2010年12月16日木曜日

1月4日、やや日刊カルト新聞が新年イベント

 やや日刊カルト新聞が、1月4日に東京・阿佐ヶ谷の「阿佐ヶ谷ロフトA」で、トークイベント「新春!カルト新年会」を開催することがわかりました。ロフトAにおける年明け最初のイベントとなります。関係筋が明らかにしました。


 やや日刊カルト新聞主催のトークイベントは2カ月ぶり3回目。関係筋によると、「今回のテーマはカルト事件簿。2010年のカルト事件・ニュースを総括しながら、2011年に要チェックのカルトネタを語るカルト大会」とのことです。出演は同紙・藤倉主筆と記者陣。統一協会問題デスクのエイト氏も出演予定です。

 2010年は、実に多種多様なカルト事件・ニュースがありました。X JAPANのTOSHIが、12年もの間広告塔を務めてきたカルト集団「ホームオブハート」から脱会。ラーメン花月チェーンと右翼カルト「日本平和神軍」との関係を暴いたウェブサイト管理人が最高裁で有罪確定。幸福実現党の立候補者が公選法違反で逮捕。同党特別代表のドクター・中松氏のチベット称号詐称問題。アレフ(旧オウム真理教)の活動の先鋭化や、足立区への進出問題。ただの砂糖玉を病気に効くなどとして高額な値段で販売するホメオパシーの社会問題化。アグネス・チャン氏の「霊感商法疑惑」などなど。そんなトピックスを総ざらいします。

 ゲストには、宗教潜入ルポなどを多く手がけてきたイラストレーターの村田らむ氏。

「ぼくが藤倉主筆と出会ったのは、UFOを信奉する某セックス教団の合宿セミナーでした。たまたま、お互いに潜入取材の最中だった。それで『おたくも潜入ですか?』『おや、おたくもですか』と意気投合。合宿会場のホテルのカラオケボックスがセックス部屋として使われていたのですが、藤倉主筆はカラオケでピンクレディの『UFO』を歌ってふざけていました。ぼくは静かに信者に埋没して取材しようとしていたのに、本当に迷惑でした」(村田氏)

 そんな取材の裏事情も暴露しつつのイベントです。藤倉主筆は、会場であるロフトAの取り調べに対し、「新年最初のイベントなので、お客さんが『カルタ大会だと思って来てみたら、カルト大会だった』とうろたえるようなイベントにしたい」と、意味のわからないことを口走っているとのことです。


やや日刊カルト新聞主催 新春!カルト新年会」

【日時】
2011年1月4日(火)
18:30開場/19:30開演

【会場】
阿佐ヶ谷ロフトA
東京都杉並区阿佐谷南1-36-16-B1
JR中央線阿佐谷駅パールセンター街徒歩2分
電話:03-5929-3445
FAX:03-5929-3446

※JRでいらっしゃる場合
土日・祝日は「中央線快速」は停車しませんのでご注意ください。「総武線」をご利用ください。

【出演】
藤倉善郎(やや日刊カルト新聞主筆)
エイト(同記者)
橋爪研吾(同記者)
ほか記者陣

【ゲスト】
村田らむ(イラストレーター)
ほか調整中

【概要】
2010年はいろんなカルト事件がありました。2011年も、よしゃあいいのに起こってしまうでしょう。なんせカルトですから。
来年はいよいよ、2012年の人類滅亡(笑)まであと1年だし、スピリチュアルな人たちもスパートかけてきそうです。そこで、やや日刊カルト新聞が、2010年のカルト事件を振り返りながら、2011年に要チェックのカルトを語ります。
ゲストに、主筆・藤倉の先輩であり戦友である潜入ライター(本業はイラストレーター)の村田らむ氏を招き、2人でセックス教団の混浴風呂に入った思い出などを開チンするかも。

【料金】
前売り¥1,500/当日¥1,600(飲食代別)
前売りチケットはローソンチケット【L:34828】、ウェブ予約にて12月4日から発売開始!!
web予約/http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=564

10 コメント:

匿名 さんのコメント...

