2019年11月9日土曜日

雲隠れの菅原一秀前経産相が地元支援者会合でサプライズ登場を画策か、徹底捜索ルポ!

取材妨害に勤しむ菅原一秀前経産相の秘書たち
10月25日の更迭以降、公設第一秘書のH氏に全責任を押し付けたまま雲隠れを続ける菅原一秀前経産相。元秘書区議の区政報告会に菅原氏がサプライズ参加し地元支援者に弁明するとの情報を得た本紙は取材班を結成、会場の練馬区立勤労福祉会館に赴いた。しかし、本紙菅原取材班はまたしても菅原議員の秘書から執拗な取材妨害に遭い、通報を受けた警察が出動する騒ぎとなった。




◆「今日も駅にいない」菅原議員
「今日も駅にいる」とのキャッチフレーズを掲げ「毎朝7時に練馬区内各駅でマイクを握り」駅頭活動を行ってきたと豪語する菅原前経産相。大臣就任直後の地元のお祭りで「SPが付くようになり、毎朝警察署への届け出が必要となるため駅頭はできなくなった」と支援者に零していた。10月25日の大臣更迭後は自宅前の24時間警護用ポリスボックスも撤収されSPも付かなくなったため、自由に毎朝練馬の有権者の前で駅頭活動ができるはずだが、一向に再開する気配がない。
経産大臣就任後(左)→更迭後 (右)

 地元練馬駅では経産相更迭以降の日曜ごとに、菅原氏の議員辞職を求める市民グループがデモを行っており、東京9区では反菅原の機運が盛り上がっている。

◆メディア工作も
 大臣更迭後、一部メディアと知り合いの記者に香典を持参させた秘書とのLINEのやり取りを公開、当該公設第一秘書に全責任を押し付け、議員辞職だけは免れようと画策を続けている。

◆カニメロン大臣が支援者会合へのサプライズ登場を画策?
 そんな"カニメロン大臣”が有権者の前に現れるのはいつか、その登場を待つ我々「やや日刊カルト新聞社菅原特別取材班」のもとに、元秘書で愛人報道があった柴田幸子練馬区議会議員の区政報告会に菅原氏がサプライズ参加し支援者に事の経緯を弁明するとの情報が寄せられた。柴田区議の支援者イコール菅原氏の支援者と見てよい。果たして菅原前経産相は長年行ってきた公選法違反についてどのように説明するのか、議員辞職の意思はあるのか、確かめるべく現地取材を敢行した。

会場案内



 11月5日夕刻、現地で菅原氏の登場を待つ取材班、区政報告会の会場である勤労福祉会館集会室には花が飾られ飲み物が並べられる。徐々に支援者が来館、18時30分を過ぎたころから報告会が始まった。集会室前のロビースペースにはケータリングサービスのワゴンが置かれている。同ロビーに7月の参院選で菅原事務所仕切りの武見敬三候補の演説会(練馬文化センター)取材を妨害した佐竹京子秘書らしきの姿を現認。やはり、菅原議員のサプライズ登場が計画されているようだ。

◆『もっとちゃんとガードしろ!』女性秘書を叱責した代議士
 しかし、ここで本紙取材班の藤倉善郎総裁が天敵・佐竹秘書に見つかってしまう。喫煙室へ避難する藤倉総裁。警戒を強める菅原秘書隊は菅原氏の登場をストップさせた模様だ。
「藤倉がいるならエイトも来ているはずよ!」スタッフに警戒するよう指示する佐竹秘書。
「武見敬三の時みたいに私がバトんなきゃ」こう佐竹秘書が張り切るには理由がある。情報筋によると佐竹秘書は7月の武見敬三演説会での騒動後、菅原氏から叱責され、周囲にこうこぼしていたという。
「代議士(菅原)から『もっとちゃんとガードしろ!』と言われて逆ギレしそうになった」
 女性秘書を前面に立ててガードさせ直撃取材を逃れようとしていた菅原氏らしい発言である。

