2017年4月11日火曜日

日本脱カルト協会理事・瓜生崇をやや日刊カルト新聞が永久追放=喫煙者へのヘイトスピーチで

永久追放された瓜生崇
やや日刊カルト新聞社は4月8日、喫煙者の権利や人間性を否定する暴言を繰り返したことを理由に、記者である瓜生崇を永久追放処分としました。弊社では過去、幸福の科学から出入り禁止にされている記者をクビにし取材完了後に復帰させるといったことを繰り返していますが、永久追放は初。瓜生崇は真宗大谷派玄照寺(東近江市)住職で、日本脱カルト協会の理事でもあることから、弊社・藤倉善郎総裁は、日本脱カルト協会に対して瓜生の除名を求める可能性も示唆しています。


瓜生崇は自身のFacebook上で、喫煙者であることを理由に藤倉や藤倉の妻、あるいは喫煙者全般について、最低限の権利はおろか人間性まで否定する暴言を行い、他者による同様の暴言を煽り、その問題性を指摘されてもなお暴言を繰り返し、その後も全く反省の態度を見せず、何が問題なのかを理解しようとする姿勢すら見せません。

瓜生に対しては藤倉から、その言動の問題性について指摘しましたが、その上でもなお瓜生の暴言は止まりませんでした。すでに瓜生は一連のやり取りがあったFacebook投稿を削除し(本人は、削除していない、自分にしか見えないように閲覧制限をしただけと主張中)、証拠を隠滅しています。

おおまかに瓜生の発言の一部の要旨を列挙します。

「喫煙室の臭いが不快なのでホテルを全室禁煙にしろ」

「うんこはトイレでしろ」

「(藤倉は)救いようがない」

「(藤倉あるいは喫煙者は)存在そのものがうんこ」

これに煽られて、藤倉の知人でも何でもない人物からは、このような趣旨の暴言も吐かれました。

「ホテルに喫煙者用の犬小屋を建てろ」

「喫煙者の墓は猫の糞を」

「(喫煙者の藤倉が死んだら)墓の前で踊る」

こうした発言について藤倉から、ネタや冗談で済むレベルを超えている旨の指摘があったにも関わらず、彼らは同様の発言を繰り返しました。

現在に至るまで、瓜生からは謝罪らしい謝罪はなく、反省の姿勢も見られません。

やや日刊カルト新聞は、人権を重視する立場から、宗教団体などによる人権侵害問題である「カルト問題」を扱っている報道メディアです。

その記者であるからと言って、人権等について完全なる理解を要求することは現実的ではありませんが、積極的に他者を傷つける行いを避ける程度のモラルや、ミスを犯した事後的にでも真摯に対応する誠実さは、最低限持ち合わせているべきです。

真摯な反省等があれば、他の処分や注意にとどめるという方法もありえました。しかし瓜生は問題を指摘されても反省の色がなく、現在に至るまで、謝罪に見せかけた自己正当化の発言を行うなどしています。このことから、思想ではなくもはや人間性の問題であり、更生の見込みはなく再犯の危険性が高いと判断し、永久追放以外にないとの結論に達しました。

「たかがタバコ」でと思う人も多いと思います。しかし「たかがタバコ」で他者の人間性を否定しまくることのほうが、「たかがタバコ」で人権論を展開するよりはるかに不当であり異常です。また、そのような人間には、そもそもタバコ以外のテーマについて「人権」を語る資格もありません。

やや日刊カルト新聞社は、社としての決定については総裁である藤倉の独裁体制とし、一方で総裁は個々の記者の意見や記事の内容を拘束しないという仕組みをとっています。運営については独裁による統率、報道や言論については自由という二重体制です。

今回の決定においても同様です。この処分は藤倉による独断であり、個々の記者たちの総意ではありません。この件について記者がそれぞれの意見を表明したり、その意見を記事にすることがあるかもしれませんが、それが人権侵害にあたるような内容でない限り藤倉は一切、干渉しません。

こうした体制は、記者同士で意見が違ったとしても、人間の自由や権利や尊厳という普遍的な価値観を共有できている限りにおいては、「カルト問題」に必要な情報や議論の提供という目的のもとでともに活動できる、という考えに基づいています。この点での信頼があるからこそ、個々の記者が事前チェックも受けず記事を投稿できるという言論空間であリ続けることができ、大きな問題を起こすこともなく有意義な報道を実現できています。

しかし瓜生崇は「タバコ」を否定するついでに、やや日刊カルト新聞の最大の基本理念である「人権」を踏みにじる加害行為に及びました。これは理念上の問題にとどまらず、このような人間を記者にしていれば、いずれやや日刊カルト新聞が他者への加害行為の道具にされかねないという危険もはらんでいます。

以上のような事情と考えに基づき、瓜生崇を永久追放としました。

弊社・藤倉総裁のコメントです。

「瓜生は弊社の創刊時からのメンバー。ともにこれから先のカルト問題への取り組みを牽引していく仲間だと思っていたが、カルト問題を認識する上で最も重要な人権という考え方がここまで著しく欠損した人間であったことにショックを受けている。今後、弊社の活動と無関係な場面においても、この人物を、宗教や人権を語るに値するものと捉えることはできない。なお、永久追放は喫煙をめぐる意見の相違が理由ではなく、瓜生崇が差別主義者であり積極的に他者を傷つけ反省しない人間であることが明確になったことが理由。もともと弊社の記者で喫煙者は藤倉だけであり、弊社はタバコについての個々の記者の立場や考えには干渉しない」

当初、藤倉総裁は瓜生について、弊社において処分するにとどめ、日本脱カルト協会に除名を申し立てることは避ける意向でした。しかし処分後の4月10日になって、瓜生は自身の暴言について、さも藤倉が先に口汚く罵ってきたことが原因であるかのような事実と異なる釈明を藤倉のFacebookに投稿しました。これについて、藤倉総裁はこう語ります。

「当初は、カルト問題と直接関係のないことで日本脱カルト協会を煩わせることは避けたいと考えていた。しかし瓜生は、問題となった投稿を閲覧不能にし他者による検証をできなくした上で、デマによって藤倉の名誉を傷つけることで自己保身を図ろうとしている。卑劣極まりない態度であり、喫煙者に対する瓜生の暴言とは別途の、新たな名誉毀損行為だ。カルト問題について情報や意見を発信する藤倉個人や弊社の信用性を貶め、カルト問題への取り組みに支障をきたす行為であるため、瓜生がデマを撤回し謝罪しない場合は、日本脱カルト協会に対して瓜生の除名を要求する」

※コメント欄での指摘を受けて、記事を一部修正しました(取り消し線部分) 2017.04.20

63 コメント:

匿名 さんのコメント...

ネタのような感じも受けますが、そこまで書くなら本当の話だとして、日本脱カルト協会に話を持ってゆくのもやりすぎなような気がします。ヘイト云々と脱カルトとは切り分けて考えた方がよいかと。

匿名 さんのコメント...

瓜生氏が現在すでに非公開にしているとのことですが
藤倉さんのことですから、ここまでするからには
きちんと証拠保全されていることと思います。

一部の例が掲載されていますが、個人的にはできればもう少し
時系列での対応記録や、言語的事実を知りたいです。

脱カルトの活動は、脱会者のケアも重要な柱のひとつだと思います。
カルトで傷ついて、またここで裏切られるような事態はあってはならないかと。

別に聖人を求めはしませんが
それにしても、絶対に外せない資質というのはあると思います。
ここは譲れないという適性を著しく欠いているのであれば
馴れ合いを排して、厳しい態度を示す必要はありえると考えます。



匿名 さんのコメント...

古参幹部でも簡単に粛清するのは金正恩と同じだ。そのうち斬首されるよ。

匿名 さんのコメント...

私も北朝鮮を連想しました。

Akio さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
匿名 さんのコメント...

>やや日刊カルト新聞は、人権を重視する立場から、宗教団体などによる人権侵害問題である「カルト問題」を扱っている報道メディアです。

おおげさだよ、メディアというよりブログでしょ。

人権侵害を言ってしまうと、藤倉お前だって奥さんに旦那がいると分かっていて
交際をしたんだろ。
そして略奪婚をしたわけだから、人権侵害を口にしても説得力がない。

それより痩せなさい。
お前の歳で太るのは体に良くない、心筋梗塞になっても自業自得だぞ。

匿名 さんのコメント...

金正恩や北朝鮮の名前も出ているようですが、連合赤軍の“総括”を彷彿させる話です。
そこまで追求するならば、しばき隊のカルト性についても日本脱カルト協会で話し合ってもよいと思います。
しかし、藤倉さんとしては、その辺りの問題は切り分けて考えるべきとお思いでしょう?
何も限定するべきとは思いませんが、やはり現在の日本脱カルト協会は宗教カルトや経済カルト(ネズミ講等)、心理カルト(自己啓発セミナー等)などの話し合いをする場で良いと思います。
脱カルトということで有志が集まっているだけで、色々な考え方の方がいますからね。
個人的には、政治カルト(しばき隊、極左暴力集団等)、環境カルト(グリーンピース、シーシェパード等)に踏み込むのありとは思いますが。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月11日 17:33 匿名さん

> ネタのような感じも受けますが、そこまで書くなら
> 本当の話だとして、日本脱カルト協会に話を持って
> ゆくのもやりすぎなような気がします。

 はい。ぼくもそう思ったので、当初それはやらないつもりでいました。
 しかし記事にあるように、瓜生が自己保身のために、ぼくに対する名誉毀損という新たな加害行動に出たため、日本脱カルト協会会則第10条への明確な違反行為と言わざるを得ません。

http://www.jscpr.org/norm


2017年4月11日 19:02 匿名さん

 申し訳ありません。ぼくの方でも、一連の投稿を保存していません。
 ぼく自身に、瓜生が自ら人権や言論に関わるものを生業とする仲間であるという油断がありました。言い合いの途中で唐突に証拠隠滅に走るとまでは予測していませんでした。
 ぼくの妻も瓜生のスレッドに参加して、ぼくもろとも瓜生から罵られていたため、ぼくの一連の説明はぼく自身の記憶と妻の記憶をすり合わせながら書いています。
 記憶と言っても、全てここ数日の話です。



2017年4月11日 19:53 2017年4月11日 20:12 匿名さん

 斬首したわけではなく追放しただけです。また、ここで北朝鮮を引き合いに出すのであれば、受動喫煙防止を唱えるのではなく喫煙者の権利や人間としての尊厳まで否定する瓜生崇こそ金正恩であり、金正恩を理事に据えて一定の権威権力を与えている日本脱カルト協会は、北朝鮮そのものではないけど中国くらいの位置、みたいな話になっちゃいませんかね。



2017年4月12日 5:09 匿名さん

> おおげさだよ、メディアというよりブログでしょ。

 ブログだとメディアじゃないのか?という根本的なツッコミもありますが、それはともかく報道活動をしている以上、報道メディアとしての責任を基準として行動しますよ。当然のことです。

 ぼくの不倫奪略婚は人権侵害ではありません。プライバシーの問題もあるので詳細は書きませんが、あれは現・ぼくの妻の人権を守るための戦いでした。


> それより痩せなさい。
> お前の歳で太るのは体に良くない、
> 心筋梗塞になっても自業自得だぞ。

 ありがとうございます。ご指摘、ごもっともです。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月12日 7:09 匿名さん

> そこまで追求するならば、しばき隊のカルト性に
> ついても日本脱カルト協会で話し合ってもよいと
> 思います。

 ぼくも、具体的な知識と情報を添えてそういう提言を日本脱カルト協会内で行う人がいるなら反対しませんし、その趣旨がなるほどと思えるものであれば内容にも賛同します。

> しかし、藤倉さんとしては、その辺りの問題は
> 切り分けて考えるべきとお思いでしょう?

