2012年1月30日月曜日

カード会社がホメオパシー団体との契約を解除

「内部被曝を解消する」ホメオパシージャパンの砂糖玉「RA Fukushima」
ただの砂糖玉で病気が治るかのように宣伝しているホメオパシー団体のひとつホメオパシージャパン社が昨年12月15日、JCBカードから加盟店契約を解除され、販売店でクレジットカード決済ができなくなりました。またその事実がクレジットカード決済代行会社にも伝わり、ホメオパシージャパンは代行会社からも契約を解除されるなど、ほかのカード会社も利用できなくなったようです。同社は怒り心頭で、JCBをはじめとする各カード会社に毒づいています。

■クレジットカードで砂糖玉が買えない!

ホメオパシージャパン社によると、JCBから加盟店契約解除の通告を受けたのは昨年9月8日。そして12月15日付で実際に契約が解除され、販売店でのカード決済が不可能になったとのこと。つづいて12月22日には、クレジットカード決済代行業者からも、他のカードを含めて契約を解除され、ネット上では全てのクレジットカード決済が不能になったようです。

同社ではJCB側の説明を、こう報告しています。

【ホメオパシージャパン 2012年01月21日】クレジットカード決済についてのお知らせ
(略)
突然の加盟店契約解除の理由につきまして株式会社JCBに問い合わせましたところ、弊社商品が消費者の皆様にご迷惑をおかけした、事故が起きたからということではなく、また、ホメオパシーをご存じないJCB会員に不安を与えたということもない、とのことであり、加盟店解除の理由として伝えられましたのは、「常識から考えて、ホメオパシーは効果がある健康食品とは思えない。むしろ消費者に心配を与える可能性を感じる。日本において社会的認知が無いことが問題と感じている。社会的認知があれば、ネット等に見られるようなホメオパシージャパンへの誹謗中傷は生じない。日本でも海外のようにホメオパシーに健康保険が適用されるほど社会的認知度が上がれば、その時にJCB加盟店への最加盟を検討する。ホメオパシー全体の話であり、ホメオパシージャパンに限る話ではない。海外も含め、解除可能な契約は全て解除する」というものでした。
(略)

これをホメオパシージャパンはJCBが「弊社に落ち度が無かったと明言」したと翻訳して、JCBに質問や抗議を申し立てています。しかしJCB側は、「ホメオパシーには効果がない」「消費者に心配を与える可能性がある」と言っているわけです。トラブルや事故の有無と関係なく否定されたのですから、むしろ「ホメオパシーには落ち度ありまくり」と言っているに等しいように読めるのですが。

■他のカード会社2社は「医療ネグレクトを引き起こし、人を死なせる」

ホメオパシージャパンは、ほかのカード会社からも契約を断られていたことを自ら明かし、そのことについても毒づいています。

【ホメオパシージャパン 2012年01月25日】クレジットカード決済についてのお知らせ その2
(略)
しかしながら、カード使用審査において、十数社のカード会社のうち、弊社との取引を認めなかった某メガバンク系および某GMS系カード会社2社は、“自己治癒力を触発し健康になるための療法である”ことが問題であると明確に発言しており、自己治癒力を触発する療法であることが、医療ネグレクトを引き起こし、人を死なせるという発言があったそうです。これは事実を歪曲して一部マスコミが報道した誹謗・中傷情報を、調査もせずに鵜呑みにし、それを理由にして、クレジットカード決済サービスを一方的に中止したものであり、全く不当なものと考えており、断固抗議します。
(略)

ホメオパシーが(しかもホメオパシージャパンの事実上の関連団体であるJPHMAの認定療法士が)実際に医療ネグレクトを引き起こし死亡者が出たからこそ、訴訟が起こされ、それがメディアで取り上げられて、2010年に騒動となったわけです。上記の「某メガバンク系および某GMS系カード会社2社」の認識は、むしろ事実に即したものと言えます。

■分業制による脱法行為

2011年の「癒しフェア」で隣同士の日本ホメオパシー医学協会(効能を謳う人)とホメオパシージャパン(売る人)
ホメオパシージャパンは2010年、東京都の立入調査と指導を受けて、効果効能を謳った砂糖玉(レメディ)販売ができなくなりました。薬事法違反ですから、いままでそうやって販売していたこと自体が問題です。しかも都の指導を受けた後は、事実上の関連団体である「日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)」とグルになって、「効能は謳う業者」と「販売する業者」が完全分業することで「効果効能をうたって販売してはいけない」という薬事法からの規制逃れをしています。その手口は、すでに本紙「ホメオパシー団体が“癒しフェア”で堂々と脱法行為」でリポートしています。

当時、ホメオパシージャパンの山本忠宏社長は、 本紙の取材に対してこう語っていました。

「たしかにホメオパシー・ジャパンは(JPHMAの由井寅子)先生が創業者で、現在も我々は仲良くしていますが、販売は分けるということできちっとやってますので。商売は商売としてきちんとやろうと思っています」

