2014年5月23日金曜日

東京大学・五月祭にゲバルト男たちが出現!

ハルマゲド~ン!
5月18日、東京大学本郷キャンパスで開催されていた「五月祭」に突如、ヘルメットとフェイスタオルで顔を隠し、オレンジ色の「藤倉主筆Tシャツ」に身を包んだ過激派学生らしき集団が出現。幸福の科学が開催していた幸福実現党・釈量子党首の講演会に乗り込んで会場の一角を占拠し、講演会を盛り上げました。やや日刊カルト新聞社が参加者を一般公募して行った5月最非公式イベント「みんなで藤倉主筆になろう!祭り」の一環とみられますが、機動隊の出動はなく、けが人や逮捕者も出ませんでした。

■釈氏講演会、無血開城!

5月17・18日に開催された東京大学「五月祭」では、幸福の科学による釈量子氏講演会や企画展示「偉人カフェ」、創価学会による「Gaku-Talk」などが開催されていました。

これに対して、やや日刊カルト新聞社で事前にゲリライベント「みんなで藤倉主筆になろう!祭り」の開催を予告するとともに、参加者を一般公募していました。

当日18日、午前10時30分頃、東大キャンパス内に9人の藤倉主筆(偽)と1人の鈴木エイト記者(偽)が出現。会場に向けて学内を行進し始めました。60・70年代を彷彿とさせるゲバルト・ファッション集団の出現に、一般客たちは恐れおののき、全く視線を合わせません。ある学生が勇気を振り絞って「過激派のコスプレですか?」と声をかけると、一団に紛れていた藤倉善郎主筆(本物)が「違います!過激派です!」と答えていました。

釈氏の講演会入り口に到着すると、一団の先頭に立っていた藤倉主筆(偽)が、信者学生らしき男性に団体交渉を挑みます。

入場をめぐり団交
「講演会を聞きに参りました!」

「写真撮影をしてもいいですか」

「取材申請は受けていないので、飽くまでも個人ということでしょうか」と確認する男性に対して、藤倉主筆(偽物)の一人が「個人です!」と主張。個人の藤倉主筆(偽)9人と個人の鈴木エイト記者(偽)は、無事入場を許可されました。さらに男性の「席をご用意していますので」という案内で、個人なのに全員がひとかたまりとなって会場後部の窓際に押し込まれました。

おかげで、会場の一角がオレンジ色集団に占拠された形に。祭りの参加者たちは、事前申し合わせに従い、ゲバ棒や火炎瓶などの武器は持参せず、完全に丸腰。プラズマ兵器(過去記事参照)を携帯している者もおらず、非武装での無血開城を勝ち取りました。

■社会主義的拍手が炸裂

席についてしばらくすると、信者らしき男性がやってきて「やっぱり撮影はご遠慮ください」と、一転して講演会での撮影を拒否。しかし、たくさんの藤倉主筆(偽)と鈴木エイト記者(偽)は紳士的にこれを受け入れました。

会場を見渡すと、来場者は120~30人といったところ。藤倉主筆(偽)のほか、「みんなで藤倉主筆になろう!祭り」の参加者は合計15人だったため、来場者のほぼ1割を占拠していたことになります。15人以外の大半は信者のようでしたが、面白がって藤倉主筆(偽)たちを撮影する一般学生らしき姿もありました。

釈氏の登場を前に、司会者は「みなさん、こんにちは~」と挨拶。「声が小さいですよ~」と再び会場に挨拶を要求した途端、たくさんの藤倉主筆(偽)と1人の鈴木エイト記者(偽)が、すさまじい大声で

「こんにちわ~!!!」

釈氏が入場してくると、たくさんの藤倉主筆(偽)と1人の鈴木エイト記者(偽)は、威勢よく社会主義的拍手(参考サイト)で釈氏を迎えました。会場にいたどの信者たちよりも盛大な拍手でした。

釈氏は講演の冒頭、

「変わったいで立ちの皆さんもいらっしゃってくださいまして」

と、笑顔で藤倉主筆(偽)たちを歓迎してくれました。

しかし釈氏は、質疑応答もなしで講演を終了。予定より30分も早く退出していきました。もちろん、たくさんの藤倉主筆(偽)と1人の鈴木エイト記者(偽)は、盛大な社会主義的拍手でこれを見送ります。

