2014年2月7日金曜日

暴力支配の統一教会分派に不可解な“相殺”判決、福岡地裁は「宗教団体」「統一教会分派」を争点とせず

信者を暴力支配してきた統一教会の分派に対し、元信者数名が慰謝料や損害賠償など合計約1400万円を請求し訴えていた裁判の判決言い渡しが6日、福岡地裁であった。

福岡地裁の平田豊裁判長は被告らの虐待的支配・金銭搾取について『宗教団体』『統一教会分派』であることを争点としない判決を言い渡した。

そしてその判決内容は、原告の請求額を一定額認めながらも、同等の額のお金を、被告に支払うよう命じるという不可解な“相殺”判決だった。

記事の末尾には、このような分派に対する統一教会本部の見解を掲載した。


◆「体罰」「虐待」「支配」「搾取」の【21世紀友の会】

統一教会の分派である【21世紀友の会】は、統一教会福岡教区の大牟田教会長だった田端利光(6000双)が、2000年頃に統一教会の信者ら約30名を集めて作った宗教団体だ。

その内部では、信者を規則づくめの共同生活に封じ込め罰金強要や「正し」と称する体罰がエスカレートしているとされ、信者を先祖因縁による精神的拘束下に置き、金銭搾取や暴力支配を続けていると云われている。

◆被害者が提訴も・・・

2010年【21世紀友の会】の元信者数名は『損害賠償』『慰謝料』『借入金の債務不存在の確認』など合計約1400万円を請求する民事訴訟を起こしていた。その判決が言い渡されたのだ。


福岡地裁は精神的損害額を50万円、経済的損害額を約225万円、弁護士費用を30万円と判断、合計約305万円を被告に支払うよう認定したものの、その他の請求については「いずれも理由がない」として却下した。暴力支配については300万円の請求に対し50万円、経済損失については556万円の請求に対し225万円の支払いを命じるに留まった。

そして被告側の請求した『貸金返還』については信者同士の貸し借りであり(被告は)幹部ではないから上下関係にはない」「貸金返還債務を負っている」「いずれも理由がある」として被告側に計約283万円を原告が支払うよう命じたのだ。

◆裁判長が 『宗教団体』『分派活動』を争点から排除

裁判長は判決言渡しの冒頭「細々とした主張は要らない」「20世紀友の会が宗教か判断しない」と“宣言”、「精神的支配の質」について「宗教的意味が薄い」と話した。
判決文にも「当裁判所の判断」「基本的な視点」として「本件において、不法行為の成否が問題となるのは、原告らの友の会への入会、退会に関してではなく、専ら原告らが友の会の会員で会った時期に被告らの虐待的支配、金銭搾取の被害者となっていたか否かであり、その手段として宗教的手法が用いられたかという点は考慮要素になるとしても、友の会が宗教団体であるか否かは、更には、友の会が統一教会の分派活動であるか否かついて、判断・確定することが必要不可欠とは解されないばかりか、限られた証拠でこれらを判断・確定することは相当ではなく、却って争点を曖昧にするおそれがあると解される。よってこれらについては、争点とせず~(以下略)」との記載がある。

この不可解な“相殺”判決は、宗教事件についての裁判所の認識の浅さが露呈したと云える。

◆原告側は控訴

精神的支配は認めたものの、その評価は小さい地裁判決。


原告側被害者弁護団の大神周一弁護士は「慰謝料認定額が低く精神的被害を不充分にしか認めていない」「これが日本の宗教裁判の現実。恐ろしい宗教についての認識、怖さの認識が不充分である。慰謝料も制限された。控訴審ではその辺りを徹底的に争いたい」と控訴する意向であることを明かした。

◆統一教会へ分派について質問

統一教会本部はこのような分派による不法行為や暴力行為を含め、分派と呼ばれる団体・勢力についてどのように思っているか教団本部広報局に訊いた。

【世界基督教統一神霊協会の回答 2013年1月20日】 

              


やや日刊カルト新聞 鈴木エイト殿


先日、問い合わせのありました、「統一教会本部はこのような分派による不法行為や暴力行為を含め、分派と呼ばれる団体・勢力についてどのように思われているか」との質問に対して、以下、回答いたします。



いわゆる「分派」の問題は、キリスト教をはじめ諸宗教にも起きた問題です。残念ながら、当法人においても、教理を恣意的に解釈し、教団の指導に従わず、自分たちを中心とする集団を築いてしまうグループがいくつか存在します。