◆「サプライズ」
 藤倉総裁を見張る佐竹秘書の口からこんな言葉が漏れる。
「サプライズ」
 やはり菅原氏の登場を画策していたようだ。
 佐竹秘書は傍らの男性二人に対し、こう呼びかけた。
「出るときに奴ら(藤倉&エイト)に声かけられないように3人でガードしよう」「言われても何もお答えしませんよって言えばいいよね」
 区政報告会は僅か30分ほどで終わり、以降は中華料理のケータリングサービスによる宴会に移行した。区政報告会とは名ばかりで実際には支援者を飲み食いさせる会合だった。この辺りは菅原一秀事務所の伝統を受け継いでいるようだ。

◆会場前でバトル開始
 筆者(鈴木エイト主筆)が会場へ向かう。会館エントランス近くで筆者の姿を認めた佐竹秘書の表情が一変する。

にこやかな表情が一変する

「あ、今日はダメですよ」

――菅原さんは来てないんですか?

「来ないです」
 
集会室前で通せんぼする佐竹秘書。

「ここからは入れませんから」

――なんで菅原さん来ないんですか?

「なんで来なきゃいけないんですか?」

――佐竹さんがいるってことは…、菅原さんの秘書ですよね

「何もお答えしないです」

 練馬区民である筆者だが、区政報告会は会費制及び予約制のため入場は不可とのことだ。

◆統一教会フロント組織への会費支払いを直撃
 菅原氏が代表を務める自民党東京第九選挙区支部が2017年3月、統一教会のフロント組織・世界平和女性連合に会費1万5千円を支払っていたことが政治資金収支報告書に記述されている。会計責任者である佐竹秘書に経緯を尋ねたところ完全否定に終始した。

「知らないです」

――佐竹さんが会計責任者ですよね

「いつの話ですか?」

――平成29年3月

「残念ですね、違います、私じゃないです」

――会計責任者は佐竹さんになってますよ

「違いますよ、何かの勘違いです」


自民党東京第九選挙区支部の平成29年の政治資金収支報告書、会計責任者の欄に「佐竹京子」と明記

◆蟹・メロンについて支援者は
 藤倉総裁も合流。
 本紙取材班に対しおどけてみせる佐竹秘書
「ダメです、ダメです、ダメ~!(笑)」

笑顔の絶えない取材現場

「一般の人」を名乗る支援者の女性が「しつこいわね、迷惑でしょ」と声をかけてきたので尋ねた。

――菅原さんから蟹やメロン、イクラとか筋子はもらいましか?

「バカじゃないの」(一般の人)
次から次へ区政報告会に運ばれる飲食物

――今日はイクラとか筋子とか蟹とかメロンは出てないんですか?

「出てないです、残念ながら」(男性スタッフ)

佐竹秘書「持ってきてもらってもいいですけど、差し入れOKです」

――言ってくれれば持ってきたのに

佐竹秘書「じゃあ持ってきてください、今すぐ」
 
この日の宴会には蟹やメロンは出されていないようだ。ただし、佐竹秘書によると蟹やメロンの差し入れはOKとのこと。

せっかくなので佐竹秘書に柴田区議が菅原と愛人関係にあったとの週刊新潮の報道内容について確認してみた。

――「柴田さんって菅原さんの愛人だったって話がありますけどホントなんですか?」

佐竹秘書「そうですね、はい」

 同時に柴田区議のスタッフからも何やら訊かれていたようなのでそちらへの返答の可能性もある。


 本紙取材班の撮影機材を掴み実力行使を行う男性スタッフに誰何したところ「柴田さんを勝手に個人的に応援している者」と答えた。藤倉総裁がツッコミを入れる

――柴田さんを応援している人がなぜ僕に用件を尋ねるんですか?

「いきなりカメラを向けるからですよ」(男性スタッフ)

――カメラを出す間からご用は何ですかと訊いてましたよね、よく僕の顔知ってますね

自称「勝手に柴田さんを応援している者」という男性は菅原の秘書の指示に従っていた

 ――佐竹さんも蟹とかメロンとか配ったんですか?

