2012年8月31日金曜日

「現代医学の技術では病状を好転できない」と診断の統一協会教祖、教団病院へ転院

“聖地”へ転院する教祖
今月15日に危篤報道があったものの、教団内部では『回復』『安定』『熟眠』と伝えられていた統一協会(統一教会)の文鮮明教祖。

韓国で30日に報道された内容から、教祖が入院先の病院から「「現代医学の技術では病状を好転させることはできない」と診断され、今日31日午後、自身が設立した教団病院へ転院することが判った。

信者に対しては回復も伝えられていたが、実際には意識が戻らないまま合併症も発症するなど病状は好転していなかったようだ。






◆30日夜、韓国で報道



韓国のプレミアム経済新聞イツデイは30日夜、誤嚥による肺炎と風邪の合併症治療のためカトリックソウル聖母病院の集中治療室に入院中の統一協会(統一教会)文鮮明教祖が「病状の好転が難しい」との診断を受けて教祖自身が設立した教団病院へ転院すると報道した。


プレミアム経済新聞イツデイ 2012年8月30日21:55】


文鮮明総裁、現代医学で放棄...聖地へ

明日の午後、京畿道清平素材清心国際病院へ



▲文鮮明氏(連合ニュース


風邪と肺炎の合併症で集中治療室で闘病中の文鮮明統一教総裁が、現代医学では病状が好転の難しいとの診断を受けて、統一教会の聖地に移動する。

30日、統一協会によると、カトリック ソウル聖母病院で治療を受けている文総裁は31日午後早く統一教会の聖地である京畿道清平の清心国際病院に移動する。

統一教会は 「ソウル聖母病院側は『入院期間が長くなりそれに伴う合併症の症状が現れ、もはや現代医学の技術では文総裁の病状を好転させることはできないと通知した』」と明らかにした。

続いて 「家族と統一教会の代表が会議を介して文総裁が清平に建てられた清心国際病院で信徒たちの祈りと真心の中で専門的治療を進めることに決めた」と付け加えた。

統一教会創始者である文総裁は去る14日、風邪と肺炎の合併症でカトリックソウル聖母病院の集中治療室に入院していた。




文鮮明教祖は当初「最新の設備と人材が揃っている」と教団が信者に勧める清心国際病院へ搬送されたが、韓鶴子教祖夫人が「清心国際病院ではダメ」とカトリック ソウル聖母病院へ転院させたとされている。



◆信者には『回復』『熟眠』と説明も、最期の時が迫る?



15日に教祖の危篤が伝えられて以降、教団は信者に徹夜や断食をして精誠するよう指令を出すなどしており、その後も教祖の病状について「回復しているが治療のための薬により熟眠中」と説明していた。

これは実際には意識不明の状態が続いているとも読め、 教祖の容体が回復しているかのように連日教団が発信していることに疑問の声も上がっていた。
今回の韓国の報道があった30日、日本の信者に配信された教祖の状態は以下の通りである。


【 8/30 真のお父様のご容体について2012年8月30日】



真のお父様の今日のご容体についてお知らせいたします。
(
天暦713 陽暦830)

全世界の統一家食口の皆様。

 真のお父様の慰安と早い快癒のために真のお母様と真の子女様を中心として全統一家が心を合わせ、懇切な心でこの上ない精誠を捧げて下さっておられることに心より感謝します。
 至誠感天という言葉のように私たちの精誠が天に届けば、神様は不可能を可能にする奇蹟を起こされ、真のお父様のご聖体が奇跡的に快癒されることを確信しています。
 今朝の真のお父様の健康状態は昨日と特に変わらず、酸素量を最大に供給しています。


 93歳のご高齢にもかかわらず、今まで真のお父様は摂理の第一線で肉体的な限界を越えられ、残酷なほどに無理に無理を繰り返えして来られました。ただ神様の解放と人類救援、そして平和世界創建というみ旨の完成のために、肉体的な限界を含めたすべての苦難を死生決断 全力投球、七転八起 不撓不屈の精神で勝ち抜いて来られました。

 毎瞬間瞬間 病魔と争っていらっしゃる今のこの大変な試練も今までそうだったように必ず勝ち抜けるはずだと信じています。
 しかしあまりにも大変な闘いをしていらっしゃる真のお父様に、私たち全員の精誠が大きな力となって伝達し奇跡的に起き上がられるように、継続的に一層大きな特別精誠を切実に願い致します。
 ありがとうございます。

天基 3 年 天暦 7 13 (陽暦 8 30 )
世界副会長 兼 韓国協会長 石竣昊 拝


前日29日には、「今朝の真のお父様の健康状態は、酸素吸入能力が低下されたため、血液への酸素投入量を増やしました」と配信されている。

最早教祖の回復は“奇蹟”が起こらない限り絶望的ということであろう。

信者から『真(まこと)のお父様』を崇められている教祖、金と欲に塗れた稀代のカルト教祖に最期の時が迫っているようだ。




(9/1追記)