 そう決めてかかってるわけではないですよ。現時点でのぼくの印象として、「カルト」という文脈にからめなくても批判できるものを、わざわざカルト問題にからめてややこしくすることないんじゃないの?と思ってるだけです。

 「そうじゃない、カルトという文脈でしばき隊について議論することに、これだけ意味があるんだ」ということが提示されたなら、それが日本脱カルト協会内でのことでも外でのことでも、ぼくは参考にするし賛同もするかもしれません。

 日本脱カルト協会にはいろいろな人がいます。様々なカルトの脱会者、信者になってしまった家族を持つ人々、相談を受けて支援活動をする人、研究する人。いずれも、たとえば統一教会問題に関わっている人は統一教会問題について積極的に提言し、他の各団体についても同様で、そうしてそれぞれの立場からの議論の提示によって、様々な問題をカバーしています。

 協会の中で合議して、何を取り上げて何を取り上げないかを決めているとかいう形態ではありません。内部で議論が提示されたテーマは議論されるし、提示する人がいないテーマについては手薄になってしまいます。

> 政治カルト(しばき隊、極左暴力集団等)、
> 環境カルト(グリーンピース、シーシェパー
> ド等)に踏み込むのありとは思いますが。

 はい。ありだと思います。
 しかし、誰かが「ありだ」「そうすべきだ」と言うだけで自動的に誰かがそうしてくれるなんてこともないですし、そうしてもらえない原因は「すべきではないと思われているから」とは限りません。

 そうしてほしい、そうすべきだと言うのであれば、日本脱カルト協会に入ってそれを提案したらいいんです。あるいは入会しなくても、協会員に行動を起こさせるくらいの具体的な働きかけや情報提供をしたらいいんです。「すべきだ」と言うだけでは何も進みません。

 ちなみに連合赤軍なんかの話は、日本脱カルト協会員と話していて話題にのぼることはあります。協会として自己啓発セミナーやマルチ商法の問題を取り上げたこともあります。

 歴史的経緯から宗教問題の比重が大きいのは事実ですが、日本脱カルト協会は「テーマや対象を限定しながらやっていきましょう」などという方針はとっていません。むしろテーマや対象を広げていく必要性を感じて模索する色合いが、いま、かつて以上に強くなっているとさえ言えると感じています。

 飽くまでもぼくから見た印象の話です。ぼくは日本脱カルト協会の理事でも何でもないんで、ぼくの意見は協会を代表するものではありません。そこは注意してください。

匿名 さんのコメント...

上の方でコメントした者です。

まずは私のような脱カルト界(というのがあるかどうかは分かりませんが)で無名の存在に長文の回答をいただいて驚くとともに有り難く思っています。

当初(失礼ながら)もしかするとネタなのかなと思っていたのですが、どうやら本当にあったことのようですね。
前後の文章を読んでもう少し経緯を知りたいところですが、確かに瓜生崇さんの発言の一部(要旨)を見ると罵詈雑言という感じがします。
瓜生崇さんのFacebookを読んでみましたが、ほのぼのとした平和そうな文章ばかりで、やはり魚拓か何かで全ての関係部分の原文を確認したいところです。
それに、どうやら瓜生崇さんはお坊さんのようなので、聖職者が本当にそのような発言をするのだろうかという疑問も感じました。

ところで日本脱カルト協会のWebサイトで会則第10条を読みました。
「会員は、~省略~ または本会ないし他会員の名誉を含む諸権利を著しく傷つける行為があったときは、~省略~ 会員資格を喪失する」との条文ですね。
また「日本脱カルト協会に入ってそれを提案したらいいんです」とアドバイスいただきましたが、会則第4条に「理事の推薦を得て」という一節があるようで、その点は脱カルト界で特に名を知られているわけではない一般人としてはハードルが高そうです。
とは言え、「『すべきだ』と言うだけでは何も進まない」という点はその通りだと思い共感しました。私もマスメディアやネット上の情報を自分なりに分析しては義憤のようなものを感じ「こうすべきではないか」と考えたり、ときにはWeb上などで意見を発信している訳ですが、藤倉さんやエイトさんのように実際にカルト団体と対峙するのでないと世の中的には余り意味がない感じもしますね。

最後に今回の事件について、藤倉さんや瓜生崇さんとは面識がある訳でもなく何らかのコメントできる立場にはありませんが、脱カルトを目指す同志(と自分で勝手に見なしています。恐縮ですが)として、仲間割れのようになっているようで残念だなという感じがしています。
しかし、名誉棄損と判断されたならば仕方ないことなのでしょうか。どうにか仲直りして欲しいものです。

また何か感じたことがあればコメントさせていただきます。

匿名 さんのコメント...

2017年4月12日 5:09の匿名です。


>ブログだとメディアじゃないのか?という根本的なツッコミもありますが、それはともかく報道活動をしている以上、報道メディアとしての責任を基準として行動しますよ。当然のことです。

それは君がなめ猫氏に言っていた、真面目に遊ぶと言うポリシーと真逆ではないのかな?
君たちのポリシーにとやかく言ってもしょうがないと思うけど。

>ぼくの不倫奪略婚は人権侵害ではありません。プライバシーの問題もあるので詳細は書きませんが、あれは現・ぼくの妻の人権を守るための戦いでした。

君の目線で心情的には、君の言うとおりだと思うよ。
だけど、相手方からすると、その当時の夫の権利侵害をしているとして訴えられるケースがほとんど、もし仮に同じようなことを他の誰かがしたら、君の性格からすると自分の権利を侵害したとしてその男を訴えるだろうね。

匿名 さんのコメント...

https://www.facebook.com/uryu.takashi/posts/1472937992778183?pnref=story

発言は消されておらず今も見れますよ。ただ、Facebookのアカウントを持っていて、なおかつ瓜生氏と友達でないと見れません。ご希望ならスクリーンショットをとってロダにあげますが。
ざっと見た感じは、藤倉氏が指摘しているような発言は他の人の発言であったり、藤倉氏の方が先にけしかけたりした上での冗談っぽい流れであったり、正直に言うと今回の件は彼の自爆のようにも思えます。少なくとも差別やヘイトという印象は受けませんでした。
Facebook以外のところで何か確執があったのではないかという気もします。

匿名 さんのコメント...

見れないです。友達限定?

匿名 さんのコメント...

見れないですか。瓜生氏とつながりのある人は今のところ見れているようなので、おそらく友達限定。ただ、公開範囲がカスタムになっているので、藤倉氏は除外されているのでしょう。

どうして公開範囲を制限したのかという疑問はあるのですが、このFBのスレッドの最後の方は瓜生氏の友人と藤倉氏のコメントの応酬になっていて、

「「見ず知らずの人間にイキナリ」とか言ってる時点で、自分の会話をめぐる事実関係すらわかってないわけだからなあ。やっぱ「マジメに話している相手をハナから小バカにするクズ」じゃなくて「見ず知らずの人間をイキナリ小バカにするただのバカ」なのかもね。
だとしたら確かに「みっともない」なんて観念は通用しない。言うなれば、バカという名の野生動物がただ野っ原歩いてるだけなんだもんな。」
「なるほど。ケンカ売ってる自覚ないのにその態度なのか。真性のバカっていうか、もはや社会不適合者じゃねえか。瓜生んとこって、ほんとにロクなの寄ってこないな。類友にもほどがある。」
「ケンカしたいんじゃなくて、お前がすでにケンカ売ってんだよ。わからないのか。クズじゃなくてバカか。」
というコメントを、藤倉氏が友人氏に一方的に浴びせています。(友人氏は殆ど相手にしていない)

おそらく、スレ主である瓜生氏はこれを見て藤倉氏を閲覧除外して、見れないことで藤倉氏は激昂。限定公開にしたという瓜生氏を信じずスレッドを消したと思い、自分の発言や発言の真偽が明るみに出ることは無いと踏んで、「証拠隠滅」と断じて一方的に「やや日」を使って瓜生氏を攻撃したというのが真相ではないかと思います。

不幸なのは、藤倉氏にこれを教えてくれる人も、この記事をアップすることを止める人もいなかったことです。お山の大将になっているのだとしたら気の毒だと思います。

今後この記事が訂正されるのか、それとも放置されるのかが気になります。私は藤倉氏をそこそこ知っている人間ですけど、この経緯を見ていて彼はジャーナリストとしては今後信頼できないなとは思いました。私の周囲も同様の意見です。

匿名 さんのコメント...

見ました。さきに罵ってきたのが藤倉さんというのは、スレッドを見ればどうも間違いないような感じです。

大丈夫なんでしょうか、藤倉さんは、、逆に名誉毀損で訴えられてもおかしくないような内容ですが。

匿名 さんのコメント...

見れましたかw

まあなんかこの一件で闇を感じるのは、どうして藤倉氏に「(藤倉氏が暴言をはきまくっていた)Facebookのやり取りは消されてない」ということを伝えてくれる人が居なかったのか、ということなんですよね。ただ私自身も知人と飲んでるときにこの話題が出て、「そう言えば本当に消されてるのかな」と思って見たら消されてなかったので、やや日の記事だけ読んでたら「消したのかー」で終わったかも知れません。

なんか知人は藤倉氏はハメられたのではないか心配していましたが、殆ど同情は出来ないですね。証拠は消えた(と勘違いした)のを良いことに、記憶と憶測を根拠にサンドバックのごとく瓜生氏を叩いたんですから。しかも、人権という正義を騙って。これ、ジャーナリストとしては速攻失格レベルだと思うんだけど、これから彼はどうしていくつもりなんだろう。私は素知らぬ顔をして会いますが、もう同業者には結構伝わってるみたいだし、自業自得だなこりゃ。

一応、藤倉氏の主な発言をここにコピペして載せておきますね。

「嫌煙家を埋める穴は墓ではありません。ただの生き埋めです。」
「この無自覚差別主義ババア。」
「「無自覚差別主義」の部分じゃなくて「ババア」んとこだけショックとか、ほんとに頭悪いんですね。」
「屋内嫌煙も路上嫌煙も認めない。嫌煙室なんか設置する必要はない。お前らに嫌煙する権利などない。受動喫煙で死ね。」
「禁煙ファシストのにおいはうんこよりひどい。」
「ケンカしたいんじゃなくて、お前がすでにケンカ売ってんだよ。わからないのか。クズじゃなくてバカか。」
「真性のバカっていうか、もはや社会不適合者じゃねえか。瓜生んとこって、ほんとにロクなの寄ってこないな。類友にもほどがある。」
「そうやって自分自身も人の態度を云々してるってことには気づかないんだろ? 頭悪い人間って哀しいよな。」
「言うなれば、バカという名の野生動物がただ野っ原歩いてるだけなんだもんな。」

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月12日 21:31 匿名さん

> 前後の文章を読んでもう少し経緯を知り
> たいところですが、確かに瓜生崇さんの
> 発言の一部(要旨)を見ると罵詈雑言とい
> う感じがします。

 単に「罵詈雑言」という点だけについて言えば、お互い様です。ぼくもボケだのバカだのクズだのファシストだの散々言ってますから。
 瓜生が問題なのは、そもそも初っ端の瓜生発言が自らの嗜好に基づいて喫煙者を差別し権利を否定する内容だったこと、ぼくが彼らに対して根拠を添えて「ファシスト」「バカ」等と罵っていたのに対して、彼らは根拠もへったくれもなく単に「うんこ」とか墓を冒涜するとかいう内容の悪態をひたすら繰り返していたこと。そして、デマを流して自己保身に走ったことですね。

> やはり魚拓か何かで全ての関係部分の原文を確認したいところです。

 ぼくは保存できていないんですが、どうも瓜生が一時的に閲覧制限を解除した期間があったようなので、その間に保存していた人がいるといいんですけどね。っていうか、「藤倉のせい」とって言ってる瓜生が全公開すればいいんですよ。瓜生の言い分が事実なら全公開したって瓜生の不利益にならないはずだから。

> それに、どうやら瓜生崇さんはお坊さんの
> ようなので、聖職者が本当にそのような発
> 言をするのだろうかという疑問も感じました。

 同感です。ぼくも、まさか聖職者が証拠隠滅して逃亡した上デマを流すとまで思わなかったので、保存してなかったんです。

> また「日本脱カルト協会に入ってそれを提案し
> たらいいんです」とアドバイスいただきました
> が、会則第4条に「理事の推薦を得て」という一
> 節があるようで、その点は脱カルト界で特に名を
> 知られているわけではない一般人としてはハード
> ルが高そうです。

