2016年8月10日水曜日

【社説】警視庁は幸福実現党の政治資金パーティー問題も捜査せよ=報告書未記載6年間で10億円

参院選中のトクマの街宣で応援演説をするテレンス・リー容疑者
先の参院選での公職選挙法違反(買収)容疑に絡んで、警視庁が幸福実現党本部への家宅捜索を行った。すでに逮捕されているテレンス・リー容疑者(すでに逮捕)は参院選中、トクマなど党幹部を含め計4人の同党候補者の応援演説を、のべ8回も行った。党の関与はもちろん余罪も疑われる状況だ。

一方、幸福実現党については、これまで政治資金規正法違反の疑惑も週刊誌等で指摘されてきた。党の催しで幸福の科学信者などからカネを集めていながら、政治資金収支報告書で政治資金パーティーの報告を全く行っていないという問題だ。警視庁は、公選法違反容疑だけではなく政治資金規正法違反容疑でも幸福実現党を捜査し、摘発すべきだ。


幸福実現党が開催している様々な「政治資金パーティー」の参加費支払い(奉納)用封筒
幸福実現党は、たとえば「ヘルメスの政治必勝祈願」「坂本龍馬・幸福政治実現祈願」「中華帝国主義粉砕祈願」「北朝鮮の核暴走抑止祈願」といった調子で信者を集めて祈願を行い、「奉納(布施)目安1万円」、ものによっては「3万円」といった、金額を提示している。

「目安」と書かれている金額は、上限の目安ではなく下限の目安。●万円以上ならいくらでもどうぞ、とういう意味だ。実際、幸福の科学の催しなどの案内では、「奉納目安●円以上」という表記もしばしば見られる。つまり、事実上の定価のようなもの。

祈願だけではなく研修と称するものもある。その一例が「『立志の条件』研修 ─行基菩薩 特別霊指導政党研修─」で、参加のための「奉納目安」は3万円だ。そのほか、党本部が入る幸福の科学「ユートピア活動推進館」の今年8月のスケジュールのうち、「政党」の催しとして掲載されている研修は、こんな調子。

坂本龍馬特別霊指導『幸福維新実現』研修
聖徳太子特別霊指導「理想政治の原点」研修
大将軍 韓信特別霊指導『常勝立国の兵法』研修

幸福実現党公式サイトより
今年の元旦から3日間にわたって全国の幸福の科学施設で開催された「新年大祭」。幸福実現党サイトに掲載されたチラシによると、幸福実現党の祈願は全部で10種類もあるらしい。

総務省の担当者は「個別の事例についてはコメントできない」とした上で、一般論としてこう説明する。

「政治資金規正法でいう政治資金パーティーとは、政治団体が対価を取って、その収益を政治活動のために支出する催しを指します。政治資金パーティーについては、収支報告書の提出が義務付けられているほか、パーティー参加者に対して、その催しのために支払うお金が政治資金パーティーの対価であることを事前に告知する義務があります。収支報告書を提出しなかった場合は5年以下の禁錮または100万円以下の罰金、事前告知義務違反は50万円以下の罰金という罰則があります」

この定義に従えば、幸福実現党の祈願や研修も政治資金パーティーに当たる可能性が高い。しかし同党の政治資金収支報告書には、「政治資金パーティー」についての報告が記載されたことは、結党以来、1度もない。

政治資金規正法では、1000万円以上の収入があったパーティーや、1つのパーティーで20万円以上支払った人物については、より詳細な情報を収支報告書に記載するよう定めている。一定金額以上のカネが動いた場合にはさらなる透明性が求められる仕組みだ。しかし幸福実現党の場合、収支報告書に政治資金パーティーの存在自体を記載していないため、こうした透明性が全くない状態になっている。

祈願や研修での収入を同党は、政治資金収支報告書で「機関紙誌の発行その他の事業による収入」の欄に「祭政一致研修」(結党初年は「政党セミナー」)として、年間の総収入額のみを報告。その金額は、6年間の合計で10億円近くにのぼる。

平成21年(2009年):約1億2000万円
平成22年(2010年):約2億6000万円
平成23年(2011年):約1億円
平成24年(2012年):約1億8000万円
平成25年(2013年):約1億2000万円
平成26年(2014年):約1億9000万円
6年間の合計  :約9億7000万円

まだ幸福の科学が本紙の取材を拒否していなかった2012年、本紙・藤倉善郎総裁が幸福の科学グループ広報局に対して、政治資金パーティーの問題点を指摘し、見解を求めた。その回答がこれ。

平成25年分の幸福実現党の収支報告書。「祭政一致研修」とある。
〈以下のとおり、宗教政党の祭政一致研修として開催しており、「政治資金パーティー」ではありません。 宗教政党・幸福実現党は、祭政一致の理念のもとに、天上界のご指導をいただくため、祭政一致研修を開催しています。これは、「宴会場で、政治家挨拶、立食懇親会」という「政治資金パーティー」のような世俗的なものではありません。飲食提供(アルコール、ケータリング等)がある催し物でも、イベントでもありません。天上界の高級諸霊からの「国難来たれり、出でよ、幸福維新の志士!」との呼びかけに応え、日本を救い、世界を救う誓願を立てるための聖なる機会です。〉

