2017年12月14日木曜日

津田大介氏がグロービート事件についてデマ吹聴=弁護士ドットコムで

まとめサイト「保守速報」に差別記事を掲載されたとして在日朝鮮人フリーライターの李信恵氏が損害賠償を求めていた裁判で11月16日、大阪地裁が「保守速報」に200万円の損害賠償を命じた。この件にからめて、「ジャーナリスト」の津田大介氏がグロービート事件(2003~2010)についてお粗末なデマを吹聴している。『弁護士ドットコムニュース』のインタビューとして掲載された。

■「平和神軍観察会」をデマサイト扱い

「ジャーナリスト」の津田大介氏が12月13日付で掲載された『弁護士ドットコムニュース』のインタビュー記事〈「保守速報」判決で差別認定 津田大介さんに聞く「ネットのヘイトや差別をなくす方法」〉で、「保守速報」問題に絡めてネット上のヘイト表現や表現の自由について持論を展開。その中で2003~2010年の民事・刑事での一連の裁判である「グロービート事件」に言及した。

詳細は後述するが、グロービート事件は人種差別カルト集団「日本平和神軍」と、ラーメンチェーン「花月」などを運営するグロービートジャパン社との関係を指摘していた個人サイト「平和神軍観察会 逝き逝きて平和神軍」(すでに閉鎖)運営者の会社員男性を、グロービート社が提訴したもの。両者に深い関係があることは裁判の過程でむしろ真実であることが証明されたが、サイト内の細部の記述に誤りがあったことなどから会社員男性が民事裁判で敗訴し刑事裁判で有罪が確定した。

これについて津田氏は、『弁護士ドットコムニュース』のインタビューで、〈ある個人サイトを運営する男性が、グロービートジャパンと新興宗教団体との密接かつ不適切な関係があるという虚偽の記事を書きました〉と説明し、「平和神軍観察会」をデマサイト扱い。さらに、〈2008年の東京地裁の判決では、ネットの情報はマスコミや専門家が発信するものに比べて一般的に信頼性が低いため、名誉毀損の基準は緩やかになるとされて無罪となりました〉と、実際の判決の趣旨とは異なるデマも付け加えた。

『弁護士ドットコム』という裁判や法律を扱うサイトで裁判についてのデマを流している点でも悪質で、『弁護士ドットコム』のモラルも疑われる。

■グロービート事件とは

提訴されて以降の「平和神軍観察会」
グロービート事件は、ラーメンチェーン「花月」などを運営するグロービートジャパン社が、ウェブサイト「平和神軍観察会 逝き逝きて平和神軍」運営者の会社員男性に対して、名誉毀損と業務妨害だとして2003年に民事提訴し、民事・刑事で2010年まで争われた事件。中国人や朝鮮人に対する差別説法などを行なっていた右翼カルト集団「日本平和神軍」の総督・中杉弘(本名・黒須英治)氏が当時、グロービート社の会長を名乗るなどしていたことから、「平和神軍観察会」は日本平和神軍とグロービート社の関係も指摘し批判していた。

民事では2005年に東京高裁が会社員男性に77万円の損害賠償を命じ、同年に確定。これを受けて開始された刑事裁判では、一審判決で東京地裁が名誉毀損の違法性阻却事由(これを満たしていれば違法とはならないとされる条件)3つのうち、「公共性」と「公益目的」を認めた。3つめの条件である「真実性・真実相当性」は認めなかったものの、別途「インターネットの個人利用者として要求される水準の事実確認を行っていた」として、男性を無罪とした。しかし二審で有罪が確定(30万円の罰金)した。

津田氏はこの無罪判決を〈一般的に信頼性が低いため、名誉毀損の基準は緩やかになるとされて無罪となりました〉(弁護士ドットコムニュースより)と説明している。このとき東京地裁が示した基準は、名誉毀損をめぐる法的判断としては「画期的」だったため、津田氏が〈この判決が出たときはだいぶ驚いた〉(同)というのも無理はない。しかし、一般市民の個人サイトにマスメディアと同等の調査の責任を要求するのは現実的ではないという、市民の日常感覚すればごく当然の判断基準を示した判決だ。むしろ、会社員男性が中杉市の説法テープなどの資料を収集し根拠に基づいた記述を心がけていたことに一定の評価を下した判決でもある。「一般的に信頼性が低いから無罪」などという「東スポの抗弁」()のような論法ではないし、信頼性が低いネットなら好き勝手書いてもよいという趣旨の判決でもない。

