2016年2月11日木曜日

【オキラジ問題】霊感商法主導のパーソナリティを直撃取材!ラジオ局は本紙主筆の番組基準閲覧要請を拒否

放送前、本紙主筆の直撃取材に答える神谷元教域長
本紙で告発記事を連載中の【オキラジ問題】。

沖縄のコミュニティFM局に於ける統一教会(家庭連合)番組の問題を追及する本紙鈴木エイト主筆が再び沖縄に飛び、問題番組“夫婦のチカラ”のパーソナリティを直撃取材した。

沖縄中部で横行していた霊感商法の首謀者だったこのパーソナリティは、本紙主筆の追及に対し、何と答えたのか。

更に、統一教会(家庭連合の)宣伝・伝道番組を看板番組として放送している沖縄ラジオ株式会社(オキラジ)に対し、鈴木主筆が放送法で開示義務が定められている番組編集基準の閲覧を要請するも同局幹部から断られていたことも判った。このオキラジの法令違反に対し、本紙主筆が採った行動とは。

沖縄取材レポートを届ける。



◆二度目の沖縄取材

昨年11月の沖縄現地取材から2ヶ月余り経った今年1月下旬、再び沖縄へ渡った本紙・鈴木エイト主筆。

『夫婦のチカラ』放送時間に合わせ、オキラジのサテライトスタジオに向かった。

途中、統一教会(家庭連合)の沖縄家庭教会へ。
外壁工事中のビル2階が教会施設だ
前回掲示されていた「コスモス教育センター」「世界基督教統一神霊協会沖縄中部布教所」の看板は外されていた。
窓に貼られていた「コスモス教育センター」の表示はなくなり・・・


「世界基督教統一神霊協会沖縄中部布教所」の看板も撤去されていた
教会入口には「世界平和統一家庭連合 沖縄家庭教会」とのみ表示があった。



信者の主要勧誘場所である琉球銀行前を経由してオキラジサテライトスタジオへ向かう。
街の中心部、琉球銀行前。勧誘のホットスポットだ



KOZA MISIC TOWN 音楽広場



◆遂に神谷元教域長夫妻の姿をカメラが捉えた!


徳野会長がゲスト登壇した教団イベントが開催された音楽広場
オキラジ内に件の元教域長夫妻を発見!

音楽広場に面したオキラジサテライトスタジオ、前室に神谷夫妻発見!


“夫婦のチカラ”放送前、打ち合わせ中の神谷教会長夫妻を直撃した。
本紙主筆の登場に驚く神谷龍二・直美夫妻


谷亮子にそっくりな神谷直美・沖縄教会長夫人は何故か上機嫌


――神谷さん、やや日刊カルト新聞の鈴木エイトです

「澤田さん(本紙注:松濤本部広報局渉外部長・本紙対応担当)から聞いてないですか?」

――聞いてますよ。教会への取材は本部広報を通せということでしょ?これはオキラジの看板番組のパーソナリティへの取材だから

「だったらいいけど」

――統一教会と関係あることは訊きますよ

「その関連の話だったら澤田さんに訊いて」


「澤田さんに訊いて」
――この2005年の(集金)文書の神谷龍二教域長って神谷さんのことですよね?

「・・・そうです。その辺の話は澤田さんに訊いて」

――話しできないと?

「できないです。本部に任せてますから」

――教域長をやっていた神谷さんが今オキラジの看板番組のパーソナリティをやっていることに興味がある

「いや、その辺の話は。だから」

――パーソナリティの神谷さんに番組が終わってから訊きたい

「話の内容にもよるけど・・・」


教会に関することは答えないと抗弁する神谷教会長、オキラジの看板番組のパーソナリティへの取材だからと説き伏せ、放送後に取材に応じるとの約束を取り付けた。


サテライトスタジオ前に陣取り放送を聴く本紙・鈴木主筆
音楽広場は閑散としており、番組に興味を示す人は皆無だ
◆オキラジへも2度目の直撃取材

番組の内容には特筆することもないので、次はオキラジの取材へ。

オキラジサイドは先のFAXで「番組は総務省の定める法令順守(コンプライアンス)に基づいています」と回答し放送法の遵守を謳っていたが、本紙からの番組基準の照会については黙殺していた。

