2018年1月28日日曜日

幸福の科学を扱ったドキュメンタリー映画、公開へ=教団は訴訟予告で中止要求

宣伝のため教団映画のTシャツを着て市民マラソンに出場し最後尾を激走する信者(『ゆきゆきて、地球神軍』より
大阪芸術大学映像学科の学生・成田天音氏が監督した、幸福の科学を扱った映画『ゆきゆきて、地球神軍』が同大学の卒業制作展で公開される。信者の日常的な伝道活動に密着するとともに、教団から「悪魔」と呼ばれるジャーナリストへのインタビューや、公道での取材を妨害する教団職員らの姿など、貴重な映像を収めた約90分の長編ドキュメンタリー。1月27日に予告編映像がネットで公開されると、さっそく幸福の科学が成田氏に対して法的措置を予告して上映中止を要求。ドキュメンタリーの「表現の自由」に加え大学教育をめぐる「学問の自由」への干渉という問題も浮上しており、作品の内容のみならず上映が実現するかどうかも注目される。

上映は卒業制作展「DFA2018」の一環として、学内展2月11・12日両日午前11時から大阪芸大キャンパス内で、学外展3月3日午後7時50分から映画館「あべのアポロシネマ」で予定されている。
町の自動販売機に教団映画のポスターを無断で貼りまくってまわる信者(『ゆきゆきて、地球神軍』より)
『ゆきゆきて、地球神軍』は、同大学の成田天音氏による卒業制作作品。成田さんは、かつて清水富美加(千眼美子)さんが所属した芸能事務所「レプロエンタテインメント」に子役として所属し清水さんと顔見知り。昨年2月の清水さんの出家騒動を受け、「なぜ幸福の科学に惹かれるのか?」という疑問から取材を始めた。熱心な現役信者による、教団映画の宣伝活動(ポスター貼りなど)に密着し、支部長にもインタビュー。「北朝鮮の攻撃がある」「うちの講演会には公安やCIAも来ている」「守護霊は本人以上の本人」「藤倉善郎は生きる悪魔」などと真顔で語る様子も収録されている。取材期間は10カ月弱に及ぶ。

すでに卒業制作作品として大学に提出され、「学科特別賞」の受賞が決まっているという。

幸福の科学の300万円のエル・カンターレ像などを古物商に持ち込み鑑定してもらう藤倉善郎氏。果たしてお宝のお値段は?(『ゆきゆきて、地球神軍』より)
教団から「悪魔」とされているフリーライターの藤倉善郎氏にもインタビューしているほか、教団のカネ集めの実態を垣間見せるシーンや、藤倉氏を取り囲んで公道での取材を妨害をする教団職員らの姿もカメラに収めるなど、批判的立場からの教団像も盛り込まれている。

しかし、いわゆる「アンチ映画」ではない。幸福の科学を「信仰する者」と「批判する者」、そして作品を作っている監督自身を「知らない者」として、3者のそれぞれの視点から幸福の科学を捉えようとするものだ。愚直に活動する信者の姿には、好感すら持てる。信者の真剣さと、「北朝鮮」「CIA」「守護霊」「悪魔」といった、批判者や知らない者からすると荒唐無稽としか思えないワードとのギャップを、そのまま見る者にぶつける。

悪人でもなければ、ことさらに理性を失っているようにも見えない、ごく普通の真面目そうな人が、傍目にはどう見てもおかしい教義や世界観に心酔し奉仕する。カルトに共通する光景だ。幸福の科学を単純に「おかしな集団」「笑える」で片付けてしまう姿勢では把握することができない側面を見事に捉えている。予告編映像を見たある元信者は、本紙にこう語った。

「映し出されているのは、ただの我々の日常なのに、頭がクラクラする」

成田氏自身、Twitter上で作品について、こう説明している。
作中、イラストを用いた基本教義の解説もある。幸福の科学に詳しくない人が見ても多面的にこの教団を知ることができる作品だ。

しかし1月27日に予告編映像がYouTubeで公開されると、翌日、教団から監督の成田氏に連絡が入った。「法的措置」を予告して上映中止を要求してきたという。



成田氏によると、取材は「プロパガンダ映画にはしない」などと説明した上で信者たちの了承を得て行われており、編集にあたっては弁護士の助言も受けているという。「表現の自由」や「学問の自由」をめぐる問題として、作品の内容もさることながら、上映が実現するかどうかにも注目が集まりそうだ。

幸福の科学・大悟館(教祖殿)を公道から撮影しようとする藤倉氏と取材を妨害する幸福の科学職員ら。昨年10月以降の一連の「大悟館騒動」のそもそもの発端は、実はこの作品の撮影だった(『ゆきゆきて、地球神軍』より
本紙・藤倉総裁のコメント。

「ドキュメンタリー映画と表現の自由をめぐっては、過去に『ザ・コーヴ』や『YASUKUNI』が社会的な関心を呼んだ。『ゆきゆきて、地球神軍』が直面しているのも、まさに同様の問題だ。私個人としてもやや日刊カルト新聞社としても、この作品の上映を全力で支援していく。しかし幸福の科学を信じる者・批判する者・知らない者という3者の視点から描かれていることに、この作品の価値がある。教団を批判する立場から作品に出演している私が先頭に立って上映を支援することは、作品のバランス感覚を損ないはしないか心配だ。この映画を観たいと思う人、表現の自由を守るべきだと考える人、カルト問題に取り組む人、映画関係者、メディア関係者など、私以外の人々から、それぞれの立場での意見表明や支援活動が広がることを切に望む。ひとりの学生が、これまでプロのドキュメンタリー監督でもなし得てこなかったテーマを10カ月間もかけて手がけ、大学生活の最後を飾る卒業制作展で公開しようと宗教団体をむこうに回して奮闘している。ぜひ、多くの方の支援をお願いします」

2018年度大阪芸術大学大学映像学科卒業制作展:DFA(Daigei Film Award)2018
『ゆきゆきて、地球神軍』の上映
学内展:2月11・12日両日午前11時から大阪芸大キャンパス内
学外展:3月3日午後7時50分から映画館「あべのアポロシネマ

参考記事
togetter/幸福の科学ドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、地球神軍』公開。告知後すぐに幸福の科学から上映取りやめの抗議と圧力が。

13 コメント:

匿名 さんのコメント...