どうやら幸福の科学は、「政治資金パーティー」を、皆でご飯を食べるパーティーのことだと思っているようだ。

天上界云々という理屈は、今回の公選法違反容疑での家宅捜索に対する教団の論理と共通している。

公職選挙法違反容疑にからむ党本部への家宅捜索について幸福の科学は、「党本部は宗教施設」「警察権などの俗界の権力が宗教の聖域を侵すことは許されない」といった理屈で非難した(本紙・“幸福実現党本部は宗教施設” 幸福の科学機関誌が世迷い言参照)。一方の政治資金パーティーの問題をめぐっては、宗教的な研修だという理由で、法律上の定義を完全に無視する。

これでは、「宗教」を盾にした無法者集団だ。

仮に通常の政治家や政党が、6年間で合計10億円ものパーティー収入を報告書に未記載だったとなれば、かなり重大な問題として扱われるだろう。刑事事件化しても不思議ではない。

実際、2009年には、藤田雄山・広島県知事の後援会関係者が、政治資金パーティーの収入など約8600万円を政治資金収支報告書に記載しなかったとして逮捕されている。今年7月には『週刊文春』(7月14日号)が、小池百合子都知事の収支報告書に記載されていない政治資金パーティーがあると報じた。小池氏はこれを受けて報告書を訂正し、パーティー収入として193万5000円を新たに収支報告書に計上した。

こうして政治家は同様の問題で追求されるのに、幸福実現党だけが「宗教」だと言い張ることでお目こぼしされるのだとしたら、不公平だ。しかも同党の場合、未記載額は10億円近い。前述の逮捕者のケースや小池氏のケースとは桁違いに多額なのに。

今回、警視庁が公職選挙法違反容疑にからんで党本部への家宅捜索を行ったことは、「宗教」に世俗の法を犯していい特権などないという当然の理屈を、警察が行動をもって示したものと言える。同様に、同党の政治資金規正法違反疑惑についても警察は遠慮せず捜査すべきだろう。

警視庁よ、いま一度、幸福実現党本部に突入せよ。

14 コメント:

匿名 さんのコメント...

信者じゃないけど祈願なら問題はないでしょうね 祈願はパーティーとは違うでしょうに。

匿名 さんのコメント...

脱線した話だけど、東京都の裏金をしらべる組織は、ありますか?

匿名 さんのコメント...

また藤倉が的はずれな記事書いたのか。
幸福と目くそ鼻くそだな。

匿名 さんのコメント...

幸福の科学というより、公職選挙法に関する問題なので、読み手が混乱しても仕方ないかもしれないが、宗教活動と称して党のカネの収支記録が不正確になっており、それがどんな問題を引き起こすか理解できていないことが重症といえる。
買収事件よろしく、選挙における最低限のルールも守らず、自分達は救世団体なので何をしても許されるという思考回路が背景にある。汚職や利権を排除するためのルールすら守れないなら、批判されても仕方ない。

匿名 さんのコメント...

この記事が「オメェが政治団体だって言いたいのなら、そう扱ってやろうじゃないか。ほれ、違法だらけでじゃねぇか、さっさと捕まりやがれ。」ってこと。
要するに「オメェが政治団体だなんてチャンチャラおかしいぜ。バーカ、バーカ」って言う記事じゃない。

この記事にメクジラ手立てている人って、そういう記事だって読み取れないんですかね。

匿名 さんのコメント...

藤倉君は いつも必死だねえ。

いつも不機嫌なオヤジ以外にとり得があるのか。

在特会でいえば有田芳生みたいな存在。www

匿名 さんのコメント...

必死なのはおまえ等キチガイネトウヨ信者が!
家宅捜索されて悔しいのぉwwww
お前も含めて信者全員牢屋にぶちこんでほしいわww
汚物共は社会から隔離だぁwwwww

匿名 さんのコメント...

エル・カンターレ様なのだから、パーティーなんぞやらんでも、手のひらから金粉(ベストグループ)とか白い粉(サイババ)とか、金になりそうな物を出せんのかね?

巨大な発泡スチロールのエル・カンターレ像があって、その中で偽札を作ると良い。

そうすれば信者が精神的支配下でお札をジャブジャブ差し出さなくてもすむ。

匿名 さんのコメント...

『これでは、「宗教」を盾にした無法者集団だ。』

うまいまとめです。この一言に尽きますね。


『どうやら幸福の科学は、「政治資金パーティー」を、
 皆でご飯を食べるパーティーのことだと思っているようだ。』

これも笑えますね。お笑いコーフクさんの面目躍如!



秀逸で楽しい記事なんですが、残念ながら、今回も誤字・変換ミスあり。

『2009年には、藤田雄山・広島県知事の講演会関係者が・・・』
何の講演?


藤倉善郎 さんのコメント...

ありがとうございます。誤字、修正しました。

エル・バカターレ さんのコメント...

麩麩麩、これは「公職選挙法違反」の案件。
一方の政治資金パーティは「政治資金規正法」の案件。

選挙違反取締本部はじき解散やろケド、
PCやら帳簿類も押収しとるから、
今度は警視庁として「政治資金規正法違反」まで踏み込むやろね?

サテ、大川隆法がどないな反応をするか、
オラ、ワクワクしてきたぞ!

^^ さんのコメント...

突入せよって、裁判所の令状がなければ家宅捜索できないし、証拠がなければ令状でないよ。
それに本当に違反しているなら、こんな風に表沙汰になった時点で大抵証拠は廃棄される。
この記事書いた人が、本当に捜査してほしいと思っているなら、こっそり告訴すればいいじゃん。

ジラン さんのコメント...

警察より
自民党に言ったほうがいいんじゃないですか?

匿名 さんのコメント...

 と言うより、自民党が動いているでしょ。