2016年11月11日金曜日

富山市議選でホメオパシー系活動家が当選=上野ほたる氏、ブログ削除で逃亡

新たに富山市議になった上野ほたる氏(公式サイトより)
政務活動費をめぐる不正で議員の辞職が相次ぎ、11月6日に補欠選挙が行われた富山市議会。13議席を争う選挙戦で、ホメオパシー系の反ワクチン活動家の上野ほたる(蛍)氏が当選しました。上野氏は、インフルエンザ等のワクチンの危険性を訴えるホメオパシー団体認定の講師活動をしていましたが、本人はブログからその活動を示す投稿を削除。そのことをTwitter上で指摘され本紙から見解を求められると、ブログをまるごと削除して、さらなる隠蔽行為を重ねています。

■消された活動実績

公式サイトによると、上野氏は「介護施設に事務職として勤務」する32歳。〈食や健康に関するセミナーの主催等、ママ向けの発信も行う〉と書かれていますが、具体的な活動内容は記載されていません。

一方、Twitterなどでは、上野氏が「ワクチン問題」についてのセミナーを開催したり、ワクチンに批判的な医師やホメオパシー団体関係者の講演会を主催するといった活動をしてきた事実が指摘されていました。

たとえば、上野氏のFacebookでは2014年11月3日に「ワクチンのお話しとアロババスを開催しました」と題する自身のブログ投稿を紹介しています。11月1日にワクチンに関するイベントを開催したようですが、リンク先のブログ投稿は削除され〈この記事は削除されているか、または未来記事設定(現日時以降の公開)された記事のため表示できません。〉と表示されます。上野氏が同年11月27日のFecebook投稿で紹介した自身のブログの「ワクチンとアロマバスのお話会」告知投稿も、同様に削除されています。

■ただの砂糖玉を高額で売る

ホメオパシーとは、病気の原因になる(とホメオパシーにおいて考えられている)物質を分子が1つも残らないほどにまで希釈、振とうを繰り返し、それを飲むことで症状が緩和されるとする民間療法。日本では希釈した液体を染み込ませた砂糖玉(レメディ)の形で販売していることで知られていますが、科学的根拠も効果もないとして「疑似科学」と呼ばれるものの一つです。疑似科学を用いて医療まがいのことを行っているという意味で、本紙では「疑似医療」とも呼んでいます。

放射能入りレメディ
たとえば福島第一原子力発電所の事故直後の2011年7月には、ホメオパシー団体が「福島で採取した土」を持ち出して希釈振とうしてレメディーとして商品化するという、すごいことをしています。これを飲むと放射能対策になるのだそうです。

放射能入り(たぶん入ってないけど)の砂糖玉は、30粒入り1瓶が400~800円と一見、リーズナブル。しかし1kgあたりに換算すると約30万円から約55万円と極めて高額な砂糖です(本紙ホメオパシー団体が“癒しフェア”で堂々と脱法行為参照)。

■上野議員とホメオパシー

上野氏のイベント告知などが行われていたと思われるブログ「leafのひとりごと」では、「イベントプロデュース」タグの投稿全てが削除されていますが、一部はキャッシュが残っていました。2014年12月1日の投稿で、「12/20【ワクチンのお話会】本日より募集開始です」と第するもの。このイベントの講師として上野氏のプロフィールが掲載されており、こう書かれています。

〈10月には元看護師で全国各地で満席セミナー続出の人気講師こじまりえさんのもとワクチンセミナー講師養成講座を受講し、ワクチンについて知りたい方へとお話会を開催している〉

「こじまりえさん」とは、ホメオパシーセンター新潟上越の代表者・小島利恵氏。「ワクチンセミナー講師養成講座」とは、ホメオパシーセンター新潟上越の「ワクチンセミナー」を受講済みの人を対象としたもので、受講料は129,600円(税込)。

こうした事実は、小島利恵氏の2015年5月7日付ブログ投稿に記載されており、ここには上野氏「ワクチンセミナー講師養成講座」を受講したのが2014年であることも記載されています。受講者への特典として〈ご自身の意思でワクチンセミナーが開催できるようになり、私どももともに応援(集客、告知)をいたします〉と記載されていることから、上野氏がこれ以降に開催してきたワクチン関連のセミナーは、ホメオパシーセンター新潟上越認定の講師活動のようです。

全国のホメオパシーセンターを統括する母体の「日本ホメオパシー医学協会」は、インターネット上の『ホメオパシー新聞』で、ワクチンやワクチンを推進する人々を非難する情報発信を繰り返し行なっています。このことから、上野氏が主催する「ホメオパシーセンター」認定のワクチンセミナーも、同じ思想に基づいたものと考えられます。