教団も信者に教祖の“状態”を説明


8月31日午後、石竣昊世界副会長兼韓国協会長から以下のメッセージが日本の信者に伝えられた。

世界副会長メッセージ 真のお父様の摂理的闘病路程2012年8月31日】

真のお父様の摂理的闘病路程

愛する全世界の食口の皆さん!
天の栄光と真の父母様の勝利を永遠にほめたたえてお喜び申し上げましょう。
真の父母様は人類歴史上ただ一回顕現され、また永遠に真の父母様として役事されます。

私たちのメシヤであり、救世主であられ平和の王であられます。

皆さん。
真のお父様は今年8月3日より大変な闘病生活をされておられます。
アメリカから帰国された去る7月16日よりひどい風邪にかかり咳が続いていましたが、 ものともせずに毎日早朝訓読会を筆頭に摂理の現場を直接訪問されながら陣頭指揮をされて来られました。

このようにお体を考えずに無理を繰り返えす過程で、真のお父様は肺炎を病むようになられてしまったのです。
皆さんもご存知のように、真のお父様は 93歳のご老令です。

そのような老令の玉体を一日たりとも休まれずに酷使されたので、限界のある肉身がどうして病気を避けることができるでしょうか?
真のお父様は一生を病院とは因縁を結ばずに生きようとする信條を持たれながら初志貫徹されて来られた方です。
このようなお父様だったので今回もお父様は簡単に病院に行かれようとはされませんでした。

しかし真のお母様の切実な訴えでようやく決心されて、古くよりアメリカで主治医として信頼し治療を依頼して来た、ソウル聖母病院がんセンター院長のチョン・フグン博士の往診を機に、ソウル聖母病院に入院されるようになりました。
真のお父様はこのように8月3日聖母病院に入院された後10日間にわたりレントゲン、MRI など必要なすべての検査を受けられました。
結局肺炎であるという判定を受けるようになり、病状は非常に深刻で、敗血症、肺不全により肺に水がたまっていることが分かりました。
「絶対安静」が必要である、という医師からの注意がありました。

しかしお父様は天正宮に必ず行かなければならないことを強く命じられ、8月12日に還宮されました。
還宮後には天正宮のこちらあちらを見回され、手で触って見たりされながら別れの挨拶をするかのようなお姿でした。
真のお母様に侍り最後の祈祷のような深刻な祈祷もされました。

「すべて成された!」というみ言を一日の間に4回もされながら、周辺を整理する姿もありました。
お母様の手を取られて「ありがとう!」というみ言も、機会がある度にされました。

このように一晩ほとんど休まれずに天正宮で祈祷とみ言で過ごされたお父様は、その翌日の8月13日には自動車に乗られ、清平団地を回って来ると言われながら清心中高等学校の前まで行って来たりされました。

普通の人であれば床から起き上がることもできない程のご病状でしたが、真のお父様の精神力は想像をはるかに超越したお姿でした。

しかし午後になるとお父様の体力は急激に衰え始めました。もちろんこれを誰よりも先に感知されたお方は、真のお母様でした。
お母様は涙でお父様に訴えられながら、病院に行きましょうと懇請を申されました。

普段であれば一言で断るお父様でしたが、この日は喜んでお母様の忠告を受け入れられて「そうかいオンマ。ありがとう。」と語られて清心国際病院へ行かれました。
清心国際病院に何時間か留まりながら療養をされておられる間にも、真のお父様の状態は更に悪くなりました。

ひどい咳をされながら苦しそうにされているお父様をご覧になられたお母様は、
直ちにお父様の許諾を受けて再び総合病院であるソウル聖母病院へお父様を送られることを命じました。
とり急ぎお父様が普段好まれて乗っていらっしゃったSUV車で、お父様に侍り清心病院の看護婦2名と酸素ボンベ2本を載せて、車中でも酸素供給を続けました。
1時間程かかる道のりでしたが、千年も過ぎ去るような恐ろしい死闘の時間でした。

ソウル聖母病院まであと約20分という地点からは、お父様の呼吸が甚だしく乱れるようになり、これ以上堪えることができないようなお姿でした。
運転手や看護婦たち、車中にいたすべての人々はその時点でこの世が終わったような戸惑いを感じながらも、命をかけて疾走しお父様を無事に病院までお送りしました。
ソウル聖母病院207号室に入室された真のお父様は、直ちに応急措置を受けられました。


夜中でしたがここそこから非常呼び出しを受けて駆けて来た医師たちだけでも5~6人、看護婦たち7~8人、各種の応急手当の装備が数台....まさに戦争を彷彿させるような、1時間程の闘いでした。祈祷と訴えで天の前にすがっている私たちの姿は恐怖と緊張で涙も流すこともできず、二つの目をつぶったまま呼吸もまともにすることができずに、ぶるぶると震えてばかりいました。
やっと応急措置が終わり、その晩夜の十二時が過ぎた時にお父様は5階の重患者室へ移されました。
私の生涯で最も長い一日がこのように過ぎ去って行きました。