FAXでの質問に対する回答が得られなかったため、今回は放送法第5条で規定されている放送番組の編集基準(番組基準)の公表を求め、事務所に備え付けられている番組編集基準の閲覧を求めた。

放送法施行規則第4条では番組基準の公表を「放送」「事務所への備置き」「インターネット等」のいずれかの方法で行なうよう規定している。オキラジに関しては番組基準を放送や局HPでも公表しておらず、事務所に備置きされている筈だからだ。
応対してくれた松本清子取締役


応対したのは前回と同じ女性スタッフ、松本清子(すがこ)さん。DJも務めるオキラジの取締役だ。


前回の取材後に電話で石川静枝社長に取次ぎを求めた際、不在の社長に代わり「この件は直接社長がちゃんと話したいと言っているので、改めて事務所から社長が電話します」と 話していたのも松本取締役だ。

結局lオキラジサイドは「ちゃんと話したい」どころか、本紙の取材を「特定のパーソナリティへの誹謗中傷」「業務に支障」と非難する始末 だったのは既報の通りだ。
松本清子取締役と、本紙の取材を「誹謗中傷・業務に支障」
と非難したオキラジ石川静枝社長(オキラジYOUTUBEより)


松本取締役は20年前、米兵による少女暴行事件に抗議する沖縄県民総決起大会で涙のスピーチをして一躍有名になった女子高生・仲村清子さんと同一人物だ。
1995年、沖縄県民総決起大会でスピーチする仲村清子さん朝日新聞DEGITALより)
1998年、女優として活躍する仲村清子さん(カメジロー沖縄の青春より)


2000年にはAERAの表紙も飾った仲村清子さん(朝日新聞出版より)



昨年10月、沖縄県民総決起大会から20年を経て朝日新聞の
取材を受ける松本清子さん(朝日新聞DEGITALより
女優を経てオキラジDJになった松本取締役に 番組基準の閲覧を求めたが「代表者じゃないと判りません」との返答。
オキラジからの回答FAXにあった様に放送法に則った対応をお願いしたが、石川静枝社長は会合中で番組基準の備え置き場所は判らないままだ


石川静枝社長に電話を掛ける松本取締役

番組基準の在り処を知るという石川静江社長の帰社を待つため、松本取締役の了解を得てオキラジ内に留まる。

オキラジ内から見た神谷夫妻
ほどなくして松本取締役から「来客があるので出てほしい」と言われ、再びサテライトスタジオ前に移動し番組終了を待つ。

パーソナリティの神谷教会長によると、この日は“夫婦のチカラ”放送開始からちょうど一周年に当たるとのこと。
「忙しくて自分の子どもと遊べなかった」と家族の大切さを説く神谷氏だが、自身が責任者として関わっていた霊感商法店舗:天守堂が摘発され店舗代表者K氏が逮捕された際、教団との関係を切り離すためかK氏の子供を放置し何のケアもしなかったことが判明している。



◆逃げる元教域長夫妻

放送終了。出てきた神谷教会長夫妻を直撃すると・・・

 「澤田とも確認はしたので。私から一切お話しすることはないので」

――えっ?放送に関しては? 

「ええ。パーソナリティと云う立場なので。それも澤田さんに訊いてください

――いやいや、そのパーソナリティを取材に来てるんだけど

「別に・・・」
――1年間やってみて、伝道目的なんですか? 

「あなたに答える立場に私はないので」

――いやいや、オキラジの看板番組のパーソナリティに訊いてるんですよ

「いえ」

――Facebook改ざんしましたよね?

「・・・・・」

――伝道目的と書いてあった箇所を改ざんしましたよね?

「澤田さんに訊いてください」

――澤田さんに訊いても判らないでしょ?あなたに訊いてるんだけど」

「・・・・」

――『家族のチカラ』は?

「私は2局だけです」




――家族の大切さを話してるところで忙しくて息子さんと遊べなかったと言ってたけど、霊感商法やってたからですか?

「・・・・・」


――Kさん(元天守堂代表者)って今どうしてるんですか?

「・・・・・・」
――霊感商法で天守堂が摘発された時、Kさんの子供を放置したのは何故ですか?

「・・・・・・・」
足早に駐車場に向かう神谷教会長




「撮ってた写真関係はまた責任取ってもらいますよ」 



――はい?サテライトなんだからパーソナリティの写真は撮れますよ。

「・・・・・」
――霊感商法の責任、どう捉えてますか?