脱法行為をきちんとやりますと言っているに等しい発言です。ホメオパシーそのものにも問題がありますが、同社のこうした不健全な企業体質から考えても、カード会社から敬遠されるのは当然でしょう。
「症例」まで挙げて砂糖玉の効能を謳う日本ホメオパシー医学協会

■まさに逆ギレ

カード会社がホメオパシージャパンとの契約を打ち切った件について、第一報を報じたのは「Slashdot」のようです。また、いつもは新聞・テレビのパクリ記事をお家芸にしている「J-CASTニュース」も、独自取材を試みながらこの件を報じました。J-CASTニュースはホメオパシージャパンにも取材を申し入れ質問を送りました。

ところが、ホメオパシージャパンはJ-CASTニュース側に「御社として今回の件に関してどのようなお考えをもたれていますか?」「(ホメオパシー批判に対するホメオパシージャパンの見解について)どのように考えますか?」などと逆質問。加えて、どうやら記事原稿を事前検閲させるよう要求したようです。J-CASTニュース側が回答と検閲を拒否したことを理由に、ホメオパシージャパンは取材を拒否。代わりに、J-CASTニュースからの質問に対する回答を自社サイト上に掲載しました。

この中で、J-CASTニュースからの「なぜ、このような事態になったのか、どのように考えていらっしゃいますか」との質問に対し、ホメオパシージャパンはこう回答しています。

【ホメオパシージャパン 2012年01月26日】クレジットカードについての新着情報についてのご質問
(略)
Q8 なぜ、このような事態になったのか、どのように考えていらっしゃいますか。

A8 ホメオパシーのような安価で効果の高い療法が広まっては困る人々、日本国民が目覚めては困る人々によるホメオパシーつぶしの一環と考えます。日本には、日本人か海外の人かわかりませんが、本当によいものをつぶそうとする多くの人々がいます。しかし、ホメオパシーバッシングを扇動している一部のマスメディア、そしてネット上でホメオパシーバッシングを扇動している自称科学者、医師、一般人の皆様も、私たちが自然治癒力を否定することの愚かしさ、嘘の情報にだまされていることの愚かさに気づくために、私たち自身を映し出す鏡の役目をしてくれているものと考えています。ですから、私たちがしなければならないことは、彼らの使命に報いるためにも、彼らを見て、彼らの発信する情報を鵜呑みにしない、そして彼らのようにならないよう、一人ひとりが自然治癒力の大切さに気づき、虚偽の情報にだまされることなく、自分で何が真実かを調べることが大切と考えます。もちろん、彼らが発信する情報のすべてが虚偽であると言っているのではありません。真実ももちろんあるでしょう。意図的に真実の中に嘘を混ぜて発信している人もいれば、意図せず嘘の情報を信じ発信してしまっている人もいるでしょう。それらを含めて、私たち一人ひとりが嘘と真実を見極める目をもつことが大切ということです。

ホメオパシーが批判されているのは「安価で効果の高い療法が広まっては困る」からではなく、病気に悩む人々が、ただの砂糖玉を通常の砂糖よりはるかに高価な価格で買わされ、本来必要な治療を受けずにかえって悪い結果に至るケースがあるからです。そして、そういう結果に至る確率が仮に低くても、その問題を認識し対処する気がない団体は危うい団体であると解釈すべきでしょう。上記のホメオパシージャパンのコメントは、同社がそれを理解していないことを改めて露呈しています。

そもそもホメオパシージャパンの「安価で効果の高い療法」という説明はウソです。本記事冒頭の写真にある砂糖玉「RA Fukushima」は30粒(1.5g)入り464円。1kgあたり約30万円です。これに対してスプーン印の上白糖はAmazonで1kg・230円。ホメオパシーの砂糖玉は全く安価ではありません。

ホメオパシージャパンが言う「私たち一人ひとりが嘘と真実を見極める目をもつことが大切」という主張だけは、ある意味正しいと言えます。

30 コメント:

匿名 さんのコメント...

JCBがホメオパシージャパンとの契約を解除したのは改正割賦販売法の改正に伴うものという話がありますが、そのあたりが判りましたら記事にしていただけると嬉しいです。
いずれにしろ、カルトに資金面で便宜を与える様なまねを信販会社がしなくなったのは良い事です。

匿名 さんのコメント...

さすがJCB

他のカードの国際ブランドは全部アメリカ。
VISA,Master,アメリカンエキスプレス、ダイナース

サムライカードJCBを断固支持する。

商業カルトの巣窟であるマルチ商法の会社と提携カードを出している新生銀行のほぼ100%孫会社のアプラスのバカは何とかならないのかね・・・・
https://www1.amwaylive.com/psl/betterlife/awcard/index.html

匿名 さんのコメント...

