2009年10月5日月曜日

神慈秀明会施設建設で住人が市長に申し入れ(宮崎市)

 「宮崎県内で地元住人と神慈秀明会が対立」で紹介した、宮崎市内で施設建設中の神慈秀明会と地元住人とのトラブルの続報です。住人側が市長に対して、宗教法人が宗教施設を建設する際に住民の同意を義務づけるといった内容の条例の制定を求めたようです。

【YOMIURI ONLINE 2009年10月03日】宮崎市長、法人側に「勧告」へ宗教施設問題住民の不安解消図る
 宗教法人「神慈秀明会」(本部・滋賀県甲賀市)が、宮崎市新名爪に計画する集会所建設に地元住民が反対している問題で、津村重光市長は住民の不安解消に努めるよう、法人側へ「勧告」を行うことを明らかにした。

 地元住民らでつくる「市大規模集会所建設阻止委員会」のメンバーら16人が市役所を訪ね、宗教施設の建設に関し、住民の同意を宗教法人に義務づける条例の制定を津村市長に要請した。


 これに対して、市長は「最終結論は出ていないが、条例による規制は現時点では困難と考えている。今後も検討をしていく」としたうえで、不安解消への取り組みを念頭に「勧告ができないか、文案を検討している」と述べた。

 市市民部によると、市はこれまで、住民らとよく話し合うなどの不安解消を法人側に要請してきたが、「勧告」という形を取ることで、よりトーンを強めて働きかける。内容は精査中だが、強制力はないという。

 委員会によると、これまでに約5万2000人分の建設反対署名が集まった。同法人は6月、住民側に対して建築工事の妨害禁止を求める仮処分を宮崎地裁に申し立て、地裁が7月末、妨害禁止の命令を出した。法人側は8月末に着工しているという。

 神慈秀明会は、かつて街頭での祈祷や勧誘活動について信者に厳しいノルマが課せられるなど、非常に評判の悪い団体でした。90年代に方針転換し、厳しいノルマ等はなくなったようで、「被害」の話はあまり聞きませんが、2007年に、教団が信者の借金の存在を知りながら献金させたのは不当だとして、京都地裁が教団に660万円の支払いを命じた判決を出した、ということもあったようです。

 神慈秀明会について最近聞くトラブルは、信者の献金などをめぐるものよりむしろ施設建設をめぐる地域住人とのトラブルです。で、住人たちがなぜ反対しているのかというと、神慈秀明会という教団を危険視しているというのもあるんですが、直接には集会所に信者が出入りするようになることで発生する交通問題等の環境問題のようです。また、施設建設にあたって神慈秀明会側が住民側に対して行った説明が不親切だったり、説明の進め方などにウソがあったりということも、住民たちの不信感を増幅させているようです。

 過去によからぬ評判があった教団ですし、住民への説明が不誠実であれば、そりゃ反対運動にあって当然だと思います。しかし宗教法人に対して宗教施設の際の住民の同意を義務づけるという条例を作るというのは、さすがにムチャなのではないかと思います。「宗教だから」という理由で税金が免除されたり軽減されたり、多少のトラブルがあったくらいでは行政が「信教の自由」とか言って対処しないというのは不当な“差別”ですが、「宗教だから」という理由で、ほかの団体には課せられない規制を宗教にだけかけるというのもまた“差別”なのではないでしょうか。

 上記記事によれば、市長も条例制定には難色を示しています。

 条例や法律によって規制するとしても、「宗教だから」ではなく、交通環境、景観、騒音などを根拠にしたものにした方がいいんじゃないでしょうか。現在、住人が神慈秀明会の施設建設に反対することには相応の根拠があるように見えますが、「宗教だから」ということを根拠に条例による規制をかけるという発想には賛同できません。

3 コメント:

匿名 さんのコメント...

宗教を装った詐欺集団だからですね。

さんのコメント...

神慈秀明会に、殺されそうになった俺
渡辺豪成、小山代表の子供は、許さない!

の実 さんのコメント...

小山家世襲の詐欺集金集団です