2018年2月11日日曜日

桜田淳子と統一教会の“距離感”が判明、教団本部で講演も

桜田淳子ニューアルバム・ジャケット
1992年に統一教会(現・家庭連合)の合同結婚式を受けて以降、芸能界を事実上の引退状態にある歌手の桜田淳子(59)が新アルバムを発売することを発表するなど芸能界への本格復帰の動きを見せている。

その桜田について一部メディアが芸能関係者のコメントとして「ここ数年、講演など宗教活動は行っていません」と報じた。しかし、本紙が入手した情報によると桜田は近年も同教団の本部で講演を行なっており、教団と密接な関係にあることが判った。



デビュー45周年を迎える桜田淳子が2月7日、新HP『桜田淳子プロジェクト MY IDOLOGY』を開設、新アルバムを今月25日にリリースすることを発表した。また、3月21日に銀座博品館劇場で『“マイ・アイドロジー”スペシャル~ありがとうのかわりに』を開催し、3月27日にはCD・DVD・ブックレットを発売することも判った。この桜田淳子をめぐる動向を「芸能界に本格復帰するのではないか」などと各メディアが報じている。

その中の一つである東スポWEBの報道の中に気になる記述があった。芸能関係者のコメントとして「桜田は、まだ信者ではありますが、ここ数年、例えば講演など宗教活動は行っていません」と記載されていたのだ。
【東スポWEB 2018年02月09日】


桜田淳子35年ぶり新曲で本格復帰?気になる統一教会との距離感

 芸能界引退状態の桜田淳子(59)が7日、デビュー45周年の記念日に当たる25日に新アルバム「マイ・アイドロジー」をリリースすると発表した。アルバムには35年ぶりになる新曲を収録するほか、3月にはファンイベントも予定されている。本格的な芸能活動再開になりそうだが、やはり気になるのは統一教会(現・世界平和統一家庭連合)との関係だ。そこで最新事情を追跡してみると――。

(中略)

 3月27日には東京・銀座博品館劇場でファンイベント「マイ・アイドロジー スペシャル~ありがとうのかわりに」も開催。本格的に芸能活動を再開しつつある。

 桜田は「私にとって、35年ぶりのニューアルバム。作詞・作曲もし、レコーディング前夜は興奮してなかなか寝付けませんでした。でも今はイメージ通りのものを作ることができたという幸福感に包まれています。45年間、桜田淳子を見守ってきてくださった皆様へ――ありがとうのかわりに、あなたに贈ります」とコメントした。

 さらに、3月21日には別の新アルバム「Thanks 45 ~しあわせの青い鳥 [The Live Anthology]」を発売することが、ビクターエンタテインメントの公式サイトで発表された。過去にリリースされたライブアルバムの中から本人が選んだ45曲のほか、ラジオ番組の音源も収録されている。

 1972年にオーディション番組「スター誕生!」(日本テレビ系)でグランドチャンピオンに輝いた桜田は翌年デビュー。瞬く間に人気者になったが、92年に統一教会(当時)の国際合同結婚式に参加。これが日本を揺るがす大騒動となり、そのまま引退状態になった。

 2006年にはエッセーを出版したり、ごくまれに活動。13年には所属事務所だったサンミュージックの相澤秀禎代表取締役会長の通夜に参列し、約16年半ぶりに公に姿を見せた。同年に博品館劇場でイベントを行い、約21年ぶりにファンと触れ合った。昨年も同所でイベントを開催している。

 テレビ局関係者は「いよいよ今年、芸能活動再開の動きが本格化しそうです。35年ぶりに作詞・作曲した新曲を発表したのは、その意気込みの表れでしょう。すでに3月のファンイベントの後にも、いくつか仕事が内定しているとか」

 桜田が芸能活動を再開する上で、どうしても“ネック”になるのが統一教会の存在だ。現時点では、やはりテレビ出演などは難しく、直接ファンを相手にした仕事が中心になるだろう。ただ、桜田自身と世界平和統一家庭連合の間に、徐々に“距離”ができつつあるとの情報もある。