J C B 加盟店規約
http://www.jcb.co.jp/kiyaku/pdf/kameiten0705_02.pdf

J C B 通信販売加盟店規約
http://www.jcb.co.jp/kiyaku/pdf/tushin_kameiten0705.pdf

匿名 さんのコメント...

ホメオパシーはカード会社と結託できたからここまで勢力拡大できたわけですが、カルト新興宗教はカード会社と結託できなくても勢力拡大できたのですから、ホメオパシーとカルト新興宗教では、カルト新興宗教の方が自力であそこまでやれているのですごいといえばすごいのかもしれませんw。

JCBが使えない幸福の科学出版はエセ右翼 さんのコメント...

ちなみに幸福の科学出版は三菱UFJニコスと加盟店契約があります。

クレジットカードの種類:VISA、MasterCard、NICOS、UFJ
https://www.irhpress.co.jp/scart/cgi-bin/notation.cgi

三菱UFJニコスの自社カードブランドはMUFGカード、ニコス、UFJカード、DCカードです。
VISA・Masterは三菱UFJニコスと加盟店契約をしていれば決済が可能です。
したがって幸福の科学出版は三菱UFJニコス一社としか加盟店契約を結んでいないと思われます。

幸福の科学は思想的には保守に分類されると思いますが、アジア発祥の唯一の国際カードブランドJCBを取り扱っていないとはけしからん話です。愛国心が無いのでしょうか?
大東亜共栄圏を否定しているのでしょうか?

単純に国内最大のカード会社であり、他社開放も含めると多くの利用者が居るJCBと加盟店契約を結ばないのは不自然である(手数料が高くて意図的に結ばなかったのか? 大川の本は高いから元は取れるはずだが)。

JCBと加盟店契約を結べばアメリカンエキスプレス、ダイナース、Discover(アメ公専用)、銀聯(中国人専用)などとも加盟店契約が可能なのにJCBと加盟店契約を結んでいないのは理解に苦しみます。


藤倉さん、何故幸福の科学出版がJCBと加盟店契約を結んでいないのかと広報に突っ込んで下さい。
おまえら、サムライカーJCBと何故加盟店契約を結んでないんだゴラァと。
アホな宗教と思われて加盟店契約を拒絶されたのかな?

JCBカード 加盟店申し込みのご案内
他ブランドのクレジットカードのお取り扱いも!!
http://www.jcb.co.jp/merchant/mikamei/

【192ヶ国】海外でJCBを使い倒すスレ 4【1380万店】
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/credit/1257446191/

アメリカ550万店以上でJCBカードが利用可能に!
http://www.jcb.jp/ws/us_merchant.html
http://www.jcbcorporate.com/news/seq_1878.html

匿名 さんのコメント...

最初の引用中の「むりそ消費者」は「むしろ」と読んでいいのでしょうか。

「意図的に真実の中に嘘を混ぜて発信している人もいれば、意図せず嘘の情報を信じ発信してしまっている」は自分達の事でしょうか?自分達の間違いに気付く事も無く、相手を非難するとは本当に可哀想な人達であり、やや日はそれを少しでも気付いてもらおうと頑張っていますが、どこも聞く耳持たずでやっぱり可哀想なカルト達です。

匿名 さんのコメント...

俺はホメオパシーと縁はないけど、
「ただの砂糖玉」「ただの砂糖玉」「ただの砂糖玉」って
知りもしないで上っ面だけ、悪意で煽りたおすこの記事、
カルトより低俗ではないでしょうか。

匿名 さんのコメント...

「ただの砂糖玉」を軽く考えるな!
過剰摂取で糖尿病になったらどうするんだ!


糖分繋がりでミキプルーン。
プルーンは糖分が高く過剰摂取は糖尿病を警戒との書き込みをどっかで四だ記憶がある。

以下は2ちゃんとかで仕入れた情報だが、ミキプルーンはマルチで、信者になると「目薬の代わりになる」と信じて目に塗る、アトピーに効くと信じて皮膚に塗る、会社が販売しているプロテインを赤ちゃんに飲ませようとする凶悪なカルトだぞ。

信者のババァが孫に大量に送りつけて母親が段ボールが貯まって困っていたり。

信者のババァ達は夫に内緒でかなりの金を注ぎ込んでいたりする。
こんな悪質マルチなのにテレビCMやってたりするから、そこら辺のカルト宗教よりも凶悪だぞ。

※上記はインターネット上の書き込み等を元にした個人的見解であり真偽は読まれた方自身で確認して下さい。

■■■ ミキプルーンってどうよ ■■■
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1081362411/

Yahoo!知恵袋で検索
http://chiebukuro.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3&flg=3&class=1&UTF-8=ei&fr=common-navi

藤倉氏は宗教カルトの記事は書くけれど商業カルトの記事は書かれないのかな?

