がヤフー・オークションで売っとります。
おそらく藤倉はんもそのヘンのルートから購入したんかと?

教団のスタンスは、
「信仰心の厚い信者に特別に下賜したもの。
信者がお礼をしたい、いくらお布施したらええか?ゆうから、
そおでんな、300万円目安くらいかいな?」ゆうただけ。
ゆうスタンスですわ。
早いハナシが300万円で売っとるだけですケドな。

「下賜」ゆうんは徳川将軍が大名に白馬を与えるよおなモン。
白馬を転売したり死なせたら、家老クラスが切腹モンだす。
所有権も処分権もおまへんのだす。

ホナら幸福の科学もエル・カンターレ像を転売した
信者を罰するべきだす。
裁判所に訴えるべきだす。
エル・カンターレ像「下賜」の際に、
「転売不可。所有権は幸福の科学。お布施は返済しない」テ、ハッキリ明記するべきですわ!

千村はん、眠たいコトゆうとったら笑われまっせ!

エル・バカターレ さんのコメント...

千村光弘はん

  >でも、エルカンターレ像を頂いても、
  >信仰心が全くない人が持っても、
  >単なる偶像なんです。

相変わらず眠たいコトゆうてまんな(笑)?

ほなら信仰心がない連中が、
エル・カンターレ像に「ストレッチ(キックやおまへんで)」しても、
単なる偶像に対するストレッチやおまへんか!
ナンで里村英一や教団職員が神経質になるんでっか(笑)!

千村はんの発言、論理矛盾があり末世。
お気づきになってまっか?

エル・バカターレ さんのコメント...

千村光弘はん

ナンで幸福の科学にはマトモな論客がおらんのでっか?

大川隆法も里村英一もアホ丸出し。
渡邊伸幸も土屋倫美も高間智生も逃げばっか。
藤井実彦も木下真も過足裕一も卑怯者。
破門された大川きょう子も大川宏洋も種村修も意気地なし。

信者のhoshieiwaもkokoro_no_chikaraもfugenyakusiも、
鈴木紀一もアシュターシェランもななみんの騎士も会話不成立。
古いトコロでは無敵の龍もよしもんも爆睡会員2も基地外。

幸福の科学に表彰される立派なヒトはおらんのでっか?
わて、偉大な論客に挑むんは名誉や思うんでんが、
ブタを屠殺して勝利者ヅラしとおないんですわ!

匿名 さんのコメント...

Shun Ferguson氏によるカルト・幸福の科学論
https://www.facebook.com/shun.ferguson.3/posts/955042144581332
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=428660124142849&id=100009965956299
https://www.facebook.com/shun.ferguson.3/posts/586516458100571
これらの解釈ついて藤倉さんの見解をお伺いしたいのですが…

匿名 さんのコメント...

このデモ、参加したかったです。気付くの遅くて本当に残念…藤倉さん、菅野さん、エイトさん応援してます♪

匿名 さんのコメント...

幸福の科学が大バカ集団だね。早く幸福の科学なんてぶっ壊せ。

頑張ろう日本全国行動委員会 さんのコメント...

政治運動自体劣化しており、誰も見てないだろ、こんなの。
あー、馬鹿馬鹿しい。
これで支那と朝鮮と中華民国に行く日本人はさらに減るだろう。それ覚悟で像建てたんだろう。
こんなの誰も注目しないよ。化学の政党の街頭宣伝なんて誰も聞かないレベルだ。
こんな情けない事止めて、全うな活動しろよ。

匿名 さんのコメント...

>エル・カンターレ像は信者やのおても購入でけます。
>愛想を尽かした信者がヤフー・オークションで売っとります。
>おそらく藤倉はんもそのヘンのルートから購入したんかと?

ホントだw 350,000円で落札されている。市場原理って凄いな。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r247534733

弁護士唐澤 貴洋 さんのコメント...

なにやってんだDV魔菅野完
犯罪者にカルト批判する資格ないで
はよテキサス州警察に出頭して贖罪せいや