2010年1月28日木曜日

リトル・ペブルが「全世界のクリスチャンに喧嘩を売る」

 「この誓願式を行うことは、全世界の全てのクリスチャンに喧嘩をうることになります」という表現が、すでに喧嘩を売っています。かねてよりセックス儀式などによって一部で物議をかもしている「リトル・ペブル同宿会」が、2月7日に「同性愛のカップルの誓願式」を開催すると発表。「ぜひ、この前代未聞で驚天動地の瞬間を、取材しにきてください」とマスコミに呼びかけています。


【mmfjtoのブログ 2010年01月24日】「同性愛のカップルの誓願式」の開催についてのお知らせと取材依頼、同性愛のみなさんへ

マスコミ、報道関係者各位

「同性愛のカップルの誓願式」の開催についてのお知らせと取材依頼

この誓願式を行うことは、全世界の全てのクリスチャンに喧嘩をうることになります。

マリアママからのメッセージで言われました。

「『同性愛のカップルの誓願式』をすることで、クリスチャンといわれる人々から敵視されます。彼らは同性愛者に対し、軽蔑なまなざしを向けます。子供たち、覚えておいて下さい。神は同性愛者を愛していることを示すためにこの誓願式を行います。リトル・ぺブル同宿会は同性愛者、性転換した人々、罪によごれきった人々の集まりになります。」と。

(「2010年1月12日 PM2:30 マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ 秋田県湯沢市「清水小屋」にて」から抜粋)

(略)
誓願、第一号として、名古屋に住む同宿二人、25年のホモの夫夫生活を送ってきた、ロンジン・マリー馬場勝吉とフランソワ・マリー丸山幸一が行います。

ぜひ、この前代未聞で驚天動地の瞬間を、取材しにきてください。

よろしくお願いします。
(略)

 ホモって書いてありますね。元来の意味はともかくとして実際の使用場面では、侮蔑的意味合いが強い言葉だと思うのですが。同性愛者に対する軽蔑を払拭しようという心意気はあるものの、やはり「閉じられた集団」の言語感覚は、世俗と隔たりがあるようです。

 誓願式は、2月7日午後7時から、秋田県湯沢市の「リトル・ペブル同宿会 清水小屋共同体」で。誰でも列席自由だそうです。

6 コメント:

オホーツクの帆立 さんのコメント...

遅れ馳せですみません。

このグループのリーダーは、2003年に書いた著書の中で「インターネットを大いに使うべし」とか「低俗なマスコミの取材が伝道に役立つ」事を訴えていました。

このメディア戦略はこれから先も続けるでしょう・・・・・・

匿名 さんのコメント...

 私は預言者としていろいろな人と相談を受けているが、聖母マリアと名乗る神霊から次のような啓示を下されました。

 ―リトル・ペブル同宿会は私たちの教会と名乗っているが、私たちと違う。カトリック、プロテスタント・東方教会をルシファーの洗脳を受けている発し、他を宗教をもルシファーによるサタンとして敵視している。その宗教に他の神が入っているのではありません。世界の各信者を強制的にリトル・ペブルを崇拝させる。盲目の女性幻視者を立てているがそれは正しくない。どちらか神の御心に叶う者かわかるでしょう。
 と告げてます。世間とのズレが多いので合いません。

                    知恵袋

匿名 さんのコメント...

リトルペブルの皆さん、間違いに気づいてください。

同性愛は間違っているのです。いろいろな思想がありますが自由という思想を間違った思想に変えないで下さい。

あなたたちは聖母マリアからの慈悲を受けれなくなります。聖母マリアは言いました、あなた達だけでなくバチカンの聖職者、信仰者達も真から悔い改めなければ災いもたらされますと。

ベネディクトも闇権力と手を切らなければ災いがもたらされます。

リトルペブルの人たちはキリスト、聖母マリアではなく本当にサタンの僕にされてしまうでしょう。

キリストは言いました。正しい教え、慈悲、生き方を彼らに気づかせて歩ませるのです、と。

匿名 さんのコメント...

この共同体に住んでる女性はガリガリに痩せすぎで栄養失調じゃないですか?。ここの司祭はちゃんと、食事を与えてるのか心配だ

匿名 さんのコメント...

キモイ宗教ですなw

匿名 さんのコメント...

日蓮大聖人の教えで、人生を幸せに!


あなたは今、悩みを抱えていませんか?
幸福な人生を歩みたいと思いませんか?

①あなたの悩みや苦しみは、あなたの過去から行ってきたことの結果です。
日蓮大聖人は、
「過去の因を知らんと欲せば、其の現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲せば、其の現在の因を見よ」(御書 開目抄)
とのお経文を引かれて、現在の結果は過去の行いによるものであり、未来の結果は現在の行いによるものであることを教えられています。
したがって、これからの人生を幸福なものに変えたいならば、今現在の行いを正しいものに変えていくことが大事となります。

②そのためには正しい信仰が必要です。

仏法では、今の時代を「末法」といい、あらゆる教えはもとより釈尊の仏法であっても、人々を正しく導く力が失われる時代であると説いています。
この予言どおり、末法に日蓮大聖人が出現され、南無妙法蓮華経の御本尊を顕されました。
この御本尊を信仰すれば、いかなる苦難や障害も乗り越える強い生命力がわき、物事を正しく解決する智慧を授かり、必ず本当の幸せを得ることができます。

③信仰は「信ずる」ことから始まります。

その重要性を日蓮大聖人は、
「仏法の根本は信を以て源とす」(御書 日女御前御返事)
と仰せられています。
日蓮大聖人の御本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱えるとき、今までの自分が変わります。
自分が変わることによって周りの人たちも変わり、周囲の環境も変わって、苦悩の人生は歓びの人生へと必ず変わっていくのです。

④信ずることは行動することです。

何よりもまず、日蓮大聖人の教えを実践してみてください。
そして御本尊の広大なる功徳・利益を実感してください。
さあ、一刻も早く日蓮正宗のお寺に足を運びましょう!

日蓮大聖人御金言
只南無妙法蓮華経とだにも唱え奉らば滅せぬ罪や有るべき、来たらぬ福や有るべき。
真実なり甚深なり、是を信受すべし
(御書 聖愚問答抄)

大日蓮出版リーフレット『日蓮大聖人の教えで、人生を幸せに!』より