「何も答えないことにしましょう」

 若い男性スタッフに支持する佐竹秘書。


◆政策秘書(公設)も待機
「帰りなさい」そう告げる長身のスーツ男性。秘書かと尋ねると「答える必要ない」とにべもない。身分すら明かさない人物に従う必要もない。
 この男性は菅原の公設秘書である石黒輝彦政策秘書と判明した。
 菅原の秘書が二人も来ているということはやはり菅原がサプライズ登場する可能性が高い

――菅原さんはいらっしゃらないんですか?

佐竹秘書「来ないですから、どんなに頑張ったって」

 我々がいる限りは登場できないということであろう。

◆柴田スタッフが「プライベート」主張
 集会室前室の受付エリアを撮影していると、柴田のスタッフジャンパーを着て受付をしていた初老男性が出てきて撮影するなと詰め寄ってきた。

「人のこと勝手に撮って失礼じゃないですか」「プライベートなことをね」

――プライベートなんですか?

「そうでしょ。私はプライベートで来てるんだから」

藤倉総裁がまたツッコミを入れる

――これ柴田幸子さんのスタッフジャンパーですよね、それを着てプライベートと言われても

プライベート」を主張するスタッフジャンパーの男性


◆菅原に報告?&警察に虚偽通報



電話の相手は菅原一秀前経産相か

警察に通報する佐竹秘書

 電話で状況を報告する佐竹秘書

――菅原さんのコメントほしいので替わってください

「警察に相談しているところです。どうやったら消えていただけるか」

そして「もしもし、今嫌がらせを受けておりまして」「菅原一秀事務所の佐竹」と名乗って警察に110番通報。

待機する菅原一秀前経産相とはLINEでやり取りか

 ほどなくして警察官が到着、今回の管轄は練馬警察署ではなく石神井警察署だ。
 本紙取材班と菅原秘書隊がそれぞれ警察官に状況を説明する。
 
 漏れ聞こえてきたのは以下の会話内容だ。
 撮影をやめさせるよう警察から命令してほしいとの旨を依頼する菅原の秘書たちに

警官「そういう申し入れがあることは伝えるけど私たちは強制することはできないです」

佐竹秘書「何とかしないと、今までも延々とこれをやられてきて」「おかしい、迷惑だからどいてくれ取材には応じませんと言っているのにそれは取材だからって」

次第に激高する佐竹秘書。

次第に激高していく佐竹秘書

石黒秘書「邪魔なので、怪我をする惧れもあるので」

警官「お願いはできますよ」

石黒秘書「あそこは危ないので」

警官「こちらで取材をしてくださいと?」

佐竹秘書「取材は受けるかどうかはわかりませんけど」

警察官「表現の自由がありますから」

 声を荒らげた佐竹秘書が警官に無茶を言う。

「表現の自由があれば何をしてもいいんですか!?おかしい!」

 警官と連れ立って佐竹秘書が我々の方に戻ってきた。

佐竹秘書「中の取材はNGだそうです、また外も民家なので」

藤倉総裁「それはこの方ではなくて施設の方からそう言っていただかないと、この人は利害当事者だから」

佐竹秘書「施設の方がそう言ってます」


施設側の意向であるかのように装う佐竹秘書

◆施設長に代弁させる菅原秘書

 勤労福祉会館の受付でこう依頼する佐竹秘書。

「館内での取材はダメ、あと外もダメですとお伝えいただいてもよろしいでしょうか」 

 やはり菅原事務所の意向を施設側に言わせようとしている。

「施設長!館の方から取材の人たちに言ってくださいって」(受付カウンターの女性)

「館内ではなく外でやってください」(施設長)

◆都議も呆れる警察通報
 その時、別件の会議で来館した都民ファーストの会の都議会議員が通りかかった。声をかけ挨拶すると「また警察呼ばれたんですか」と呆れ顔。菅原事務所サイドが我々の取材に対しすぐ警察を呼ぶことは話題になっているようだ。
「喫煙者に優しい政策をお願いします」どさくさに紛れて喫煙者の窮状を訴える藤倉総裁。

菅原支援者を直撃、執拗な取材妨害も
 施設の敷地外で取材を続けた。区政報告会(宴会)を終え外へ出てきた支援者に路上で取材しようとしたところ、菅原議員の秘書やスタッフからまたしても執拗な取材妨害を受けた。事前に口止めされていたようでほとんどの支援者からは無視されたが、何人かは菅原氏への思いを明かした。
「何も悪いことなんてしていないと思う」「全然問題ないよ」「応援してますよ」
 