社会主義的拍手で始まり社会主義的拍手で終わった講演会でした。

終了後、窓の外から会場内をうかがう学生がカメラを構えてゲラゲラ笑っていたので、たくさんの藤倉主筆(偽)と1人の鈴木エイト記者(偽)は彼らに手を振りながら写真撮影に応じていました。

会場を出たところでも、

「藤倉主筆(偽)になる気はなかったけど、面白そうだから見に来ました」

と声をかけてくる一般来場者もいました。

たくさんの藤倉主筆(偽)と1人の鈴木エイト記者(偽)は、釈氏の講演会の集客にしっかり貢献できていたようです。

釈氏の講演会に対するたくさんの藤倉主筆(偽)たちの感想です。

「つまらなかった」

「プラズマ兵器の話とかしてくれればよかったのに」

「遠くから見た釈さんは綺麗だった」

「釈さんの、盛り上がるべき流れでもないのに声を張り上げる謎の抑揚が印象的でした。とはいえ、あれはカルト的というより、単なる論説下手って気がしないでもなかったです。でも、感動して泣いている人もいたので、私の感性がダメなのかもしれません」

「自分が見聞きしたり体験したりしたエピソードの内容が、少子化や移民政策といった政治的な異抽象論とあまり結びついていなかったので、話を聞いているうちに、いまなんの話題なのかがわからなくなった」

やはり、釈氏の魅力は「プラズマ兵器!」のようです。

■宮﨑駿風のカルトマニア

近所のラーメン店も占拠!
たくさんの藤倉主筆(偽)と1人の鈴木エイト記者(偽)は、その後、東大近くのラーメン店を占拠。食券を片手に「ラーメンを出せ」と店員を脅した上、サービス券に大量のスタンプを押してもらうという暴挙に出ました。

再び東大校内に入ると、宮﨑駿似の男性から、

「お前ら、(ヘルメットに)打倒原理とか書いてるけど、どれだけ原理と戦ったんだ。オレは27年も大学祭を見てきてるんだぞ」

と絡まれました。やたらとカルトに詳しい男性で、オウム真理教がどうたら幸福の科学がどうたらと、延々と独演会が続きます。藤倉主筆(偽)の一部は飽きてきて、通りすがりの来場者の写真撮影に応じるなどしていました。

鈴木エイト記者(偽)「おじさん、これからぼくら創価学会の展示をおちょくりに行くんですけど、一緒に行きませんか?」

宮﨑駿(偽)「創価学会かあ。オレも創価学会は嫌いだけど、いまはほら、集団的自衛権容認を阻止するために公明党に頑張ってもらわなきゃならんからなあ。いまは創価学会はいじらない」

鈴木エイト記者(偽)「ああ、安倍首相の暴走を阻止するために利用すると」

宮﨑駿(偽)「そうそう。オレは批判するだけじゃなくて、利用もするんだ」

村田らむ(本物)「ああ、いまの総理大臣はアベさんって言うんだ」

村田らむ氏(本物)は、政治のことがさっぱりわかりません。

■創価学会の企画展示にも突入

宮﨑駿(偽)と別れた後、鈴木エイト記者(偽)はたくさんの藤倉主筆(偽)に向かって、こう演説しました。

「我々は~!集団的自衛権容認阻止を理由に創価学会を黙認するという日和見主義からの妨害に屈せず、断固として、これから創価学会の展示に突入する!」

創価学会の信者学生の団体「東大ワールド・シチズン」による企画展示「Gaku-Talk 理想のリーダー像とは─中国の歴史に学ぶ─」では、三国志の登場人物や中国歴代の政治指導者にかんする解説のほか、周恩来と会談する池田大作名誉会長についての写真つき解説パネルも展示されていました。入ってすぐの場所のパネルには堂々と、自分たちが創価学会インターナショナル(SGI)に所属する学生であることも掲載していました。

信者学生は、たくさんの主筆の来場に、ちょっと引いていた様子です。

鈴木エイト記者(偽)「昨年は、SGIとしか記載しなかったために、学祭の実行委員会から指導を受けて、創価学会であることを明記するようになったと聞いたんですが、本当ですか?」