 日本脱カルト協会の一般の会員は、別に「脱カルト界で特に名を知られている」人たちばかりではないですよ。ぼくだって、ライターになって雑誌とかで記事を書くようになる前から会員でしたし。
 でもまあ、ぱっと見、印象としてハードルが高そうに見えてしまうのは事実ですね。なのでぼくは「日本脱カルト協会に入ってそれを提案したらいい」という提案と同時に、「あるいは入会しなくても、協会員に行動を起こさせるくらいの具体的な働きかけや情報提供をしたらいい」という提案もしています。入会しなくても特定の問題を取り上げるよう働きかける方法はあります。協会メンバーである専門家に、被害相談が多く寄せられたり内容が深刻だったりすれば、それも協会で問題を認識するきっかけにはなりえますし。


> 藤倉さんやエイトさんのように実際に
> カルト団体と対峙するのでないと世の
> 中的には余り意味がない感じもしますね

 意味がないとは思わないです。「~すべきだ」「~はおかしい」という意見の表明は社会的なニーズが存在することの証明になりますから、それはそれで意味はあります。匿名さんが、「~すべきだ」という言う以上の活動までする気はない、あるいはできないというなら、それはそれで構わないんです。「言うだけじゃなくて、お前もなんかやれや」ってことではないんです。

 ただ、全員が全員「~すべきだ」と言うだけだと、何も進みませんよ、という話です。それは社会とかネットとかだけの話ではなく、日本脱カルト協会内でも同様で、会員たちがみんな「~すべきだ」と言うだけしかしない人ばかりだったら、日本脱カルト協会は単なる意見表明団体でしかないですよね。

 で、前回書いたような理由で、現時点ではぼく自身が「しばき隊を日本脱カルト協会で議論の俎上に上げるべき」と考えていないわけです(上げるべきじゃないと思っているという意味ではありません)。ぼく自身がそう思えればやりますが、そうじゃない。だから、それをやるのは「そうすべきだ」と考える他の誰かだろうと。

> 脱カルトを目指す同志(と自分で勝手に見なしてい
> ます。恐縮ですが)として、仲間割れのようになっ
> ているようで残念だなという感じがしています。
> しかし、名誉棄損と判断されたならば仕方ないこと
> なのでしょうか。どうにか仲直りして欲しいものです。

 ぼくもその点は残念ですが、仲直りは永久にないです。
 「人権を否定する差別主義者が人権を語る」という欺瞞がカルト問題への取り組みの中に混入していると、カルト問題への取り組みそのものの説得力を損ないます。また、自らの問題を指摘された側がデマを流して自己保身を図るなら、そういう人間は別の問題を起こしたときにも同じようなことをするでしょう。そういう人間はカルト問題の取り組みにおいて「同志に害をなす」人間です。
 瓜生については、もはや、藤倉との個人的関係の問題ではなく、カルト問題や人権を語る人間としても日本脱カルト協会理事としてもにふさわしくない問題人物がいるという話なので。

 しかも、ウソをついて問題行動を起こす人間は、その後「反省した」と言ったとしてももはや信用できません。上祐史浩がいい例です。

 瓜生がデマを撤回して謝罪すれば、今回の問題は形式的には解決するかもしれません。でも、それで瓜生への不信感や瓜生が差別主義者であるという事実が消えるわけではないので、瓜生に対するぼくの評価がいまより良くなる可能性はもうないです。

匿名 さんのコメント...

うーん。瓜生氏って嘘ついてるんですかね…

このやり取りが始まったくらいからスレを見てて(書き込みはしていません)、藤倉さんのスレッドに書き込まれた瓜生氏の謝罪も見ました(藤倉さんには悪いですが、誠実だと思いました)。その時も今も件のスレッドは閲覧可能なので見ましたけど、どうみても嘘はついてないような。

それより、藤倉さんがスレッドは消えたから自分が先に罵り始めた事はバレないと思って記事を書いたのだと、少なくとも僕や僕の周囲の人は思っています。あのやり取りで瓜生氏について差別発言と言うのなら「存在自体がうんこ」くらいだろうと思いますが、あれは確かに「嫌煙家はうんこよりくさい」という藤倉さんの発言の後です。これを差別発言というのはかなり無理があると思います。

それから、前のコメントで藤倉さんにどうしてスレッドが生きていることを教える人がいないのかという事を言っていた人がいましたが、私に関しては不思議には思ってはいたんですけど、僕が言うことでもないような気もして。申し訳ありません。

どちらかというと、証拠は消されたと思って、自分の発言を隠して人の発言のみあげて、相手の言い分を無視してこうして公の場で一方的に批判するという藤倉さんの姿勢にかなりドン引きしています…こんな風に匿名でしか書かないのは卑怯な感じもしますが、正直藤倉さんがこんなことをしたのを見て、藤倉さんの周囲の人はもう藤倉さんに何も言えなくなると思います。

匿名 さんのコメント...

多分、今も見れないなら藤倉さんが閲覧除外されているのだろうと思いますから、ここにさっきとったキャプチャの証拠貼っておきます。

https://gyazo.com/b247fd31feaa5c51be628685a08b2660

匿名 さんのコメント...

瓜生氏が藤倉氏にスレッドの閲覧制限をかけてるのは、あのスレッドでコメントしてた他の人に迷惑かけたくないからだろう。
やり取りが彼にとって都合のわるいものなら削除するだろうが、少なくともFacebookの友達ならあのスレッドは見れるのだから。私でさえわかることをなんでわからんのだろうね。
それにしても自分の暴言は根拠あるという藤倉氏の主張は無理がありますね。根拠ある暴言ならそれも書いたらいいのに。あと、瓜生氏の「デマ」も内容は載せない。デマならばちゃんと載せたらいいのに、載せられないのはデマではないからでしょうな。

上のリンク、もう期限きれてるのか見れないよ。

匿名 さんのコメント...

藤倉さん、藤倉さんのウォールにかかれたデマってどんなものなんですか。出来ればその原文を見せてほしいです。

藤倉さんのウォールを見てみたんですが、見つかりませんでした。まさか証拠隠滅ということはないと思いますから、教えてください。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月15日 15:54 匿名さん

> というコメントを、藤倉氏が友人氏に一方的に浴びせています。(友人氏は殆ど相手にしていない)

 この「友人氏」というのは、真宗大谷派善福寺住職の大桑啓のことです。大桑がぼくのことを「殆ど相手にしていない」というのは事実に反します。そもそも大桑がぼくに対してバカにした態度の発言をしたことで言い合いになり、ぼくの発言に対して大桑は逐一、なおもバカにする態度での発言を繰り返しています。ぼくが一方的に発言しているわけでもなければ、大桑がぼくを相手にしていなかったわけでもありません。

 一連のやり取りをどう評価するかはみなさんそれぞれの意見で構わないですが、事実に反した主張は迷惑なのでやめてください。

> おそらく、スレ主である瓜生氏はこれを見て
> 藤倉氏を閲覧除外して、見れないことで藤倉
> 氏は激昂。限定公開にしたという瓜生氏を信
> じずスレッドを消したと思い、自分の発言や
> 発言の真偽が明るみに出ることは無いと踏んで、
> 「証拠隠滅」と断じて一方的に「やや日」を
> 使って瓜生氏を攻撃したというのが真相では
> ないかと思います。

 藤倉が「限定公開にしたという瓜生氏を信じずスレッドを消したと思い」というのは、完全な事実誤認です。むしろ逆で、ぼくは、第三者が検証できないようにしていることを瓜生本人に確認した上で記事を書いています。

 閲覧不能になった際、その事情を瓜生崇に尋ね、 4月7日 18:19 に瓜生から「投稿は消していませんが私しか見れないように閲覧制限を書けています。」(原文ママ)という回答を得ています。 https://www.facebook.com/uryu.takashi/posts/1474379469300702?comment_id=1476247225780593&reply_comment_id=1477363115669004&notif_t=feed_comment_reply&notif_id=1491554823856924

 ぼくは、瓜生に事実確認をし、瓜生の説明を信じて、「第三者が閲覧できないように隠滅した」という趣旨の発言をしました。瓜生を信じなかったわけでもないし、スレッドを消去したと思い込んでもいないし、自分の発言が明るみに出ることはないと判断してもいません。

 Facebookで報告するだけではなく記事として掲載して、隠滅について批判したのは、証拠が公表されてもぼくには後ろめたいことがなく、むしろ瓜生たちの本性を示す証拠なのだから公開すべきだ・させたいと考えていたからです。

 で、ぼくの手元に元のやり取りを保存したファイルが届きました。これで、デマに対して、瓜生たちとの実際のやり取りの原文を示して反論できるようになりました。この後の 2017年4月15日 22:47 匿名さん への返信で、その証拠を活用していきます。

> 今後この記事が訂正されるのか、それとも放置
> されるのかが気になります。私は藤倉氏をそこ
> そこ知っている人間ですけど、この経緯を見て
> いて彼はジャーナリストとしては今後信頼でき
> ないなとは思いました。私の周囲も同様の意見
> です。

 事実に反する指摘によって記事を訂正することはありません。そして憶測と事実誤認によって結論を出してしまう人から信用してもらう努力を、ぼくは一切するつもりはありません。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月16日 22:39 匿名さん

> まあなんかこの一件で闇を感じるのは、どうして藤倉氏に
> 「(藤倉氏が暴言をはきまくっていた)Facebookのやり取
> りは消されてない」ということを伝えてくれる人が居なかっ
> たのか、ということなんですよね。

 すでに 2017年4月15日 15:54 匿名さん へのレスポンスとして説明したとおりです。

 この点について瓜生がウソをついていたとしても、後出しで閲覧設定を変えたのだとしても、こちらが指摘してきたもっとも重要な点である瓜生の差別発言の問題性は変わりません。闇でも何でもないと思います。

> 証拠は消えた(と勘違いした)のを良いことに、
> 記憶と憶測を根拠にサンドバックのごとく瓜生氏を
> 叩いたんですから。

 前述の通り、瓜生から「投稿は消していませんが私しか見れないように閲覧制限を書けています。」という説明を受け、消去はされていないと認識していました。「証拠は消えた(と勘違いした)」なんてことはありません。

 一連の投稿のデータを保存しておらず記憶に基づいて主張していたのは事実です。しかしデータを入手して改めて読み直しても、ぼくがこれまで説明してきた事実関係に特段の間違いは見つかりませんでした。

 もし間違いがあれば訂正しますので、具体的に指摘してください。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月16日 22:39 匿名さん

 つづきです。

 以下、匿名さんのコメントは、証拠である元のやりとりを閲覧した上で書かれているようですが、読む人に事実関係を誤解させる極めて不正確な引用です。

 匿名さんが列挙したぼくの発言は全て、藤倉から積極的に行った発言ではなく、瓜生たちからの暴言やバカにした態度を受けてのものです。個別に証拠を挙げながら説明します。

> 「嫌煙家を埋める穴は墓ではありません。ただの生き埋めです。」

 これは、瓜生の友人である福岡の「そぅ、そしてその横の喫煙者のお墓にネコが穴ほってウンチする」(4月4日18:16)に対する返信です。暴言を吐かれたので暴言を返したにすぎません。

> 「この無自覚差別主義ババア。」

 これは、ぼくの投稿のいち部を抜き出したものです。全文は、こうです。

「たとえ冗談でも差別は許さないと言ってるそばから、よくもまあ「墓前で踊ってやる」とか言えますね。この無自覚差別主義ババア。」(4月5日14:28)

 匿名さんは引用の際に除外していますが、もともとは、ぼくが罵る理由が福岡の暴言にあることが明確に記された文章です。この部分を隠して引用すると、まるで唐突にぼくが「この無自覚差別主義ババア。」と罵っているかのように見えてしまいますが、それは事実ではありません。

> 「「無自覚差別主義」の部分じゃなくて「ババア」んとこだけショックとか、ほんとに頭悪いんですね。」

 これは、以下の福岡の言葉に対する返信です。

「そんな感じで返って来るとは思ってましたけど、ババアて言われた、ショック、、、。」(4月5日 14:32)

 前述の通り、ぼくは「無自覚差別主義ババア」と書いた根拠を示したわけですが、それでもなお自分が差別主義者であることにはショックを受けず「ババア」の部分にだけショックを受けるのはバカなので、その通り指摘した発言です。バカな発言をした人間がバカと言われているだけのことで、その原因はバカな発言をした人間(福岡)にあります。