「・・・・・・」
以上、放送後、本紙主筆の直撃取材から逃げる神谷元虚位記帳夫妻

主筆のレンタカーの隣りに停まっていた軽自動車に乗り込み走り去る神谷教会長夫妻。


『家族のチカラ』について神谷龍二夫妻は
第1回放送後以降パーソナリティをやっておらず、統一教会の那覇教会関係者がパーソナリティを務めているようだ。同番組を収録しているFMレキオに問い合わせたところ「誰がパーソナリティをやっているかは把握していない。神谷さんに訊いてみたらどうか。ウチは番組枠を売っているだけ」と回答、自局で放送している番組のパーソナリティが誰であるかも知らないという状況であることが判った。

◆コンプライアンスは何処へ?法令違反を続けるオキラジ

オキラジへ戻り、再度照会すると、松本取締役は「専務なら判るかも」と戻っていたDJだっくビル専務に取り次いでくれた。


オキラジのだっくビル専務(オキラジHPより)
松本清子取締役とだっくビル専務(オキラジYOUTUBEより)







――放送法で規定されてる各放送事業者の番組基準の書類を見せてほしい

「ありますよ。でもちょっとこれはもう社内的なものでもありますし」

――放送法で公表義務があります。総務省にも確認取ってますから

「ああ、そうですか」

――書面の保管場所を御存知なんですよね?

「知ってるけども・・・」
――じゃあ、見せていただけますか

「いや、お断りします」


――何故ですか?

「お断りします」


――それは義務違反ですよ。では総務省に通報しますね

「はい」




総務省沖縄総合通信事務所に電話しようとすると・・・

「せっかくだけども、お引き取りいただけますか。電話でもやりとりできすし」

―― 電話でもお答えいだだいてないです、一度も


事務室に戻るだっくビル専務




オキラジの内部に留まり、総務省沖縄総合通信事務所に電話を掛けた。担当者に状況を告げ、オキラジのだっくビル専務に対して直接、番組基準の書面公表義務違反について話すよう頼んだ。
総務省沖縄総合通信事務所へ通報する本紙鈴木エイト主筆

だっくビル専務に携帯を渡す。

だっくビル専務は主筆の携帯をもったまま事務所へ入りドアを閉めてしまった。









◆遂にオキラジの番組編集基準が明らかに!

再び開いた事務室のドア、奥ではだっくビル専務と松本取締役が番組基準の書類を確認していた。

数分後、事務所から出てきただっくビル専務は主筆の携帯を返すとともに番組基準が書かれた書面をテーブルに 置き事務所へ戻っていった。







これがオキラジの番組編集基準だ。


オキラジはコミュニティFM局を管轄としない民放連(日本民間放送連盟)の基準を 遵守することを基本方針としていた。また「教育教養の進展」「自動及び青少年に与える影響」との項目は統一教会の宣伝布教番組を看板番組にしている局が掲げる基準として見るとシニカルだ。

◆番組審議委員にクレームの報告をしていなかったオキラジ


だっくビル専務は“夫婦のチカラ”について「苦情やクレームが来たことはない。クレームとは思ってないから」と話し、放送法第6条で規定されている審議機関・番組審議委員への報告を怠っていたことも明らかとなった。

その他にも、オキラジに関しては登記上の不備があることも確認できた。


◆日本コミュニティ放送協会(JCBA)の議題になっていなかった”夫婦のチカラ”

FMうるまの企画制作担当者は、昨年11月に「夫婦のチカラは次回のJCBA沖縄での議題に上がると思う」と発言していたが、今回改めて同担当者に問い合わせたところJCBAの議題には上がっておらずらず、当該番組については「各局に任せる」ということになったそうだ。


オキラジには是非とも「放送の社会的責任と使命を自覚して」ほしいものだ。

~本紙関連記事~


“犯罪集団そのもの” 霊感商法で逮捕の現役信者が”統一教会の現実”を実名告発!
 
カルト団体教祖の自叙伝宣伝番組が社会福祉法人運営の日本福祉放送や全国のコミュニティFMで放送

沖縄のラジオ局が統一教会(家庭連合)の伝道・宣伝番組を放送=発端となったオキラジは本紙の取材を「誹謗中傷」と非難


本紙鈴エイト主筆、統一教会(家庭連合)広報局に謝罪!2年ぶり2度目


《オキラジ問題》パーソナリティの教会長は統一教会沖縄中部地域の霊感商法の黒幕だった!