深夜1時をはるかに過ぎて重患者室の準備を終えて出て来たチョン博士は「清心病院から私たちの病院に到着する時間があと30分だけ遅かったら、今日は大変なことになるところだった。」と、真のお母様の知恵深く素早い決心に驚いていました。
真のお父様の重患者室での闘病はこのように始まりました。ソウル聖母病院は大韓民国の中でも5大病院の中の一つです。
韓国の医療技術はすでに世界のどの国にも劣りません。
このような世界最尖端の医療陣と医術が総動員されながら、真のお父様の全快のために全力投球していることを私は毎日確認しています。主治医であるチョン博士の献身的な苦労も常にありがたい心を持って見守っています。
一日24時間の間、お父様の病状は間違いなくモニタリングされています。治療に必要な全ての装備と投薬は完璧に活用されています。

愛する食口の皆様!
創造原理によれば肉身を持って生まれた人間は誰彼を問わず例外なしに地上生活を終えて、永生の世界である霊界に移るようになっているではありませんか?
真のお父様の教えを通じて、私たちはこれをあまりにもよく知っています。
かといって病中にある人々を放置するとか、なおざりにすることはできないのがまた人間としての道理でもあります。
同時代の同じ環境の中でさまざまな因縁を結びながら地上生活を営む私たちとしては、周囲の父母や家族、親戚たちが病気になり病と闘うようになれば、最善をつくして面倒を見なければならないことが人間としての義務であり道理でもあります。
ましてや一日一日真のお父様の闘病を見守りながら看病していらっしゃる真のお母様と真の子女様の心情はどうでしょうか?
肉身を持った人間が歩いて行く3段階の人生の原理を分からない筈はありません。

お母様に侍り私たちはまさに天の前にしがみつきながら「奇蹟」を切に求めています。

真のお父様は人類歴史上ただ一度だけ来られるメシヤであり、永遠に真の父母として記録され、仕えられなければならないただ一人の救世主であられます。
真の父母様の他には誰も再び「人類の真の父母」にはなれません。

このように貴くて貴い真のお父様の重患者室の闘病について、70億人類は夜を明かしながら祈祷して快癒を祈らなければならないでしょう。
もっと可哀相な衆生のために、私たちと共にたった一日でも良いから長く生きてから行ってほしいと、天の前に訴えなければならないでしょう。

愛する食口の皆様!
しかし天の摂理は、人間の思いのとおりにはならないようです。
今まで真のお父様の病状が好転しているようにお話ししてきましたが、数日前からは元通りになることができない状態に入ったというのが医師たちの報告です。
切なくて悔しい心で病院を見守る真のお母様をはじめとする私たちは、ソウル聖母病院と同時にソウル大学校病院の門をたたいてみたりもしました。

ところが意外にも青天の霹靂のような警告を受けてしまいました。
ソウル聖母病院とソウル大学病院の呼吸器系統の韓国最高の医師たちの結論が、
現代医術の見地ではこれ以上真のお父様の肺機能の回復を約束することができないというものでした。
真のお父様の肺機能が回復する確率がほとんど皆無であるという、とてつもない現実の前に私は泣きわめきました。
8月28日のことでした。一人部屋に入られて限りなく慟哭されるお母様の姿に触れた私は、胸がつぶれるほどにおえつしました。

しかしこの冷酷な現実をとり戻すにはあまりにも遅すぎました。
私たちは次の段階の摂理に足を移さなければならないためでしょう。
真のお母様の指示に従い、8 月28 日の午後に私たちは対策会議を持ちました。

参席者はキム・ヨンフィ、パク・ポーヒ、イ・ジェソク、ソク・チュンホ、訓母様、キム・ヒョーヨル、そして真のご家庭の代表として文國進様と文亨進様、この8名が真のお母様に侍り深刻な会議をしました。
全員が、今私たちが当面している深刻な現実に対して、どのようにすれば真のお父様をより少しだけでも地上で長く侍ることができて、より少しでも楽に生きられて行かれるようにできるかどうか、深刻に考えて議論しました。

真のお母様の意志はいつよりも強いものでした。
「何の事があっても、真のお父様のご聖体を保護しなければならない!」というみ言でした。

実は総合病院の重患者室というのは、医学的には厳格に保護されて徹底的に管理されている所であることには間違いないのですが、霊的な雰囲気や環境としては限りなく劣悪で不潔な所でもあります。
ある日には一日に何人ずつも死んで行くこともあり、また面会の時間になって訪問者たちが群がって来ると電車のホームのような雰囲気にもなります。
重い病気の患者ですから、免疫力がほとんど0まで落ちている真のお父様のご聖体にどのような病菌が侵入してくるかも分からない状況になるのです。

そして「絶対安静」を要する真のお父様の状態については切なくてしょうがありません。

真のお母様や真の子女様の病室訪問も、1日に1,2回、また1回ごとに2人ずつ、それも20分ずつに制限されてしまい、父様を何日もの間お目にかかることができなくなった真の子女様も出てくるようになりました。