■6年前に物議をかもしたあの団体

ホメオパシーは西洋医学に否定的であることから、信奉者が自分の子供に必要な治療や投薬を行わないことで死に至った事例もあります。2010年に、山口県でホメオパシー信奉者の助産師が乳児にビタミンK2シロップを投与せず死亡させたとして遺族から訴訟を起こされ、日本学術会議が「この主張には科学的な根拠がなく、荒唐無稽としか言いようがありません」などとする声明を発表する騒ぎに発展しました。

当時は特に朝日新聞が力を入れてこの問題を繰り返し報道し、日本学術会議だけではなく日本医師会、日本医学会、日本助産師会、日本薬剤師会といった医療関係団体が軒並みホメオパシー否定の声明を出しています。裁判は和解で終了したようです。

日本には複数のホメオパシー団体がありますが、この問題を起こした助産師が所属していたホメオパシー団体が日本ホメオパシー医学協会。上野氏が関わっているのは、まさにこの団体です。

上野氏は、ホメオパシーセンター新潟上越の小島利恵代表を招いての講演会なども主催し、自身のブログ「ナチュラルお手当てアロマサロン le pepinラペパン 北陸・富山・アトピーとときどきバイク」で告知や報告を行ってきました。しかし、たとえば2014年5月31日付のブログ記事2015年12月1日付のブログ記事のように、一部は削除されています。ここで紹介されている小島利恵氏の講演会は、「各6,480円 全コース受講 32,400円」という、けっこうなお値段。

メタトロン(小島利恵氏のブログより)
一方で、削除されずに残っているブログ投稿もあります。今年8月に投稿された「【募集開始】10月30日(日)こじまりえさん 女前になりましょう♪」では、「メタトロンの施術会」なるものが実施されると告知されています。

メタトロンとは、「波動医学測定器」なるよくわからない機械で、小島利恵氏のブログでは、「エントロピー測定装置」「細胞の声を聞いてみよう!!!」という、さらによくわからない説明がなされています。これを使ってホメオパシーの「キットの中のあなたに合うレメディ選択」もできるのだそうです。

上野氏が深く関わっているのは、こういうよくわからない世界です。

■いま上越・北陸が熱い!

上野氏は、2014年に内海聡医師らの講演会に行っています。内海氏はホメオパシーについては擁護的で、ワクチンには否定的。疑似科学を信奉する医師として有名人で、2015年には障害を持つ子供が生まれるのは親の責任だとして「一生かけて反省しなければなりません」などとFacebookで発言し、炎上。今夏の参院選に立候補した三宅洋平氏(東京選挙区)が、当時これを擁護したとして批判されました。

上野氏は、この内海氏の講演会のリポートをブログに掲載していましたが、これも現在では削除されています(上野氏のFacebook参照)。

上野氏が立候補した今回の富山市議補選にも、ホメオパシーや反ワクチン活動の人脈が深く関わっているようです。上野氏の後援会事務局長の油谷典子氏は今年9月、「自然派医師」本間真二郎氏のワクチンをテーマとした後援会にスタッフとして関わっています。油谷氏は講演会の報告を記載した自身のブログに、〈先ずは、打たない打たせない選択肢を選んだ自分を褒めてあげてください〉と、ワクチンを否定する言葉を記しています。

同ブログ記事に掲載されている写真に上野氏も写っていることから、上野氏自身もこの講演会に関わっていたと見られます。

小島利恵氏と上野蛍氏(小島利恵氏のブログより)
ホメオパシーセンター新潟上越の小島利恵代表は、上野氏を選挙においても支援。また、ブログ「田中龍作ジャーナル」で〈新潟県知事選挙で母親たちのまとめ役をつとめていた女性〉として紹介されており、新潟県知事選で米山隆一知事への支援活動も行っていたようです。

また夏の参院選で小島氏は、森裕子氏(生活の党=新潟選挙区=当選)や三宅洋平氏(無所属=東京選挙区=落選)を応援。森裕子氏は、科学的根拠がないと批判されている「ナノ純銀除染」なる放射性物質除染法を国会で提唱したこともある議員。三宅洋平氏は前述の通り、内海聡医師が炎上した際に擁護したり、ホメオパシーなどを推奨する発言をするなどして物議を醸した人物です。

本紙が繰り返し報じてきたとおり今年の夏の参院選石川選挙区では、野党各党や市民連合・SEALDsなどの市民団体がこぞって浄土真宗親鸞会信者の柴田未来氏を推薦・支援。柴田氏は落選したものの、その後も加賀九条の会など市民団体の主催で講演会を行うなど、政治活動を続けています。また新潟県知事選で当選した米山氏は、本紙既報の通りカルト教団「泰道」の後継団体の代理人弁護士を務めていた人物でもあります。

