2017年6月28日水曜日

都議選に経歴隠蔽スピリチュアル候補者=都民ファーストの会

「最低限の努力で、最大限のウマ味を得る」と口走るあかねがくぼ氏(左)と都民ファーストの会代表の小池百合子都知事(右)。あかねがくぼ氏公式サイトより
7月2日投票の都議選もいよいよ後半戦。定数127議席を争って259人が立候補しています。この中に、「四柱推命をルーツとする中国古来から伝わる術」の「認定アドバイザー」でありながら、その活動ぶりを示す自身のブログを削除して立候補した人物がいます。都民ファーストの会公認候補・あかねがくぼかよ子氏(茜ケ久保嘉代子、杉並区)です。なお都民ファーストからは、Twitterでサイエントロジー関連団体のイベントを宣伝した上田令子氏(江戸川区)も立候補しています。

■金儲けのための占い師

あかねがくぼ氏の公式サイトによると、経歴にはこう。
【あかねがくぼ氏の公式サイト 2017年06月27日閲覧】
(略)
東京大学卒業後、人材系のベンチャー、外資系コンサルティング会社(日本アイビーエム(株)ほか)での専門職を経て、長女が5歳の頃にキャリアアドバイザーとして独立起業。
(略)
‐独立起業後、事業主として(2015年1月~ )
個人向けセミナーの企画、実施、コンサルティングなどコンテンツ、サービス提供、講演
ブログやSNSでキャリアやパートナーシップの啓蒙活動の傍ら、キャリアアドバイザーとして活動
法人向け営業改革支援コンサルティング

では、具体的にどのような「アドバイザー」をしていたのか。現在、当時の個人ブログは削除されていて閲覧できませんが、一部キャッシュがネット上に残っています。そのひとつが女たちのライフリッチ。運営者のプロフィールには「ライフリッチプロデューサー&門認定アドバイザー狩野 理沙」と書かれていますが、この狩野理沙氏は、あかねがくぼ氏がブログで用いていたペンネームです。『週刊新潮』2017年5月18日号の記事で、あかねがくぼ氏自身が認めています。

週刊新潮の記事にあるように、あかねがくぼ氏が名乗っている「門認定アドバイザー」の「門」とは、〈四柱推命をルーツとする中国古来から伝わる術であり、古くは中国武将が、戦に勝利するために活用していた戦略術である。これを『門総合研究所』が現代の資本主義経済の下で圧倒的なビジネスの成果を出すために発展させたものが『門学』であり、華僑の多くの経営者達にも取り入れられている〉(門鑑定どっとネットby狩野理沙より)というもの。金儲けに役立つと謳う一種の占いのようなもの。この「術」を「門協会」なる団体が提供し、「アドバイザー」を認定しているようです。

実際、あかねがくぼ氏は「門認定アドバイザー」の肩書で鑑定業を営んでいたようです。

【門鑑定どっとネットby狩野理沙 2016年09月09日のキャッシュ】門鑑定サービスについて
門鑑定の種類と内容
-エコノミー 29,800円(+税)
-スタンダード 49,800円(+税)
-プレミアム(3か月ビジネスコンサル付き) 98,000円(+税)

■「最低限の努力で、最大限のウマ味を得る」世渡り術

あかねがくぼ氏が認定を受けた「門協会」について検索してみると、この団体の関係者らしき人々によるサイトがいくつか見つかります。たとえば、「修羅のための門総合研究所」。見るからにオラオラ系なセミナー商法のようなノリです。

あかねがくぼ氏が現在の公式サイト上に載せている「キャリアアドバイザー」「コンサルティング」という言葉の一般的イメージとは、だいぶかけ離れた印象を受けるギョーカイ。実際、すでに削除済みのあかねがくぼ氏のブログの内容も、おおよそ政治家を目指す人間の言葉とは思えないものが並びます。

【女たちのライフリッチ 2016年09月07日】『裏』プロフィール
『裏情報』と『本音トーク』にこだわる、ライフリッチプロデューサーの狩野理沙です。
さて、物事には「裏と表」、「本音と建前」が存在します。
耳ざわりの良い 「表(建前)」の情報ではなく、
直視するには勇気がいりそうな 「裏(本音)」の情報にこそ、物事の本質や真理、更には「人生の味わい」が隠されている、と感じるのは、私だけではないはず。。。
(略)ということで、本日は私の『裏プロフィール』を少しばかりご紹介させていただきます。