このような切ない事情の下で、真のお母様と対策会議に参加した全員の決定は、真のお父様を聖母病院重患者室から、清平に用意した清心国際病院の特別室(真の父母様専用)に移動して侍りながら、治療を受けるようにして差し上げる事になったのです。
もちろんソウル聖母病院の重患者室で受けたすべての医療機器と治療をそのまま移して、真のお父様の治療を続けるでしょう。
お父様がソウル聖母病院を出発して清心国際病院に移動する過程には、お父様の主治医であるチョン博士と、聖母病院重患者室の呼吸器患者総括医師であるキム博士が責任を負って遂行するようになります。
2人の医師ともにエムブランスに乗り、直接お父様を清心国際病院までお送りします。

その後にもこの医師たちは随時出入りしながら、お父様の治療に万全を期するでしょう。

より一層24時間を専門に担当して見守りながら治療を監督する、呼吸器系統の専門医師1人を日本から招いて来ました。
聖母病院重患者室で真のお父様を専門に担当し看病した、熟練された看護婦たちも一緒にお父様に侍り、清心病院に移動してずっとその所で看護をするようになるでしょう。

他の患者たちが全然いない広い空間に真のお父様のためだけの重患者室の準備を完璧に取り揃えて、24時間真のお母様と真のご家庭の看護を受けられ、多くの食口の祈祷と讃頌の中でお父様の病状に天の奇蹟が現われることを望みます。

実は、真のお父様は総合病院の重患者室にいらっしゃっても今は各種機械の助けを借りて生命を維持しておられる状態です。
肺炎で重患者室に入院されてから15日目を過ぎて、それらによる合併症の症状が現われています。
すでに腎臓の機能が止まっており、肝臓の機能も急速度に落ちています。

更に真のお父様の血液は、人工機械によって生産された酸素供給がなくては生命を維持することができない段階にまでなってきました。
このような状況にあってソウル聖母病院側は「これ以上現代医学の技術では真のお父様の病状を好転させる術がない。」と言う通報をして来ました。

したがって真のお母様と真の子女様そして対策会議に参加したすべての方々は、万人の聖地となる清平団地内の、真の父母様が立てられた清心国際病院で専門的な治療を受けられることが、より大きい摂理的な意義があるという結論を下しました。

そう遠くない時期に真のお父様はソウル聖母病院担当医師たちの看護を受けながら、真の父母様の天正宮がある清心団地に移られるようになるでしょう。

愛する食口の皆さん!
私たち全員は中断ない祈祷と精誠で、天の前に奇蹟を切に求めなければならないでしょう。
真のお父様が基元節までは健康を完全に回復されて、歴史的で摂理的な基元節の行事をご覧になり、主管されるように切実な心で祈りましょう。
皆さんの祈祷と精誠が天に到達すれば、必ずや奇蹟が起きることを私は信じます。


世界副会長 兼 韓国協会長 石竣昊 拝






 本紙の報道を裏付ける内容が含まれている。


そしてカトリックソウル聖母病院について「大韓民国の中でも5大病院の中の一つ」「医学的には厳格に保護されて徹底的に管理されている所であることには間違いない」と評しておきながら「霊的な雰囲気や環境としては限りなく劣悪で不潔な所」「一日に何人ずつも死んで行くこともあり」「面会の時間になって訪問者たちが群がって来ると電車のホームのような雰囲気」「真のお父様のご聖体にどのような病菌が侵入してくるかも分からない状況」と記述している。

肺機能が回復せず、腎臓機能が停止し肝臓の機能も急速に落ちているということから、教祖の死というXデーは迫っているようだ。


情報統制が可能に

31日午後6時40分頃、カトリックソウル聖母病院を出た統一教の救急車は、“聖地”清心国際病院へ向かった。移送時、カトリックソウル聖母病院内では統一教の警備員とマスコミとの間で衝突もあったようだ。

『対策会議』により教団の管理下にある清心国際病院へ移送されたことで、教祖の容態については完全な情報統制を取ることが可能になった。

何故、カトリックソウル聖母病院から清心国際病院へ教祖を転院させる必要があったのか。信者に向けて説明した理由の他に、今後の“摂理”のためには教祖の最期の地が聖地・清平でなければならなかったとも推測される。







79 コメント:

匿名 さんのコメント...

メシヤの最期は植物人間ですか、、、

匿名 さんのコメント...

植物人間って言っても腎臓停止じゃもうカウントダウンだね。

1/13まで持たなかったらどーすんだこれ。w

最期に「オラ、偽メシヤだった。(・ω<)」
って事だよねぇ・・・。

匿名 さんのコメント...

お得意の「ヤラセ」だったりしてw

匿名 さんのコメント...

大作先生はどうなってるの?

匿名 さんのコメント...

逝去したらお前らは祝電打つの?

匿名 さんのコメント...

>メシヤの最期は植物人間ですか、、、

両手に釘打たれて十字架に吊るされ脇腹に槍刺される最期よりはマシだろ。

匿名 さんのコメント...

一心病院にでも入院してろ(-_-;)

匿名 さんのコメント...