民事の東京高裁判決(確定)では、「日本平和神軍との関係が個別の法主体性を否定されるほど一体又は極めて密接なものであるとまでいうことはできない」として会社員男性の敗訴となったが、判決は同時に「被控訴人と黒須英治とは一定の関係があると評価することは誤りではない」として、グロービート社と平和神軍の間に関係があることは認めている。両者を「一体」として扱った会社員男性の判断を誤りだとしただけで、「関係はある」というサイトの主要な情報は正しかった。決して、デマサイトでも誹謗中傷サイトでもない。

原告はグロービート社のはずなのに平和神軍のウェブサイトには「平和神軍全面勝訴!」との勝利宣言が
また民事裁判の判決確定後の刑事裁判では、当時、平和神軍総督でグロービートジャパン会長を名乗っていた中杉氏がグロービート社の株式の51%を保有し、年間数千万円もの報酬も受け取っていたことも明らかになった。過去にラーメン花月を出店予定地でのトラブルで、中杉氏がグロービート社の会長を名乗って道路公団を脅迫し、グロービート社の副社長もろとも逮捕された事件があったことも明らかになった。民事裁判でグロービート社が勝訴した際に、平和神軍のウェブサイトに「勝利宣言」が掲載されたこともあった。

男性会社員は、サイト内の一部にグロービート社の資金の流れなどについての誤認があったり、揶揄的な表現があったりしたことで敗訴した。しかし一連の裁判を通じて、グロービート社と平和神軍との間に関係があり、その点について「平和神軍観察会」の記述は正しかったことが、むしろよりいっそう明確になった。

法廷の前に置かれた怪文書
刑事裁判の途中では、何者かが法廷の扉前に「黒須英治(註:中杉弘)博士にあやまりなさい」「地獄に落ちる前に」などとして被告人の会社員男性や弁護人を誹謗中傷する怪文書を置いたため、警察の現場検証が行われるなどして公判予定が延期される騒ぎもあった。

男性会社員は裁判の前後から、平和神軍関係者と思われる人物から脅迫もされていた。裁判外での中杉氏自身の発言等から、一連の裁判は中杉氏の指示で行われていたことも判明している。大筋で真実が書かれていた「平和神軍観察会」に対してカルトの関連企業が細部の揚げ足を取ることによって起こした報復のSLAPP(嫌がらせ訴訟)が、グロービート事件である。

■いまだ差別発言を繰り返す中杉氏

当時、会社員男性は「自分が泣き寝入りすればインターネットの表現の萎縮につながりかねない」と語り、7年間にわたる裁判を個人で闘い抜いた。しかし「平和神軍観察会」の内容をそのまま維持することは難しく、裁判が始まってからはすべての記事を削除し、裁判の経過報告のみのサイトになった。現在はサイトそのものが閉鎖されている。

一方、平和神軍のウェブサイトもすでに消滅しているが、裁判当時、総督でありグロービートジャパンの筆頭株主にして会長を名乗っていた中杉弘氏は、いま現在も2つのブログで中国人や朝鮮人に対する憎悪、それに基づいた個人への誹謗中傷をふりまいている。たとえばこんな調子だ。

中杉弘氏のブログ
〈世界には犬を食う民族がいる(略)この人達は人間なのだろうか〉(犬と人間=2007年01月22日)

〈亜人というのは「人もどき」ということです。(略)非常にこれは面白い意見です。僕もこれから「亜人」と言う言葉を使わせてもらいますが、朝鮮人だけが亜人ではないのです。中国人も立派な亜人です〉(中韓亜人論=2015年10月10日)

〈野田聖子は朝鮮奴隷です。旦那が朝鮮人ですから、朝鮮奴隷です〉(朝鮮奴隷が大臣に?=2017年08月7日)