 石黒秘書の指示で動くスーツ男性スタッフ。その他、来場者へ話しかけようとした際に屈強な男性から体当たりされるなどあからさまな暴力行為も受けた。

菅原一秀支援者への取材を妨害する政策秘書ら

◆2階に潜んでいた?菅原代議士
 その後、施設の前面道路から勤労福祉会館の2階への階段を上り下りするピンクジャンパーを着たスタッフの姿が確認できた。区政報告会が行われた集会室は1階であり2階に用はないはずだ。菅原が2階に潜んでいた可能性もある。
 
 取材を終えた我々が少し離れた路上でミーティングを行っていたところ、佐竹秘書が写真を撮りに来た。石黒秘書を含め我々の動向を必要以上に窺うなど不審な行動が目についた。

取材を終えた我々を追いかけまわす佐竹秘書(菅原議員の私設秘書)と石黒輝彦政策秘書(菅原議員の公設秘書)

 この2人の菅原議員秘書は飽くまで「元同僚として来た」と言い張った。

 公設第一秘書に全責任を押し付け延命を図る菅原氏。その姿を目の当たりにしても、他の秘書は依然として菅原氏に唯々諾々と従っている。
身内の会合の場での弁明を画策する菅原氏に有権者への説明責任を果たすつもりはないようだ。


~連動記事~

ハーバービジネスオンライン



~本紙関連記事~




10 コメント:

匿名 さんのコメント...

>その時、別件の会議で来館した都民ファーストの会の都議会議員が通りかかった。
>声をかけ挨拶すると「また警察呼ばれたんですか」と呆れ顔。
>菅原事務所が我々の取材に対しすぐ警察を呼ぶことは話題になっているようだ。
>「喫煙者に優しい政策をお願いします」どさくさに紛れて喫煙者の窮状を訴える藤倉総裁。

いや、喫煙者をもっと追い込む政策をしてもらわないと!
喫煙者を0にしないと、喫煙者の煙草を吸う臭いがどれほど強烈か分からないらしい。
臭くてたまらないんだよ。迷惑なんだよ。
藤倉総裁さっさと煙草やめろ!!

あーそれとこの記事の当事者間のやりとりの動画があればアップしてください。

カニメロン さんのコメント...

こうなったらカニメロンで買収するしかないw

匿名 さんのコメント...

なんか菅原を応援したくなったw

カニメロン送ってくれたら
ガチで藤倉のTwitterアカウント凍結運動に
参加するよw

匿名 さんのコメント...

権力欲丸出しモロダシの無様菅原一秀カニメロン軍団なのでした~www
スガチャーン助けて~www

匿名 さんのコメント...

カニメロンって、メロングマの第2弾みたい。

匿名 さんのコメント...

子供のコメントみたいだなw

匿名 さんのコメント...

https://twitter.com/daily_cult4/status/1194479318388203520

藤倉善郎(Yoshiro Fujikura)
@daily_cult4

>@gendai_biz
> 時任兼作のパクリ記事の問題。時任は「リンク貼り忘れ」という
>言い訳をして謝罪してるけど、リンク云々関係なく
>鈴木エイト氏の記事のコピペだったってこと。おたくが使ってる書き手、
>こういう人なわけですよ。 #現代ビジネス さん、再発防止を。

パクリ記事されなかったからと言って嫉妬するなよ藤倉w
みっともない

匿名 さんのコメント...

安倍首相主催の「桜を見る会」、統一教会関係者も招待客に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191112-00206111-hbolz-soci&p=1

匿名 さんのコメント...

パクリ記事の問題、記事にしたら。
twitterでうだうだ言うよりは良いと思う。

匿名 さんのコメント...

「Twitter ■ね」


カルト新聞総裁と言えども、悲惨独居中年・杉山真大氏のほぼ唯一の生き甲斐を奪う事は許されない。
https://twitter.com/daily_cult4/status/1195707680452567043