> 「屋内嫌煙も路上嫌煙も認めない。嫌煙室なんか設置する必要はない。お前らに嫌煙する権利などない。受動喫煙で死ね。」

 まるで嫌煙そのものを否定する文章に見えるように一部だけを抜き出されているので、全文を掲載します。

「ほんとみんな基本的なことがわかってないよね。受動喫煙問題ならともかく、臭いが嫌だとかいうてめえの嗜好で他人の嗜好を全否定するようなやつは、他人の嗜好によっててめえの嗜好を全否定されることに対して文句言う権利ないからな。
ぼくは、臭いが嫌だとかいう理由で全面喫煙化を主張するやつの全てを、「お前ら禁煙ファシストが嫌いだ」というぼくの嗜好によって否定する。屋内嫌煙も路上嫌煙も認めない。嫌煙室なんか設置する必要はない。お前らに嫌煙する権利などない。受動喫煙で死ね。」(4月4日19:20)

 飽くまでも、自分の嗜好によって他者を全否定する人間を対象とした発言であることが明記されています。受動喫煙防止のための喫煙規制ばかりか、「嫌煙」という嗜好そのものも否定していません。そしてこの文章には、ぼくの発言の原因となっているのが瓜生や福岡のヘイトスピーチであることも盛り込まれています。

 匿名さんによるこの文章の引用は、原因が瓜生たちにあることが明確に示されている部分を隠した上に、ぼくがさも嫌煙家全てを罵っているかのように見えるように原文を改ざんする、極めて悪質な引用です。

 ちなみに、ぼくのこの発言は日時も重要です。この発言によってぼくが、彼らに問題があることをネタでも冗談でもなく理屈で明確に指摘した後も、瓜生と福岡による差別発言が繰り返されたことの証明になります。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月16日 22:39 匿名さん

 つづきです。

> 「禁煙ファシストのにおいはうんこよりひどい。」

 これは、瓜生が繰り返しタバコや喫煙者をうんこ呼ばわりしたことへの返信です。ぼくがこの発言に至る以前の瓜生のうんこ発言を抜粋します。

「きみらの選択肢を無くせ言うてるんでないよ。ウンコはトイレでしろと言うだけのこと。」(4月4日17:26)

「トイレをなくせとは言っとらん。部屋でうんこするなっていってるんや。」(4月4日17:39)

「そうですね。部屋中にウンコや腋臭の臭いを擦り付けられた位なら、ほとんどの人はそんなに気にならないですもんね。タバコだけがそんな風に言われるのは可愛そうです。」(4月4日20:46)

 これを受けて、ぼくのこの発言に至ります。

「禁煙ファシストのにおいはうんこよりひどい。」(4月4日21:14)

 ちなみに、この後も瓜生は執拗にうんこ発言を繰り返します。ぼくと瓜生のやりとりを抜き出してみます。

瓜生 崇「ウンコ臭い方がマシ。」(4月4日23:26)
藤倉 善郎「じゃホテルなんか使わずに公衆便所にでも泊まれ。」(4月5日 9:53)
藤倉 善郎「瓜生がタバコとうんこのどっちが好きだろうがどうでもいいんだよね。そんな自分の嗜好で他人の選択肢を奪えという考えがおかしいって話してんだから。」(4月5日 10:07)
瓜生 崇「部屋をヤニだらけにして不快な臭いを擦り付けて、「嗜好の問題」って開き直るのすごい。それで権利侵害されてるって本気で思ってるんだから救いようがないわ。」(4月5日 10:31)
藤倉 善郎「バカだな。「不快な臭い」って言ってる時点で嗜好の問題じゃん。」(4月5日 10:59)
瓜生 崇「だからウンコはトイレでしろって言ってんのよ。」(4月5日 10:35)
藤倉 善郎「救いなど不要。我々は貴様らを滅ぼして自力救済を実現する。」(4月5日 10:35)
瓜生 崇「部屋にウンコして「オレのウンコは臭くない、嗜好の問題だ、権利侵害するな」って言ってるのと同じ位のバカだなよしろうは。」(4月5日 10:36)
藤倉 善郎「部屋でうんこしたことはないが。」(4月5日 10:37)
瓜生 崇「ごめん。存在自体がウンコだね。」(4月5日 10:39)
藤倉 善郎「黙れクソ坊主。」(4月5日 10:59)
瓜生 崇「うんこ坊主とよんでね」(4月5日 12:21)

 この瓜生の発言は全て、上記にある4月4日19:20のぼくの発言以降になされました。問題を指摘された後のほうがむしろ瓜生の発言が悪質になっていったことが、この流れから明らかです。

> 「ケンカしたいんじゃなくて、お前がすでにケンカ売ってんだよ。わからないのか。クズじゃなくてバカか。」
> 「真性のバカっていうか、もはや社会不適合者じゃねえか。瓜生んとこって、ほんとにロクなの寄ってこないな。> 類友にもほどがある。」
> 「そうやって自分自身も人の態度を云々してるってことには気づかないんだろ? 頭悪い人間って哀しいよな。」
> 「言うなれば、バカという名の野生動物がただ野っ原歩いてるだけなんだもんな。」

 これはいずれも、前述の大桑啓とのやりとりの中でのぼくの発言です。このやりとりの事実関係についてはすでに説明したとおりです。大桑は、僧侶とは思えないほどひどい態度でしたが、発言内容は喫煙だの人権だの以前のレベルなので、大桑について説明することに労力は割きません。ぼくの説明が事実と違うと主張したい人が、根拠を示して主張してください。



 以上のように、匿名さんの引用のしかただと、さもぼくの方から先に、そして一方的に乱暴な言葉をぶつけているように見えます。しかし瓜生たちの発言との前後関係や、ぼくの個々の投稿の全文を読めば、匿名さんが示したものが事実に反していることは明らかです。

 ぼくの言葉は全て一貫して、瓜生たちの発言を受けてのもので、常に瓜生たちが「先手」でぼくが「後手」としてのやりとりでした。匿名さんは、元のやり取りをみているのに、さも藤倉に原因があるかのように事実関係を誤解させる形で引用しているわけですから、これは意図的なデマと言わざるを得ません。

 瓜生を擁護するのもぼくを批判するのも構いませんが、公の場でデマを書いてぼくを貶めるのは名誉毀損ですし反社会的な行いです。そういう方法でしか瓜生崇を擁護できないのであれば、むしろ瓜生崇は擁護するに値しない人間だと主張しているに等しいと思います。

 今後も引き続き、そして時間がたってもことあるごとに、瓜生崇が人権だの何だのを語る資格のない差別主義者のウソつきであることを示し、批判し、注意喚起していきたいと思います。



 瓜生たちとのやりとりのデータは下記のURLからダウンロードできるようにしておきました。htmlファイルだと情報提供者が特定できてしまうので、生データではなく、やり取り部分だけ抜き出したテキストファイルです。自分で作業したわけではないので、欠損があるかどうかまではわかりません。もしあればご指摘ください。生データじゃなきゃ納得できないという人は、瓜生とFacebook友人になるか、瓜生の友人から送ってもらってください。

https://drive.google.com/file/d/0BxQqDQ8VBlGcUzdFMVR3eDI3Rzg/view?usp=sharing

 一連のやり取りの流れをすべて見れば、発端がぼくではなく瓜生たちであること、ぼくがなぜ瓜生たちを罵るのかという理由も繰り返しはっきりと彼らに向けて書いていること、にもかかわらず彼らの暴言がエスカレートしていったこと、瓜生がぼくのFacebookに投稿した主張がデマであることが、全てハッキリわかると思います。

 あと、このファイルを見ると、暴論・暴言を吐いたりバカにした態度でからんできたりする人以外に対しては、ぼくはとくだん汚い言葉遣いもせず異論を述べてるだけで普通に会話していることもわかります。そりゃそうです。単に意見が違うというだけで、バカとかババアとかクズとか言いません。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月18日 23:14 匿名さん

> このやり取りが始まったくらいからスレを
> 見てて(書き込みはしていません)、藤倉
> さんのスレッドに書き込まれた瓜生氏の謝
> 罪も見ました(藤倉さんには悪いですが、
> 誠実だと思いました)。その時も今も件の
> スレッドは閲覧可能なので見ましたけど、
> どうみても嘘はついてないような。

 その瓜生の謝罪の内容がデマであり、瓜生の態度がいかに不誠実かについては、すでに説明してあります。

https://www.facebook.com/yoshiro.fujikura/posts/1359690280744522?pnref=story

 匿名さんの説明だと、ぼくの説明が事実と違うということになるわけですが、何がどう事実と違うのか全く指摘がなされてません。これでは、根拠も理屈もなく、ただ単に気分で瓜生を擁護しぼくを貶めているだけにしか見えません。そうでないなら、是非具体的に指摘してください。

> それより、藤倉さんがスレッドは消えたから自分が
> 先に罵り始めた事はバレないと思って記事を書いた
> のだと、少なくとも僕や僕の周囲の人は思っていま
> す。

 それが、そう思っている人たちの思い込みに過ぎず、実際にはぼくは、元のやり取りが消去されたわけではないことを知っていました。先ほどの説明の繰り返しですが、閲覧不能になった際、その事情を瓜生崇に尋ね、 4月7日 18:19 に瓜生から「投稿は消していませんが私しか見れないように閲覧制限を書けています。」(原文ママ)という回答を得ています。 https://www.facebook.com/uryu.takashi/posts/1474379469300702?comment_id=1476247225780593&reply_comment_id=1477363115669004&notif_t=feed_comment_reply&notif_id=1491554823856924

 具体的なやり取りが公表されることはないという前提でぼくが物を言っているという事実はありません。

> あのやり取りで瓜生氏について差別発言と
> 言うのなら「存在自体がうんこ」くらいだ
> ろうと思いますが、あれは確かに「嫌煙家
> はうんこよりくさい」という藤倉さんの発
> 言の後です。これを差別発言というのはか
> なり無理があると思います。

 元のやり取りを見て書いているのであれば、元のやり取りで確認できる事実関係を歪めないでほしいです。

 ぼくは「嫌煙家はうんこよりくさい」とは書いていません。

「禁煙ファシストのにおいはうんこよりひどい。」(4月4日21:14)

 ぼくは嫌煙家の存在は否定していませんし侮辱もしていません。瓜生たちのように喫煙者の権利や人間性を否定する人間である「禁煙ファシスト」を罵っているだけです。逆に瓜生たちは、「口汚い喫煙者である藤倉」ではなく喫煙者全般を罵っているわけですが。

 匿名さんは、「禁煙ファシストのにおいはうんこよりひどい。」という発言が、瓜生の「ごめん。存在自体がウンコだね。」(4月5日 10:39)という発言の原因であるかのように書いていますが、それは事実と異なります。罵られる原因を作ったのは瓜生です。

 ぼくの「禁煙ファシストのにおいはうんこよりひどい。」という発言は、瓜生の「そうですね。部屋中にウンコや腋臭の臭いを擦り付けられた位なら、ほとんどの人はそんなに気にならないですもんね。タバコだけがそんな風に言われるのは可愛そうです。」(4月4日20:46)への返信です。この瓜生発言は、喫煙者が喫煙室でタバコを吸うことを「部屋中にウンコや腋臭の臭いを擦り付け」るのと同一視するものであり、明らかに喫煙者を侮辱する内容です。

 それから、匿名さんは「差別」について根本的な勘違いをしています。仮に匿名さんが言うとおり、ぼくが先に「うんこ」と言ったのだとしても(実際には瓜生が先ですが)、喫煙者をうんこ呼ばわりする瓜生の発言が差別発言ではなくなるわけではありませんよ。先に汚い言葉で罵ったのがどちらであろうと、内容が差別的である発言は常に差別発言です。

> それから、前のコメントで藤倉さんにどうして
> スレッドが生きていることを教える人がいない
> のかという事を言っていた人がいましたが、私
> に関しては不思議には思ってはいたんですけど、
> 僕が言うことでもないような気もして。申し訳
> ありません。

 いや、別にそこは謝っていただくほどのことでもないと思います。

 ぼくの報告や説明の文章でも、閲覧不能になっているスレッドにリンクを張ってムダだと思ったのでURLを貼ってませんでしたから、元のやり取りを探し出して藤倉に教えてやろうなんてことを、わざわざしない人が多かったとしても当然です。