こんばんは。
いつも楽しく読ませて頂いています。
「カルト新年会」楽しみでなりません。
楽しい企画 ありがとうございます。

TY さんのコメント...

村田氏のコメント、藤倉主筆さんのふざけた態度で真面目な取材、
とても好きです。

お代官 さんのコメント...

「鬼嫁のいぬまに選挙」
「はーい」

とかやるんですか?

Patmos Pete さんのコメント...

あなたに神を愛しています。聖書を読んでください。

匿名 さんのコメント...

日本語でおk

ゑ さんのコメント...

主筆も村田らむ氏も本当にひどい人で、
新年早々大いに笑わせてもらいました。
下ユル子氏もこれまたひどい人で、笑いまくりでした。

もっとも笑いというクッションなしでは、
カルトと接するのに正気を保てないのでしょうな。

浅見定雄のシンパ さんのコメント...

 昨日は大変お世話になりました。
 今年度もカルトの情報発信を期待しています。

 昨年の10月よりも人が集まった上、新しく記者になられた方のお話も参考になり、全体的に講演内容も、より面白くなっているように思えますので、次回のイベントを楽しみにしております。

 余談ですが、SEX教団に興味のある村田らむさん&藤倉主筆は、リトル・ペブルに潜入するのはいかがでしょうか?
(あくまで冗談ですので)

藤倉善郎 さんのコメント...

ゑさん

 ありがとうございます。村田さんを悪者にして、主筆は脇でいい人ぶっていようと心がけたのですが、どうやら無駄だったようです。

 カルトのトンデモぶりは笑えますが、それによる被害は笑い飛ばせるものでもなかったりします。今後は、笑えない深刻な話にスポットをあてるイベントをやれないかということも、カルト新聞の仲間たちと議論しているところです。

 今後ともよろしくお願いします。

藤倉善郎 さんのコメント...

浅見定雄のシンパ さん

 ありがとうございます。おかげさまで、1周年記念イベントより盛り上がりましたね。今後も、いろいろな切り口から「カルト」というテーマでイベント企画を考えたいと思います。

> リトル・ペブルに潜入するのはいかがでしょうか?(あくまで冗談ですので)

 マジレスすると、村田さんはともかく(?)ぼくは別にセックス教団に特別興味があるわけでもないんですよ。そしてカルトの社会問題や被害実態に興味を持っているぼくにとっては、実は潜入取材って、相当なカネと時間を費やさないと成果が得られないんです。

 カルトって基本的に、内部の黒い部分を新参信者には見せません。軽く潜入したくらいでは被害実態を目の当たりにできない可能性が高いです。なのでぼくは最近では、自分が潜入することより、被害者が教えてくれる情報を重視しています。

 つまり、今後のイベントの課題はそこ。潜入しておもろいもん見て来たよとかそういう話ばかりでは、カルトのトンデモぶりは伝わっても被害の深刻さは伝わらない。今回はいろんな人に「面白かった」と言っていただけたので、次は「カルトってひでえな」ということを伝えるイベントを画策しようとしているところです。

浅見定雄のシンパ さんのコメント...

 藤倉さん 

 丁寧なご回答頂き、ありがとうございます。
 
>つまり、今後のイベントの課題はそこ。潜入しておもろいもん見て来たよとかそういう話ばかりでは、カルトのトンデモぶりは伝わっても被害の深刻さは伝わらない。今回はいろんな人に「面白かった」と言っていただけたので、次は「カルトってひでえな」ということを伝えるイベントを画策しようとしているところです。

 統一協会やヨハン早稲田教会に詳しいエイトさんに加え、元・親鸞会の瓜生さんや、元・摂理のポン太郎さんの活躍に期待しています。
 橋爪さんのお話を伺っても、一般市民が膨大な時間・手間・金銭を使ってカルトと対決するのは、あまりに大きな負担であると思えますので、貴紙のさらなる活躍に期待しています。

 (次回のイベントは、今回の評価で、さらなる来客が望めるのでは?)