藤倉氏の本(「カルト宗教」取材したらこうだった)に、当時北大の学生だった藤倉氏がインターネット上に載せた文章の削除を求め(?)ライフスペースが北大の学長宛に抗議文を送った、という話が載っている。その当時は結局、サークルや大学への迷惑を考えて記事を取り下げた藤倉氏であったが、折れたことに対して紀藤弁護士から批判されたのであった。勝手な推測ではあるが、この体験は今の藤倉氏の活動を支える力の源であり、原風景であろう。

それが1998年の話だというから、20年後になるわけか。大学生が制作した幸福の科学に関するドキュメンタリーの公開中止を求め、幸福の科学が大学宛に抗議文を送った。いやぁ、幸福の科学も粋なことをするなぁ。大学側の対応も楽しみだ。

匿名 さんのコメント...

予告編を見たところ,軽いタッチのエンタメ映画のような・・・
大阪芸大さんはなかなかイキな大学のようですね。
制作した成田天音さんも,オチャメな方のような。

ここは是非,天下に向けて堂々と発表させてあげたいところです。
我々にお手伝いできることが何かありますか?
あればなんなりとお教えください。

成田天音さん,ガンバレ!
大阪芸大さん,アホカルトごときにビビるな!

鷹峯椪吉 さんのコメント...

https://contactus.happyscience.me/jpn/

ゆきゆきて地球神軍
https://youtu.be/6Yz5VTBCa3Y

幸福の科学が言論弾圧しようとしています。

皆様、幸福の科学へ抗議しましょう!!

https://contactus.happyscience.me/jpn/

匿名 さんのコメント...

さっさと、抗議ではなく悪事を追及して幹部全員、捕まえれば良い、表の事だけでも悪いやつらなのだから裏なんて糞みたいなもんだよ、こちらは情報を色々仕入れているが関係外部組織と繋がってる奴等は特に最低だね、羽の生えた教祖がどこまで知ってるかはわからないが、ドキュメンタリーにするならその方がとってもドキュメンタリーになると思う、と、言うよりスクープになるね、やるなら夏の映画公開前が最高かも♪夏の話題は騒然!!確定

匿名 さんのコメント...

この新聞を読み始めた頃は、幸福の科学と一緒にイベントをやっていて「幸福の科学ってなんて懐の深いカルトなんだ」と思ったが、最近・・・心のゆとりみたいな物がなくなってるね。
すぐに肖像権とかで消そうとするし。

靖国の映画の時、右翼の人達が「見てもいない映画を批判するのはオカシイ」とかで集団で映画を見たそうだけど、幸福の科学さん、まだ見てない映画でしょ?それに上映中止を求めるのはオカシイ。何をそんなに神経質になっているんだ? 自問自答した方が良い。

『靖国』右翼を対象に試写会を予定「反日か否かは観た上で」と鈴木邦男
https://www.cinematoday.jp/news/N0013476

匿名 さんのコメント...

予告映像みたら、幸福の科学内部はけっこう
終末論で動いてるんですね。

キャノン さんのコメント...

ゆきゆきて、進軍 は1987年(昭和62年)に
公開されています。ずいぶん前になりました。
昭和の終わりです。衝撃的だった。

匿名 さんのコメント...

何処かの記事に教団はそんなに何を恐れているのか!?とあったが、簡単である…今までの悪事がばれて全員逮捕、オウムと同じ道をたどる事を恐れているのである。サリン等を作ってるとは思えないが、傘下の企業には科学薬品の会社も存在し当然に薬品の知識の有るものも存在する。または通信関係の会社も傘下にあった…現在は閉めているようであるが、このように教団は極めてオウムと酷似してるこのような事だけでもよくわかるが、別な意味で注目を受けてそこから組織として滅びてゆくのを恐れているのだ

匿名 さんのコメント...

ぽん吉の嘘つき

匿名 さんのコメント...

大川は気が小さいので、ちょっとしたことでも過敏に反応すのですよ。
その結果、部下に命じて何とかしろとなるわけです。
ともかく、その時の自分の状態が異常であることなんかまったく理解しません。
ただただ、そのことから逃れたいために行動してしまうお馬鹿さんが
大川です。
だから、この映画に対しても過敏に反応しているのでしょう。
教祖が教団の足を引っ張っています。自滅の道をまっしぐらです。
この映画を作った学生さんは、見事に大川の弱点を突いたわけです。

大悟館前で、デモをしたらいいと思いますよ。合法的にね。

「言論の自由の抹殺を止めろ!!!」と
フライデーの時のようにね。
大川はそれで狂い死ぬでしょう。(笑)

匿名 さんのコメント...

ふーん。教団が法的に訴えるということは、出演した支部長は、騙されていたとか? その辺りの経緯は、明らかではないのね?

匿名 さんのコメント...

ロフトで上映会を開催して欲しいです。監督とのトークイベントつきで。
料金は高めでも見たい人が集まるのでは。
大阪まで観に行くこと考えたら1万円でもいいくらいかも。

匿名 さんのコメント...

単館で上映会をするのはどうでしょうか?
また、カルト新聞社主催で何処で上映会するもありかなと、内容を見てみたいものです。今後の参考にしたいな!!