 また、「投稿は消していませんが私しか見れないように閲覧制限を書けています。」という瓜生の言葉に反して、瓜生以外からも閲覧できるようになっていたとしても、ぼくが問題としている主要な事実に影響がありません。そんなことでわざわざぼくに連絡して面倒くさい話に関わるのはいやだなあ、と思う人がいて当然だと思います。

> どちらかというと、証拠は消されたと思って、
> 自分の発言を隠して人の発言のみあげて、相手
> の言い分を無視してこうして公の場で一方的に
> 批判するという藤倉さんの姿勢にかなりドン引
> きしています…

 いや、むしろそれをやっているのは瓜生なんですが、瓜生にはドン引きしないんでしょうか。

 ぼくが「証拠は消されたと思って」というのは事実に反するということを、すでに提示しました。「相手の言い分を無視してこうして公の場で一方的に批判する」というのも、事実に反します。

 ぼくは瓜生に事情説明を求め、その内容に応じた批判をしています。 https://www.facebook.com/uryu.takashi/posts/1474379469300702?comment_id=1476247225780593&reply_comment_id=1477363115669004&notif_t=feed_comment_reply&notif_id=1491554823856924

 また、ぼくの主張に対して瓜生自身が反論していますし、ぼくはその内容が間違っているという根拠を添えて批判しています。 https://www.facebook.com/yoshiro.fujikura/posts/1359690280744522?pnref=story

 一方的でもないし、ぼくは瓜生の言い分を無視もしていません。

 瓜生に関するぼくのTL上の発言は、すべて全公開にしてあり、一切の閲覧制限をかけていません。ぼくと友人になっていない人であっても、誰でも事実関係を確認することができます。

 どうしてみなさん、これだけ公開情報があることがらについて、ここまで事実に反することを言えるのでしょうか。

 そういう人たちから「藤倉は、自分の発言を示す証拠が公開されないと決め込んで好き勝手言ってる」みたいなことを言われると、もうどこからツッコんだらいいのかわからなくなって途方に暮れてしまいます。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月19日 1:38 匿名さん

> 瓜生氏が藤倉氏にスレッドの閲覧制限を
> かけてるのは、あのスレッドでコメント
> してた他の人に迷惑かけたくないからだ
> ろう。
> やり取りが彼にとって都合のわるいもの
> なら削除するだろうが、少なくともFace
> bookの友達ならあのスレッドは見れるの
> だから。私でさえわかることをなんでわ
> からんのだろうね。

 何度も繰り返しですが、ぼくは閲覧不能になった際、その事情を瓜生崇に尋ね、 4月7日 18:19 に瓜生から「投稿は消していませんが私しか見れないように閲覧制限を書けています。」(原文ママ)という回答を得ています。 https://www.facebook.com/uryu.takashi/posts/1474379469300702?comment_id=1476247225780593&reply_comment_id=1477363115669004&notif_t=feed_comment_reply&notif_id=1491554823856924

 これに基づいて発言しています。もともと削除したとは認識していませんし、瓜生の説明を信じて「第三者が検証できない」と書いています。

 先程書いたことの繰り返しですが、瓜生を擁護しようがぼくを批判しようが根拠あってのことなら構わないですけど、事実に反したことを書くのはやめてもらえますか。


> それにしても自分の暴言は根拠あるという
> 藤倉氏の主張は無理がありますね。根拠ある
> 暴言ならそれも書いたらいいのに。あと、瓜
> 生氏の「デマ」も内容は載せない。デマなら
> ばちゃんと載せたらいいのに、載せられない
> のはデマではないからでしょうな。

 この記事のコメント欄で「申し訳ありません。ぼくの方でも、一連の投稿を保存していません。」(2017年4月12日 12:46)と説明しています。この説明がウソである根拠を示すこともせず、「載せられないのはデマではないからでしょうな」などと決めつけることこそ思い込みであり、それをこうして公の場に投稿すればデマです。

 そして、手元に元のデータがなかったのでできませんでしたが、できるようになったので先程投稿しておきました。

 また、これもすでに書きましたが、自分の乱暴な言葉遣いについてぼくは正当化しないし「根拠がある暴言なら言っていい」とも主張しません。ただ、それによって瓜生の差別発言が差別発言でなくなるわけではないし、事実に反する瓜生の主張が事実に変わるわけでもありません。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月19日 2:01 匿名さん

> 藤倉さん、藤倉さんのウォールにかかれたデマって
> どんなものなんですか。出来ればその原文を見せて
> ほしいです。

> 藤倉さんのウォールを見てみたんですが、見つかり
> ませんでした。まさか証拠隠滅ということはないと
> 思いますから、教えてください。

 はい。これです。

https://www.facebook.com/yoshiro.fujikura/posts/1359690280744522?pnref=story

 一切の閲覧制限をかけていない全公開のスレッドなので、ぼくの友人にならなくても誰でも見ることができます。

 この中に、「知人から教えてもらってこの投稿をみました。」という文章で始まる瓜生のコメント(4月10日 11:22)があります。そのすぐ下にぼくが「瓜生崇のこの投稿に困惑しています。」という文章で始まる返信を投稿しています。

 この瓜生のコメントの内容がデマです。それに対するぼくの返信で、何がどうデマなのか説明してあります。

 ただ、これはぼくが元のやり取りを閲覧できなくなり、まだ手元にそのデータを持っていない時期に書かれたものなので、元のやり取りを正確な文言で引用しながらの主張になっていません。

 今見たら、1カ所、間違いもありました。ぼくの返信の中に

「瓜生崇がたばこをうんこにたとえて「うんこはトイレでしろ」「タバコの臭いはうんこよりひどい」といった趣旨の言葉を執拗に何度も繰り返していたことを受けてのもの」

 という一文がありますが、元のやり取りを確認したところ、ぼくの「禁煙ファシストのにおいはうんこよりひどい」発言の前に瓜生が直接的に「タバコの臭いはうんこよりひどい」という意味を含んだ発言をした形跡はありませんでした。これに該当する瓜生の発言は、「タバコの臭いはうんこよりひどい」ではなく「タバコの臭いはうんこやわきがと同等」とする内容でした。

「そうですね。部屋中にウンコや腋臭の臭いを擦り付けられた位なら、ほとんどの人はそんなに気にならないですもんね。タバコだけがそんな風に言われるのは可愛そうです。」(4月4日20:46)

 後ほど、この点を反映する修正をしておきます。

 あと、先ほどこのコメント欄にも書きましたが、改めて、ぼくと瓜生たちとの元のやり取りの原文のデータはこちらです。

https://drive.google.com/file/d/0BxQqDQ8VBlGcUzdFMVR3eDI3Rzg/view?usp=sharing

匿名 さんのコメント...

見ました。ここに全文引用しましょう。

ーーーーーーー
知人から教えてもらってこの投稿をみました。申し訳なかったな、という思いと、困惑が行ったり来たりしています。
お詫びしたいと思いますが、私にも少し言い分がありますので、聞いて下さい。
まず、「“朝鮮人はホテルなんかに泊まらせずに犬小屋に”“同性愛者の墓には猫の糞を”“障害者はうんこ”」ということについて、こういう言い方をFさんが「喫煙者」に対して言った、と藤倉さんは言いたいのだと思いますが、前の2つについてはFさんとのやり取りの中、「嫌煙者用のみすぼらしい小屋を立てたら良い」「穴をほって嫌煙者を埋めよ」「嫌煙家を生き埋めにして空気穴にタバコを」「嫌煙家は苦しんで死ぬ」という藤倉さんの言葉に対しての発言です。
「障害者はうんこ」については僕自身が「存在自体がうんこ」といったところから来ていると思いますが、これもその前の「禁煙ファシストのにおいはうんこよりひどい」からの藤倉さんの一連の発言からのものです。
正直、このやり取りを一方的に切り取って、喫煙者に対しての差別発言かと言われると、私は困惑してしまいます。私に関して言えばタバコの問題に限らず、藤倉さんとの今までのやり取りというのは、お互いにうんこうんこと言い合うようなものでしたし、突然どうしてこんなに怒っているのかわからないのが正直なところです。
会話というのは相手の言葉や表現を見てそれに合わせてするものだと思います。不愉快なことを言ってしまった事は謝罪しますが、かと言って一方的に差別発言だと言われるとなかなか受け入れられないのです。
また、フェリーに乗っていた際に返事が遅れた事についても随分書いていましたけど、一旦日本海に出てしまったら佐渡ヶ島沖と能登半島沖の限られた区間しか電波は通じません。佐渡ヶ島沖はかなり受信状態が不安定なので大した書き込みはしていませんし、能登半島沖通過中には他の書き込みと合わせて藤倉さんのコメントにも返信しています。
それ以前に、「お前」とか「説明しろ」とか「クズ」と言われて、じゃあすぐに返事しなければ、と言う気持ちにはなりにくいのではないでしょうか。藤倉さんとは罵倒されて服従するという関係ではないと思っていますし、今後もそういう関係は望んでいません。
実はあのスレッドを見た何人かの人から、藤倉さんとは一体どういう人か、という問い合わせがあり、公開範囲を制限してこれ以上拡散しないようにしました。そのことを相談も説明もしなかったのは、したところで聞く耳を持ってくれないのではないかという思いがありました。それは間違いだったかもしれません。
ただ、少し思いましたのは、「寄生獣」のコラを出して、「いじめないでくれ」と書いていたところで、あのスレッドでそういう思いになったのなら申し訳ないと思いました。その気持ちに気付けなかったのは悪かったと思っています。
嫌煙は副流煙の問題を抜きにしても趣味趣向の問題ではありません。そうなら、深夜に爆音を響かせて走る暴走族も「事故さえ起こさなければ、この音が気にならない人もいるのだから趣味趣向の問題だ」となってしまいます。頭のいい藤倉さんが本気でそう主張しているとは私は考えられず、多少冗談の入った主張だと思っていました。
その上で、行き過ぎた嫌煙は改めるべきだとは思っています。これは藤倉さんが私に教えてくれた事で、ほんとうにそう思っています。だから、今回のことで悲しませたのなら謝罪しますし、私なりに反省もしています。
このような形で藤倉さんとの長年の関係が終わってしまうのはとても残念ですが、藤倉さんの今までの仕事やカルト問題への関わりは尊敬していますし、今後もそれは変わりません。藤倉さんさえ許すならばまた一緒に仕事をしたいです。当面は無理そうですが、長い時間の中では人の心も変わることがあるのかもしれないと、望みをかけて待つことにします。
このコメントへの返信は必要ありませんし、もしされてもそこに罵りが入っていたら私は返事はしません。私もしんどいのです。こんなことになってしまって、とても後悔しています。
ーーーーーーー

まあ、これをデマとか名誉毀損というのはかなり厳しいですね。

どこを始点にするかと言われれば、藤倉さんの「裏の駐車場に屋外嫌煙スペースを確保してやる。」から始まっていますからね。これは嫌煙家に対するヘイトだと言われればどう反論するのかと。駐車場より小屋のほうがまだいいですから。

「タバコの臭いはうんこや腋臭と同等」(という趣旨には見えませんが)を、喫煙者に対するヘイトと言うのも厳しいですね。タバコの臭いを言っているので、喫煙者に対する差別でもない。「クサヤは臭い」といったらクサヤを食べてる人に対するヘイトなんでしょうか。事実ですし、迷惑にならないところで食べたら良いという話ですが。

さて、「タバコの臭いはうんこや腋臭と同等」が先にあると主張するなら、さらにその前に「お前らに嫌煙する権利などない。受動喫煙で死ね。」という藤倉さんの発言があるんですよね。これはヘイトではないのかと。

こういうのを「一連の発言」と言っているのではないかと。これって、誰が見ても藤倉さんに分が悪いと思います。

というわけで、とてもこれはデマとは言えないでしょうし、当然障害者や朝鮮人と一緒にできるものでもありません。私もこれのやり取りを見ていましたが、どこがデマなんだと思っていました。というか、藤倉さん、これ公開するってかなりやばいですよ。冷静に自分のことを見つめてみたほうが良いと思います。

それより、証拠隠滅という話はどうなったんでしょう。実際には何も消えてなかったわけですが。自分が閲覧制限されたことは「証拠隠滅」とは言わないでしょう。

匿名 さんのコメント...