今回、ホメオパシー系の反ワクチン活動家が富山市議に当選し、さらに新潟を拠点に政治活動を行うホメオパシー人脈が明らかになったことで、上越・北陸の政界をめぐるカルト・疑似科学事情が、がぜん熱くなってきました。

本紙・藤倉善郎総裁のコメントです。

「上野蛍氏は、せっかく疑似科学・疑似医療に染まっているのに、その思想や活動実績を主張せずむしろ隠蔽してる。世の中的にまずいと理解しているからこそ隠蔽するのだろうから、これは有権者への裏切りであり民主主義への挑戦と言わざるをえない。砂糖玉愛好者にだって選挙に出る権利くらいあるが、活動実績を隠蔽して選挙に出る人間が議員になったら、どんな不正をするかわからない。政活費で砂糖玉を購入したりしないか、監視が必要だろう」

■上野氏は取材を無視、ブログをまるごと削除

次々と活動履歴を削除している上野氏ですが、本紙が11月7日深夜に取材申し入れを行ったところ、遅くとも2日後の11月9日には、ブログをまるごと削除。断片的に残っていたホメオパシー関連人物との関係を示す投稿も含めて全ての情報を消し去ってしまいました。

本紙の取材に対しては、一切回答がありません。

上野氏が取材に答えないため、上野氏の見解を富山市の有権者の皆さんにお届けすることができません。上野氏の見解を聞きたい方は、上野氏に直接問い合わせてください。

立候補の際に富山市に届け出た上野ほたる事務所の電話番号は 070-5635-3677 です。

27 コメント:

匿名 さんのコメント...

G

匿名 さんのコメント...

「ホメオパシー」のせいでホワイトセージを焚いて癒し&空間浄化を楽しむ俺は変態扱いさ♪
クタバレポン引き強欲疑似科学。そんなに金がほしいのか!破邪顕正!(笑)

匿名 さんのコメント...

ホメオパシーは疑似医療というより、偽医療といったほうがいいでしょうね。
メタトロンは波動が云々というので、たぶん船井総研系の人たちが二十世紀の終わりに広めて、一時ブームになった波動測定器のことでしょうか?

匿名 さんのコメント...

富山市民です。
全国的に、恥ずかしい市議たちの醜態をさらした直後の選挙だったので、今回の上野氏の記事は
とてもショックでした。
しかも、当選2日後に、上野氏と会派「光」を組んだ相手が、かつて、息子たちが、お世話にな
った元中学教師のS先生。子育てと教育が、重なる点で合意があったようです。
この件は、S先生は、ご存じないと思います。S先生かわいそう・・・。
藤倉さん、貴重な情報ありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

ワクチンセミナーをワクワクセミナーに一瞬見間違えたw

匿名 さんのコメント...

富山は人材がいないんでしょうか。
現代医療を否定的にとらえる人が議員になって、どう活動したいんでしょうか。
震災後、宮城にできた悩みを抱える人のための団体がありますが、そこにホメオパシーを推進するメンバーがいます。他はカウンセラーや弁護士、僧侶などですが、そのホメオパシーを推進するメンバーはヒーリングサロンを運営してる人です。一人だけ方向性が違うようでその団体も信用できません。
自分は持病があり、医師の指導や処方のもと投薬治療しながら暮らしてます。
もし現代医療を否定したら、病気をさらに悪化させ、助かる命も助からなくなる場合もあります。
自分たちの理想を貫きたいのであれば、同じ思想を持つ同志で無人島に住めばいいのでは?
自然派というのなら、電気もネットもやめて自給自足の生活をしたらいい。
当然けがや病気で命を落とすことも想定して。でも便利さを手放したくないんでしょうね。
今後も追跡取材してください。

匿名 さんのコメント...

電話番号は記載しないほうが良いと思います。
ある意味これと同じです。

田中清史は杉並か練馬あたりに住んでいる。

夫:田中清史(やや日刊カルト新聞記者)
妻:若菜(夫と同じTEAM・タカヤマ&いもずかF.Cフットサル所属)
息子:誓(ちかう、2013 年2 月27 日に3000gで元気に誕生)
母:氏名不詳(同居、または近隣に住んでいる)

匿名 さんのコメント...

ホメオパシーを偽科学と言われるなら、朝日新聞と同じ、医師会の手先、
まさか広告を医師会からもらってますか?
ああ又こんなアホな書き込みしてしまいました。 反省

匿名 さんのコメント...

悔し紛れやのー。
(コメントが) 笑

匿名 さんのコメント...