創価学会員と談笑する鈴木エイト記者(偽)
学生「いえ、うちでは以前から創価学会と明記しています。昨年も同様です」

昨年の様子を取材していた東大在籍の藤倉主筆(偽)によると、

「うそっぽい。初めはSGIとしか書いていなかったところに、創価学会インターナショナルと書き加えた形跡があったんだけど」

真相は謎ですが、少なくとも今年は「偽装」せずに名乗っていました。

鈴木エイト記者(偽)「この展示は政治と歴史の話だけですが、たとえば教義を説明したりするような伝道行為は学祭で禁止されているんでしょうか」

学生「宗教宣伝や勧誘活動をしたら、出展を許可されなくなると思いますよ」

鈴木エイト記者(偽)「この建物の別の階で幸福の科学が、霊言に基づいた性格診断のようなことをして、興味がある人に教団支部の所在地を伝えるなどの案内もしています。実行委員会に通報しといた方がいいんじゃないですか?」

学生「それは、そちらにお任せします」

■幸福の科学の新企画「偉人カフェ」

次は、幸福の科学による企画展示「偉人カフェ」です。従来、幸福の科学は全国の大学で、教団名や伝道目的であることを隠して、教義に基づいた心理テスト「心のエステ」を行ってきました。しかし今年の五月祭では、大川隆法総裁による霊言等に基づいて、来場者に「偉人タイプ診断」を行うという、新たな企画展示を開催しています。

料金は、ジュース飲み放題にお菓子がついて200円。飲み食いしなければ無料です。

東大に在籍する藤倉主筆(偽)は、こう語ります。

「例年、幸福の科学の展示は大人気なんです。200円で女性信者とおしゃべりできるから、ノンアルコールのキャバクラみたいな感覚で、学生たちが行くんですよ」

偉人カフェで藤倉主筆(偽)が行列
この人気企画、入口前には「満員」の張り紙が出され、前の椅子にズラリと客が並んでいます。ここに、たくさんの藤倉主筆(偽)と1人の鈴木エイト記者(偽)が大行列。ここでも、列に並んでいた一般来場者から「カルト新聞読んでます」などと声をかけられました。

「偉人タイプ診断」は、まず、「偉人タイプ診断シート」に記入します。「つらい時期を乗り越えて成功した経験がある」「楽しいことが好き」など、該当するものにマークし、マーク状況に応じて、「勇気と忍耐の知性派タイプ」(黒田官兵衛)、「夢と希望の魔法使いタイプ」(ウォルト・ディズニー)などとタイプ分けされます。タイプは5種類で、ほかにトーマス・エジソン、スティーブ・ジョブズ、マザー・テレサがありました。

タイプ分けが終わると、信者学生がパワーポイントで、その偉人の人生と、そのタイプの人が偉人になるためのコツを教えてくれます。その中に大川隆法総裁による霊言が混じっています。

たとえばディズニーについての解説では、「“遊び心”を持ってる人っていうのは、永遠に若いわけよ」(大川隆法著『ウォルト・ディズニー「感動を与える魔法」の秘密』)など。偉人によっては、霊言ではなく、一般的な伝記やインタビュー等の記録を元にしただけのものもありました。

来場者によると、信者学生は、どういうサークルなのか尋ねたら「幸福の科学のファンの集まり」と答え、信者なのかと尋ねると「信者だ」と答えたとのこと。前日17日に藤倉主筆(本物)と鈴木エイト記者(本物)が訪問した際には、霊言に興味を示すと、霊言の仕組みについて詳しく説明してくれたほか、支部で映像を見られるからと言って、支部の場所なども教えてくれました。

藤倉主筆(偽)たちの感想です。

「エジソンは小学校中退とか、誰でも知っている話ばかりで、つまらなかった」

「学生のプレゼンが下手くそすぎて辛かった」

「偉人カフェは、カルト嫌いな冷やかし客なら、冷やかし客として受け入れる度量というか慣れみたいなものを感じました。それに対して創価学会のカフェは、見知らぬナンバーをぶら下げたクルマを見る田舎の住民の視線を思い出しました」