> 何度も繰り返しですが、ぼくは閲覧不能になった際、その事情を瓜生崇に尋ね、 4月7日 18:19 に瓜生から「投稿は消していませんが私しか見れないように閲覧制限を書けています。」(原文ママ)という回答を得ています。 >https://www.facebook.com/uryu.takashi/posts/1474379469300702?comment_id=1476247225780593&reply_comment_id=1477363115669004&notif_t=feed_comment_reply&notif_id=1491554823856924
> これに基づいて発言しています。もともと削除したとは認識していませんし、瓜生の説明を信じて「第三者が検証できない」と書いています。
> 先程書いたことの繰り返しですが、瓜生を擁護しようがぼくを批判しようが根拠あってのことなら構わないですけど、事実に反したことを書くのはやめてもらえますか。

事実に反したこと?
藤倉氏、証拠隠滅と書いてるぞ。

【証拠隠滅】事実・真実を明らかにするよりどころとなる物事をなくすこと。▽「隠滅」はあとかたもなく隠したり、消したりすること。

削除したと認識してないなら、証拠隠滅とはこれ如何に。一応ライターなんでしょ。意味分からないで書いたの?

あのスレがいつどのように公開制限されていたかわからん。でも、やや日に記事が上がっていたときには少なくとも見ることは出来た。確認しなかったのかな?藤倉氏が見れないなら、誰か他の人に頼んでも良かったと思うけど。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月19日 10:02 匿名さん

> どこを始点にするかと言われれば、藤倉さんの
> 「裏の駐車場に屋外嫌煙スペースを確保してや
> る。」から始まっていますからね。これは嫌煙
> 家に対するヘイトだと言われればどう反論する
> のかと。駐車場より小屋のほうがまだいいです
> から。

 あの~、元のやり取りを見ていながら、なぜそういうデマを書けるのでしょうか。

瓜生 崇「最近たばこ吸わない人がふえたのか、喫煙室だけ空いてて禁煙室が一杯の事がよくあります。外で吸えやボケ。」(4月4日 17:19)

藤倉 善郎「それはホテルの部屋の配分の問題であり喫煙者の責任ではない。喫煙者の選択肢を皆無にすることがお前らの正義なのであれば、我々は貴様らの選択肢を皆無にすることを目指す戦いによってしか生き残ることができない。ならば全面喫煙化を主張する。ただし裏の駐車場に屋外嫌煙スペースを確保してやる。」(4月4日 17:25)

 ぼくの「裏の駐車場に屋外嫌煙スペースを確保してやる。」から始まってないじゃないですか。その前にまず瓜生が、禁煙室でもタバコを吸うなという趣旨の権利否定発言と「外で吸えやボケ」という言葉を書いてますよ。

 それにぼくの「裏の駐車場に屋外嫌煙スペース」の発言だって、「喫煙者の選択肢を皆無にすることがお前らの正義なのであれば」という条件付きの発言です。喫煙者に不当な要求をする瓜生に対して、同じ構造の不当な要求を返して見せているだけです。嫌煙家全般についてもタバコを嫌うという嗜好についても何ら否定していませんから、「嫌煙家に対するヘイト」ではありません。


> 「タバコの臭いはうんこや腋臭と同等」(という趣旨には
> 見えませんが)を、喫煙者に対するヘイトと言うのも厳し
> いですね。タバコの臭いを言っているので、喫煙者に対す
> る差別でもない。「クサヤは臭い」といったらクサヤを食
> べてる人に対するヘイトなんでしょうか。事実ですし、迷
> 惑にならないところで食べたら良いという話ですが。

 「部屋中にウンコや腋臭の臭いを擦り付けられた位なら、ほとんどの人はそんなに気にならないですもんね。タバコだけがそんな風に言われるのは可愛そうです」という瓜生の発言を、「タバコの臭いはうんこや腋臭と同等」としていないと読める理由が書かれていません。ぜひ解説をお願いします。

 瓜生はタバコが臭いということ「だけ」を言っているのではありません。だからホテルを全面禁煙にしろと言い、うんこと同等の扱いをすべき臭いだと主張しています。
 「クサヤは臭い」はヘイトではありませんが、クサヤを食っている人に「クサヤを禁止しろ」「うんこはトイレで食え」「クサヤを食うやつは部屋中にうんこや腋臭を擦り付けるのと同じ」というならヘイトでしょう。瓜生がやっているのはそういうことです。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月19日 10:25 匿名さん

> 事実に反したこと?
> 藤倉氏、証拠隠滅と書いてるぞ。

 書いていますよ。瓜生に対して事実確認をした結果、消去していない可能性が残っていたので、消去とい言葉を避けて「証拠隠滅」という言葉を使いました。

> 【証拠隠滅】事実・真実を明らかにするより
> どころとなる物事をなくすこと。▽「隠滅」
> はあとかたもなく隠したり、消したりすること。

 出典もない引用が何の根拠になるのかというツッコミもありますが、それは置いといて、この説明のとおりです。「あとかたもなく隠したり、消したりすること」です。隠す行為も「証拠隠滅」に含まれます。

> 削除したと認識してないなら、証拠隠滅と
> はこれ如何に。一応ライターなんでしょ。
> 意味分からないで書いたの?

 おっしゃる通りライターですので、上記のように正しい言葉選びをしました。
 ご自身で辞書らしきものの文章を引用しておきながら、そこに書いてあることがわからないんでしょうか。引用された、辞書らしきものの文章は、職業と関係なく誰でも理解できる平易な文章に見えますが。

> あのスレがいつどのように公開制限され
> ていたかわからん。でも、やや日に記事
> が上がっていたときには少なくとも見る
> ことは出来た。確認しなかったのかな?
> 藤倉氏が見れないなら、誰か他の人に頼
> んでも良かったと思うけど。

 ええ。確認していません。瓜生本人に対する確認は済ませていましたから、それに準じて記事にしました。

 「投稿は消していませんが私しか見れないように閲覧制限を書けています。」という瓜生の説明がウソだったのか、瓜生がこう答えた後にさらにまた設定を変えたのかは、ぼくにはわかりません。仮に設定を変えたのだとしても、瓜生の問題性の主要部分ではないわけですから、ぼくが他人を使ってまでリアルタイムで確認し続けなければならないほどの義務はありません。

 それは、閲覧制限をめぐる事実関係の誤差が、瓜生が被る損害に重大な変化を与える要素ではないからでもあります。

 ぼくが指摘している瓜生の問題の主要部分は閲覧制限をめぐる事実関係ではなく、差別発言とデマです。このぼくの指摘は、瓜生から見れば、瓜生の名誉を傷つける事実です。閲覧制限をめぐる事実関係に時間差による誤差が生じたとしても、そのことによって主要な事実が変わることはありません。

 そして瓜生はいつでも公に反論できるし、ここでいまみなさんが、自分は閲覧できたということを述べています。記事のコメント欄において、事実関係をめぐる情報はアップデートされているわけですから、それで十分です。

 また、瓜生によるデマは、全体公開されているぼくのTL内のコメントとして投稿されていますが、元のやり取りが行われた投稿は、設定の詳細は不明ながら、ここでの皆さんのコメントから、閲覧できていない人もいることがわかります。であれば、やはり第三者が検証可能な状態とは言えません。また、ぼく自身も閲覧できない状態にあります。

 このことから、上の記事にある「他者による検証をできなくした上で」の部分はいまなお事実です。

匿名 さんのコメント...

なんだかすごいことになってますね。

1通り読んでみましたが、藤倉さん、ちょっとおかしいのでは?

藤倉さんはこのカルト新聞の記事本文にこう書いていますよ。

"すでに瓜生は一連のやり取りがあったFacebook投稿を削除し(本人は、削除していない、自分にしか見えないように閲覧制限をしただけと主張中)、証拠を隠滅しています。"

瓜生氏の閲覧制限という言葉を載せてはいますが、
カッコつきであり、あくまで主張とし、
藤倉さん自身の言葉で、
「投稿を削除し」「証拠を隠滅しています」
と書いていますよ。

藤倉さんは「瓜生の説明を信じて」「もともと削除したとは認識していません」と言いますが、
そうであれば「投稿を削除し」と書くのはおかしいですね。

匿名 さんのコメント...

元のFacebookのやり取りからこのカルト新聞の記事までの一連の流れ全てを読み、正直に申し上げて藤倉さんという人間にドン引きしました。

おそらく、多くの人がそう感じておられるのでは。

そのように、これまでも、これからも敵を増やして行くのでしょうね。

まあ、脱カルト協会への除名請求、どうぞなされたら良いのではないですか。

匿名 さんのコメント...

ドン引きされる人もいるようですが、そうじゃない人もいますけどね。
あのやりとりはある意味どっちもどっちで、組織内の内ゲバでしょう。
対外的にどうかと言われれば、やや日刊カルトがカルト宗教に対して正当な対応をしてくれればいいだけです。
今回の件は藤倉さんは内ゲバに対して対外的に説明してくれただけでしょう。
外部がどう思うかは、今後の内容で測られるべきではないでしょうか。

匿名 さんのコメント...

分からない人は分からないで構わないと思いますが、その内ゲバの経緯と藤倉の説明があまりにひどいから、これだけの意見が出てるんですね。

カルト側は内ゲバざまぁwと思ってるでしょう。

私は今後はエイトさんに期待しますよ。

藤倉さんについてはしばらく大人しくしてもらいたいですね。

匿名 さんのコメント...

やり取りを見ると、始めの方で、禁煙にしろとも何とも言っていない女性に対して、いきなり藤倉さんがファシストと決めつけファシスト呼ばわりしてますね。

小屋だの墓だのも、お互いに言い合っていたもので、しかも、ただの冗談の言い合いにしか見えないようなものを、藤倉さんの説明では藤倉さんが一方的に言われたように書いてるのも、非常にアンフェアですね。

こういう人が書く記事となれば、当然、記事の信憑性も大きく疑われますよ。カルト側は大喜びでしょう。

まあ、路上で牛丼食べたり、上祐にプレゼントあげたりサインもらったり、そのあたりがお似合いなのかと。

匿名 さんのコメント...

関係者?

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月19日 19:34 匿名さん

確かにそうですね。「瓜生の説明を信じて」ではなく「いちおう瓜生の言い分も尊重して載せておきました」くらいの感じですね。

申し訳ありません、言い過ぎました。引用された部分だけを見て、自分が書いた記事の文章を再確認していませんでした。恥ずかしいです。

「瓜生の説明を信じて」に該当する部分の主張は撤回します。



2017年4月19日 19:43 匿名さん

> 元のFacebookのやり取りからこのカルト新聞の記事までの
> 一連の流れ全てを読み、正直に申し上げて藤倉さんという
> 人間にドン引きしました。

ぼくが根拠を示しながら説明しているにも関わらず、説明を理解せずにただドン引きするしかできない人は、ぼくにはもう手の施しようがありません。

> おそらく、多くの人がそう感じておられるのでは。

 すごいですね。ぼくにはテレパシーがないので、多くの人がどう思っているのかはわかりません。


> そのように、これまでも、これからも敵を
> 増やして行くのでしょうね。

 ぼくは差別が嫌いなので、有害な人間は差別なく批判します。有害な人間と馴れ合って仲間ヅラするくらいなら、敵が増えるほうが圧倒的にマシですね。



2017年4月19日 23:13 匿名さん

> あのやりとりはある意味どっちもどっちで、
> 組織内の内ゲバでしょう。

 当事者として同意はしませんが、第三者から見たらそのくらいがいちばんバランスの取れた見方かもしれません。



2017年4月20日 7:02 匿名さん

> 分からない人は分からないで構わないと
> 思いますが、その内ゲバの経緯と藤倉の
> 説明があまりにひどいから、これだけの
> 意見が出てるんですね。

 その「藤倉の説明があまりにひどい」として元のやり取りを引用した人々の主張は全て、事実を歪めて引用して藤倉を貶めようとするものばかりでしたね。そういうものは「意見」ではなく、単なる「デマ」「誹謗中傷」です。

> カルト側は内ゲバざまぁwと思ってるでしょう。

 ついでにカルトのみなさんには、「藤倉は人権原理主義者であり、藤倉によるカルト批判は信仰の自由等の人権を否定するものではなく、飽くまでも問題ある行為への批判である」という点にも目を向けて喜んでくれるといいなあと思います。