「桜田は、まだ信者ではありますが、ここ数年、例えば講演など宗教活動は行っていません」と芸能関係者。本格復帰に向けて、着々と準備は進んでいるようだ。
しかし、同教団の問題に取り組む全国霊感商法対策弁護士連絡会によると、桜田淳子は3年前の2015年2月11日、同教団の松濤本部で『自らが天国をつくる者』と題した講演を行ない、その際の桜田の講演録が昨年も地方で献金ノルマや伝道活動に追われるを行う末端壮婦信者の携帯端末にメール配信されるなど教団内部の意気高揚のために活用されているという。

信者に配信された桜田の講演録には「私は今日この松濤本部を訪れまして涙があふれてきて仕方がありません」「訓読祈祷会を行っています。み言葉を拝読し、その後、歴史、社会など様々なことを学び合う時間にしています」などの記載がある。また、教団や合同結婚に反対していた兄が「感謝している」と頭を下げたエピソードの他、サンミュージックの故・相澤会長との「恨」や「恨の元凶の会長秘書」について「人生最大のテーマは人を許すということではないでしょうか。『人を許さねば、人から許されない』のです」と語るなど自らが貫いてきた“信仰”の正しさを強調している。

教団の広告塔として長年「特別扱い」を受けてきた桜田淳子、信者に向けては、いまだに内部統制の手段として活用されていることが判る。

~本紙関連記事~

統一教会の広告塔・桜田淳子の20年ぶりのステージに来たファン「今日、壺を売られたら断ります」

桜田淳子の夫、統一教会を脱会か?

「特別扱いの信者として教団の反社会的組織活動を増長」霊感商法対策弁連が桜田淳子の芸能活動再開に反対する会見開く

教団の広告塔“特別扱い”信者の桜田淳子、報道陣に何も語らず 

8 コメント:

キャノン さんのコメント...

統一教会は、いまだに桜田淳子さんを
利用しています。

匿名 さんのコメント...

どこにコメントして良いのか分からないので、失礼ながら、こちらから失礼します。

統一教会 エホバ(献血事件)つながりのネタということで

「カルト化する日本赤十字社?!血液転売ビジネスの闇」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10186052055

こういう日本赤十字社の社員からのメールが話題になっているようです

一度、情報の裏を取って記事にされてみてはいかがでしょうか。

匿名 さんのコメント...

統一協会も実は信者減で苦しんでいるのでは?
内部の引き締め役から広告塔へ、、、、

匿名 さんのコメント...

>「統一協会も実は信者減で苦しんでいる」
もっと苦しんで欲しいものです。
人々を苦しめてきた悪霊・邪霊たちは苦しんで
地獄の最深部へ落ちていって欲しいものです。
それが神々の願いでしょう。

匿名 さんのコメント...

日付以外は嘘、といわれている東スポの記事ですから、桜田淳子の証言も嘘ですね。

匿名 さんのコメント...

>桜田淳子は3年前の2015年2月11日、同教団の松濤本部で『自らが天国をつくる者』と題した講演を行ない

最後が三年前なら教団の言う「ここ数年やってない」ってのは嘘ではないな。

匿名 さんのコメント...

新興宗教は、どこも信者減に悩んでいるとのこと。現役老年期世代からの容赦ない収奪。借金を抱えて老後は生活保護か?
自己満足のために家族や子供を巻き込んで来た一世信者は、生活保護など受けずに野たれ死ぬぐらいの覚悟を見せてくださいね。自分はいいことをしているつもりでしょうが、世間の見方は詐欺師、狂人集団。

匿名 さんのコメント...

たしかに、詐欺師、犯罪者の集団!!、一つずつ全て明らかにして、太陽に当たったミミズの様に干からびさせましよう!!そして風にて消し去りましよう、神は必要なれどいまの新興宗教に神は無し!!