意外と、創価学会より幸福の科学の方が余裕のある対応だったようです。

■「我々の闘いは勝利だった」

やや日刊カルト新聞社はこれまで、暴飲暴食デモ幸福の科学総合本部前での抗議活動など、様々なイベントを企画してきました。しかし事前に予告をした上での読者参加型企画は、今回が初めて。藤倉主筆(本物)は本紙の取材に対し、「秋の学祭シーズンでは、東大以外の大学でもこうした企画をやってみたい」として、さらにこうコメントしています。

みんなでエル・カンターレファイト!
「本当は安田講堂も占拠したかったけど、工事中だったからやめといてやった」

また、やや日刊カルト新聞社は、今回の企画について以下の声明を発表しました。

「我々の闘いは勝利だった。全国の学生、市民、労働者の皆さん、我々の闘いは決して終わったのではなく、我々に代わって闘う同志の諸君が、再び解放講堂から大量の主筆祭りを真に再開する日まで、一時この祭りを中止します」

なお、ネット上では今回の祭りをモチーフとしたプロパガンダアートも作られているもようです。

イラスト:みつき


写真提供・協力:神戸和彦、何ろく、臼井正己、村田らむ、古田雄介、谷川(もちろん偽名)、他(敬称略)

25 コメント:

集団的自衛権Go!Go! さんのコメント...

 次回は放水車両も準備しておいてください。

「日米安保条約を世界遺産に」さんは書きました、 さんのコメント...

 最近の「霊言」集を読むと「むなしく」なるんだよねぇ……。

匿名 さんのコメント...

やっぱり機動隊(偽)を突っ込ませて欲しかった。

NAX さんのコメント...

お疲れ様です。当日、講演会後に主筆に握手していただいた者です。不審者みたいな近づき方でしたが、優しく接していただいてありがとうございました。
お姿を拝見できただけでなく、一言二言お話ができたり、別れ際にお土産に「やや日」タオルをいただいたりと、栃木から見物に来た甲斐が十分ありました。
これからも、ライトな読者ではありますが、楽しく拝読させていただきます!

HIDEMARU さんのコメント...

臼井正己氏が「創価学会から訴えられそうな作品」と評してくれた僕の作品が、本日パブーよりリリースされました。
『ソウカル・ネットワーク~「幸福」の方法~』
http://p.booklog.jp/book/86328

匿名 さんのコメント...

写真のブルドッグみたいなオッサン誰だよ汚ねえな

匿名 さんのコメント...

リョォちゃん、今度はTwitterかいな。


https://twitter.com/gigafurea7

「やや日刊カルト新聞社主筆藤倉善郎は幸福の科学をウソ中傷する創価ジャーナリストであることに注意。」

「幸福の科学をウソ中傷する創価ジャーナリストである証拠は、やや日刊カルト新聞ブログの右側にある創価学会には2010年度以降に起きた創価学会批判者眼球突き刺し疑惑、創価学会前会長秋谷栄之助脱会疑惑、池田大作死亡疑惑、JR取手駅創価学会員通り魔疑惑などがなぜか出ていない。」

「やや日刊カルト新聞記事にある疑惑内容は実は幸福の科学信者に見せかけた創価学会広宣員の自作自演の犯行。成りすましは創価学会広宣員の得意技である。創価学会広宣員が成りすましをしている証拠はこちらを参照。http://urx.nu/8sSt 」

「相変わらず創価学会広宣員が俺のツイートを必死で隠そうとしつこく妨害してくるね。そんなに俺のツイートが嫌なんやな。」

「幸福の科学の実績(政治注目!!特に幸福の科学学園の実績がすごい!!)(最新実績追加)http://ift.tt/1aJda7F幸福の科学批判者は99%が創価学会広宣員によるウソ中傷http://bit.ly/1jJch1Y 」

匿名 さんのコメント...

「集団的自衛権の解釈変更を阻止するために、公明党に期待している」と言うあなた。

 公明党、創価学会は、自民党に宗教法人を強制解散させられる致命的事実を握られており、自民党に抵抗しているのはすべてみせかけ。国民をだますための茶番劇です。必ず公明党は、自民党と行動を共にします。

 詳しくは「白バラ通信・パンドラの箱」をご覧ください。東村山市議転落死事件の恐るべき真相がわかります。

匿名 さんのコメント...