> 藤倉さんについてはしばらく大人しくしても
> らいたいですね。

 いえ。今回の件で、日本社会の差別の構造が思っていた以上に深刻であることを痛感したので、今後はやや日刊カルト新聞とは関係のないところでこの問題に取り組んで騒いでいきたいとすら思っています。

 報道では飲酒規制の動きも伝えられています。ぼくは酒は飲みませんが、喫煙者に対してこのような深刻な差別がまかり通る社会で飲酒が規制されたら、酒飲みにも深刻な差別が向けられていくことになるのではないかと不安になります。状況によっては酒飲みの人権についても語っていかなければならない社会になっていくのではないかと思っています。

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月20日 7:16 匿名さん

> やり取りを見ると、始めの方で、禁煙にしろとも
> 何とも言っていない女性に対して、いきなり藤倉
> さんがファシストと決めつけファシスト呼ばわり
> してますね。

 これも事実と異なります。会話が別のツリーと同時進行しているので見落としにくかったかもしれませんが、ぼくが福岡に対して「ファシスト」と言う前に、福岡はこういう発言をしているんです。

福岡 伴子「私の鼻、犬みたいなんですよ、出来れば建物を出て、ホテルの横に喫煙者用の小屋を建てて欲しい。よろしくお願いします。(誰に言ってるんか知らんけど。)」(4月4日 18:09)

 ホテル脇に小屋を建てて喫煙者をそこに泊まらせろと言っているわけです。瓜生の当初の発言は、客室全面禁煙、タバコはロビーで、というものでしたが、福岡の発言はそれ以上の要求です。ですから、別のツリーでこういう会話になりました。

福岡 伴子「私だってファシストでは無いです。、、、てか、その境界がわからないよ。」(4月4日 19:21)

藤倉 善郎「自覚のないファシストがいちばん始末に負えない。自分の思想や嗜好によって他人への不合理な強制や差別を主張しておきながらファシストじゃないとか言われても。」(4月4日 19:25)

 何度も根拠を挙げて説明している通り、常に一貫して瓜生と福岡が「先手」として差別発言をしており、ぼくが福岡に対して「ファシスト」という言葉を使った経緯も同様です。

> 小屋だの墓だのも、お互いに言い合っていたもので、

 お互いに言い合っていたとしても、最初に言い出したのが福岡であること、その問題点を真面目に指摘されてもなお差別発言を繰り返したことに変わりはありません。

> ただの冗談の言い合いにしか見えないよう
> なものを

 途中までであれば冗談と捉えても仕方ないのかもしれませんが、ぼくはことあるごとに、彼らの何が問題なのかを具体的に指摘していました。

 指摘された段階で彼らが「調子に乗った、すまん」とでも言って黙れば、「冗談の言い合い」ということで終わることができたでしょう。でも彼らはそうはしませんでした。ぼくが彼らの問題を指摘した発言は、概ねこんな感じです。長いのは省略します。

藤倉 善郎「それはホテルの部屋の配分の問題であり喫煙者の責任ではない。喫煙者の選択肢を皆無にすることがお前らの正義なのであれば、我々は貴様らの選択肢を皆無にすることを目指す戦いによってしか生き残ることができない。ならば全面喫煙化を主張する。ただし裏の駐車場に屋外嫌煙スペースを確保してやる。」(4月4日 17:25)

藤倉 善郎「自覚のないファシストがいちばん始末に負えない。自分の思想や嗜好によって他人への不合理な強制や差別を主張しておきながらファシストじゃないとか言われても。」(4月4日 19:25)

藤倉 善郎 「つもり」はどうでもいいです。実際にそういう内容の発言をしたわけですから。」(4月4日 19:31)

藤倉 善郎「態度がふざけているだけで内容は本気です。私は、革命的マルボロ主義派(革マル派)という、喫煙者解放運動セクトの創設者です。」(4月4日 19:48)

藤倉 善郎「ほんとみんな基本的なことがわかってないよね。受動喫煙問題ならともかく、臭いが嫌だとかいうてめえの嗜好で他人の嗜好を全否定するようなやつは、他人の嗜好によっててめえの嗜好を全否定されることに対して文句言う権利ないからな。(以下略)」(4月4日 19:20)

藤倉 善郎「喫煙者用の「小屋」なんて話は、受動喫煙防止の範囲を超えた明らかな差別と憎悪ですよ。だからぼくは、お前らみたいなやつは生き埋めだと言ってるわけです。受動喫煙の問題を主張したいのであれば、こうした暴言を撤回して謝罪しないと辻褄合わないですね。」(4月4日 19:29)

藤倉 善郎「賛同してくれなくてもいいので、洒落にならない差別的状況にあるという現実だけは本気で知ってほしいです。」(4月4日 19:57)

藤倉 善郎「瓜生がタバコとうんこのどっちが好きだろうがどうでもいいんだよね。そんな自分の嗜好で他人の選択肢を奪えという考えがおかしいって話してんだから。」(4月5日 10:07)

 この間、福岡はぼくに謝罪しています。

福岡 伴子「本気モードとは知らずでした。ごめんなさい。」(4月4日 19:44)

 しかし、彼らの発言が差別であることを説明する上記のぼくの発言の最後の長文(4月5日 12:55)の後にも、福岡はまた侮辱的な発言をします。

福岡 伴子「わかりました。皆さんきっとカートンでお供え持って来られるでしょうから。私はお墓の前で得意のダンスを踊らせてもらいますね?」(4月5日 14:03)

 これが、ぼくの「無自覚差別主義ババア」という言葉につながりました。

 そして瓜生は、ぼくがこれだけ問題を指摘しているのを見ているばかりか、ぼくが福岡に対して本気であることを伝え、言葉ヅラだけのものとは言え謝罪させているのも見ています。にも関わらず、問題を指摘する上記のぼくの発言以降も、うんこだなんだという言葉を連呼し続けました。

瓜生 崇「ごめん。存在自体がウンコだね。」(4月5日 10:39)

 この発言も、上記に引用したぼくの 4月4日17:25~19:57投稿以降になされたものです。福岡の謝罪の後でもあります。

 このように、最初のうち彼らが冗談のつもりであったとしても、こちらが単なる冗談として処理していないことは繰り返し明示されています。それでもなお繰り返した以上は、もはや「冗談でした」で説明することはできません。仮に「最後まで冗談だったのだ」と言いはったとしても、それは「ヘイトスピーチ」か「冗談の形をとったヘイトスピーチ」かの違いでしかありません。

 「冗談」は、ヘイトスピーチをヘイトスピーチではないものに変える免罪符ではありません。

> 藤倉さんの説明では藤倉さんが一方的に
> 言われたように書いてるのも、非常にア
> ンフェアですね。

 元のやり取りを閲覧できず具体的な会話を引用できないのだから、ぼくが問題とする瓜生の発言を中心に紹介するのは当然です。そして、それによって重要な事実関係が変わるわけではありませんし、こういう状況を招いたのは閲覧制限をした瓜生自身ですから、ぼくが生み出したアンフェアではありません。瓜生の自業自得です。

> こういう人が書く記事となれば、当然、
> 記事の信憑性も大きく疑われますよ。
> カルト側は大喜びでしょう。

 上記のように根拠を示して提示された事実関係を度外視して藤倉の記事の信憑性を疑うのは、極めて深刻なリテラシー欠如です。今後、これまで以上に読者のリテラシー向上を意識した記事作りに励んでいきたいと思います。

 ちなみに、カルト側を最も喜ばせるであろう要素は、「やや日刊カルト新聞の内ゲバ」でも「藤倉を非難している人間がいる」ことでもありません。瓜生が「日本脱カルト協会の理事として“人権問題であるカルト問題”に取り組む人間が、実は人権のことなんか何もわかってなかった」ことを示してしまった点です。

 藤倉ややや日刊カルト新聞などというちっぽけな存在の話よりも、日本脱カルト協会という大きな団体の理事が実は人権理解せずヘイトスピーチをしているという事実のほうが、カルト批判を批判するカルトにとっては重要でしょう。だからこそぼくは、瓜生をやや日刊カルト新聞からだけではなく、カルト問題へのあらゆる取り組みから排除すべきだと考えています。ただ、ぼくはとくだんの権威・権力がないので、強権発動できるのは「やや日刊カルト新聞からの永久追放」くらいですが。

> まあ、路上で牛丼食べたり、上祐にプレゼントあげたり
> サインもらったり、そのあたりがお似合いなのかと。

 はい。ぼく自身、とても気に入っているパフォーマンスです。そしてこの点は、ぼくが瓜生崇を永久追放にした理由にも深く関わってきます。

 たとえば路上で牛丼を食べた「暴飲暴食デモ」においては、「飽くまでも、文春に抗議して断食する統一教会信者を気遣うデモであって、彼らに対して憎悪を向けたり罵ったり妨害したりしてはならない」ということを、事前に参加者に伝え徹底しました。これは、「統一教会が抗議活動を行う自由自体は否定しない」「憎悪や排斥ではない批判精神に基づくおちょくりである」という、我々の基本理念に基づいたものです。やや日刊カルト新聞のふざけた活動は、こうした真面目な人権観によって成り立っています。

 しかし瓜生のように、問題を指摘されてもなお執拗にヘイトスピーチを繰り返すほど人権観が欠落した差別主義者には、この理念の実践どころか理解すらできないでしょう。また今後も他者への人権侵害を行うことが容易に予想できますから、そうと知りながら記者として活動さえ続けることは、差別への加担になってしまいます。

 瓜生の永久追放は、「真面目な人権観に基づいてふざける」メディアとしての責任を果たし、その理念の一貫性を行動で示すものでもあります。今後も、誰に対しても恥じることなく堂々と「路上で牛丼食べたり、上祐にプレゼントあげたりサインもらったり、そのあたりがお似合い」なメディアとして頑張っていきたいと思います。

匿名 さんのコメント...

すごい。

まさに、あー言えばなんとかですね。。。

匿名 さんのコメント...

私も喫煙者ですし、藤倉の差別に対する義憤、それは理解できますよ。

でも、藤倉さん、

>元のやり取りを閲覧できず具体的な会話を引用できないのだから、ぼくが問題とする瓜生の発言を中心に紹介するのは当然です。

そうであるならば、藤倉さんは、随分とご自身に都合の良い記憶だけをお持ちになっているということですね。

そのような人間の信用ってどうなんでしょうね。

このコメント欄での貴方の長文を読むにつけ、改めてそう思わざるを得ません。

ただひとつ言えることは、屁理屈や言い訳に関しては、貴方は上祐に劣らないでしょう。

これまで応援してきたつもりでしたが、完全に私の間違いでした。

匿名 さんのコメント...

投稿を削除云々についても、藤倉氏は自身に都合よく記憶をすり替えて、書いてるしなあ。

匿名 さんのコメント...

下らない事で言い合いしているだけ。
藤倉タバコと縁を切ってごらん、
タバコに対する君の価値観が変わるよ。
そう、カルトのマインドコントロールとまるで同じだという事に気が付くだろう。

匿名 さんのコメント...

藤倉総裁。 頑張ってください。これからもやや日の記事楽しみにしています。

匿名 さんのコメント...

藤倉さんの活動に期待しています。マインドコントールが解けた人がたくさんいます。今後の活動がんばってください。

匿名 さんのコメント...

コントロールでした。すみません。

匿名 さんのコメント...

瓜生乙!

匿名 さんのコメント...

では藤倉、喫煙のマインドコントロール解いてごらんよ。
お前にそのマインドがあればの話だが。

匿名 さんのコメント...

イミフ

藤倉善郎 さんのコメント...