22 コメント:

匿名 さんのコメント...

>ダックビル専務は“夫婦のチカラ”について「苦情やクレームが来たことはない。クレームとは思ってないから」と話し

そんなわけ無いだろう!!!
私は信者の家族として、苦情の手紙を何度も出してます。クレームは全て無かったことにするつもりなのでしょうか。無責任すぎますね。

匿名 さんのコメント...

http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/201602030000/#201602112252062229

Re:もしも、貴方が・・・    2016年2月3日(02/03) Pippo of lamb さん

会員の皆さん、どうかご協力下さい。

非会員で、無関係の方が謂れなき中傷を、

キチガイ会員から受け続けています。

################

※トンヌラの所属支部を教えて下さい。

東京の何処ですか??

※トンヌラの本名を教えて下さい。

沖縄の崎浜だ、と証言して下さい。

################

直ちに動きます。

ご協力、お願いします。

幸福の科学から、永久に葬り去るつもりです。

彼には、「前科」がありますので、追い詰めることが出来ます。

証言をお待ちしています。 (2016.02.11 22:52:06)

匿名 さんのコメント...

しかし、よく取材してますなあ、と感心します。
活字だけで議論している某便所の落書き掲示板やネットブログと違って
実際に人と会って対面取材する姿勢にはプロの気合いを感じます。

匿名 さんのコメント...

>> プロの気合い
本当それ
ここのコメント欄に出没する統一信者とかみると、
本当にひどい暴力、実在の人の首でサッカーとかそんなのをちらつかせて悦に入ってるような輩だからな

匿名 さんのコメント...

統一の信者も法のハナ?天華の救愛?の信者も幸福の信者も、影でコソコソネチネチやってないで、全世界向けのテレビ討論会やネット対面座談会に出て、堂々と反論なり布教すりゃいいのにねえ。やましい事がなければ。

顔出しもしてるカルト新聞記者の方が
よっぽど勇気があるよ。

匿名 さんのコメント...

カルト新聞を応援します!

匿名 さんのコメント...

沖縄は島で情報遮断なのか、カルトのラジオが花開いています。
キリスト教系のカルト新興宗教がかかわっているものとしては、PBA(太平洋放送協会)の世の光という番組もそうです。ここは障害を負った人や亡くなった人が何人もでた沖縄福音キリストセンターを「安全なキリスト教会」と紹介して、被害者たちを激怒させた前科があります。

匿名 さんのコメント...

【生長の家】「悪霊がついていた」…母殺害容疑で38歳女を逮捕
http://www.sanspo.com/geino/news/20160212/tro16021218550009-n1.html

匿名 さんのコメント...

生長の家もトラブルですか・・・。
もう新興宗教は、思い切り課税した方が良いんじゃないでしょうか。
それでも生き残れば”本物”ということで。
何かと優遇し過ぎでしょう。
神仏の存在をアピールしたいのか、無神論者を増やしたいのか、
何だかよく分からない業界ですね。

匿名 さんのコメント...

生長の家のケースは新興宗教に多い医療拒否が生んだ悲劇でしょう。精神病の患者を新興宗教に引きずり込み、病気は祈って治せという・・・。
沖縄キリスト福音センターでも精神病の患者に医療を拒否させ、きちんとのまなくてはいけない向精神薬を絶たせた結果、患者が錯乱してスタッフになっていた信者を殺した事件があります。

匿名 さんのコメント...

何故かサンスポだけが生長の家と報じている。

産経は宗教法人とだけ。
http://www.sankei.com/west/news/160212/wst1602120074-n1.html

幸福の科学が他宗の事件を産業経済新聞社にこっそり書かせるとこうなるのかな?

匿名 さんのコメント...

産経は現在の生長の家との関係は微妙のようですね。現在の代表が産経出身ですが、生長の家の極右イデオロギーは分派の谷口雅春を学ぶ会の方が受け継いでいますし。
谷口雅春の後継者は自分たちはカルトではなく普通の宗教になりたかったんでしょうが、需要としては自民党院外団の極右カルトとしてでしかなかったという悲喜劇でしょうか。

匿名 さんのコメント...