「裏プロフィール」の具体的な内容はメルマガに登録しないと読めない仕組みだったようですが、代わりに、この後、ほとんど暴言とも取れるような乱暴な主張が続きます。

【女たちのライフリッチ 2016年09月07日】『裏』プロフィール
30歳の未経験転職で20社から落とされるも、最も条件のよい1社から1ヵ月でオファーをもらうマインドセットとは?
度重なる遅刻、勤務態度不良なのに、昇格・ヘッドハンティングのオファーを得る秘訣とは?
自分の力で勝負せず、他力を活用して倍々ゲームで収入を伸ばすためのマインドセットは?
(略)
秘訣はいつも、いたってシンプル!
真向勝負したら勝てっこないので、いつも“戦わずして勝てる土俵”を探すのみなのです。
「最低限の努力で、最大限のウマ味を得る」世渡り術を大公開(予定)!

スピリチュアルはスピリチュアルでも、ぼんやりした癒し系ではなく、真面目にやる気はないがカネと肩書はほしいという、言うなれば「銭ゲバスピリチュアル」。

あかねがくぼ氏自身が〈「裏(本音)」の情報にこそ、物事の本質や真理、更には「人生の味わい」が隠されている〉と書いている通り、あかねがくぼ氏が削除してしまったこのブログには、あかねがくぼ氏の本質が隠されているのかもしれません。今回の都議選も、「真向勝負したら勝てっこない」選挙で「最低限の努力で、最大限のウマ味を得る」一環なのでしょうか。

■現職の「サイエントロジーヨイショ議員」も

上田令子氏(左)と都民ファーストの会代表の小池百合子都知事(右)。上田氏の公式サイトより
にわか政党が政治経験のない素人を候補者として大量に登用したり、政治が混乱して大量の新人が立候補するような選挙では、とかく妙ちくりんな候補者が紛れ込みやすいもの。これまで本紙が何度も取り上げているホメオパシー系富山市議・上野ほたる氏(本紙・富山のホメオパシー市議、NHKで“感動ポルノ女優”デビュー参照)同様、あかねがくぼ氏も、その一人でしょう。

ところが、都民ファーストの会の公認候補の中には、現職都議の妙ちくりんもいます。

江戸川区選挙区で立候補している上田令子氏です。2013年の都議選にみんなの党(すでに解散)から出馬して当選した現職議員。

上田氏は昨年5月、Twitterにこんな投稿をしました。
上田氏が投稿したリンクは、「市民の人権擁護の会日本支部(CCHR JAPAN)」主催の「子供の日緊急イベント!!~発達障害ビジネスから子供たちを守ろう~」というイベント。市民の人権擁護の会は、高額な講座受講料金などで問題視される宗教団体「サイエントロジー教会」の関連団体です。サイエントロジーは精神医療を否定する教義を持ち、市民の人権擁護の会を通じて部外者と連携し、精神医療批判の「市民運動」を展開しています。

2012年には自由報道協会(上杉隆代表=当時)が、市民の人権擁護の会がサイエントロジーである事実を伏せたまま記者会見を主催し批判を浴びたこともあります。

当然、サイエントロジーのイベントをSNSで拡散しようとした上田氏にもネット上で批判が向けられました。この件については同じ都民ファーストの会(当時は都議会会派「かがやけTokyo」)の都議会議員・おときた駿氏が〈「サイエントロジー」なる団体とは一切関わりがありませんし、その考え方に対しても賛同しておりません〉とするコメントを公表したものの、同じ会派の上田氏とサイエントロジーの関係については明言せず。上田氏自身は以下のような、この件に関係あるんだかないんだかわからない発言をした程度で、結局、詳細は有耶無耶に。
上田氏のFacebookより
問題となった市民の人権擁護の会のイベントの写真には、上田氏のようにも見える人物がテープカットや挨拶に立っているものもあります。また上田氏のFacebookには、〈是非船堀の皆さん、江戸川の皆さんお気軽にお越しください。本日お姐は終日おります!〉として、会場で撮影した自身の写真も掲載されています。