唯の人間なんだから寿命があるのは当然のこと。

悪徳にまみれたお方が、無事黄泉路を下っていけるように祈りましょう

未練をのこして留まられるのはよくないですから

匿名 さんのコメント...

あ~真のお父様ついに、、、ついに、その時
 
が きましたね~お待ちしておりました。生
 
きておられるだけで苦悩の日々どれだけ

御辛かったことか、地獄のような毎日しかし
 
これからなのでございます。あなた=真の 

お父様を待っているー阿鼻叫喚の地獄巡り永
 
劫ツアーの鍵はお父様自身にげようがありま せんわ。

匿名 さんのコメント...

メッコール飲ませたら息を吹き返すんじゃね?

匿名 さんのコメント...

じゃあ、それ清心国際病院に言えば?

匿名 さんのコメント...

>メッコール飲ませたら息を吹き返すんじゃね?

主治医に言えよ。お前のなw

匿名 さんのコメント...

>逝去したらお前らは祝電打つの?
祝電は打たないけど祝杯をあげる。w
旨い酒になるべなー。www

匿名 さんのコメント...

はぁーやぁくー逝け逝けぶんせんめー♪

匿名 さんのコメント...

シャンパンを用意しろ、ブタが死んだぞ!

匿名 さんのコメント...

文ちゃんが死んだら反日日本人(食口)
以外の大多数の日本人は「文ちゃんって
誰?」って感じなんだよ。少し認識して
いる人でも「あー桜田淳子のところの」
ってそんな程度の反応。
あんたらの教祖様なんてその程度の認識
なんだ。
自称救世主?
はいはい、ワロスワロス。(爆笑)

匿名 さんのコメント...

統一教会は霊感商法や合同結婚式で悪名高い新興宗教です。

当然、信者の家族は脱会させようと努力します。それ自体は当然のことです。
しかし、中には信者の人権を無視しているとしか思えないような方法も取られており、現在も続けられています。

統一教会からの脱会説得では「保護説得」と呼ばれる手法が取られています。

一見、名前だけ見れば穏やかですが、その実情は、信者を強制的に車に乗せ、南京錠つきのマンションに無期限に監禁し、
一切の外出と連絡の自由を奪って、学校に行くことも、会社に行くことも、親の葬儀に行くことも許されず、
信者が信仰を棄て、説得者の宗教に改宗するまで、拘束を解かないで無期限に監禁状態を継続するという方法です。

脱会カウンセラーと呼ばれる人間たちがこうした方法を信者の家族に事細かに指示しており、
これまでに数百人から数千人の信者が、保護説得という名のもとに拉致・監禁・強制改宗を余儀なくされてきました。
その監禁期間が1年や2年を超えることも珍しくありません。

この事実に対し、やや日刊カルト新聞のエイトこと、鈴木衛人(偽名)記者は、

「そのようなことをしている人は皆無」
「あったとしても、ごく一部の家族が突発的に行動しただけ」

などと虚偽の記述をし、未だ謝罪も撤回もしておりません。

脱会カウンセラーがこうした保護説得を指導していたことは、脱会カウンセラー自身の直筆メモにも明確に記されています。

以下にメモのスキャン画像があります。
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-115.html

匿名 さんのコメント...

また、エイト記者(自称)は、統一教会のビデオセンターでは受講生が飲むコーヒーにLSDなどの違法薬物を混入して洗脳しているなどと主張していますが、
そのような違法薬物が検出された事実は一切ないようです。

匿名 さんのコメント...

以前はエホバの証人(ものみの塔)の信者に対しても同様の保護説得が行われていましたが、
脱会カウンセラーの草刈牧師が裁判で敗訴して以降、エホバの証人からの脱会カウンセラーはこうした保護説得から手を引きました。

匿名 さんのコメント...

もう覚悟してるんでしょ?死ぬって。
その後の統一教会内部ですさまじい跡目争いというか、遺産争奪戦がはじまるんでしょうね。
どうなるか生暖かい目で見ていましょう。野次馬根性で。

匿名 さんのコメント...

http://tanemura1956.blogspot.jp/
http://jbbs.livedoor.jp/study/10817/

幸福の科学 カルト 被害 種村 幸福の科学 アンチ 撲滅 
幸福の科学 カルト 被害 種村 幸福の科学 アンチ 撲滅 
幸福の科学 カルト 被害 種村 幸福の科学 アンチ 撲滅 
幸福の科学 カルト 被害 種村 幸福の科学 アンチ 撲滅 
幸福の科学 カルト 被害 種村 幸福の科学 アンチ 撲滅 

匿名 さんのコメント...

まだここにはナマコナマコいう人は来とらんようですなあ

匿名 さんのコメント...

>>メッコール飲ませたら息を吹き返すんじゃね?
>主治医に言えよ。お前のなw
2012年8月31日 22:00

ナマコ信者乙wwwwwwwwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

高麗人参茶・濃縮エキス2年分を一気飲みさせたら
元気もりもりじゃね?

