2018年9月10日月曜日

“メッコール・ショック” 首都圏で買い占めが発生

ヴィレッジヴァンガードのメッコールを買い占める男性
統一教会系企業「一和(イルファ)」が製造する不味いドリンク「メッコール」が日本国内で爆発し販売停止となったことを受けて、首都圏では消費者が回収を免れた希少なメッコールの買い占めに走っている。東京・四ツ谷の駐日韓国文化院の自動販売機には、8日午前中までメッコールが売られていたが昼前には売り切れに。雑貨店チェーン「ヴィレッジヴァンガード」でも、首都圏4店舗に残っていたメッコールが全て8日のうちに売り切れた。

本紙既報の通り、メッコールは日本国内で販売されたものが爆発する事例が複数報告されたため、「販売を停止し、全て回収、破棄した」(一和の日本法人イルファジャパンの担当者)。またメッコールを自動販売機で販売する「コスモフーズ」では、「お客様の安全に関わることなので、自販機の中に残っていたメッコールも全て回収した」と話す。

しかし実際に全品が回収されたわけではなく、一部の自動販売機やヴィレッジヴァンガードでごく少数が販売され続けていたようだ。

韓国文化院の自動販売機
駐日韓国文化院の自販機では、さまざまな韓国ドリンクが売られ、そこにメッコールも含まれている。ここでは販売停止後もメッコールは回収されず、館内1階と2階の自販機にあったメッコールを1階の自販機に一本化したという。しかし8日の昼前に本紙記者が行ってみると、すでに売り切れになっていた。

従来からメッコールを取り扱っていることで知られるヴィレッジヴァンガードでも、メッコールは軒並み欠品。本紙が確認できたところでは、都内3店舗、神奈川県内に1店舗、8日の時点では在庫があった。しかしいずれも8日のうちに売り切れに。

うち1店舗で記者は、男性客が店にあった10本ほどをすべて買い占めているところに出くわした。男性(新聞社勤務・44歳)に話を聞いた。

「私は統一教会信者ではないのですが、この不味さが二度と味わえなくなるかもしれないと聞いて、慌てて買いに来ました。何本かは自分で飲みます。近くトークイベントをやる予定なので、会場のお客さんにも提供したいと思っています」

韓国文化院の自販機のメッコールを買い占めたのも、この男性だという。

「もう2本しか残っていませんでした。しかし、サタン(社会一般の人々のこと)の手に渡る前に少しでも復帰(サタンの世界にあるメッコールを自分たちの元に集めること)させることができてよかった。これからもメッコール復帰の摂理(教義)のために頑張りたい」(男性)

ある統一教会信者は、こうした動きに疑問を呈する。

「私は健康志向なのでメッコールは飲みません。一和はメッコールを健康志向飲料のようにアピールしていますが、そんなの信者ですら信じていませんよ。(統一教会の教祖)文鮮明先生も、宣伝のために仕方なくメッコールを飲んていただけで、ふだんはジュースは体に悪いからとミネラルウォーターを飲んでいたと聞いています。いまになってメッコールを買い漁る人はどうかしている」

だったら、統一教会はなぜそんなドリンクを世に売り出したのか。

◇関連記事
メッコール爆発!統一教会内からも消滅し信者困惑=一部では密売行為も?

2 コメント:

匿名 さんのコメント...

コーラを麦茶で割ると、同じ味になります。

匿名 さんのコメント...

『やや日』の三面またはベタ記事w