統一、生長、日本会議・・・自民党はカルト宗教のメインバンク。
ろくでもないですな。投票するヤツの気がしれん。
幸福の科学にゴマするバカまで居るし(片山さつき、下村博文など)。

匿名 さんのコメント...

自民と統一の関係を攻撃すなら、これなんて良い材料だよ

統一の教祖文鮮明は昭和天皇陛下暗殺を計画立案未遂をやらかした、っつう
---
『文先生にとっては日本の国は一番の怨讐の国でした。日本の(皇居の)二重橋を私の手で破壊してしまおうと思いました。裕仁天皇を私が暗殺すると決心したのです。』
(「文鮮明先生み言葉選集」381巻より)
--
まだまだわんさかこの手の発言あるから
http://ameblo.jp/chanu1/entry-11529089922.html

なんでこんなんが愛国なんでしょうね?

匿名 さんのコメント...


それで(皇居の)二重橋を超えての宮殿(皇居)を自分の手で破壊してしまうと思ったんです。』
(「文鮮明先生み言葉選集」306巻より)

先生は裕仁天皇を二重橋を越えて(皇居に侵入して)殺してしまおうとした地下運動のチャンピオンだったんです。
(「文鮮明先生み言葉選集」305巻より)

『文先生にとって日本の国は最初の怨讐の国でした。日本の(皇居の)二重橋を自分の手で破壊してしまおうと思いました。裕仁天皇を私が暗殺しようと決心したんです。自分の国(韓国)を愛さない人は、世界を愛することができません。』
(第40回真の万物の日のみ言葉 2002年6月11日 清平修練院)

匿名 さんのコメント...

てゆーか、天皇陛下を○せ!などとホザいてる連中とつるむ時点で異常だが
自民党は暗殺計画の手助けしてるというね

まず、文鮮明とまだ生きてる妻とあと身内だか、日本から永久追放されてんのよ
金だか麻薬だかでの実刑判決食らったんで

で、統一教会の大目標がこいつらの日本入国許可

↑の連中が日本に来てなにやりたいかって、そりゃ○○陛下暗殺だわな
で、自民党はその入国許可出す気満々という

というか、先帝がまだ生きていらっしゃったとき特例で入国許可出した事さえあった気がする。自民党がな

前スレより さんのコメント...

> 匿名 匿名 さんは書きました...
> どうでもよいがポルポトだの生首サッカーだのと騒いでいたのは確か反統一側の人だったと思う。
> 文鮮明がポルポトみたいなやつだから、生首でサッカーしてやるぜ的な内容だった気がするが違ったかな?
> まだどっかにコメント残ってるはずだから見れば分かると思うんだが
> まあ、これも統一側の自作自演だったということ?

> 2016年1月30日 14:31
なにほざいてんだ
残ってる言うんならサッサとコピペしてこい、嘘つきが

匿名 さんのコメント...

> 沖縄は島で情報遮断なのか、カルトのラジオが花開いています。
カルトもそうだけど、政治も極左も極右も入り乱れてるよ
ネットだと沖縄は極左のみ、みたいに言われてるけど、有名だから対抗すんべと極右も押しかけてくるんだわ
無論数はそれほどでも無いけど元々島民自体が少ないのでね

匿名 さんのコメント...

昔、仲村清子さんが出演していたコスタリカの映画見に行ったんですよ。
残念です。

匿名 さんのコメント...

沖縄のコミュニティでの宗教買取番組は多いですね。
最近ではそこに注目した
「沖縄ベタニアチャーチ(プロミスキーパーズ)」がコミュニティ放送の実質的な買取にでているという事実があるようです。
FMコザ・FMぎのわん・FM那覇などがすでに買収されたとか。
今後は番組をやるだけでなく、放送局を宗教法人が運営するという時代に入っていくという恐ろしい時代になるのでしょうね
http://brog.keiten.net/?eid=1096877

匿名 さんのコメント...

貴重な情報ありがとうございます。元凶はこの人だったのですね。もし、この記事についての続報がありましたらまた掲載お願いします。

匿名 さんのコメント...

>2016年2月12日 20:42・2016年2月13日 15:51

太平洋放送協会は番組制作者で、敗戦後すぐの頃から存在する歴史ある団体だよ。
http://www.pba-net.com/pba/法人案内-沿革/
よくそんなでたらめをぬけぬけと言えるね。