藤倉善郎 さんのコメント...

> 最初の引用中の「むりそ消費者」は「むしろ」と読んでいいのでしょうか。

 失礼しました。こちらの打ち間違いです。修正しました。

藤倉善郎 さんのコメント...

> 「ただの砂糖玉」「ただの砂糖玉」「ただの砂糖玉」って
> 知りもしないで上っ面だけ、悪意で煽りたおすこの記事、
> カルトより低俗ではないでしょうか。

 「ただの砂糖玉」って書いただけで、悪意で煽り倒すと決めつけるなんて、カルトより低俗な匿名さんですね。ていうか、ただの砂糖玉だし。

匿名 さんのコメント...

ただの砂糖玉www

匿名 さんのコメント...

匿名さんのコメント...
俺はホメオパシーと縁はないけど、
「ただの砂糖玉」「ただの砂糖玉」「ただの砂糖玉」って
知りもしないで上っ面だけ、悪意で煽りたおすこの記事、
カルトより低俗ではないでしょうか。

2012年1月31日14:34

いや当てこすりでもなんでもなくて
「ただの砂糖玉」より高いだけの「劣悪な砂糖玉」
ですから
縁もないけどって書いてて、知りもしないでって事はあなたはホメさんでしょうね
医事・医療について知らないのは貴方の方でしょう
信じ込み症候群のビリーバーさんですか?
それとも病気になったら医者じゃなくて祈祷師呼びますか?

匿名 さんのコメント...

カルトやマルチの人の書き込みに共通するのは、本人は無関係な第三者を装ってるつもりなんだけど全然装えてないところですね。

本当に縁のない人が「知りもしないで上っ面だけ」なんて噛み付き方、するわけないのになあ。

匿名 さんのコメント...

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12252083

まあとりあえずホメオパシー否定派の動画だけど見る価値十分
勿論最初からわかってる人はいいけど、ホメオパシーって何?って人は一見の価値はあります

匿名 さんのコメント...

>知りもしないで上っ面だけ、

2012年1月31日14:34

えっと「ただの砂糖玉」以上に何を知らないと言うんでしょうか?

匿名 さんのコメント...

プラセボ効果がある砂糖玉ですね
わかりますww

それにしてもJCBはかなりきつめなことを書いているなw

匿名 さんのコメント...

きつく言っても、全く理解できないのだから濁さずはっきり言うしかないのでしょう。
・・・結果逆ギレ。

匿名 さんのコメント...

匿名さんは書きました...
きつく言っても、全く理解できないのだから濁さずはっきり言うしかないのでしょう。
・・・結果逆ギレ。

2012年2月1日12:17

体験談商法にひっかかる人はほとんどそうですから。
そして他人を無責任に紹介し被害者を増やしてる

匿名 さんのコメント...

藤倉さん、ミキプルーンみたいな商業カルトの記事は書かれないのですか?

匿名 さんのコメント...

匿名さんは書きました...
>藤倉さん、ミキプルーンみたいな商業カルトの記事は書かれないのですか?

2012年2月2日20:40

他もやってるだろ的な無駄レス乙

匿名 さんのコメント...

数ある商業カルトの中でもミキプルーンは目にプルーンを塗ったり電波で楽しいからネタとしては優れているんだが。

匿名 さんのコメント...

Amazonのリンクの砂糖のほうが安いし量が多いね
コストパフォーマンスか

藤倉善郎 さんのコメント...

> 藤倉さん、ミキプルーンみたいな商業カルトの
> 記事は書かれないのですか?

 とくだん、「この団体については書かない」と決めている団体はありません。

匿名 さんのコメント...

2枚目の画像の説明の「得る人」は「売る人」ではないでしょうか?

藤倉善郎 さんのコメント...

ありがとうございます。修正しました。

匿名 さんのコメント...

JCBがアメックスと提携していて、JCBと加盟店契約を結ぶと、アメックスも使えるようになる可能性が高いですよ。
ということは、JCBが加盟店を切ったならばアメックスも切られてもおかしくないですね。

匿名 さんのコメント...

この記事のGoogleの広告にホメオパシーが出てくるのは何とも皮肉ですね。
それ以外にも胡散臭い広告が出てきます。
カード会社ももちろんですが、金が入ればどんな広告でも載せてしまう広告代理店などにも問題ありとおもうのですが。
どうでしょう?

匿名 さんのコメント...

その辺を考えさせる為にも、あえて広告を入れたりしているのでしょう。

匿名 さんのコメント...

似非科学批判系のブログにもインチキホメオパシーのバナー広告は出ちゃうのが現状だからね

匿名 さんのコメント...


由井ホメオパークルクル還暦バーサン
は本当に罪深い
異常金銭欲の塊
異常性欲の塊
救いようのないチンピラ

被害者の一人より