こちらからコメント失礼します。
藤倉さん、こちらの木村君(自称幸福の科学の信者で天華の救済の代表の息子さん)の事も記事にしてあげてもらえませんか?
きちんと取材してあげると本人も喜ぶはずです。

記事のリクエストです。
URL http://universaljoy.yukihotaru.com/

匿名 さんのコメント...

俺もこの会場にいたけど、どうせなら間近で写真を撮ればよかったな!!!もっと過激にやってほしかったぜ!!!まぁ~一応ブログには書き込んだけどな!!!次回の早稲田祭に期待するしかねぇ~だろうなぁ~

匿名 さんのコメント...

>写真のブルドッグみたいなオッサン誰だよ

やや日のポルコ・ロッソだよ。

匿名 さんのコメント...

虫酸が走る

匿名 さんのコメント...

わかるわかる、あの総裁の悪代官ツラはなー。

確かに虫唾が走るわ。

匿名 さんのコメント...

わかるわかる、あの総裁のオラウータン顔はなー。

確かに虫唾が走るわ。

「日米安保条約を世界遺産に」リターンズさんは書きました、 さんのコメント...

いい人のようにも見えますが……。

匿名 さんのコメント...

わかるわかる、あの総裁のマンコ顔はなー。

確かに虫唾が走るわ。

匿名 さんのコメント...

はっきり言って、大川相殺のちんこはでかいです(苦笑)。

女性会員でもいやらしい眼で見る女は、天使のモーニングコールの白倉とかは、昔、大川のあそこの形がくっきり見えたと喜んでました。

なぜなら、あいつは夏になるとスケスケ生地のスラックスに薄い生地のトランクスをはいているからです。

講演会に登壇するときに堂々とぶらぶらさせてました(苦笑)。

おそらく90年代、薬物漬けになってセックスしまくった結果でしょう。小さい一物も
いくらでも薬で大きくはできます。

あいつのセックス依存症は、あの体系に似合わない一物のでかさ(平常時でも、新顔の職員を話て勃起した時でも15センチ以上はありました)は、薬物依存の結果としか
思えません。

これからご生誕祭の季節。
きっと大き目の講演会会場ではそこまではっきりとは分からないと思いますが、スケベ大川が夏に動けばすぐにわかりますよ。

今、思えばそうやって、懸命に若い女性秘書や、釈(松根)を誘惑したのでしょうか。

大川の日常がうかがえます。
汚れた仏陀ですね。

匿名 さんのコメント...

まさに、虫唾が走るわ!

by 女性信者

匿名 さんのコメント...

慰安婦漫画展騒ぎのさなか、慰安婦漫画展が幸福の科学主催だということや、幸福の科学がテキサス親父や色んなネタを使って署名と募金を集めているので気を付けろという注意喚起をする内容の文章が2chに大量投下された時期があります。

その直後に2chのサーバーがダウンし、やがて2chの書き込みが転載禁止になりました。
恐らくこの一連の流れには幸福の科学が関わっていると思われます。
それから、カルト新聞さんならこういう話もご興味あるでしょうか・・・

https://www.facebook.com/shigeki.murayama.7/posts/4388393446822

統一教会や幸福の科学の背後に済州島マフィアがいるという噂です。

匿名 さんのコメント...

ソーカの犯罪はすごい。よくあんな集団に近づくよな。危険すぎる。

匿名 さんのコメント...

お笑いで世界征服をたくらむコウフクを見習え!

お笑いの科学さん さんのコメント...

ハハハ、…(笑)

匿名 さんのコメント...

ぽん吉さん、どこにいる?

匿名 さんのコメント...

異常だな。幸福の科学。
やめたいからやめて、供養料を返還してほしいと言っているのに、法権力が宗教に介入してきたって?

バカじゃないの?
いい時だけ日本の裁判制度利用しまくってる癖二!卑怯者、大川が!

http://www.daily-tohoku.co.jp/news/shakai/20140527/2014052701002082.html

匿名 さんのコメント...

特定の宗教団体信者が、その信者集団であることを明らかにした上でかような催事に出展すること自体が問題だとは思わない。