匿名 さんのコメント...

特商法違反で捕まるだろwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

匿名 さんのコメント...

1:13 1:27 1:55

嘘吐きRCF
まだやってんのかw
続きは米某ブログでやれ


韓鶴子 さんのコメント...

鮮明教祖の顔の形は、ちんぽがむけた形ですね。
おっとチンカスが足りませんでした。
寝顔にチンカスをつけてあげましょう。
チンカスまみれにしてあげましょう。

メッコールで祝杯あげましょう。
きっと教祖もお喜びでしょう。

匿名 さんのコメント...

9:48 9:51 9:57

自分で自分にツッコミしてそんなに面白いの?w

匿名 さんのコメント...

13:48

ここにもRCF連呼厨が棲みついたようですなあ。

匿名 さんのコメント...

エイトさんは嘘の回答を出したことに対しては何も弁解できなかったということですね。

匿名 さんのコメント...

ビデオセンターのLSD云々も、エイトさんの妄想的言い掛りキャンペーンに過ぎなかったようですね。

匿名 さんのコメント...

統一教会がそのビデオセンターで洗脳してエンドレス献金していたのも事実だったようですね。

匿名 さんのコメント...

昨晩は教会に集まったようで。
もう危篤だからって。
もう昇華祭の準備でしょ。

匿名 さんのコメント...

>>15:42

献金は否定してねえんだがw

匿名 さんのコメント...

エイトさん、法廷で「保護説得をしている人は皆無」と証言してきてください。期待してます。

匿名 さんのコメント...

そうですね。嘘をついてないと言うんだったら、法廷でも言えるはずですね、エイトさん。

匿名 さんのコメント...

教祖が死んだら香典は一人最低百万円はぼったくられそうですねw

匿名 さんのコメント...

平和大使・櫻井美佐子も証人申請しようぜ

匿名 さんのコメント...

それが誰だかよく分からんが、すればいんじゃね?

匿名 さんのコメント...

エイトさんは、全国各地の相談会でも「保護説得は家族の身勝手な暴走」と自論を展開してきてください。

匿名 さんのコメント...

ついでに、宮村さんや高山牧師の面前で「あなたたちは真摯に取り組んでいない」とご自身の見解を表明してみてください。

匿名 さんのコメント...

韓鶴子 さんは書きました...
鮮明教祖の顔の形は、ちんぽがむけた形ですね。
おっとチンカスが足りませんでした。
寝顔にチンカスをつけてあげましょう。
チンカスまみれにしてあげましょう。

メッコールで祝杯あげましょう。
きっと教祖もお喜びでしょう。

2012年9月1日 13:55


反対派ってこんなのが多いよな。

拉致監禁被害4300名って さんのコメント...

「ホロコースト否認」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D
より

>米国では、民間の人権擁護団体が経済力によって拉致監禁否認論の出版物やインターネットサイトをなくそうとしているが、そのたびに類似のインターネットサイトが乱立し、逆にそれが話題性を作ってしまい拉致監禁否認論を広めてしまっているところがある。

>統一教会に止めを刺すには唯真実をもって突きつければいい。


>2012年9月2日 8:37
>反対派ってこんなのが多いよな。
「統一教会の何が悪い!!!!!」より

品性下劣な書き込みは半島脳のネット工作員の自演だろ

匿名 さんのコメント...

>統一教会に止めを刺すには唯真実をもって突きつければいい。

だから、そうすれば良いでしょう。

なぜ、保護説得をしている人は皆無、家族の突発的暴走などと嘘をつかなくてはいけないのですか?

統一教会を批判する側がそんな明白な嘘をついてどうしたいんですか?何のためにやってるんですか?

匿名 さんのコメント...

>統一教会に止めを刺すには唯真実をもって突きつければいい。

だから、エイトさんみたく虚偽をもって突きつけてるからいつまでも止めを刺せないんじゃないですか?

文鮮明の死因はほぼ老衰だし、子息も引き継ぐ気満々じゃないですか。

匿名 さんのコメント...

>米国では、民間の人権擁護団体が経済力によって拉致監禁否認論の出版物やインターネットサイトをなくそうとしているが、そのたびに類似のインターネットサイトが乱立し、逆にそれが話題性を作ってしまい拉致監禁否認論を広めてしまっているところがある。




「しかし、否認論側の主張する証拠が肯定論側の主張する証拠以上の蓋然性を持ったことは今までに無い。
否認論者の主張する「事実」や「証拠」に関しては、裁判の場で提出された証拠も含めて数多くのものが提出されている。しかし、独立した調査によって、これらの主張は欠陥のある調査、偏向した証言、さらには意図的に捏造された証拠に基づいている。」

匿名 さんのコメント...

>2012年9月2日 8:45

とうとうエイトさんの取り巻きのナマコさんは、内容を改ざんしてコピペですか。

どこまで品性下劣なのがどちらであるか、またはっきりしたようですね。

匿名 さんのコメント...