2017年4月20日 22:30 匿名さん
2017年4月20日 22:49 匿名さん

 元のやり取りを引用して、ぼくに原因があるかのように主張する人たちの主張が全てデマであることを、ぼくは具体的に証拠をあげて示しました。
 それを「まさに、あー言えばなんとかですね」「屁理屈や言い訳に関しては、貴方は上祐に劣らない」などと言うのであれば、そう言える根拠をしっかり示してください。

 さんざんデマを書き連ねた人は、それがデマだと証明された途端だんまりですか。瓜生崇は、差別主義者であることに加えて、過ちを認め改めることができないという問題も抱えていますが、結局、取り巻きもそういう人たちなんですかね。

2017年4月22日 7:36 匿名さん

> 藤倉タバコと縁を切ってごらん、
> タバコに対する君の価値観が変わるよ。
> そう、カルトのマインドコントロールと
> まるで同じだという事に気が付くだろう。

 いやです。絶対にやめません。
 仮にタバコをやめたとしても、人権に対するぼくの考え方は変わらないし、瓜生崇がウソつきの差別主義者であることにも変わりません。ぼくがタバコをやめるかどうかなんて、そもそもここでの話題に全く関係ない話です。

2017年4月22日 20:52 匿名さん

 ありがとうございます。直接的にマインド・コントロールを解く力はありませんが、事実に基づいて自分の頭で考えるということの大切さを伝えていきたいと思います。

2017年4月23日 0:40 匿名さん

 ゲラゲラ。

2017年4月23日 7:18 匿名さん

> では藤倉、喫煙のマインドコントロール解いてごらんよ。
> お前にそのマインドがあればの話だが。

 さっきも喫煙のマインド・コントロールがどうこうと書いている人がいましたね。こういう物言いを見ていると、よりいっそう瓜生崇の問題がよくわかる気がしました。

 喫煙者をマインド・コントロールされた人間と捉えるなら、瓜生のやったことというのは、「カルト信者はホテルに泊めるな」「カルト信者は存在自体うんこ」と言うのと同じことですよね。「マインド・コントロールされてる人」って、人権を否定されていい存在なんですかね。そんなことして、マインド・コントロールが解けますかね。

 マインド・コントロールは、人権侵害の手段であったり、それ自体が人権侵害であるから問題視されているんです。「マインド・コントロールを解く」ということは、マインド・コントロールされている人の人権を回復することです。なのに人権を否定して罵ったりしたら本末転倒です。

 喫煙者を「マインド・コントロールされた人」と捉えるなら、なおのこと、瓜生崇のように喫煙者の権利を否定して罵る行為は、カルト問題に取り組む人間がいちばんやってはならない愚かな行為です。

匿名 さんのコメント...

その人権侵害の被害者たちをゲラゲラ笑ってるのがこの新聞なのですが。
どの口が言ってるんですかね。。。

匿名 さんのコメント...

藤倉さんに「どん引き」と言ったものです。Facebook某所で、ちゃんと藤倉さんに自分の考えていることを伝えなきゃダメだと言われて来ました。直接言えば良いのですけどそんな勇気もなく(藤倉さんを激怒させて、こんな風にやや日で晒されるのは嫌だという思いがあり)、こんな形ですみません。

どうして「どん引き」したのかということです。ちょっと他の人の意見も混ざっているのですけど、つまりはなんだかもやもやと色んな人の間でこの事が話題になってるという前提で、聞いて下さい。ちなみに私も喫煙者なので、瓜生氏のコメントは正直受け入れられませんが、それとこれとは別の話です。

僕はFacebookでの藤倉さんと瓜生氏のやり取りから見ていたものです。ですから、最初にこの「やや日」に記事がアップされた時に、単純に藤倉さんは卑怯だと思いました。それは自分の暴言や罵りをまるで書かないで、そのことを「証拠隠滅」という言葉で瓜生氏に責任転嫁しつつ、相手の非だけを上げ、しかもそれを記事で公開したからです。

実際のところはFacebookのやり取りは全く「証拠隠滅」されてなかったので(自分のみに閲覧限定したという瓜生氏の発言を藤倉さんは問題にしていましたが、その後も瓜生氏は「やり取りは消していません」と明言しているので、証拠隠滅とするにはかなり厳しいです)、結局は藤倉さんは瓜生氏が消したか事情で公開できない事を良いことに、自分の暴言が表に出ることはないと思ってやったのだと、僕だけでなく多くの人が思っていました。

そして、瓜生氏が自分に有利ならどうしてFacebookのやり取りを公開しないのかという藤倉さんのコメントでの発言は嫌な思いをしました。この状況の中で瓜生氏があのやり取りを公開して反論するはずがないからです。あのFacebookのやり取りに加わっていた他の人がネットで晒されるようなことをするはずがないし、友人限定のウォールでのやり取りという前提の上での発言をオープンにするはずがありません。さらにJSCPRの理事という立場上争いも避けるでしょう。

最初は藤倉さんは「相手は反論も公開もしない」という読みで一方的に自分の暴言を隠して非難しているのかと思ってどん引きしていましたが、その後藤倉さんがやりとりを表に出すにあたって、おそらく全くコメント者の許可も取らないでやったことを、ライターとしてのモラルに完全にかけていると思ってさらにどん引きしています。

次に、瓜生氏の発言をデマだと言ったところです。あれをデマだとか名誉毀損だとか言うのはかなり厳しいし、藤倉さんは瓜生氏の「デマ」という発言を書きませんでした。Facebookで見れるようにしていますと言っていましたけど、記事を見た一般の人が藤倉さんのウォールのその発言まで辿って来ることなどまずありえず、隠しているのだなと思いました。

その瓜生氏の「デマ」という発言、このコメント欄にあったので読みましたけど、どこがデマなんだという話です。その通りじゃないかと思いました。「こういうやり取りが前提としてありました」という指摘を、「お前はその前にこういったじゃないか」というのが藤倉さんの「デマ」たる根拠のようですが、他の人も指摘しているように、「先に言ったのはどちらか」を問題にすれば藤倉さんに行き着きます。

「嫌煙家は駐車場にでもいきなさい」
「喫煙者は小屋で吸って下さい」
「小屋だと!差別だ!ヘイトだ!!」

「嫌煙家は死ね」
「喫煙者はうんこ」
「うんこだと!差別だ!ヘイトだ!!」

こんなの、本気で見て誰も相手にしません。これらのやり取りを発言者に無断でオープンにして、それでも「差別だ、ヘイトだ」というなら、藤倉さんは正直おかしいです。他にも自分の暴言や罵りを正当化するようなことも言っていましたけど、それは通用しないと思いました。藤倉さんの言葉のほうがずっとキツくて、人を貶める言葉だからです。

でも一番の理由は、「やや日刊カルト新聞」というニュースメディアを、殆ど私刑のために使ったこと、差別やヘイトという重大な意味合いを持つ言葉でその行為を正当化し、人を晒し貶めたことです。私だけでなくて某所でもこの点で一様にみんな藤倉さんを残念に思っていました。

僕は喫煙者ですから、おそらく、今の喫煙者への風当たりみたいなものの悲しさは藤倉さん以上にわかるつもりです。さらに勤め人ですからね。去年まで非常階段に置いてあった灰皿も撤去されました。

ただ、この記事の一件で、喫煙者はやっぱり狂ってるとか依存症の末路だとか、そんな風に言う人が結構出てきて、さらに悲しいです。僕はもちろんその言葉に共感はできませんが、確かに藤倉さんのやったことは無茶苦茶ですし、どうしてこんなことに、という思いはあります。

あれから、ゆるゆると周囲でこの事が話題になって、その話ももう終わった感がありますので、勧められて自分の思う所をまとめて書いてみました。だいぶ先になりそうですが、お会いした時には少し勇気が出せればこのことを話してみようと思っています。

匿名 さんのコメント...

匿名さんに同意ですわ。

すろ さんのコメント...

「喫煙室の臭いが不快なのでホテルを全室禁煙にしろ」←確かに臭い。禁煙ルームに宿泊してます。

「うんこはトイレでしろ」←その通りですよ。

「(藤倉は)救いようがない」←藤倉さんは自力救済を目指されているわけでしょうから問題ないですね

「(藤倉あるいは喫煙者は)存在そのものがうんこ」←仏教では「人間は糞袋だ」と達観する境地があると聞きます。

すろ さんのコメント...

私もかつては日に50本吸ってました。今はやめて20年になりますが、
最近の喫煙者への迫害は、常軌を逸していると思います。
また煙草への課税も凶悪な高額になっています。
吸っているころは、絶対にやめるものか、最後の1人になってやると
思っていましたが、ある時病院についた途端緊急手術をされてしまい
集中治療室に監禁され、タバコを取り上げられたこと契機にやめてし
いました。藤倉さんには是非、健康の許す限り頑張って頂きたいと
考えます。応援しています。

さて当該の問題の是非ですが、喫煙者の人権を侵害するなど
到底許すことができない行為です。
私は花粉症ですが、花粉よりも馬糞、馬糞よりも香水に鼻水が
じゅるじゅるとなり、私の健康的な市民生活を著しく侵害されます。
確かに喫煙者の喫煙後の臭いは、臭くて嫌なものですが、5分もすれば
嗅覚が麻痺して臭さを認識しません。香水の悪魔的な健康被害に
比べれば許容範囲です。
しかし私も誰もが香水はウンコだとは中傷しません。
また香水をつけている女性や男性の人格を否定するようなことも
言いません。
私は酒も飲みませんが、いや飲めません(飲酒後2時間後にくらくらし
涙が出て、はあはあぜいぜいとなります) しかしつきあいはあり
酒席には呼ばれます。昨夜も飲み会でした。私はウーロン茶で
過ごすのですが、酔っ払いの息はアルコール臭いです。
耐えがたいし、匂いだけでも酔った気分になるのですが、我慢し
ニコニコしています。決して酔っ払いをウンコだと否定したりしません。
タバコも香水もアルコールも嗜好品という点では同じではない
でしょうか。人はそれぞれ嗜好を持ち、知らず知らず互いに迷惑をかけながら
生きているわです。

敬愛する藤倉さんに在られましては、是非広い心で
未熟な相手を赦してあげるとよいと思います。
藤倉さんも別な何かで相手に迷惑をかけているやもです。

どっちもどっち さんのコメント...

ののしりあいのレベルの低さはどっちもどっちだと思うのですが、
一番初めにバカと発言したのが藤倉さんであれば、殺すと発言したのも
藤倉さんが最初です。
なのになぜ藤倉さんがそんなに「人権!人権!」と怒ってるの?

すろ さんのコメント...

一つ私が思いますのは藤倉さんが絶対的に正しく、相手から先に中傷してきたとして、
藤倉さんも仕返しに中傷し返したとしたならば、ある意味お互い様ではないかと思います。
仮に藤倉さんが相手の中傷に一方的に耐えて論理的な反論と事実の指摘のみに終始していならば
藤倉さんの主張に説得力があるかもですが、藤倉さんも相手を罵倒したわけですしね

どっちもどっちという感想を、このサイトをたまに読む一読者として支持します。

太宰 さんのコメント...

藤倉、喫煙のマインドコントロール解いてタバコを止めないようだね。
残念だよ。
タバコを止めたら、今の主張は180度変わるだろう。
なぜなら、タバコ嫌いになる人がほとんどだから。
タバコの匂いそのものが嫌になるからね。
瓜生の気持ちもよくわかる。

だけどお互い子供じみてるね。
いい歳したおじさんなのに。

匿名 さんのコメント...

やや日カルト的には瓜生さんってどのくらい貢献してたんですか?
よく知らないから教えてほしいです。

匿名 さんのコメント...

瓜生必死乙。
バレバレなんだよ。

匿名 さんのコメント...

藤倉、と馴れ馴れしいのは普段から知り合いだからだろ?

匿名 さんのコメント...

喫煙権、嫌煙権はどこのネットでも炎上するデリケートな問題ですよ。
リアルな関係で話し合う時は互いの立場を尊重しあい厳格な取り決めが必要ですね。
煙草の煙は臭覚を刺激する生理的な問題で、少しでも臭うと気になって仕方がないなど理屈では解決できない問題です。
また、喫煙者にとっても吸わずにはいられない衝動は抑えがたいものでこれも理屈では解決できない問題です。
僕の感覚では、喫煙室が設けられない環境では、屋外で喫煙するのが一般的な解決方法のように思いますが、これも僕の感覚ですからより良い解決策かどうかはわかりませんね。
喫煙問題は当事者どうしが互いの権利を尊重しあい、厳格な取り決めをして、そのルールを厳密に守ることが大切ですね。
その話し合いが平行線で終われば、互いに関係を解消するのも最終的解決策かもしれませんね。
互いの権利ばかり主張しあっていると、自分の権利を相手に強要し合うことになり、感情的になってまとまらなくなりますよ。
些細なことと思ってしまいがちですが、大抵の場合、関係が悪化するのは些細なことから始まりますよ。