あかねがくぼ氏と違い、上田氏は問題とされた自身のツイートを削除してはいません。しかしそれはそれで、未だに問題を認識していないということである可能性もあります。

選挙に疎い本紙・藤倉善郎総裁のコメントです。

「上野ほたる・富山市議同様、公の場での自身の活動の経歴を隠蔽して立候補するあかねがくぼ氏の行為は、意図的に有権者を欺こうとするに等しい。一方で、サイエントロジー関連団体のイベントを公の場で宣伝しておきながら撤回もせず説明もしない上田氏は、実に清々しいカルトヨイショ議員。こうした議員を擁立する都民ファーストの良識を疑う。ところで、2014年に統一教会のイベントに出席した近藤充都議(自民)が立候補していないようだが、どこへ行ったのか。あとみなさん、現有議席数ゼロの死守を狙う幸福実現党の存在もお忘れなく。投開票日には、本紙の選挙恒例行事“落選速報”をお楽しみください」

11 コメント:

匿名 さんのコメント...

こういう方って掘ったら結構いるのかも。あんまりいてほしくないですが。

匿名 さんのコメント...

各候補の簡易結果・連絡先一覧 - 表現の自由を守る会wikiより
•日本第一党の岡村幹雄さんは?
•中核派は今回も北島くにひこさんですよ。暴力革命で表現規制を粉砕してもらいましょうhttps://twitter.com/kjmirai
•杉並区の高橋しょうご氏も都知事選の頃から表現の自由を公約にかかげて活動されていた方だったのですが、
この度出馬の意向を明確にされたということで追加いたしました。よろしくお願いします。
https://hyogen.jp/wiki/index.php?%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%AD%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%81%BC%E3%81%8B%E3%82%88%E5%AD%90

匿名 さんのコメント...

藤倉君、君が宣伝したから私は上田礼子氏応援する事にするよ。

匿名 さんのコメント...

東大出てこんなあほなことやっている人ですか・・・。「このハゲー」の人と五十歩百歩です。
しかも選挙に出る?緑のたぬきと写真撮って気色悪い。もっとも小池は最近は緑のたぬきから赤いきつねになっているという指摘もありますが。

匿名 さんのコメント...

藤倉さん、エイトさんとも興味を持たれてはいないようですが、小池都知事と在特会との蜜月という日刊ゲンダイの記事に、在特会系の組織そよ風で民主党政権時代に講演をしていますが、ゲンダイには書いてないですがこのそよ風という組織が統一教会のダミー組織の疑いがあります。

匿名 さんのコメント...

五十歩百歩と批判なさっておられる方がおられますが。
貴方の人生とそんなに変わりません。

この候補者は政治家には向いていないのは確かです。

匿名 さんのコメント...

そもそも都民ファーストの会が第二自民党なんですよ
統一教会系と公明党の支援がこっちに回るだけ
政争が起きても安心


匿名 さんのコメント...

市民の人権擁護の会は、高額な講座受講料金などで問題視される宗教団体
「サイエントロジー教会」の関連団体です。
サイエントロジーは精神医療を否定する教義を持ち、
市民の人権擁護の会を通じて部外者と連携し、
精神医療批判の「市民運動」を展開しています。


精神医療の診断がずさんだ、はありえるでしょう。
だからといってホメオパシーやサプリメントにすりかえられてもねぇ。。。

アメリカで問題になっている怪しげな民間検査機関を使った
「自費診療」を行っているクリニックが日本にたくさんあります。
その「検査結果」をもとにサプリメントなんかを売るみたいです。

サイエントロジーとホメオパシーがお友達かどうかはわかりません。



匿名 さんのコメント...

そもそも都民ファーストの会が第二自民党なんですよ
統一教会系と公明党の支援がこっちに回るだけ
政争が起きても安心


人の闇はいろいろ姿を変えて纏わりつきます。
その闇を払うのは、精神力が高く、強くなくてはなりません。
どうか強くあっていただきたいと願っております。

匿名 さんのコメント...

都議選とは関係ないのですが、幸福実現党の地方議員でプロフィールを堂々と詐称している議員がいるのでお知らせします。幸福実現等のHPを見ると

地方議員

細田 みつえほそだ みつえ

埼玉県 / 三芳町議会議員

主な経歴

沖縄県立国際大学短期大学部 商科卒業

とありますが、私立の沖縄国際大学は存在しますが、沖縄国県立国際大学などという大学は存在しません。
意図的に存在しない学校名を標榜するのは公選法に抵触する違法行為ではないでしょうか。

匿名 さんのコメント...

あかねがくぼ嘉代子さんの秘書である夫はゲス不倫中です。都民に目を向ける前にまずはご自身の家庭に目を向けた方がよいかと。