馬鹿まるだしやのー。
(コメントが) 笑

匿名 さんのコメント...

駅前で選挙演説してるのをみたけど、そんな事情があるなどは知らなかった。

匿名 さんのコメント...

ホメオパシーは同毒療法という訳語があります。
この訳だと実態がわかってしまってマズいんでしょうね。

横文字でオサレでナウなヤングなイメージにしないと信者が増えませんからね。

ところでママをアピールする議員は多いのですがなぜでしょう?
議員の中でお約束のシナリオが決まってるのでしょうか。
パパをアピールしても独身をアピールしても働かないママをアピールだっていいですよね。
女子供をダシにするなんて差別ですよ!

匿名 さんのコメント...

藤倉善郎は自民党から金を貰って野党を攻撃する工作員です。また、桜井誠とレイシスト仲間です。

匿名 さんのコメント...

富山のネットで、上野氏の今回のまずいやり方について、多くのコメントがあがっています。

「一票かえせ」
「富山の印象が、さらに悪くなる」
「正直に自らの非を認めて、辞職した議員の方が、まだ、まし」
「来年4月の選挙は、もう無理だわ」
・・・・等々・・・もっと激しいのもありました、

本日、県議一人が、会派・光に入って3名になりました。
上野氏の事が、蟻の一穴にならないように祈るのみです。

また、会派代表と、上野氏は教え子という師弟の間柄とのこと。
なんとか、教え子の洗脳を撃破してほしいものです。

匿名 さんのコメント...

藤倉善郎のこと、もっと詳しくお聞かせください。

匿名 さんのコメント...

藤倉善郎のことならメル友で薔薇色の関係である2ちゃんねるの使者に聞いたら!

Ubnutu初心者 さんのコメント...

記事にあるホメオパシーについては、
「なぜわたしたちは科学にだまされるのか」という翻訳本があります。

同書は、米国の物理学者(専門は物質の結晶構造)であるロバート・L・パーク博士が、
ニセ科学批判の為に書いた新聞連載コラムをまとめたもので、
ホメオパシーについても詳細に書かれています。その訳本です。
(他には、常温核融合とかマハリシの超越瞑想などに関して記述があります)

この「薬でない薬」を使っても、何の解決にもなりません。
希釈限度を超えて-アボロガド数以上に-物質が薄められているんだから。
それは水薬だろうと砂糖玉だろうと同じです。

だから連中は"福島の土"なんか使い始めたんでしょう。

匿名 さんのコメント...

エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)のこと?
関西弁がきつ過ぎて読めなかった・・・。
思い込み激しそうなのは判ったけど・・・。

匿名 さんのコメント...

2ちゃんねるの使者と藤倉氏との間で行われたメールを
もし藤倉の奥さんが見たら引くだろうな
だって、いい歳した中年のおっさんらがカルトで
薔薇色にもりあがっているのですからね
気持ち悪いでしょうね。
あーなるほど!だから太るのか!!

匿名 さんのコメント...

日本のホメオパシーは怪しい。ドイツのを真似てるだけ。
あと、浄土真宗親鸞会って書いてあるけど、親鸞会ってカルト教団で浄土真宗からは全く別物だし。

匿名 さんのコメント...

幸福実現党吉田かをるも富山市議会議員選挙に立候補したが、見事に落選したな👏👏👏それでも2000票超えだったので、供託金没収は免れたらしい!!!

匿名 さんのコメント...


落選は目に見えて馬鹿でも分かっているだろう。
何を自慢したいのかな。

匿名 さんのコメント...

堂々と幸福を標ぼうしているから、おばちゃん(吉田かおる)は「上野ほたるより、マシ」とも、言われている。

しかし、そのおばちゃん、市議選で落選するくらいなので、国会議員の選挙は、夢のまた夢・・・

匿名 さんのコメント...


お前と同じように学習能力がないのだろうね。

匿名 さんのコメント...

右翼も左翼も船井総研系のトンデモに汚染されてますね。
「極」の字が接頭し、極端さが増すのに比例してトンデモ度も増します。

匿名 さんのコメント...


無党派・市民派をうたっていた上野ほたる氏に、民主党(現民進党)の影。

①元民主党の衆議院議員の村井宗明氏のプログに、
「私は、上野ほたる氏を応援します」と明記されている。

②上野氏の選挙事務所が、上記の村井宗明氏の選挙事務所の後になっている、

③会派・光に合流した笠井県会議員は最近まで民主党に所属していた。

*上野氏は、ホメオパシー同様、民進党疑惑についても、釈明ができておりません。

匿名 さんのコメント...

1000人収容の県民会館大ホールで光の市政・県政報告会

実際に集まった支持者は、僅か60人ぐらい