品性下劣なのがどちらであるか、またはっきりしたようですね。

この時期に、


韓鶴子 さんは書きました...
鮮明教祖の顔の形は、ちんぽがむけた形ですね。
おっとチンカスが足りませんでした。
寝顔にチンカスをつけてあげましょう。
チンカスまみれにしてあげましょう。

メッコールで祝杯あげましょう。
きっと教祖もお喜びでしょう。

2012年9月1日 13:55


などという書き込みを信者がするとは考えられませんし。

匿名 さんのコメント...

メッコールネタを嬉々として書いていたのもナマコさんのほうでしたよね。

匿名 さんのコメント...

エイトさん、「統一教会のビデオセンターではコーヒーにLSD等の違法薬物が入れられている」とICSAで発表してください。

期待してます。Great presentation!

匿名 さんのコメント...

>などという書き込みを信者がするとは考えられませんし。
2012年9月2日 9:08

でも、ナマコ呼ばわりするのは得意だな(棒読み

匿名 さんのコメント...

ナマコにまとわりつかれてるのは俺だよw

匿名 さんのコメント...

俺はナマコ呼ばわりはするが、
2012年9月1日 13:55みたいな品性下劣なコメントはしねえぞ。
それも曲がりなりにも危篤の人間に対してだからな。ありえんね。

匿名 さんのコメント...

>それも曲がりなりにも危篤の人間に対してだからな。

危篤のメシヤだろwwwwwwwwwwwww

ありえんね。wwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

んなこと言ったらメシア自体ありえんわwwwwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

>俺はナマコ呼ばわりはするが、
>2012年9月1日 13:55みたいな品性下劣なコメントはしねえぞ。

誰もお前がやったとは言ってねえよ

もっとも、お前以外の誰がやるのかとも思うがなwwww



匿名 さんのコメント...


韓鶴子 さんは書きました...
鮮明教祖の顔の形は、ちんぽがむけた形ですね。
おっとチンカスが足りませんでした。
寝顔にチンカスをつけてあげましょう。
チンカスまみれにしてあげましょう。

メッコールで祝杯あげましょう。
きっと教祖もお喜びでしょう。

2012年9月1日 13:55


こんな書き込みをするメッコールネタ好きの誰かさんは、人間性を疑われて当然ですね。

匿名 さんのコメント...

>誰もお前がやったとは言ってねえよ

おいおいおいおいw

またDNAが騒いですっとぼけか?



>でも、ナマコ呼ばわりするのは得意だな(棒読み

>2012年9月2日 9:15

こうやってそのコメントと俺をつなげたばかりじゃねえかよ。

どこまで脳みそ腐ってんだナマコっちはw

匿名 さんのコメント...

俺って誰?

匿名 さんのコメント...

>こんな書き込みをするメッコールネタ好きの誰かさんは、人間性を疑われて当然ですね。
2012年9月2日 9:53

メッコールじゃなくてナマコ喰わせたら
危篤のメシヤもびんびんに蘇っちゃうかもしれんよ?
びくん、びくん、て。

匿名 さんのコメント...

>俺って誰?

ナマコを愛してやまない俺に決まってんだろw

言わせんな//

匿名 さんのコメント...

>もっとも、お前以外の誰がやるのかとも思うがなwwww



>メッコールじゃなくてナマコ喰わせたら
>危篤のメシヤもびんびんに蘇っちゃうかもしれんよ?
>びくん、びくん、て。



どう考えてもお前だろwwwwwwwwwwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

>>でも、ナマコ呼ばわりするのは得意だな(棒読み
>>2012年9月2日 9:15

>こうやってそのコメントと俺をつなげたばかりじゃねえかよ。
どこまで脳みそ腐ってんだナマコっちはw
2012年9月2日 9:56

俺って誰?

匿名 さんのコメント...

>>そりゃ白い旅団みたいなストーカーグループから守るためだろう。

>ストーカーって(笑)白い旅団が脱会カウンセラーや弁護士に恋愛感情を持って待ち伏せしてたと言うのか?www

>>むしろ、白い旅団がやったプライバシー晒しの方が悪質な気がしますね。

>脱会カウンセラーが説得対象の女性元信者と手をつないで夜道を歩いてたところを写真に撮られたりしただけだろ?

>よくよく覚えておくんだな、大陸から来た半島経由のナマコ君。

2012年8月31日 1:04
http://dailycult.blogspot.com/2012/08/blog-post_26.html


白い旅団は反対派を攻撃しているように見せかけていたが、

同時に、女性の元信者も叩かれてたわけだろ。
被害者には反対派の家族も含まれると思う。

もしかしたら元信者を攻撃するのが白い旅団の目的だったのかもな。
それで元信者の女性を追い掛け回して盗撮してったんかwwwwww

「しめしめ、これで反対派も同時に叩けるから一石二鳥」って具合に。




匿名 さんのコメント...

質問が重複してるぞ。

頭整理しろw

匿名 さんのコメント...