1番目の文章は、かつて日本平和神軍のウェブサイトにも掲載されていた。2015年には、いまや「ネトウヨ出版社と化した」と言われる青林堂から『朝鮮人よ、日本人に土下座せよ!』と題する中杉氏の著書も出版されている。

人種差別カルトを批判したサイトは潰され運営者は損害賠償と罰金刑で「前科者」にされた。一方で、人種差別カルトの代表者でグロービートジャパンの会長を名乗っていたレイシストは今日もヘイトスピーチ三昧だ。

にも関わらず津田大介氏は、レイシストを批判した側のサイトを事実に反してデマサイト扱いしている。その体たらくでネットのヘイト問題や表現の自由を云々し、ヘイト対策として〈報道を頑張りましょう〉(弁護士ドットコムニュースより)などと言い放っているのだから、茶番もいいところだ。報道を頑張れと言うなら、まずは「ジャーナリスト」を名乗る津田氏自身がテキトーな知ったかぶりでデマを流すことがないように頑張ったらどうか。

Twitter上で日本平和神軍の信者である可能性が指摘されている本紙・藤倉総裁のコメント。

「ラーメン花月のラーメンはカルト出汁を楽しめる、いまどき希少なラーメン店だ。平和神軍観察会運営者の悔し涙の味もする。津田大介は、あのラーメンの味わい深さをわかってない。グロービート事件はデマサイトによる名誉毀損事件ではなく、十何年も前にヘイトスピーチ批判を行ない、批判する側の表現の自由を守ろうとした、いち市民の重要で尊い闘争だった。ヘイトスピーチと表現規制をめぐる現在の社会的な課題にも通じる重要な論点や教訓を残したのが、平和神軍観察会という個人サイト。津田大介は花月の定番“げんこつらあめん”でも食いながら猛省すべき。麺は大盛りで硬め、背脂多めのぎっとぎとで。生ニンニクは5かけら以上入れるべきだ」


※用語:「東スポの抗弁」
東京スポーツが、ロス疑惑で注目された三浦和義氏に関する記事(1986年)を掲載し、三浦氏から提訴されたが一審で勝訴した。真偽は不明だが、このとき東スポ側が「自らの記事はもともと信用性が低いことを読者もわかっているから三浦氏の社会的評価を低下させることはなく名誉毀損にはあたらない」旨の反論を行なったと言われ、この自虐的な論法が「東スポの抗弁」と呼ばれるようになった。東スポ側は2審で敗訴した。
2010年、幸福の科学教祖・大川隆法総裁が当時の妻・きょう子氏の守護霊の言葉と称してきょう子氏を誹謗中傷。きょう子氏が提訴した際に、幸福の科学側は「東スポの抗弁」と同じ論法を用いた。「霊言は信者以外からは信じられていないので、きょう子氏の社会的評価を低下させない」という旨の主張。さらに教団側は「霊言は一般には信じられていないばかりか嘲けりの対象であり、霊言を公開したことで社会的評価が低下したのはむしろ大川隆法と幸福の科学の方だ」という旨の持論を展開。「東スポの抗弁」の上を行く自爆的法廷戦略として、「幸福の抗弁」が誕生した瞬間である。
この裁判では、教団内での宗教上の揉め事であって、きょう子氏の社会一般での評価に影響しないという趣旨の理由で教団側の勝訴が確定したが、裁判所は直接的には「東スポの抗弁」「幸福の抗弁」は認めなかった。

3 コメント:

匿名 さんのコメント...

グローバルビートや幸福の科学がおこすSLAPPは門前払いされるべき。
てか、先進国ではされている。

匿名 さんのコメント...

こういう時代だからこそ報道の力がーーー

ヘイトを許さない「正義」の一流ジャーナリスト津田大介氏を応援しよう。。。

匿名 さんのコメント...

>〈世界には犬を食う民族がいる(略)この人達は人間なのだろうか〉
津軽人を敵に回しましたね
津軽三味線は犬の皮です
普通の三味線は猫の皮です
食べていたこともあります

日本でも世界でもたんぱく質を摂取するのに様々な生き物を食べてました
そして今もその風習がある地域があります
日本のことも知らないとは・・・

それとも東北はアイヌで独立しろとでも?
沖縄も三味線作る民族も日本人ではないと?