当法人は、「神様の真の愛を相続しよう」をテーマに、文鮮明師が解き明かした「統一原理」に基づき、ために生きる人格の育成と祝福結婚による理想家庭の実現を目指して取り組んできました。
しかし、その教えに従わず、独自の教理解釈をしたり、当法人の教えとは全く異なる独自の考えや自分たちの立てた指導者に従い、別個の組織を作り、逸脱した活動をする者もいます。


それらに対しても、当法人は適宜に信仰指導を行い、改めるように通達しています。
しかし、再三の通達にもかかわらず、それに従わない者、特に教会を混乱に陥れるような活動をする者、社会的に逸脱した活動をする者に対しては、警告を発して、「除名」などの処分を行ってきました。
このような、いわゆる「分派」は、当法人の教えや指導に従わない独自の集団であり、彼らを中心として起こるすべての内容については、道義的にも、法的にも一切の責任を負うものではありません(参考:『誤りを正す』光言社、266ページ)。


今回、問い合わせのあった民事訴訟の件は、当法人の信仰を失い、脱会してしまった「元信者」が、「21世紀友の会」なる独自の組織により起こした案件であり、当法人とは関係のない事件です。


以上


2014年1月20日
世界基督教統一神霊協会 広報局                                                                                           
(文中敬称略)

14 コメント:

匿名 さんのコメント...

本件において、不法行為の成否が問題となるのは、原告らの友の会への入会、退会に関してではなく、専ら原告らが友の会の会員で会った時期に被告らの虐待的支配、金銭搾取の被害者となっていたか否かであり、その手段として宗教的手法が用いられたかという点は考慮要素になるとしても、友の会が宗教団体であるか否かは、更には、友の会が統一教会の分派活動であるか否かついて、判断・確定することが必要不可欠とは解されないばかりか、限られた証拠でこれらを判断・確定することは相当ではなく、却って争点を曖昧にするおそれがあると解される。


裁判所はきちんと理由を明示してるじゃん。

それに貸した金を返してもらうのは当たり前の権利やろ。

はい、次。

匿名 さんのコメント...

統一教会のコメントも、まあそりゃそう言うだろうとしか。

なんか最近、記事の内容薄いね。
あ、最初からか。

精進しなはれや。

匿名 さんのコメント...

統一教会の分派は摂理といい21世紀友の会といいろくなのがないな。統一教会が最もろくでもないけどさ。

匿名 さんのコメント...

エイト記者って自分に都合の良い判決が出ると裁判官を称賛して、自分に都合の悪い判決が出ると裁判官をディスるよね。
単純だね。

匿名 さんのコメント...

判決はともかく、統一するはずの教会から分派が出ることについての見解は、立場上鮮明にしておくべきではないのか。

匿名 さんのコメント...

文鮮明だけにか?

匿名 さんのコメント...

だめだ。なめ猫さんの記事を読んでからだとここのはどれも薄っぺらく感じる。

匿名 さんのコメント...

統一教会は暴力大好きだからな
朝日新聞社ジャーナリスト殺害テロ、赤報隊事件なんかそう

匿名 さんのコメント...

ポルポト派がカンボジアで行った狂気の内で最悪とされている蛮行
http://syarecowa.moo.jp/107/6.html
・自由恋愛の禁止、無作為の相手との強制的な結婚
統一協会=ポルポト派

匿名 さんのコメント...

それ、犯人が統一教会とは限らないやつでしょ。

逆に、そんなのしか出てこないの?

匿名 さんのコメント...

ああ、ポルポトと統一の区別すらついてない奴かw

匿名 さんのコメント...

> ああ、ポルポトと統一の区別すらついてない奴かw
世間一般では、文鮮明と麻原彰晃とポルポトはひとまとめにして

ゲス、ゴミ、カス

でカタがつくの
逆になんで区別する必要あるのか教えてくれる?

匿名 さんのコメント...

納得行かないなら、適当な結婚相談所とか冷やかしで行ってみな
カルト宗教の信者はダメですと言われるから。(本当は憲法と人権で信仰による差別はダメだんだけどね)
そこで、私はオウムじゃなくて統一教会です、オウムと区別して下さいって言ってみ。「要するにカルトですね」で話が終わるので。
統一の外ではその扱いよ

匿名 さんのコメント...

大量殺人してるポルポトと一緒ねえ。
だったらお前もゲス、ゴミ、カスでカタがつくし、
逆になんで区別する必要あるのか教えてくれる?