>もしかしたら元信者を攻撃するのが白い旅団の目的だったのかもな。
>それで元信者の女性を追い掛け回して盗撮してったんかwwwwww

>「しめしめ、これで反対派も同時に叩けるから一石二鳥」って具合に。

という想像がナマコの脳内で繰り広げられていることは分かったw

匿名 さんのコメント...

文鮮明さん、白い旅団はあなたの指示命令であんな盗撮活動してたんですか?

元信者も「再復帰」の対象じゃなかったんでしょうか?

もはや、統一協会はすべての訴訟を取り下げるのがよいでしょう。

そして寛容になって、反対派を赦すことです。

匿名 さんのコメント...

清心病院に電話して言えよw

匿名 さんのコメント...

日本海に帰ったか?ナマコwww

匿名 さんのコメント...

>メッコールじゃなくてナマコ喰わせたら
>危篤のメシヤもびんびんに蘇っちゃうかもしれんよ?
>びくん、びくん、て。

また藤倉が土下座する羽目になるぞwww

匿名 さんのコメント...

文鮮明と池田大作が死ねば東アジアのカルト業界のスーパースターは大川隆法

 ス ー パ ー ス タ ー 大 川 隆 法

当面の間、配偶者は大川きょう子。
大川隆法の霊的補佐役は麻原彰晃の守護霊。

匿名 さんのコメント...

エイトの仕事が無くなるなw

匿名 さんのコメント...

>(棒読み

声が小さくボソボソ何言ってるか分からないと評判のエイト記者の悪口はそこまでだ。

匿名 さんのコメント...

卒業生:原理講論の最後にk国語で世界は言語統一されるなどとかいてあるのですが、これがどれほど幻想であるかわかるでしょう。K国人はこのような幻想を平気で持ちそうですが。その様な幻想を本気で思い込んで一生が終わるようです。お決まりの相続争い、権力争いがおきるでしょう。なにが理想であり、統一でしょうか。笑ってしまいますよ。自分の無原罪幻想を持っていた故に、血統純血主義ですから、かなり、「血分け」により庶子がいるといううわさです。その一つの異常な行動に7番目の子にたいする溺愛と成人後の後継者指名です。おそらくこの子は血統的により「純粋」なのでは?これからは分裂騒ぎ、霊界降臨騒ぎ、子供たちの利権争い、大変でしょう。文某おじさんの言動は結局は理想主義詐欺と収奪でしか無かったと。多大な被害と迷惑を掛け続けて、とにかく謝罪して行ってほしいものだと思いますね。このUCの問題はk国民族の研究をしないと理解できないのではないかと思われます。伝道には絶対に乗らないで下さい。二世君は自分の道を歩んでください。天罰は絶対にありません。

匿名 さんのコメント...

エイトさんは統一教会を批判するのは良いのですが、保護説得が無かったと嘘をついてしまったのは逆にまずかったと思いますよ。

匿名 さんのコメント...

卒業生さん。
>天罰は絶対にありません。
そのとおり。

文が死ぬのを十数年待ち望んでいま
す。

酒もタバコも嗜んでおりますが全く
健康です。w

青春を返せじゃないけれど、若かりし
頃にできなかった異性との交遊も複数
人としましたが生きてます。ブラック
フンジンが堕落したらチ◎コがもげる
と脅していましたが私の◎ンコはまだ
健在です。(笑)

仕事はバリバリこなしています。
日頃から教会内では「非原理が~」
とか言っていますが真理だの真の愛
だのを語って実際には教会は「非原理」
と全く変わらないのです。むしろお題目
を唱えていてる分だけ「非原理」以下
だと思います。

「教会は愛を求める所じゃない」教会は
よく開き直りますが、愛が無いと開き直
るだけで自らの過ちは決して認めようと
はしないのです。

朝鮮民族の民族性と合致します。

未だに現役の食口にはまずは「マンガ
嫌韓論」あたりから読んで朝鮮民族の
実相を知ってもらいたいものです。笑
えるくらい文の言動と一致しますから
是非一読下さい。

文が危篤で誰かお見舞いに来ましたか?
世界中のメディアもほとんど取上げま
せん。

世界は文など必要ともしていないので
す。朝鮮半島の統一もできず脳死状態
になっている。これが現実です。

目覚めよ現役食口。間違っても分派に
は行くな。オリジナルが間違っている
のに亜流に真理なんぞありはしない。

杉山真大 さんのコメント...

遂にお亡くなり遊ばされたそうで。

Sun Myung Moon, founder of the Unification Church, dies at age 92

匿名 さんのコメント...

>「非原理」以下
> 朝鮮民族の民族性

自覚があるから
「原理を知った・祝福を受けた立場はどんなに立派なクリスチャンや人格者より上」
という屁理屈をこねて自尊心を保たそうとしているんですね。

本当にそのように心がければ良かったのに
ナマコレンコや更迭された出版社社長のように
堕落性を脱がずに恣に生きている輩のせいで
統一教会の名も大韓民国の名も地に落ちて粉塵に塗れているんですね。

まあ教祖からしてクズの中のクズ民族である典型的な半島人ですから仕方ないですね。